fbpx

Category Archives: 小売

AI・オートメーション 小売
小売のBOPISにおける先端技術の活用

小売業界において、コロナ禍の影響で新たな販売・受け取りモデルを発展させると考えられます。その中で、BOPIS(Buy online pick in storeー注文オンラインと店舗受け取り)が注目されています。しかし、BOPISを運営している又は検討している人は、AIなどのような先端技術を活用することで、BOPISを最適化することはほとんど知りません。本記事では、BOPISにおける先端技術の活用を説明いたします。   1.BOPISとは? BOPISとは何ですか? BOPISとは、Buy online pick in storeの略語で、英語の文字通りにオンラインで注文した商品を実店舗で受け取れる販売・受け取りモデルです。顧客は、オンラインのチェックアウト時に追加の配送オプションを確認することで、小売業者がBOPISを提供しているかどうかを確認できます。BOPISが利用できる場合、顧客はオンラインで商品をカートに入れ、店舗での受け取りを選択し、チェックアウトプロセスを通常通りに完了することができます。店舗が注文品を準備した時に、顧客は通知を受け取り、店舗の営業時間内であればいつでも注文品を受け取ることができます。選択された店舗で商品の状況(在庫有りか在庫切れか)によって受け取り時間が違います。 見過ごせない点は、オンラインストアとリアル実店舗の両方を運営している企業だけはBOPISを行えることです。特に、OMO(Online Merge [...]

AI・オートメーション 小売 製造
GPTチャットボットはチャットボットのトレンドとなる?

最近、世界の注目を引いているGPTチャットボットは、ユーザーが入力した、すごく短いのテキスト(商品のレコメンデーションの要求等)から結果を出せると好評します。検索だけではなく、カスタマーサービスやコンテンツ創造などを実行できると評価されるGPTチャットボットは、チャットボットのトレンドになりますか? 本記事では、我々の専門家の意見を参考にして、答えを探してみます。   1.GPTチャットボットとは? GPTチャットボットは、AIを搭載するOpenAIのチャットボットであり、自然言語処理を通じて人間とコミュニケーションするツールです。際立つ機能は、ユーザー質問の回答、間違った問い合わせの拒否、コンテンツの創造です。 基本的には、GPTチャットボットはAIを活用するバーチャルアシスタントの一つです。しかし、AlexaやSiriなどのAIチャットボットを比較すれば、GPTチャットボットが優越感を与えると評価されます。 GPTチャットボットは膨大なデータを学習させられて、文章または会話のパターンを認識して、適切な回答を答えたり、人気のある人の話し方または筆風を模倣したりすることができます。実にどのデータを学ばれるかをOpenAIが公表しないが、Wikipediaや電子ブックなどが使われると思われます。 2.GPTチャットボットのメリットとデメリット メリット: ユーザーとの会話を行える ユーザーがフォローアップ修正を提供できるようにする 不適切な要求を拒否するようにトレーニングされた デメリット: 誤った情報を生成する可能性がある 有害な指示や偏った内容を生成する可能性がある [...]

automated-dropshipping-in-magento
AI・オートメーション 小売
Magentoの自動的なドロップショッピング

ドロップシッピングは前身のモデルが1950年代から現れたが、Eコマースの急発展の影響で小規模のある企業に着目されています。物理的な倉庫なしで、低い初期費用という利点を持っているので、小さいEコマースサイトやネットショップを運営している小売業者はたやすく適用できます。しかし、Magento をはじめとするEコマースプラットフォームがドロップショッピングの拡張機能を持っていることは多くの人が知りません。そこで、本記事は、Magentoの自動的なドロップショッピングをどのように使用するかを説明いたします。   1.ドロップシッピングとは? ドロップシッピングとは何ですか? ドロップシッピングとは、商品の配送なしで商品の広告/販売を担当するオンライン経営の形式です。顧客は自社のウェブサイトへ訪問してから注文した場合、自社は供給者に連絡して、顧客に商品を配送するように要求します。この経営形式では、自社は商品のマーケティング/販売だけに注力します。利益は、供給者が要求する値段と、自社のウェブサイトに示された値段の差から計算されます。 本質を見ると、ドロップシッピングはアフィリエイトと違います。アフィリエイトとは、商品の紹介•宣伝のみをおこない、その成果に対して報酬が支払われました。 ドロップシッピングのメリット•デメリット: メリット: 低い初期費用:事前に物理的な店舗やダークストアなどを準備する必要がないために、初期費用が低いです。 素人又は小規模のある企業に適切です。 商品の配送を担当しないために、過剰在庫などの悩みがありません。 報酬は簡単に得られます。 デメリット: 競争が激しいです。 [...]

how-to-solve-the-problem-in-unmanned-convenience-store
AI・オートメーション 小売
無人コンビニ課題を解決できる方法をおすすめ

前編「無人コンビニにおけるAI、IoTの活用」を踏まえて、無人コンビニは一見良そうだが、裏に隠れている課題があります。現在で、そんな課題は大したことないが、長期で見れば、無人コンビニの普及を妨げていると思われています。そこで、小売企業が対策を早めに展開できるように本記事を執筆しました。       1.無人コンビニの課題 1.1.完全に無人化できない 我々は「無人コンビニにおけるAI、IoTの活用」で話したように、無人コンビニにはセルフレジ型、ウオークスルー型、自動販売機型があります。普通の自動販売機とほぼ同じな自動販売機型の無人コンビニを抜きにして、セルフレジ型とウオークスル―型の両方は無人化を徹底できません。カメラやセンサーなどが9割を占めたウォークスルー型の場合、未成年者が入ってはだめな特殊のアリア(酒を収めるショーケースとか)でカメラ監視でも使ったら、入店する顧客が成年か未成年か判断できないために、従業員を配置するべきです。セルフレジ機械を備えておくセルフレジ型の無人コンビニは、顧客がセルフレジを使いたくない場合もあるために、伝統的なレジがあります。また、どの無人コンビニでも、飲食料品などの商品を補充する作業は従業員が担当しなければなりません。これは、ある程度、買い物の時間が1~2ビートを遅くなるために、顧客が良くない体験を受けるかもしれません。 1.2.初期費用が高い 無人コンビニは接待・レジを担当する従業員を必要しないために、人件費を節約できるメリットがあります。問題は設備の問題です。数台~数十台からのあるセルフレジ機器とか、壁や天井に備えておくカメラ監視とか、商品棚に付けるセンサー又はデジタルラベルとか、出入口の顔認証カメラとか、無人コンビニ型によって設備が違いますが、初期費用がけっこう高いかもしれません。それにとどまらず、その設備と統合するAIのソフトウェアを開発したら、高額がかかります。 1.3.セルフレジ型の無人コンビニにおける万引き ウォークスルー型の無人コンビニの場合、普通一度に一人だけで入店するために、カメラ監視は顧客の一挙一動を追跡できることができます。セルフレジ型のは顧客が自分で商品のバーコードを読み取るべきので、機械を使い慣れていない中年者や高齢者などがある商品のバーコードをうっかりと読み取らなかったことがあります。更に、監視カメラがあっても、従業員が気づけなかったら、バーコード読み取りを抜きにして商品を持ったまま帰った窃盗人もあります。こんな万引きの行為は年間小売業界の数億米ドル(2022年にアメリカの小売企業は万引きによる500億米ドルの損する)を失うと思われています。 1.4.在庫管理が難しい可能性 ウォークスルー型の無人コンビニは、AIを活用する在庫管理システムを導入するために、そんな課題に直面することはないと思います。しかし、セルフレジ型の無人コンビニはまだ在庫管理を最適化できない可能性が高いです。なぜかというと、セルフレジ型のを運営している企業は主にセルフレジ機械に投資するだけ、スマートなマネジメントシステムを軽んじる傾向があります。このコンビニの店内には店員がまだいる(数がより少ない)ので、スマートなマネジメントシステムが要らない錯誤に陥るかもしれません。 1.5.無人コンビニに立ち寄る消費者のモチベーションが少ない 一般的に、消費者がコンビニを選択する理由は、自分の一時的なニーズを満たす商品を直ぐに手に入れられることです。実に、普通のコンビニと比べて、無人コンビニにおける買い物の時間がラッシュアワーでもほぼ同じ、更にプロセスがより複雑(セルフレジ機械を使わないといけない)又はスマートフォンをいつも所持しなければならない(ウオークスル―型の場合)と思う消費者はモチベーションが急減することがあります。ある調査では、回答者は無人コンビニに入りたくない理由として、従業員がないので不安感に加えてサビースや社交的相互作用の欠如が挙げられます。 [...]

AI-empowered-POS-system-in-retail.
AI・オートメーション 小売
「小売」POSシステムを強化するAI

POSシステムは小売企業にとって不可欠なものですよね。決済プロセスをスムーズに実施するため、顧客がレジ前に待ち時間を短くする、有利な技術です。実際に、AIを活用するPOSシステムはそれだけではなく、それ以上のことができると多くの人が思わないものです。マシンラーニングを使用するAI(人工知能)はPOSシステムを50%以上強化すると評価されます。     1.POSシステムと、AIを活用するPOSシステム POSシステムは小売店舗での決済をサポートする、キャッシュレジスターのようなデバイスです。キャッシュレジスターは、現金だけではなく、クレジットカードやデビットカードを利用する電子レジスタに置き換えられました。POSシステムは実店舗の物理的なデバイスである場合もあれば、ウェブベースの店舗のチェックポイントである場合もあります。 POSソフトウェアは在庫管理を支援したり、購入傾向をモニタリングしたり、価格設定の正確性をトラッキングしたり、マーケティングのデータを収集したり、色々なメリットを与えるために、ますます使われています。 AIを活用するPOSシステムは普通のPOSシステムより決済の時間を早めにする他に、データの収集力を向上したり、在庫管理を最適化したりします。調査結果によれば、2021年にアメリカの企業の15%はAIを活用するPOSシステムを導入しました。同調査では、アメリカ企業の40%は今後12か月にAIを使用するPOS システムを導入する予定があると回答しました。AIを使用するテクノロジープロバイダーの中で、POSベンダーはトップユーザーの一部だと見なされます。このために、ますます多くの企業がAIを活用するPOSシステムから多数のメリットが得られます。     2.POSシステムのハードウェアとソフトウェア POSシステムにはハードウェアとソフトウェアがあります。 +)POSソフトウェア: POSソフトウェアはサーバーベース型とクラウド型に大別されます。種類ごとがメリットとデメリット(以下の通りで説明する)ありますが、自社の状況と照らし合わせた上で、最適な選択肢を選ぶことがでます。 *サーバーベースのPOSソフトウェア: [...]

explain-AI-purchase-order-system-in-convenience-store
AI・オートメーション 小売
コンビニにおけるAI発注システムを徹底的に解釈

前編「棚割をサポートするAI」を踏まえて、コンビニのAIの導入率が高くなると考えられます。棚割のような、外見で見かけやすい作業だけではなく、裏に隠れている作業でもAIを導入することができます。本記事は、「縁の下の力持ち」の役割を果たす発注作業でAIをどのように活用するかを説明いたします。     1.AI発注システムとは? 発注システムとは発注書を作成・追跡・発行するソフトウェアです。基本的に、発注システムの手順は以下の通りです。 発注書を作成する:店員が商品を購入する場合、ベンダーに発注書を発行する必要があります。 発注書を承認する:供給者に発注書を送る前に、コンビニなどの店長に承認される必要があります。これは、購入が承認されるかどうか、又は予算が足りないかどうかを確認するためです。 ベンダーに発注書を送る:最後のステップとして発注書を供給者に送ります。普通、発注書の作成が簡単ではないため、多くの企業はこの作業に時間が結構かかります。 AI発注システムはAIを活用することで、発注書を自動又は半自動に発行する他に、商品の発注数を精算・推奨するシステムです。普通の発注システムと比べると、発注数を正しく予測するために、廃棄ロスや時間を削減させる優越感があります。AI発注システムは、一人の力で商品の数量を予測しづらい、つまり消費期限が短い商品の発注に使うシステムです。   2.AI発注システムがどのように稼働するか? AI発注システムにはセミオート発注システムとフルオート発注システムがあります。基本的に、AIは事前に蓄積されてきたデータと外部要因(天候とか、トレンドとか、温度とか)を含む、膨大なデータを分析したことで、発注数を推定してくれます。 発注システム型によってデータを使う範囲が違います。セミオート発注システムは自社のデータ(自店POSとか、去年の販売状況とか、CMのプロモーションなどのような本部の施策とか)の他に、天候や温度などの要素を分析した上で、発注推奨数を出します。発注推奨数は「販売予測数」から「在庫予測数」を引いて、店に置いておきたい数の「安全在庫数」を足した合計数となります。セミオート発注システムの場合、「これから起こりそうな事」(競合店の出店や閉店などの商圏内で起こる変化など)と「売場の状態」(どんな売場状態で販売されたかなど)を考慮されていないために、店員がそういう要素を加味して、最終発注数を決められます。 一方、フルオート発注システムは多大なデータを分析したことで、発注数を推定してから注文してくれる、つまり全ての作業を自動に実施するシステムです。自社が蓄積されてきたデータはもちろん、天候や温度、トレンド、商圏内の変化など、複雑なデータを分析したことで、将来の需要を満たす発注数を高度の精度で予測できます。以前は取引先からの発注データを1品目ごとに確認し、過去の経験や天候、販促イベントなどの情報を収集・考慮して発注数をきめてきたが、現在、発注担当者はAIが精算した発注数を確認するだけで発注が完了します。   [...]

the-application-of-AI-in-making-planogram-in-convenience-store
AI・オートメーション インサイト 小売
「コンビニ向け」棚割をサポートするAI

コロナ禍と少子高齢化が進んでいる中で、コンビニをはじめとする小売企業は人手不足に直面しています。その背景には、多くの企業が対策として無人化を促進しています。レジ業務から、接待、棚割に至って、色々な作業で先端技術を導入しました。本記事は、コンビニにおいて、棚割の作業を支援するAI(人工知能)を説明いたします。   1.棚割とは? 棚割とは商品陳列棚に、どの商品をどこに、どれだけ陳列すればいいかを分析して、商品を棚に置くことです。一般的に、棚割を実施すると、4つのステップを行わなければなりません。 品揃え:お店においてどの商品を取り扱うのかを決めることです。例えば、ファストフードはレジに近い所に置きます。 グルーピング:商品をカテゴリーごとに分ける作業です。例えば、価格、色、用途、サイズなどに分けられます。 ゾーニング:グルーピングした商品の配置を決める作業です。どのエリアにどの商品カテゴリーを陳列するかを決定します。それは、盛期又は祝日にとっても重要な作業です。 フェイシング:棚におけるフェイスの数を決めることです。販売数などを参考に、売れる商品のフェイスを多く取ります。 店舗の面積、キャンペーンや販売戦略などの目的、そして予算を考慮した上で、最適な棚割を構成できます。他に、商品の回転数によって棚割の更新頻度が違います。しかし、多くの飲食料品を販売する、スーパーやコンビニなどの店舗は、1週1回で棚割を更新したほうがいいです。 理論上そうなんだけど、実にコンビニを運営している大手小売企業は、棚割には2派に分けられます。一つはセブンイレブンを例えとし、店舗ごとが自店の商品の棚割を担当することです。二つ目はローソンのように、棚割は本部に主導されていることです。後者は統一感を与えやすいメリットがあります。顧客は地域を問わずどのローソンコンビニでも入ると、商品が同じ位置で置かれるために、買いたい商品を素早く手に入れます。それは顧客満足度を維持する他に、認知度を高めるのに役立ちます。前者は地域ごとに顧客にカスタマイズできるし、いつも新しい感じを与えるので、顧客の好奇心を刺激します。しかし、一見簡単そうですが、実はすごく難しいです。店舗が置かれている立地環境、顧客が求める商品、すなわち欲しいと思う商品にかなり大きな差が発生します。更に、同じ顧客でも、シチュエーションによって欲しいと思う商品には大きな違いがあります。店舗の店員は自分で立地環境や客層、商圏内などを分析したことで、顧客が欲しいと思う商品を、見えやすい又は探しやすい位置に陳列します。 2.棚割ではAIをどのように使うか? AIを活用する商品棚割システムは店舗のレイアウトを最適化するとともに、棚割をサポートします。一般的に、このシステムには以下の通りで4つのステップがあります。システムを活用する前に、事前に店舗のデータ(店舗のレイアウト画像や、在庫管理、商品情報など)をアップロードしなければなりません。AI(人工知能)は店舗のデータの他に、世界の店舗におけるレイアウトの情報を学習させます。 ステップ1:コンピュータビジョンを使うカメラは、店舗のレイアウト棚割を記録して、システムにアップロードします。 ステップ2:同時に、カメラは棚ごとに商品の位置も記録して、システムにアップロードします。 ステップ3:システムは商品の位置と商品の情報を読み取ります。 [...]

technologies-in-payment-at-unmanned-convenience-store
AI・オートメーション 小売
無人コンビニ決済をサポートする先端技術

DXが促進する中で、多くの小売企業は店舗のレジにOCRなどの先端技術を導入しています。飲食店やスーパーマーケットだけではなく、コンビニも先端技術の導入率が高いようです。その中で、大多数の無人コンビニはAIをはじめとする先端技術を使用ています。本記事は、無人コンビニ決済をサポートする先端技術を紹介いたします。   1.先端技術を導入するメリット 盗難防止:監視カメラ等のような先端技術はキャッシュレスをサポートする他に、顧客の一挙一動を監視するために、不正行為をリアルタイムで防止するのに役立ます。 買い物の時間を減らす:先端技術により、顧客はレジ待ちを必要しないため、数秒又は数分以内で買い物を完了できます。 顧客体験を向上する:買いたい商品を直ぐに手に入れることは顧客にとってすごく便利のではないだろうか。 2.無人コンビニ決済に向ける技術 2.1. スマートな決済をサポートする技術 キャッシュレスで、専用アプリを用いて決済を実施する方法について話したいと思います。顧客は自社が開発したアプリで入口 •出口にスキャンしたり、商品のバーコードを読み取ったり、決済を行ったりします。専用アプリはどの無人コンビニでも現れるが、買い物経路の終点で決済を行うための媒介の役割を果たせます。(無人コンビニの仕組みを詳しく調べたい方は、こちらをクリックください) アプリに受領書を自動に表示するために、コンピュータビジョンやOCR (光学文字認識)等のAI技術が全ての力を発揮するといっても過言ではありません。商品の画像を撮影又はスキャンしてから、商品に書いてある文字を識別して商品の数量と単価を特定した後、受領書を作ってあげます。また、正確性を保つために、多くの管理者は温度センサーや重量センサーなどを活用することで、顧客がどの商品を取るかを直ぐに分かります。管理者の方は、受領書に記載された情報から顧客の行動や好みを判断して、コンビニのレイアウトを最適化します。顧客の方は、デジタル型の受領書を保持しやすいので、もし商品に関する問題があったら、それを証として無人コンビニを運営する企業に訴えられます。 2.2. セルフレジをサポートする技術 [...]

AI-IoT-in-unmanned-convenience-store
AI・オートメーション 小売
無人コンビニにおけるAI、IoTの活用

前編「コンビニにおけるAI、IoTの活用」を踏まえて、全体的な絵を思い浮かべられますね。実際に、コンビニの中で、最も多く先端技術を使っているのは無人コンビニです。無人コンビニにおいて、AIとIoTの活用は特殊があるので、本記事で具体的に説明いたました。 1.無人コンビニとは 無人コンビニとはレジ精算のプロセスを自動化するために、買い物の時間を短縮(数秒以内もある)するとのコンビニです。無人コンビニの特徴として従業員がいないし、24時間年中無休で稼働し、ドラッグストアや飲食店の形で多く現れることが挙げられます。 世界でAmazon、Walmartなどの大手小売企業が無人店舗を運営している一方、日本でもセブンイレブンやローソン、ファミマが無人コンビニを開店しました。更に、2021年に、ファミマは無人のコンビニ縁ストアを1000ヶ所2024年までオープンすると宣言しました。 2. 無人コンビニの仕組み 一般的に、無人コンビニには3つの種類に分けられます。: ウォークスルー型、セルフレジ型、自動販売機型。ウォークスルー型とセルフレジ型の概念について「スーパーマーケットにて際立っているスキャンアンドゴー」で紹介しましたが、今回は無人コンビニでそれらを説明します。 ウォークスルー型の無人コンビニ: レジを設備しなく、コンビニのアプリを通じて決済を実施するコンビニです。そのコンビニに立ち寄る顧客は商品を持ったまま帰ればいいです。 セルフレジ型の無人コンビニ: レジ精算を担当する従業員を雇う必要がなく、セルフレジの機械で決済が済むコンビニです。そのコンビニに入店すると、顧客は商品のバーコードを自分で読み取ります。 自動販売機型の無人コンビニ: 小さい面積を絞るコンビニはどこでも置いているので、便利さがすごく高いです。商品は主に飲料品(コーヒーとかお茶とか)、テークアウトに適する食べ物等です。最近、オフィスに設置する、文法具や飲食品などを提供する自動販売機型の無人コンビニが注目されます。混雑する昼食時などにわざわざ店舗を訪れることができない人はそのコンビニを選択する傾向があります。 3. [...]

why-EC-site-should-intergrate-AI-in-Magento
AI・オートメーション 小売
MagentoでAIと統合するべき理由

前編「Magentoを見過ごせない8つの理由」を踏まえて、Magento(マジェント)は優れたEコマースプラットフォームと見なされます。実際に、オンラインショップ/ECサイトを成功に導く力の裏に潜めているのはAI(人工知能)と思われています。本記事は、MagentoにおいてなぜAIと統合すればいいかを説明いたします。   1.検索エンジンを最適化 我々は「Magentoを見過ごせない8つの理由」を踏まえて、Magentoの強みとしてSEOツールが優れたと見なされます。Magentoは企業のECサイトを検索上位に立たせるので、サイトに訪れる顧客数を増やします。しかし、顧客がウェブサイトに入るとき、話は思った以外にちょっと違います。ある調査では、ウェブサイト訪問者の30%以上は検索バーを使用して買いたい商品のページへ行きます。一般的に、Magentoウェブサイトは入力されたキーワードを基づいて検索結果を提供します。もしシステムが正解のマッチを探せないとしたら、検索結果が出ません。ところが、AIは、キーワードを基づいた検索を、コンテキストを基づいた検索に変えます。自然言語処理を使用するAIは、キーワードを検索する代わりに、訪問者が入力したコンテキストを分析してインサイト•洞察を見いだし、最適な検索結果を出します。更に、コンテキストだけではなく、画像に基づいて検索結果も出せます。訪問者は検索バーを使わず、カメラのアイコンをクリックするだけで検索し始めます。 2.商品のレコメンデーションを支える 2022年4月にAdobeが開発した、 AIを使用する拡張機能のMagento Product Recommendation (マジェントの商品推奨)が登場しました。膨大なデータを分析することで、顧客の行動を予測して、顧客の需要を満たすコンテンツを提供する技術です。更に、顧客の閲覧履歴や注文履歴など、多大なデータをスキャンして、訪問者の好みを満たす類似品を推奨できます。それにより、得られたデータをある期間で蓄積と分析すれば、将来のトレンドを予測したり、顧客の行動や嗜好などを引き出してマーケティングキャンペーンを立てたり、様々なメリットを受けられます。 3.カスタマーサービスをサポートする AIを使用するバーチャルアシスタントは訪問者の買い物をサポートします。例えば、AIチャットボットは訪問者のお問い合わせと答えたり、多量のデータと会話中のデータの両方を分析して顧客の洞察を見いだした後、顧客の需要に合わせた商品を推奨したり、ウェブサイトをスキャンして顧客の情報を集約したりします。 4.データセキュリティを強化 Magentoがサイバー攻撃を防止するセキュリティインフラストラクチャーを提供するが、ネット詐欺の危機がまだ高いです。幸いにもAIを活用することで、サイバー攻撃を最小限にします。膨大なペイメントパターンを分析した上で、疑われる行動を素早く発見します。AIと統合するウェブサイトは自社の情報および顧客情報を保護することができます。 5.在庫管理を最適化 [...]