fbpx

Category Archives: AI・オートメーション

7-applications-of-AI-in-ecommerce
AI・オートメーション
EコマースにおけるAIの7つ活用

コロナ禍の影響で、多くの業界はDXを促進していると思われています。製造業界、小売業、ヘルスケアだけではなく、オンラインで活躍しているEコマース業界もAIをはじめとする先端技術を導入しています。本記事は、EコマースにおけるAIの活用を紹介いたします。   1.価格最適化 Eコマース業界で価格戦略は競争企業の分析を含む様々の要素又はインプットに依存します。実際に、価格についての意思決定は膨大なデータを利用するべきからこそ、その作業を担当する最適者はAI(人工知能)のではないだろうか。Amazonなどのような大手企業はAIを活用することで、外部要因(天候とかトレンドとか)を含む多大の要素を分析して、収益を最大にするダイナミックプライシングの戦略を立てます。 より狭い範囲で、AIは一日あたり商品の最適な価格を探してくれます。ローソンのコンビニで、AIにより、一日の混雑時と暇な時の商品価格を最適な価格にします。同様に、ECサイトを運営している企業は商品価格をパーソナライズできます。ECサイトの訪問者の状況(数量がどのくらいか、顧客行動は何か)に応じて価格を変化することは可能です。 2.セキュリティ強化、盗難防止 2021年に、Eコマース業界はデジタル型の窃盗による200億米ドルをなくしました。明らかなことはセキュリティ保護および盗難防止のための対策が重要です。幸いにもAIがこの課題を解決できます。数億の窃盗事件を分析したことで、マシンラーニングを使用するAIは共通点(つまり窃盗事件の特徴)を特定します。そして、もし疑われる取引が発生するとしたら、それが窃盗事件かどうかを直ぐに判定します。 3. メディアを最適化する Eコマース業界にとって、パーソナライゼーション(つまり、顧客の需要を満たす商品を提供する)が大切です。各チャネル(ソーシャルメディアとかブログとか)を連携させしたり、カスタマイズされるコンテンツを創造したり、キャンペーンごとに応じて各チャネルに類似なコンテンツを自動に提供して一貫性を作ったり する力を持って、AIはパーソナライゼーションを最大限にします。AIにより、全てのコンテンツ(画像とかテキストとか動画とか)が自動に創造•編集•同期化されます。現在、新たなAIのツール(Generative Adversarial Networks – GANsとか、Natural [...]

why-EC-site-should-intergrate-AI-in-Magento
AI・オートメーション 小売
MagentoでAIと統合するべき理由

前編「Magentoを見過ごせない8つの理由」を踏まえて、Magento(マジェント)は優れたEコマースプラットフォームと見なされます。実際に、オンラインショップ/ECサイトを成功に導く力の裏に潜めているのはAI(人工知能)と思われています。本記事は、MagentoにおいてなぜAIと統合すればいいかを説明いたします。   1.検索エンジンを最適化 我々は「Magentoを見過ごせない8つの理由」を踏まえて、Magentoの強みとしてSEOツールが優れたと見なされます。Magentoは企業のECサイトを検索上位に立たせるので、サイトに訪れる顧客数を増やします。しかし、顧客がウェブサイトに入るとき、話は思った以外にちょっと違います。ある調査では、ウェブサイト訪問者の30%以上は検索バーを使用して買いたい商品のページへ行きます。一般的に、Magentoウェブサイトは入力されたキーワードを基づいて検索結果を提供します。もしシステムが正解のマッチを探せないとしたら、検索結果が出ません。ところが、AIは、キーワードを基づいた検索を、コンテキストを基づいた検索に変えます。自然言語処理を使用するAIは、キーワードを検索する代わりに、訪問者が入力したコンテキストを分析してインサイト•洞察を見いだし、最適な検索結果を出します。更に、コンテキストだけではなく、画像に基づいて検索結果も出せます。訪問者は検索バーを使わず、カメラのアイコンをクリックするだけで検索し始めます。 2.商品のレコメンデーションを支える 2022年4月にAdobeが開発した、 AIを使用する拡張機能のMagento Product Recommendation (マジェントの商品推奨)が登場しました。膨大なデータを分析することで、顧客の行動を予測して、顧客の需要を満たすコンテンツを提供する技術です。更に、顧客の閲覧履歴や注文履歴など、多大なデータをスキャンして、訪問者の好みを満たす類似品を推奨できます。それにより、得られたデータをある期間で蓄積と分析すれば、将来のトレンドを予測したり、顧客の行動や嗜好などを引き出してマーケティングキャンペーンを立てたり、様々なメリットを受けられます。 3.カスタマーサービスをサポートする AIを使用するバーチャルアシスタントは訪問者の買い物をサポートします。例えば、AIチャットボットは訪問者のお問い合わせと答えたり、多量のデータと会話中のデータの両方を分析して顧客の洞察を見いだした後、顧客の需要に合わせた商品を推奨したり、ウェブサイトをスキャンして顧客の情報を集約したりします。 4.データセキュリティを強化 Magentoがサイバー攻撃を防止するセキュリティインフラストラクチャーを提供するが、ネット詐欺の危機がまだ高いです。幸いにもAIを活用することで、サイバー攻撃を最小限にします。膨大なペイメントパターンを分析した上で、疑われる行動を素早く発見します。AIと統合するウェブサイトは自社の情報および顧客情報を保護することができます。 5.在庫管理を最適化 [...]

the-application-of-AI-IoT-in-convenience-store
AI・オートメーション 小売
「コンビニ」AI、IoTの10つ以上の活用

DXが促進する時代で、コンビニエンスストアにおいてAIなどのような先端技術の使用率と浸透率が年々増えています。コロナ禍や人手不足によりコンビニを運営する中で、課題は雨後の筍のように現れます。幸いには、AIをはじめとする先端技術により悪化状況から抜くだけではなく、売上を伸ばすという結果は多くのコンビニが得られます。本記事は、コンビニにおけるAI、IoTの活用を説明します。   1.コンビニの傾向 コロナ禍は経済に襲撃したが、環境と健康に対するの消費者の意識を変化させたり、多くの業界で業務のデジタル化・自動化を後押したり、様々なメリットも与えました。更に、消費者の買い物習慣が変化したのは多くの企業の運営方式を改善させています。コンビニも例外ではないです。2023年、コンビニは先端技術により顧客にカスタマイズされるサビースを提供すると我々の研究で分かりました。 1.1 パーソナライゼーション 消費者は買い物をする時、どの要素を重視するかを調べたあるアメリカの調査で、手頃な価格はもちろん、「独自な買い物体験」と答えた人は過半数を占めました。例えば、カナダで名高いコンビニのCouche-Tardは、7600ヵ所で顧客の行動をトラッキングするプログラムにより、パーソナライズされる割引券を提供しました。 1.2 ロイヤリティプログラム 我々は「「2023年の小売業界」顧客行動が変わっている時代を先取るために」を踏まえて、消費者がなぜ店舗を選択するかを調べたある調査によれば、ロイヤリティプログラムは需要な要素です。更に、ロイヤリティプログラムは販売促進戦略として売上を伸ばすと思われます。一例を挙げれば、ニューヨークのガスステーションのValeroは、AIを使用する、パーソナライズされたプロモーションの一つとしてロイヤリティプログラムを通じて、76000ガロン以上を販売しました。このように、2023年にカスタマイズされるロイヤリティプログラムが見過ごせないトレンドになります。 1.3 健康に良い食べ物 コンビニに立ち寄る顧客は早めに食べられるものを手に入れたいのが当然だが、消費期限が迫っているかどうか又は食べ物が衛生を保つかどうかを考慮する傾向があります。それに対して、米州における多くのコンビニはセンサーとリアルタイムリモートモニタリングを使用して、食品の衛生を管理します。 1.4 モバイルオーダーリング・デリバリが注目される 消費者の60%以上が買い物習慣としてスマートフォンを使用するのに対して、コンビニを含む過半数の店舗はモバイル用の注文・配送サービスを提供しています。King-Caseyの報告によれば、2023年にモバイルオーダーリングおよびデリバリがけいこうになります。 1.5 コンビニ内のテクノロジーの発展 DXが促進する中で、先端技術を導入したコンビニが多く見られます。チェックイン・チェックアウトを自動化する顔認証システムから、RFID レジを使用する在庫管理システム、自動精算機に至って、様々な技術があります。更に、消費者の方は、それらの技術に対して積極的な態度があります。ある調査によれば、消費者の59%は、もしポジティブな買い物体験を受けるとしたら、自動化されない店舗を、完全に自動化される店舗にシフトすることにします。 [...]

the-application-of-technology-in-dark-store-EC
AI・オートメーション 小売
「Eコマース」ダークストアにおける先端技術の活用

DXが促進する中で取り残されないように頑張っている多くの小売業者はEC商戦に戦争しようと思って、オンラインショップを開店することにしました。しかし、開業時に聞きなれない概念を見かけるかもしれません。その中で、ダークストアは多くの小売業者を惑わすと思われます。 英国で生まれた、コロナ禍の影響で世界中の国々に広がっているダークストアは2021年以来、日本にも著しく発展と見られます。本記事では、ダークストアの概要、メリットとデメリット、そしてダークストアにおける先端技術の活用をご説明いたします。 1.ダークストアの概要 ダークストア(Dark store)とは、オンラインショッピング(ECサイト)専用の小売店や流通センターなど倉庫のことです(Wikipediaより)。簡単に言えば、オンラインショップを運営する業者は実店舗で来客に商品を販売せず、ECからの注文に対応して、商品をピッキングアップしたり、梱包したり、配送したりします。 基本的にダークストアはECサイトに特化したマイクロフルフィルメント(Micro fulfillment)です。マイクロフルフィルメントとは、人口密度の高い都市部において、消費者に近い場所で小規模の倉庫施設を指します。一般的に、マイクロフルフィルメントはECサイトの倉庫として機能してます。顧客が住んでいる所に近いので、30分以下で配送できるので、顧客の満足度を維持します。ダークストアはその特徴もあります。日本において多くのダークストア(OniGOとかUber Eatsとか)は実店舗から配達範囲を半径2~3キロ程度の近い地域に限定し、最短10分ほどで商品を顧客の手に届けることができます。早さを重視するECコマース業でダークストア又はマイクロフルフィルメントは重要な役割を果たします。更に、Amazon、Walmart、Nordstromなど世界中の大手小売企業はオンライン注文の対応および商品補充のために、ロボットシステムなど先端技術を導入して、マイクロフルフィルメントを自動化します。 上記に話したように、多数のマイクロフルフィルメントはEコマースに特化した倉庫です。しかし、少しのマイクロフルフィルメントはコンビニやスーパーの中にあり、店内の商品補充として機能してます。 スーパーにおいて「スマートマイクロフルフィルメント」を知りたい方は、こちらをクリニックください。 2.ダークストアのメリット 2.1. 在庫管理の最適化 ダークストアの特徴としてECサイトに特化するので、オンライン注文を素早く処理します。更に、顧客の接待が要らないので、ストア内で商品棚を配置するスベースを最大にします。収納スペースの向上は商品管理を高めたり、多くの注文を対応したりします。また、大容量と、商品の検品または配送時、管理システムで「クリック・アンド・コレクト」だけで済みます。 2.2. [...]

AI・オートメーション
「自社ECサイト向け」先端技術による5つの集客方法

    独自のサーバーとドメインを持っているeコマースサイトを運営する自社ECは近年注目されます。第三者に頼らずオンラインの販売を完全にコントロールするのはメリットだが、ECサイトの広告やメインテナンスなど様々な作業を実行するべきというデメリットがあります。その中で、集客は難しい作業だと見られます。本記事は、収集をサポートする、手頃な価格で効果な先端技術を紹介いたします。   1. 一般的なECサイトの集客方法 Eコマースの一つの特徴は、多くのの作業がオンラインの環境で実施されることです。それで、自社ECサイトを運営する企業にはオンラインでの認知度を上げるのが重要だと見なされます。例えば、SNSでの声(シェアオブボイス)を上げるために、企業のソーシャルチャネルのアカウントで顧客の好評や商品の効用などを登録します。又は、グーグルやヤフーなどの有料の広告を通じて、オンラインで商品を検索している顧客は企業のECサイトを見かける可能性を広げます。現在、一般的なECサイトの集客方法は以下の通りです。 リスティング 広告: (SEM/PPC広告、グーグルショッピング広告など)商品によってクリックの料金が違います。しかし、低価格帯の商品を扱うECサイトはリスティング広告を使うと、赤字になるかもしれません。仮に1クリックあたり50円だったとしても、100つの商品は5000円の広告代がかかります。1000円〜2000円の商品なら利益を得られません。 ディスプレイ広告: それはリーマーケティングに使われます。例えば、企業のECサイトに一度訪れた顧客は、他のサイトを見るときに企業のECサイトのイメージを見かけられます。効率は良いが、費用が非常に高いです。 アフィリエイト広告:この数年、その広告はeコマース業界で注目されます。強い影響力を持っているKOLやKOCなどに企業のECサイトを広告してもらうこと。効率は非常に高いが、費用が桁違いです。 SEO: 優れたSEOの戦略を使用することで、顧客があるキーワードで商品を検索するとき、検索トップに入った企業のECサイトを選択する割合を高めることができます。しかし、この方法は手間と人手が結構かかります。 [...]

AI・オートメーション 小売
「おすすめ」自社EC課題を解決できる6つの先端技術 

       ECサイトを構築する特に、独自のサーバーとドメインを取得して自分の商品を販売する自社のECサイトを選択する企業の多く見られます。第三者に頼らず、サイトを完全に管理できるし、自社のイメージにピッタリする自由度が高いし、様々な強みを持っているが、潜在的な課題があります。本記事は、自社EC課題を分析した上で、解決できるツール・技術を紹介いたします。   1.自社ECとは何ですか? 「ECプラットフォームの選び方」を踏まえて、自社ECとモーラECを区別しました。自社ECとは、一つの企業が独自のドメインやサーバ―を取得した上で、自分の商品を販売するウェブサイトとのことです。その概念はモーラ型サイト(モーラEC)と多く混同されます。モーラECとは複数の企業・個人のショップが出店、または商品を出品するとのことです。代表例としてAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが挙げられます。 自社ECサイトとモーラECの一つの相違点は、サードパーティーの参加度です。自社ECサイトにはウェブサイトの構築や運営などを自社が自分で実施するべき一方、モーラECには、サードパーティーが支援(複雑な技術を持っている作業の場合、自社の代わり実施する)します。 また、自社ECを構築する場合、以下の方法が多く使われます: フルスクラッチ:ゼロから作るまでのはフルスクラッチと呼びます。大規模な企業が多く使われます。しかし、テンプレートなどを使用できません。 オープンソース:オープンソースとは、誰でもソースコードを検査・変更・拡張できることを意味します。ECオープンソースプラットフォームの例として、WooCommerceやMagento,Odoo などが挙げられます。 クラウドEC:ECサイトを提供するECプラットフォームはクラウドの環境で稼働します。データの変換や保持、分析などをより容易に実施できます。 ASP:それは、(Application Service [...]

AI・オートメーション 小売
「2023年の小売業界」:顧客行動が変わっている時代を先取るために

不安定する世界情勢で、変わらぬことは、世のすべてのものが刻一刻に移り変わっていくことしかありません。コロナ禍の影響で、顧客の嗜好や行動パターンは以前と比べて、変化していると思われます。それらを先に活用できる者は、時代の潮流に乗れるのではないだろうか。本記事は、見過ごせない6つの顧客行動と、その変化に柔軟に対応する方法を紹介いたします。     1.2023年の新しい顧客行動パターン 1.1 より安い商品や店舗を好きになる インフレにより家計を逼迫する傾向がある Business Insider(ソース1)によると、インフレが深刻化する中、消費者の行動変化が見られます。より安い商品に買い替えたり、格安志向の店舗を選択したり、そんなに家計を圧迫する行動には、収入が低い人だけではなく、富裕層でもあります。同調査では、収入が高い人でもぜいたくな買い物を減らし、いつも以上に割引券で買い物をしている傾向があります。それに、健康な体を維持する食べ物(惣菜や、ランチョンミート、ベーコン、乳製品など)の場合でも、商品のグレードを下げる人数が増えています。 トレードダウンに対して、巧みな値付けを講じるべき 消費者が出費を控えることは、店舗の売上を低迷させる懸念が高まります。それに対して、店舗は価格を最適化するほうがいいのではないだろうか。例えば、惣菜のセグメントでは、需要が高い野菜をより安価で購買するプログラムを行います。多ければ多いほど購買すれば、利益も高くなります。食品を営業するスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどにとって、それは注意すべき点です。 1.2 ロイヤルティプログラムアプリは顧客を獲得する重要な方法になる ロイヤリティプログラムは小売企業にとって慣れ親しんだ概念ですよね。店舗を選択する消費者の理由という2021年のある調査(絵1)について、回答者の40%は、「手頃な価格がある」と答えました。 絵1 また、Consumer Thermometerによると(ソース2)、性別からブランドとの深い絆を感じる感じるのは60%以上を上回った(64%の女性と68%の男性)と統計されました。その中で、好奇心、信頼と明るい気持ちを与えるブランドのほうが好きだと回答者が答えました。ロイヤリティプログラムの重要性を言うまでもない、特に中年又は高齢の消費者は、繋がりがあるブランドの商品を長時間で購入する傾向がありあす。InMomentの調査によると、消費者の77%は、自分にとっての特別なブランドの商品を10年以上で買ったと話しました。言い換えれば、ブランドや店舗との繋がりを感じることは買い物を後押しています。また、ロイヤリティプログラムを展開する時に、注力するべきツールはロイヤリティアプリです。それは、顧客のロイヤルティを育成だけではなく、セール・マーケティングキャンペーンをサポートするのに役立ち、有利なツールだと思われます。 [...]

AI・オートメーション AI・オートメーション インサイト
飲食店におけるコスト削減の10つアイデア

飲食店を営業している中、コスト削減は頭を抱えている問題になります。特に、コロナ禍とインフレの影響で、売上がなかなか好調しないしたり、原材料などの調達が難しかったりする背景では、コスト削減に取り組むに越したことはないだろう。本記事は、将来のトレンドに適する、手頃なコスト削減の10つのアイデアを紹介いたします。また、2023年の飲食店のトレンドを詳しく調べたい方は、こちらをご覧ください。     1. 固定費と変動費 飲食店の費用は、固定費と変動費に分けられます。固定費とは、書面書類の協力上でフィックスされる、又は変えりにくい費用です。例えば、店舗の家賃や、利息、労働費などを含みます。一方、変動費とは、市場の変動によって費用が変わるとのことです。例えば、原材料や水道光熱費などがあります。 普通、コスト削減を実施する場合、変動費をカットダウンすることを目指します。例えば、価格がより安い原材料を提供する企業を探すことや、省エネの設備を切り替えることなどのありふれた方法を活用しています。しかし、それらの方法は、短時間で効果を与えるかどうかを確保できないと思われます。また、展開中、全社員が協力してもらなかったら、逆効果となるかもしれません。     2. コスト削減の注意点 コスト削減を実施する時、注意するべき点は二つあります。一つ目は、コストをカットダウンしても商品の品質を保持しなければなりません。飲食店では、食品の安全又は商品の品質が何より大事なことは否定できません。特に、日本の市場で、飲食品が安全ではない、又は汚れる風評があれば、飲食店へ客足がなくなることを引き起こして、閉店又は倒産に追いこまれるかもしれません。二つ目は、店員のモチベーションを下げないようにコスト削減対策を実施しましょう。現在、コスト削減のために労働費をカットダウンしたり、明るさが足りない仕事環境を提供したりすることは、店員のやる気がないだろう。     3. [...]