各種サービス

Our Services

業種別 サービス

業界特有の課題や要求に対応したITサービスを提供しています。

業種 別サービス

業界特有の課題や要求に対応したデジタルソリューションを提供しています。

業種別 サービス

業界特有の課題や要求に対応したITサービスを提供しています。

VTI が選ばれる理由?

01. 私たちの最大の資産は「人財」です。

  • ハイレベルなエンジニア
    ベトナムで750人以上、日本で90人以上の従業員を擁するVTIは、様々なプラットフォームとテクノロジーの資格を持っているIT専門家の集まりです。
  • お客様の言語で対応可能
    我々の従業員は、日本語、韓国語、英語でスムーズにコミュニケーションできます。
  • エコシステム
    グループ会社の株式会社VTI Education、株式会社HRIとの緊密な連携、及びベトナム一流大学との提携により、大規模プロジェクトにも人材を確保できます。

02. お客様の事業向けのワンストップサービス

  • お客様のご要望に応じたフルライフサイクル開発が可能です。
  • AI、ML、データ分析、クラウドコンピューティングなどの先端技術に関するお客様のご要件に対応します。
  • CMMI V2.0成熟度レベル3に準拠した品質管理システム(QMS)を構築しました。

03. 開発事例

  • 日系大手企業向けに高品質な製品・サービスを提供したとの成功事例が数々あります。
  • 金融、建設、小売、運輸、インタネットサービスなどの特化した業種に合わせ、顧客のビジネスの成長、DX実現及び多彩なニーズに応えます
vti_vector_top
vti_vector_right
vti_vector_bottom

VTI が選ばれる理由?

01. 私たちの最大の資産は「人財」です。

  • ハイレベルなエンジニア
    ベトナムで750人以上、日本で90人以上の従業員を擁するVTIは、様々なプラットフォームとテクノロジーの資格を持っているIT専門家の集まりです。
  • お客様の言語で対応可能
    我々の従業員は、日本語、韓国語、英語でスムーズにコミュニケーションできます。
  • エコシステム
    グループ会社の株式会社VTI Education、株式会社HRIとの緊密な連携、及びベトナム一流大学との提携により、大規模プロジェクトにも人材を確保できます。

02. お客様の事業向けのワンストップサービス

  • お客様のご要望に応じたフルライフサイクル開発が可能です。
  • AI、ML、データ分析、クラウドコンピューティングなどの先端技術に関するお客様のご要件に対応します。
  • CMMI V2.0成熟度レベル3に準拠した品質管理システム(QMS)を構築しました。

03. 開発事例

  • 日系大手企業に高品質な製品・サービスを提供したとの成功事例が数々あります。
  • 金融、建設、小売、運輸、インタネットサービスなどの特化した業種に合わせ、顧客のビジネスの成長、DX実現及び多彩なニーズに応えます
vti_vector_top
vti_vector_right
vti_vector_bottom

VTI が選ばれる理由?

01. 私たちの最大の資産は「人財」です。

  • ハイレベルなエンジニアベトナムで750人以上、日本で90人以上の従業員を擁するVTIは、様々なプラットフォームとテクノロジーの資格を持っているIT専門家の集まりです。
  • お客様の言語で対応可能我々の従業員は、日本語、韓国語、英語でスムーズにコミュニケーションできます。
  • エコシステムグループ会社の株式会社VTI Education、株式会社HRIとの緊密な連携、及びベトナム一流大学との提携により、大規模プロジェクトにも人材を確保できます。

02. お客様の事業向けのワンストップサービス

  • お客様のご要望に応じたフルライフサイクル開発が可能です。
  • AI、ML、データ分析、クラウドコンピューティングなどの先端技術に関するお客様のご要件に対応します。
  • CMMI V2.0成熟度レベル3に準拠した品質管理システム(QMS)を構築しました。

03. 開発事例

  • 日系大手企業に高品質な製品・サービスを提供したとの成功事例が数々あります。
  • 金融、建設、小売、運輸、インタネットサービスなどの特化した業種に合わせ、顧客のビジネスの成長、DX実現及び多彩なニーズに応えます

資格・認定

資格・ 認定

資格・認定

事例 紹介

お客様の成功は、私たちの成功です。

+1000

従業員

+300

プロジェクト

6

子会社

2

ミラー型AIサイネージシステム開発

AI(人工知能)を使用し、顧客が必要としている情報、もしくは興味があると予想される情報を判断し、顧客に提示することができます。

カーシェアリングシステム

お客様が大手のバス運行会社で短期間で新サービスを実現したい。ハイテクノロジーを採用して、新しい価値観を作り出す。

害獣捕獲監視システム

お客様の要望: IoT活用で罠に害獣が捕獲されたかを遠隔で監視するシステム。RF監視タグを罠に装着し、加速度や赤外線のセンサーが害獣を検知したとき、その信号を中継器に送信する。

株取引のウェブサイト開発

株価ボードのほか、チャートや企業分析、スクリーニング提案など、銘柄管理や銘柄選択に便利な提案を搭載しており、アプリケーションから直接発注することもできる。

自動運転車

お客様の要望: 顧客は運輸業で活動し、建設車両の自動自律運転を開発したい。

B2Cモバイルアプリケーション

B2Cモバイルアプリケーション。最初のフェーズで40,000人のユーザーにサービスを提供し、後のフェーズで数百万人のユーザーにサービスを提供する。

事例 紹介

お客様の成功は、私たちの成功です。

+1000

従業員

5

子会社

+300

プロジェクト

2

ミラー型AIサイネージシステム開発

AI(人工知能)を使用し、顧客が必要としている情報、もしくは興味があると予想される情報を判断し、顧客に提示することができます。

カーシェアリングシステム

お客様が大手のバス運行会社で短期間で新サービスを実現したい。ハイテクノロジーを採用して、新しい価値観を作り出す。

害獣捕獲監視システム

お客様の要望: IoT活用で罠に害獣が捕獲されたかを遠隔で監視するシステム。RF監視タグを罠に装着し、加速度や赤外線のセンサーが害獣を検知したとき、その信号を中継器に送信する。

株取引のウェブサイト開発

株価ボードのほか、チャートや企業分析、スクリーニング提案など、銘柄管理や銘柄選択に便利な提案を搭載しており、アプリケーションから直接発注することもできる。

自動運転車

お客様の要望: 顧客は運輸業で活動し、建設車両の自動自律運転を開発したい。

B2Cモバイルアプリケーション

B2Cモバイルアプリケーション。最初のフェーズで40,000人のユーザーにサービスを提供し、後のフェーズで数百万人のユーザーにサービスを提供する。

事例 紹介

お客様の成功は、私たちの成功です。

+1000

従業員

+300

プロジェクト

5

子会社

2

ミラー型AIサイネージシステム開発

AI(人工知能)を使用し、顧客が必要としている情報、もしくは興味があると予想される情報を判断し、顧客に提示することができます。

カーシェアリングシステム

お客様が大手のバス運行会社で短期間で新サービスを実現したい。ハイテクノロジーを採用して、新しい価値観を作り出す。

害獣捕獲監視システム

お客様の要望: IoT活用で罠に害獣が捕獲されたかを遠隔で監視するシステム。RF監視タグを罠に装着し、加速度や赤外線のセンサーが害獣を検知したとき、その信号を中継器に送信する。

株取引のウェブサイト開発

株価ボードのほか、チャートや企業分析、スクリーニング提案など、銘柄管理や銘柄選択に便利な提案を搭載しており、アプリケーションから直接発注することもできる。

自動運転車

お客様の要望: 顧客は運輸業で活動し、建設車両の自動自律運転を開発したい。

B2Cモバイルアプリケーション

B2Cモバイルアプリケーション。最初のフェーズで40,000人のユーザーにサービスを提供し、後のフェーズで数百万人のユーザーにサービスを提供する。

Connect with us
お気軽にご連絡ください

ニュース

ブログ
ITオフショアサービスの活用のメリット

緊急の状況に直面する中、デジタルトランスフォーメーションに向けて、ビジネスを拡大する必要性とともに、企業は新たなトレンドの変化と更新が必要となっている。新しい技術、ビジネスモデルで競争に勝ち抜き、市場での地位を確かなものにする。それで、「ITオフショアサービス」の活用は、企業が直面する「難題」を解決する有効な手段である。「ITオフショアサービス」は、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)ビジネス・プロセスにおける外部サプライヤーへの出荷サービスを含み、製造、小売、金融、運輸、建設などの分野で一般的に適用されている。    運用コストを削減 前述したように、「ITオフショアサービス」の最大のメリットはコスト削減にある。日本より人件費の安い国で「ITオフショアサービス」を利用することで、企業は開発コストを大幅に削減することができる。 理由としては、開発・運用コストの中でソフトウェア技術者にかかるコストが最も大きな割合を占めており、人件費を最小限に抑えることで、企業は低コストで高品質なシステムを開発することができるからだ。大まかな計算によると、高度な技術を持つITチームを保有するためには、企業は採用、集中講座でのトレーニング、設備や機械、インフラ、保守費用などのコストを支払わなければならない。 しかし、情報技術は変更が速く、迅速に更新しない場合、それは企業が市場で競争することが困難になる。 海外からの「ITオフショアサービス」を利用することで、国内の人件費と比較して、30〜50%のコスト削減が可能になる。 製品の品質保証 「ITオフショアサービス」サービスを利用する企業が増えているのは、製品の品質維持とコスト削減が主な理由である。2020年、グローバル化とデジタル化が急速に進む日本では、ITシステムやソフトウェアの開発に多くの人材が必要とされている。新型コロナウイルスの流行の影響を受け、日本のIT市場全体の成長率は2019年同期比4.5%減の28兆2155億円まで落ち込むと予測されています。   「ITオフショアサービス」サービスを利用する場合、企業は中断のない作業を保証され、プロジェクトとソフトウェアは定期的にメンテナンスされている。さらに、ソフトウェアのエラーや障害が発生した場合にも、サポートが受けられ、迅速な修正が可能である。オフショアサービスの特殊性から、企業はリモートでサポートされる。これは、コロナウイルスの流行が続いている状況では、非常に便利なことです。 これは、コロナ禍が流行している現在では非常に便利なことである。これにより、作業の進捗を確実にするだけでなく、ビジネスの作業効率を高めることにもつながる。   人材不足への解決策  「ITオフショアサービス」を利用する際のもう一つの重要な要素は、「人材不足」の問題を解決することである。多くの企業や事業者が人材に「渇望」している現在、「ITオフショアサービス」の活用は安全かつ有効な解決策となっている。「ITオフショアサービス」は、単純なものから複雑なものまで、高度な専門性と技術力を持った新しい人材を確保し、自社のITスタッフの負担を軽減することができる。これにより、企業は社内のリクエストに対応することに集中できる。

インサイト
マイクロソフト、AIが自然言語をプログラミング言語に翻訳するツールを一般提供開始

米マイクロソフト社は6月22日から、自然言語をコンピューターが理解できるプログラミング言語に翻訳する「Codex」を利用した、AI(人工知能)コーディング支援ツール「GitHub Copilot」を一般提供している。 また、AIが支援するソフトウェア開発ツール(以下、AI支援ツール)を使って、自然言語でモデリングソフトを操作する様子も公開した。 Codexは、米サンフランシスコに拠点を置くAI研究開発企業「OpenAI」が開発した機械学習モデルで、自然言語によるコマンドを12種以上のプログラミング言語のコードに変換できる。 インターネット上のペタバイト級の言語データで学習させた自然言語モデル「GPT-3」 に由来し、GitHub上のソースコードでも訓練されている。 マイクロソフトのCTOであるケビン・スコット氏によると、Codexがソフトウェア開発にもたらす生産性向上効果は驚異的で、これまで2時間かかっていた作業を2分でこなせるようになるという。 ● GitHhub Copilotが一般提供開始 今回一般提供を開始したGitHub Copilotは、2021年6月に初めて公開された。 数万人のユーザーに向けて、JavaやPythonなどのプログラミング言語のコードの約40%を提案している。 マイクロソフトは、5月24に実施した開発者向けイベント「Microsoft Build」において、GitHub Copilotの一般提供を開始することを発表していた。

ニュース

AI・オートメーション
AI自動音声認識技術についてとその3つの最大メリット

自動音声認識はデジタル分野において最も人気のあるAIソリューションの1つであり、多くの企業が関心を寄せています。IT業界に留まらず小売業、製造業の企業も作業の簡素化、保管能力の向上、必要に応じた簡単な追跡を目的として音声からテキストへの変換ソリューションを熱心に探しています。本記事で、VTIは自動音声認識ソリューションについてご紹介します。 自動音声認識技術とは 自動音声認識つまり音声からテキストへの変換(本来は音声認識)はそれほど奇妙ではなく、1950年代から長い間現れたものです。但し、現在の自動音声認識は大進歩を遂げ、従来技術よりほぼ完全に近代的になり、特に人工知能(AI)の活用によって多くの分野で広く適用されています。 現在、自動音声認識技術は生活のあらゆる側面に浸透するようになりました。我々は通話の着信やスケジュール登録などを手伝ってくれるSiriやAlexaのようなバーチャルアシスタントに慣れっこになっていますが、AIを搭載した音声認識技術はそれよりもはるかにできています。 営業活動、特に顧客対応やテレセールスでは、毎日の電話から情報を収集することが非常に重要です。以前、情報を抽出し保存するために電話を録音する必要がありましたが、現在では、自動音声認識の最新技術により、すべてが迅速かつ簡単に行われています。従業員がいつものように応答している間、AIシステムは今後の抽出のために、通話内容を自動的にデジタルのテキストファイルに変換し保存します。 AI自動音声認識のメリット 高精度と迅速性 処理速度はAI自動音声認識技術の最も目立つ利点です。AIは要件に応じて、どれが人間の音かどの言語で発言しているか自動的に音の種類を認識して、該当テキストに変換します。これにより、情報抽出・検索に要する時間を削減できます。 政治家の演説、医者のメモ、講義内容、ポッドキャスト内容等の長い資料に対しては、求めらる処理能力及び正確性により、文字起こしにはちょっと時間がかかることもあります。また、Youtubeの自動字幕等のリアルタイムのテキスト変換もありますが、正確性が一定程度しか確保されていません。 しかし、もちろん、AIは人間による改修、及びその自分の学習(機械学習/深層学習)を重ねた上での継続的な改善が必要ですが、基本的には、音声をすばやく正確にテキストに文字起こしできるという利点で、AI自動音声認識が多くの人に選ばれています。 コスト削減 自動音声認識ソリューションはデータ量とデータ抽出時間を減らせるため、企業に対して、文字起こし、翻訳などのサービス料並びにデータ保管料などを削減することができます。 サービス料といえば、30、40年前に、海外取引先と協力する際に企業が通訳者の採用費用を含め電話内容の聴解、録音や通訳に費やした費用はAI自動音声認識の時代の数倍です。サービス料のみならず、応答時間や他の不便も出てきました。 また、懸念すべきもう一つはデータ保管料です。コールセンターであれば、日々にお客様から数多くの問い合わせがきて、テレセールスであれば、毎日の架電が行われます。それらの通話内容を録音する音声ファイルを保管するのに、保管スペースも取り、データ損失・破損のリスクもあり、システムの負荷になります。それに対して、通話内容がテキスト化されるなら、音声ファイルより容量がずっと軽くなり、保管スペースがそんなにかからないので、保管料を大幅に削減できます。結合性と改善力AI自動音声認識のメリットの一つはウェブサイトまたはソフトウェアに結合できることです。これによって、「途切れることなく常に対応できる」サービスができて、従業員と顧客にとって使用効果と便利性が見えます。バーチャルアシスタント、自動検索など、多くの自動音声認識を活用したサービスがこのように動作しています。 その上、AIの特徴は自習と持続改善なので、機械学習により、様々な機能がユーザの要望に応じて継続的に更新・改善できます。これこそがAI自動音声認識ソリューションの最も潜在的なメリットです。

インサイト
マイクロソフト、AIが自然言語をプログラミング言語に翻訳するツールを一般提供開始

米マイクロソフト社は6月22日から、自然言語をコンピューターが理解できるプログラミング言語に翻訳する「Codex」を利用した、AI(人工知能)コーディング支援ツール「GitHub Copilot」を一般提供している。 また、AIが支援するソフトウェア開発ツール(以下、AI支援ツール)を使って、自然言語でモデリングソフトを操作する様子も公開した。 Codexは、米サンフランシスコに拠点を置くAI研究開発企業「OpenAI」が開発した機械学習モデルで、自然言語によるコマンドを12種以上のプログラミング言語のコードに変換できる。 インターネット上のペタバイト級の言語データで学習させた自然言語モデル「GPT-3」 に由来し、GitHub上のソースコードでも訓練されている。 マイクロソフトのCTOであるケビン・スコット氏によると、Codexがソフトウェア開発にもたらす生産性向上効果は驚異的で、これまで2時間かかっていた作業を2分でこなせるようになるという。 ● GitHhub Copilotが一般提供開始 今回一般提供を開始したGitHub Copilotは、2021年6月に初めて公開された。 数万人のユーザーに向けて、JavaやPythonなどのプログラミング言語のコードの約40%を提案している。 マイクロソフトは、5月24に実施した開発者向けイベント「Microsoft Build」において、GitHub Copilotの一般提供を開始することを発表していた。

ニュース

ブログ
ITオフショアサービスの活用のメリット

緊急の状況に直面する中、デジタルトランスフォーメーションに向けて、ビジネスを拡大する必要性とともに、企業は新たなトレンドの変化と更新が必要となっている。新しい技術、ビジネスモデルで競争に勝ち抜き、市場での地位を確かなものにする。それで、「ITオフショアサービス」の活用は、企業が直面する「難題」を解決する有効な手段である。「ITオフショアサービス」は、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)ビジネス・プロセスにおける外部サプライヤーへの出荷サービスを含み、製造、小売、金融、運輸、建設などの分野で一般的に適用されている。    運用コストを削減 前述したように、「ITオフショアサービス」の最大のメリットはコスト削減にある。日本より人件費の安い国で「ITオフショアサービス」を利用することで、企業は開発コストを大幅に削減することができる。 理由としては、開発・運用コストの中でソフトウェア技術者にかかるコストが最も大きな割合を占めており、人件費を最小限に抑えることで、企業は低コストで高品質なシステムを開発することができるからだ。大まかな計算によると、高度な技術を持つITチームを保有するためには、企業は採用、集中講座でのトレーニング、設備や機械、インフラ、保守費用などのコストを支払わなければならない。 しかし、情報技術は変更が速く、迅速に更新しない場合、それは企業が市場で競争することが困難になる。 海外からの「ITオフショアサービス」を利用することで、国内の人件費と比較して、30〜50%のコスト削減が可能になる。 製品の品質保証 「ITオフショアサービス」サービスを利用する企業が増えているのは、製品の品質維持とコスト削減が主な理由である。2020年、グローバル化とデジタル化が急速に進む日本では、ITシステムやソフトウェアの開発に多くの人材が必要とされている。新型コロナウイルスの流行の影響を受け、日本のIT市場全体の成長率は2019年同期比4.5%減の28兆2155億円まで落ち込むと予測されています。   「ITオフショアサービス」サービスを利用する場合、企業は中断のない作業を保証され、プロジェクトとソフトウェアは定期的にメンテナンスされている。さらに、ソフトウェアのエラーや障害が発生した場合にも、サポートが受けられ、迅速な修正が可能である。オフショアサービスの特殊性から、企業はリモートでサポートされる。これは、コロナウイルスの流行が続いている状況では、非常に便利なことです。 これは、コロナ禍が流行している現在では非常に便利なことである。これにより、作業の進捗を確実にするだけでなく、ビジネスの作業効率を高めることにもつながる。   人材不足への解決策  「ITオフショアサービス」を利用する際のもう一つの重要な要素は、「人材不足」の問題を解決することである。多くの企業や事業者が人材に「渇望」している現在、「ITオフショアサービス」の活用は安全かつ有効な解決策となっている。「ITオフショアサービス」は、単純なものから複雑なものまで、高度な専門性と技術力を持った新しい人材を確保し、自社のITスタッフの負担を軽減することができる。これにより、企業は社内のリクエストに対応することに集中できる。

インサイト
マイクロソフト、AIが自然言語をプログラミング言語に翻訳するツールを一般提供開始

米マイクロソフト社は6月22日から、自然言語をコンピューターが理解できるプログラミング言語に翻訳する「Codex」を利用した、AI(人工知能)コーディング支援ツール「GitHub Copilot」を一般提供している。 また、AIが支援するソフトウェア開発ツール(以下、AI支援ツール)を使って、自然言語でモデリングソフトを操作する様子も公開した。 Codexは、米サンフランシスコに拠点を置くAI研究開発企業「OpenAI」が開発した機械学習モデルで、自然言語によるコマンドを12種以上のプログラミング言語のコードに変換できる。 インターネット上のペタバイト級の言語データで学習させた自然言語モデル「GPT-3」 に由来し、GitHub上のソースコードでも訓練されている。 マイクロソフトのCTOであるケビン・スコット氏によると、Codexがソフトウェア開発にもたらす生産性向上効果は驚異的で、これまで2時間かかっていた作業を2分でこなせるようになるという。 ● GitHhub Copilotが一般提供開始 今回一般提供を開始したGitHub Copilotは、2021年6月に初めて公開された。 数万人のユーザーに向けて、JavaやPythonなどのプログラミング言語のコードの約40%を提案している。 マイクロソフトは、5月24に実施した開発者向けイベント「Microsoft Build」において、GitHub Copilotの一般提供を開始することを発表していた。