Retail

流通におけるデジタルトランスフォーメーション

既存流通運営システム・管理プロセスの変革・最適化・改善にテクノロジーを活用します。

retail_business

経営管理・企画

  • 事業投資計画
  • 倉庫管理・物流企画
  • キャッシュフロー管理
  • システム運用管理
  • マーケティングデータ分析
retail_in-store

製品開発

  • 製品開発
  • 製品管理
  • サプライヤーの検索・選択
  • ユーザーニーズ分析
retail_product_dev

店内管理

  • 店舗管理・監視
  • リアルタイム経営管理
  • 経営計画
  • プロモーションキャンペーンの実施
  • 製品の配置
  • キャッシュフロー管理
  • 製品入荷管理
  • 人事管理
retail_supply_chain

サプライチェーン管理

  • インポート・エクスポート管理
  • 在庫商品管理
  • 納品計画管理
  • ロ物流業者管理
retail_business

Business Management & Planning

  • Business Investment Planning
  • Warehouse & logistic planning
  • Cash flow management
  • Systems operation management
  • Marketing Data Analysis
retail_in-store

Product development

  • Product Development
  • Product Management
  • Search And Select Suppliers
  • User Demand Analysis
retail_product_dev

店内管理

  • 店舗管理・監視
  • リアルタイム経営管理
  • 経営計画
  • プロモーションキャンペーンの実施
  • 製品の配置
  • キャッシュフロー管理
  • 製品入荷管理
  • 人事管理
retail_supply_chain

サプライチェーン管理

  • インポート・エクスポート管理
  • 在庫商品管理
  • 納品計画管理
  • ロ物流業者管理
Retail

流通におけるデジタルトランスフォーメーション

既存流通運営システム・管理プロセスの変革・最適化・改善にテクノロジーを活用します。

retail_supply_chain

サプライチェーン管理

  • インポート・エクスポート管理
  • 在庫商品管理
  • 納品計画管理
  • ロ物流業者管理
retail_business

経営管理・企画

  • 事業投資計画
  • 倉庫管理・物流企画
  • キャッシュフロー管理
  • システム運用管理
  • マーケティングデータ分析
retail_in-store

製品開発

  • 製品開発
  • 製品管理
  • サプライヤーの検索・選択
  • ユーザーニーズ分析
retail_product_dev

店内管理

  • 店舗管理・監視
  • リアルタイム経営管理
  • 経営計画
  • プロモーションキャンペーンの実施
  • 製品の配置
  • キャッシュフロー管理
  • 製品入荷管理
  • 人事管理

ハイライト

業界インサイト

モバイル用オンライン株取引アプリケーション

金融コンサルティング会社である顧客に金融に関連するITソリューションを提供しており、顧客向けにモバイル用オンライン株取引アプリケーションを構築しています。

続きを読む

ハイライト

業界インサイト

モバイル用オンライン株取引アプリケーション

金融コンサルティング会社である顧客に金融に関連するITソリューションを提供しており、顧客向けにモバイル用オンライン株取引アプリケーションを構築しています。

続きを読む

ハイライト

業界インサイト

モバイル用オンライン株取引アプリケーション

金融コンサルティング会社である顧客に金融に関連するITソリューションを提供しており、顧客向けにモバイル用オンライン株取引アプリケーションを構築しています。

続きを読む

Connect with us
お気軽にご連絡ください

事例紹介

機械学習を活用しペッパーと連携する製品について案内するサービスシステム。

続きを読む

特集

Vti-what-is-customer-loyalty-program
小売
ロイヤリティプログラムとは?ロイヤリティプログラム導入前に検討すべき点

ロイヤリティプログラムは、企業の収益を増やしながら、顧客ロイヤルティを向上するのに最も効果的な戦術の1つであることが証明されつつあります。プレミアムロイヤルティプログラムの提供・導入支援を行うClarus Commerce社が行った「プレミアムロイヤルティデータ調査2021」によると、ブランドのロイヤリティプログラムに満足しているなら、消費者のほぼ90%は、競合他社がより低い価格を提示するにもかかわらず、そのブランドを選ぶ傾向が高いという結果も出ています。 ロイヤリティプログラムは、特に小売業界や食品・飲料業界にとって、新しい概念ではありません。今までポイントベースのプログラム、階層型ロイヤルティプログラム、非金銭的プログラム、提携ロイヤルティプログラム、有料–VIPロイヤルティプログラム、キャッシュバックやゲーミフィケーションなど様々なタイプがあります。この数年、顧客ロイヤリティの向上に重点を置き、ロイヤリティプログラムを改良するために既存の形式を変えたり、新しい方法を作り出したりすることに取り組む小売業者が増えつつあります。 本記事を通じて、VTIはロイヤリティプログラムの定義及びそのメリット・デメリットについてご紹介します。 ロイヤルティプログラムとは? 世界No.1の顧客管理・営業支援システムを提供するSaleforceの定義によると、ロイヤルティプログラム(Customer loyalty program)とは、企業が一定期間で継続購入またはサービス利用してくれた顧客に対し、実績を認めて報酬を与えるマーケティング施策のことを意味します。これは、企業の販売活動でのプロモーションや特典のプログラム等を通じて顧客からの好感と信頼、つまり顧客ロイヤルティを向上し、顧客を引き付けることを目的としたインセンティブ・報酬付与です。またロイヤルティプログラムは、企業が報酬を提供することを通じて得意客に感謝の気持ちを表する方法とも見なされています。 銀行、エンターテインメント、ホテル、小売、観光などのサービスのマーケティングキャンペーンを見れば、ポイントカード、リワードカード、会員カード、ロイヤル顧客カードなどを発行してロイヤルティプログラムを実施するケースが少なくありません。これらのカードは、クレジットカード・デビットカードと似てる物理的なプラスチックカードの他、カード名義人をロイヤルティプログラム会員として識別するデジタルカードも使われます。 ロイヤルティプログラムの一環として、ロイヤル顧客カード(物理とデジタルの両方)の所有者はカードを提示することだけで、当時の取引に対して即時に割引・ギフトなどを取得したり、カードの利用限度を引上げたり、グレードアップしたりすることができます。また、ポイントを貯めて将来の取引に使ったりする選択肢もあります。 ロイヤルティプログラムの成功事例といえば、直ぐに頭に浮かぶのは、世界で非常に有名なコーヒーチェーン店であるスターバックスにより実施された、同社のスターバックスリワードの会員向けの「Starbucks for

特集

Vti-what-is-customer-loyalty-program
小売
ロイヤリティプログラムとは?ロイヤリティプログラム導入前に検討すべき点

ロイヤリティプログラムは、企業の収益を増やしながら、顧客ロイヤルティを向上するのに最も効果的な戦術の1つであることが証明されつつあります。プレミアムロイヤルティプログラムの提供・導入支援を行うClarus Commerce社が行った「プレミアムロイヤルティデータ調査2021」によると、ブランドのロイヤリティプログラムに満足しているなら、消費者のほぼ90%は、競合他社がより低い価格を提示するにもかかわらず、そのブランドを選ぶ傾向が高いという結果も出ています。 ロイヤリティプログラムは、特に小売業界や食品・飲料業界にとって、新しい概念ではありません。今までポイントベースのプログラム、階層型ロイヤルティプログラム、非金銭的プログラム、提携ロイヤルティプログラム、有料–VIPロイヤルティプログラム、キャッシュバックやゲーミフィケーションなど様々なタイプがあります。この数年、顧客ロイヤリティの向上に重点を置き、ロイヤリティプログラムを改良するために既存の形式を変えたり、新しい方法を作り出したりすることに取り組む小売業者が増えつつあります。 本記事を通じて、VTIはロイヤリティプログラムの定義及びそのメリット・デメリットについてご紹介します。 ロイヤルティプログラムとは? 世界No.1の顧客管理・営業支援システムを提供するSaleforceの定義によると、ロイヤルティプログラム(Customer loyalty program)とは、企業が一定期間で継続購入またはサービス利用してくれた顧客に対し、実績を認めて報酬を与えるマーケティング施策のことを意味します。これは、企業の販売活動でのプロモーションや特典のプログラム等を通じて顧客からの好感と信頼、つまり顧客ロイヤルティを向上し、顧客を引き付けることを目的としたインセンティブ・報酬付与です。またロイヤルティプログラムは、企業が報酬を提供することを通じて得意客に感謝の気持ちを表する方法とも見なされています。 銀行、エンターテインメント、ホテル、小売、観光などのサービスのマーケティングキャンペーンを見れば、ポイントカード、リワードカード、会員カード、ロイヤル顧客カードなどを発行してロイヤルティプログラムを実施するケースが少なくありません。これらのカードは、クレジットカード・デビットカードと似てる物理的なプラスチックカードの他、カード名義人をロイヤルティプログラム会員として識別するデジタルカードも使われます。 ロイヤルティプログラムの一環として、ロイヤル顧客カード(物理とデジタルの両方)の所有者はカードを提示することだけで、当時の取引に対して即時に割引・ギフトなどを取得したり、カードの利用限度を引上げたり、グレードアップしたりすることができます。また、ポイントを貯めて将来の取引に使ったりする選択肢もあります。 ロイヤルティプログラムの成功事例といえば、直ぐに頭に浮かぶのは、世界で非常に有名なコーヒーチェーン店であるスターバックスにより実施された、同社のスターバックスリワードの会員向けの「Starbucks for

特集

Vti-what-is-customer-loyalty-program
小売
ロイヤリティプログラムとは?ロイヤリティプログラム導入前に検討すべき点

ロイヤリティプログラムは、企業の収益を増やしながら、顧客ロイヤルティを向上するのに最も効果的な戦術の1つであることが証明されつつあります。プレミアムロイヤルティプログラムの提供・導入支援を行うClarus Commerce社が行った「プレミアムロイヤルティデータ調査2021」によると、ブランドのロイヤリティプログラムに満足しているなら、消費者のほぼ90%は、競合他社がより低い価格を提示するにもかかわらず、そのブランドを選ぶ傾向が高いという結果も出ています。 ロイヤリティプログラムは、特に小売業界や食品・飲料業界にとって、新しい概念ではありません。今までポイントベースのプログラム、階層型ロイヤルティプログラム、非金銭的プログラム、提携ロイヤルティプログラム、有料–VIPロイヤルティプログラム、キャッシュバックやゲーミフィケーションなど様々なタイプがあります。この数年、顧客ロイヤリティの向上に重点を置き、ロイヤリティプログラムを改良するために既存の形式を変えたり、新しい方法を作り出したりすることに取り組む小売業者が増えつつあります。 本記事を通じて、VTIはロイヤリティプログラムの定義及びそのメリット・デメリットについてご紹介します。 ロイヤルティプログラムとは? 世界No.1の顧客管理・営業支援システムを提供するSaleforceの定義によると、ロイヤルティプログラム(Customer loyalty program)とは、企業が一定期間で継続購入またはサービス利用してくれた顧客に対し、実績を認めて報酬を与えるマーケティング施策のことを意味します。これは、企業の販売活動でのプロモーションや特典のプログラム等を通じて顧客からの好感と信頼、つまり顧客ロイヤルティを向上し、顧客を引き付けることを目的としたインセンティブ・報酬付与です。またロイヤルティプログラムは、企業が報酬を提供することを通じて得意客に感謝の気持ちを表する方法とも見なされています。 銀行、エンターテインメント、ホテル、小売、観光などのサービスのマーケティングキャンペーンを見れば、ポイントカード、リワードカード、会員カード、ロイヤル顧客カードなどを発行してロイヤルティプログラムを実施するケースが少なくありません。これらのカードは、クレジットカード・デビットカードと似てる物理的なプラスチックカードの他、カード名義人をロイヤルティプログラム会員として識別するデジタルカードも使われます。 ロイヤルティプログラムの一環として、ロイヤル顧客カード(物理とデジタルの両方)の所有者はカードを提示することだけで、当時の取引に対して即時に割引・ギフトなどを取得したり、カードの利用限度を引上げたり、グレードアップしたりすることができます。また、ポイントを貯めて将来の取引に使ったりする選択肢もあります。 ロイヤルティプログラムの成功事例といえば、直ぐに頭に浮かぶのは、世界で非常に有名なコーヒーチェーン店であるスターバックスにより実施された、同社のスターバックスリワードの会員向けの「Starbucks for