fbpx

Tag Archives: 製造

boost-productivity-under-labor-shortage-in-manufacturing
AI・オートメーション 製造
製造業の人手不足下で生産管理を効率化するソリューション

多くの業界で、コロナ禍の影響で人手不足を深刻化していくと思われています。特に、きつい・汚い・危険の3Kを持っている製造業はあまり労働者の注目を引きません。その背景に、製造企業は生産を効率的に管理するために、どうすればいいかを考慮した上で、本記事を執筆いたします。   1. 製造業の人手不足の背景 経済産業省「ものづくり人材の確保と育成」では、製造業の就職者数は2002から2020にかけて18年間で約157万人減少しています。特に、コロナ禍の影響で製造業の人手不足が深刻になってきています(統計局により、2021年に建設業の就職者数は前年に比べて減少した) 理由は仕事環境が体に良くないし、外勤時間が多いし、一回の不注意だけで生命を脅かすという評価された製造業が若い労働者の心を惹かれないからです。更に、高齢化社会の影響で多くの製造企業は技能を持つ人材を不足しています。このように、きつい・汚い・危険の3kだと評価される製造業は、他の業界と比べて競争力がより低いです。 人手不足(特に技能を持っている人材の不足)は製造業に悪影響を及ぼしています。明らかなことは、人の力により製品を製造したり販売したりするために、企業の利益が得られます。また、若手社員を雇用しても、社員が業務をこなす時間はけっこうかかるので、この時間のギャップで営業を維持しづらいかもしれません。 では、人手不足の背景に、どうやって新たな価値を創出するかという問題が浮き堀になってきました。技術が発展しなかった昔はこれが課題でしたが、現在は別の話でした。AI(人工知能)やIoT、ビッグデータなどの先端技術が急発展しているために、社員数を最低限にしても、生産を効率化することができます。その中で、AIを搭載する製造実行システム(MES)が多大なメリットを与えると思われます。 2.人手不足の下でMES(製造実行システム)のメリット 2.1 オンボーディングプロセスをスピードアップさせる オンボーディングは企業にとって重要なプロセスです。新社員が素早く仕事環境又は仕事量に慣れてくるかどうかはオンボーディングの質量次第です。オンボーディングをスピードアップするのに役立つMES(製造実行システム)は優れた選択肢です。MESは、直観的なインターフェイスを使用することで、新社員に必要な情報(トレーニング資料や作業指示書等)にアクセスできるようにする権利を付与します。それだけでなく、MESシステムは、スキルまたは統合トレーニング認定を管理できたり、機械および機器を操作する資格のあるスタッフを使用および管理する権利を付与したりします。例えば、作業員は60%以上のOEE(設備総合効率)を確保しなければ、機械を自分で操作することはできません。 2.2 正確なリアルタイムの視覚化 MESの特徴としてはデータをリアルタイムで集約することで、意思決定をより正確に下せます。それは全体的に色々なメリットを提供します。例を挙げれば、商品の状況(在庫有無とか)をリアルタイムで把握することで、倉庫の商品を検査する作業員を省きます。もう一つの例として、工場の生産状況をリモートでリアルタイムに視覚化することで、管理人員を削減できることが挙げられます。 2.3 プロセスを自動的に監視 現在、製造企業はMESシステムをPLC(プログラマブルろロジックコントロール)やIoT等に統合できるようになったことで、生産プロセスを自動的に監視できます。製品や機械等のデータをMESがリアルタイムに集約して、処理してから報告します。それにより、企業は生産プロセスに何か問題があったかを直ぐに把握できます。同時に、MES は迅速な技術ソリューションを統合し、商品の欠陥を最小限に抑え、より良い製品品質を保証します。 [...]

AI・オートメーション 製造
製造業におけるAI、IoTの活用

ある調査により、2021年に、製造市場におけるグローバル人工知能とIoT(もののインターネット)は、それぞれ14億8250万米ドル、500億米ドルと評価され、年々増加していくと予測されます。DXの促進を目指す多くの製造企業は、AIやIoTなどの先端技術を活用することで、スマート工場などを築いています。本記事では、製造企業はどのようにAI、IoTを活用するかを説明いたします。   1.スマート工場のモデル 2016年に提唱された「超スマート社会」と伴う「スマート工場」の概念は、製造業の注目を集めています。特に、コロナ禍の影響で、多くの製造企業は、AIやIoTなどを導入することで、企業での業務などを自動化・最適化しています。 スマート工場は、相互接続されたマシンのネットワークから、データを保持したクラウド、RFIDタグやビーコンなどのデバイス、ロボットやドローン、スマート監視・管理システムに至って、様々な先端技術を活用して、最低限の従業員で効率や売上を最大にするモデルです。先端技術は、スマート工場の中核でもあり、製造業の運営方を再形成するものでもあります。実に企業の予算によって使われる先端技術の数量と種類が違いが、多く使われているのは以下の通りです: IoTセンサー:壁や棚などに備えておくIoTセンサーは、温度、重量、深度等の差をトラッキングする。 コンピュータビジョンを使用するカメラ:多量の画像を分析して、作業員の行動などを記録・追跡する。 スマート端末機器、スマートウェアラブルデバイス:スマート管理システムからのリアルタイムでのデータ/通報/警報を遠隔でも受け取る。 3Dプリンティング:コストとリスクを削減したり、大数量で生産できたり、廃棄物を少なめくしたり、色々なメリットを与えるために、近年注目されている。 AIを活用する管理システム:AIの力を借りて、多大のデータを分析して価値のあるデータを引き出して、経営などをサポートする。 AR/VR:スマート端末機器を通じて、データを3Dの画像として見える化するメリットを持っているために、近年注目されている。 ロボット:大手企業は、ロボットアームやドローンを使用することで、製品を作ったり、製品棚に製品を検査したり、製品を補給したりする。 では、スマート工場、そして製造企業は、どのようにAI、IoTを活用するかを以下のセクションで説明いたします。     [...]

AI・オートメーション ブログ 製造
製造企業: AI等によるインフラやコロナ対応、特にスマート工場

現在、コロナ渦の7波を乗り越えていることに力を注いでいる同時、円安によるインフラの危機に向き合う製造企業は、コロナ対応と営業維持を同時に実施することは艱難だと思われます。その課題にある鍵はAIなどのような先端技術のようです。とりわけ、スマート工場は、疫病発散防止および営業成長の対策として専門家に提出されます。 1.現状 NHKによると、新型コロナウィルスの第7波では、感染者数が減少しても、重症による死亡者数は前波に比べて90%を増加したそうです。コロナウイルスに馴染んできたが、コロナ対応の対策は一秒たりとも気が緩んではいけないだろう。また、2022年の秋ごろには円安が続く見込みです。このまま円安が続けば、物価が上がり続けるインフラの状態になりかねません。それは製造企業に直間接的に人手不足や原価上昇などの影響を与えます。しかし、歴史を振り返ると、インフラや疫病などを同時に対応する方法はないかもしれません。幸いに、超スマート社会へ進む道では、ビッグデータ、AI, IoTなどの先端技術はその課題の鍵となり、人手最小で営業成長を与える一石二鳥の方法だと思われます。 2.インフラやコロナ対応に向けての5つ技術 2.1. 非接触指紋認証システム 職場や工場などでクラスター発生を防ぐために、物理的な接触を制限することを多くの製造企業が取り組んでいます。代表的な例はコンピュータビジョンによる画像認識や顔認識システムを使用したそうです。コロナ渦以前、出退勤やにゅう出入駐車をIC カードで管理する代わりに、コンピュータが画像を分析して認識することです。打つ退勤を使うとき、作業員は出退勤のための紙を打つことを忘れることがあります。しかし、顔認識システムを使用するなら、出口を出入することで出退勤を同期してはすごく便利です。 応用事例:  我々の顔認識システムであるFaceXは、ベトナムでコロナ状況が深刻してきた時点から導入され、社員たちの出退勤および出退室の時間を記録して管理します。指紋又はICカードを使うことない非接触方法で、コロナを対応する同時に、疑われる者が職場を入り込めることを防止することに貢献します。社員たちからすごく便利で時間がかからないという好評を受けました。また、VTIグループは、バイクのナンバープレートを認識するコンピュータビジョンによるのシステムを開発しました。それは、出入駐車を素早く管理し、盗難を防止することができます。 VTI のFaceX 2.2. バーチャルアシスタント [...]

AI・オートメーション IoTアプリケーション アプリケーション開発
【VTIジャパン_展示会】APPS JAPAN (アプリジャパン)2022出展のご案内

株式会社VTIジャパンは、6月15日(水)〜6月17日(金)に開催される「アプリジャパン2022」に出展いたします。 APPS JAPANはスマートフォン、タブレット、パソコン、テレビやデジタルサイネージなど様々なシーンで活躍が期待されているアプリを紹介し、アプリビジネスの拡大を促進していく日本最大級のアプリ展示会です。 弊社のブースでは、製造・小売業における管理ソリューション(MESX・RETAILX・AI&IoTソリューションパッケージ)及び自社のアプリ開発サービスをご紹介いたします。ご関心のある方はぜひ弊社出展ブースにお立ち寄り下さいませ。 「アプリジャパン2022」VTIジャパンブースへのご来場をお待ちしております。 展覧会の情報: ■ 会期:2022年6月15日(水)~6月17日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで) ■ 会場:幕張メッセ(住所:〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1) ■ VTIジャパンのブース番号:6M33 ■ 展示会詳細:こちらでご確認下さい。 ■ 出展内容:当社の専用ページでご確認下さい。 展開製品・ソリューション ソフトウエア開発開発サービス ――――――――――――――――お問い合わせ:株式会社VTIジャパン 営業部メールアドレス:[email protected]住所:・東京本社:〒162ー0067東京都新宿区富久町8番21 T&Tビル [...]