fbpx

「Eコマースに向け」Odoo ERPシステムと統合するべき理由

why-should-intergrate-odoo-erp-with-ec-site

Eコマースの急発展のために、客足の増加を希望を持っている小売企業は自社ECサイト又はオンラインショップを構築することにします。ある程度に、オンラインショップの運営は管理者の負担を増やすかもしれません。ERPシステムをEコマースサイトに統合することはオムニチャネル又は複数のショップをより素早く容易に管理するのに役立ちます。本記事は、最も多く使われるERPシステムの一つであるOdoo ERPシステムがECサイトと統合する7つの理由を説明いたします。

 

1.  Odooシステムおよび Odoo ERPシステムの概要

Odooシステム: Odooシステムとは業界を問わず全企業に向けて、企業の運営を包括的に管理するためのモジュールを提供するプラットフォームです。CRMや、セールス、材料調達管理、在庫管理、ERPシステム、EコマースなどのモジュールはOdooシステムの基本的なモジュールです。更に、各モジュールの間に連携があるので、データを一元管理するだけでなく、もし一つのモジュールで保持されるデータが変更されるとしたら、残りのモジュールが相当的にチェンジされます。

Odoo ERPシステム: Odoo ERPシステムとは企業経営の基本となる資源要素(人•物•金•情報)を適切に管理するOdooの重要なシステムです。その最大のメリットは「情報の一元管理」にあります。企業の部門に点在している情報を一箇所に集め、つまり一元管理により、企業の状況を正確かつタイムリーに把握した上で、ビジネス戦略を策定する事は可能です。

2. Odoo ERPシステムがECサイトと統合する理由

2.1. Eコマースプラットフォームと統合しやすい

Odoo ERPは数多くのEコマースプラットフォーム(MagentoとかShopifyとか)と統合しやすいようです。新しいプリゲイン又はシステムを、使用しているプラットフォームと統合する場合、プレゲインやシステムがプラットフォームに合わないので、使用できない又はエラーがいっぱい生じることがあります。ところが、Odoo ERPは多数のプラットフォームと統合すると、トラベルなく稼働すると思われています。更に、アプリストアで30以上のモジュールと27000以上のサードパーテイアプリを持っているOdooシステムの一部としてOdoo ERPを導入すれば、それらのモジュールやアプリを使用できます。なぜかというと、Odooの各モジュールの間に連携があるので、もしOdoo ERPと統合するとしたら、他のモジュールと統合できます。

2.2. 在庫管理の最適化

ありふれた在庫管理システムは手作業が多いことをさておき、倉庫内の商品の状態を管理するソフトウェアや店内で販売する商品の管理のためのソフトウェアなどがあります。データを分散したために、データの総合•管理•処理は手間と時間が結構かかります。倉庫と離れた店舗の場合、何か問題があったら、即刻対応しにくいだろう。また、配送時間が短ければ短いほど顧客満足度を上げる特徴を持つオンラインショップには在庫管理を最適化しなければなりません。Odoo ERPを活用すると、商品の状態を始点(製造所とか)から終点(顧客の住所とか)まで監査または管理する事は可能です。分散したデータが集められて管理され、端末機械の画面に提示されます。それは時間とお金を節約するのに役立ちます。

2.3. プレミアムクラスへアップデートしやすい

一度にOdooに触れない企業は、安価で簡単なパッケージから始めることができます。使用中、もっと多い機能を使いたいなら、プレミアムにアップグレードデートしやすいです。Odooのガイドラインに従うだけでいいです。

2.4. シッピングおよびペイメントゲートウェイと統合可能

OdooプラットフォームでEコマースサイトを構築したら、シッピングの機能は簡単に統合されられます。他のプラットフォームを使う場合、Odoo ERPを使用することで、商品の追跡を素早く容易に実施するだけでなく、有名なシッピングデリバリーと連携しやすいです。

一方、Odoo ERPはAdyen, Paypal, Ogone, Stipeなどの様々な決済方法と連携するので、キャッシュレス決済を主にするEコマースサイトには決済プロセスを素早く処理したり、決済から集めたデータを一箇所に保持したりします。

2.5. 複数のオンラインショップを管理可能

Odoo ERPは、セールス、CRM、プロジェクトマネジメント、金融管理、在庫および倉庫管理、製造管理、HR、多岐な作業を管理する、包括的な管理システムです。それにより、複数のオンラインショップですべての業務をより容易に管理することは可能です。

2.6. 情報の一元管理

データのサイロ化(データが様々な部署に分散した)はEコマースの課題の一つと見なされます。それにより、管理者は企業の運営を俯瞰したり、マーケティングの戦略などに役立っているデータを探したりすることができません。Odoo ERPを使ったら、隔絶されていた部署のデータを集めし、データを一手で入力することはありません。一元管理により、Eコマースサイトには配送情報から、商品情報、在庫のレベル、顧客の評価に至って重要なデータを可視化します。更に、マルチシステムのデータを自動に集めてくれるので、手入力などの作業にかかる時間と手間を削減できます。

2.7. OMOのサポート

OMOを実施するなかで、ソーシャルメーデイアといったオンラインチャネルを発展しなければなりません。Odoo ERPと統合すれば、Odooのソーシャルメーデイアツールを使用できるので、マーケティング活動を自動化してオンラインでの存在感を高めます。それに、多大なデータから価値のあるデータを引き出すことで、カスタマイズしたコンテンツを作成してコンバージョンレートを上げます。

why-should-intergrate-odoo-erp-with-ec-site-image

3. ECプラットフォームと統合されるOdoo ERPシステム

3.1. Odoo ERPシステム: Shopify Eコマースと最も統合されるERPシステムの一つ

ある2022年にShopify ECサイトを運営する企業はどのERPシステムを使用しているかを調べた調査では、一位に立ったのはOdoo ERP システムです。同調査では、Odooが手頃な価格で大量のモジュールを持っているので、小中規模の企業に適切したと評価されます。ECサイトと統合するOdoo ERPを使用する企業では、業務効率を30%以上向上し、売上を10%以上高めている結果があります。

3.2. Odoo ERP システムとMagento 2の組み合わせ

Magento 2とOdoo ERPシステムを組み合わせたら、Magento 2のデータがOdoo ERPシスレムに自動的に同期化されます。使用中、両方のデータが同時にアップデートされます。Magento ECサイトを所有する企業がERPシステムを探している場合、Odoo-Magento 2 アプリを推奨します。そのアプリを使うすることで、二つのプラットフォームにあるデータを一元管理することは可能です。[Magento 2 Odoo Integration] (日本語:Magento 2とOdoo ERPシステムの組み合わせ)の特徴な機能は以下の通りです。

  • Magento 2の商品情報(商品名、価格、コスト、詳細情報を含む)はOdoo ERPに同期化: この拡張機能は、多量の商品情報でも簡単にダウンロード又は見える化、チャートで表示することをサポートします。商品情報は両方のプラットフォームを同時にアップデートされます。
  • Magento 2の顧客情報はOdoo ERPに同期化:アドミン(管理者)は顧客情報を容易に管理可能。手入力によるエラー又は二重情報を最低限。
  • Magento 2の注文、インボイス、クレジットの情報はOdoo ERPに同期化
  • Magento 2の決済方法、配送方法に関する情報はOdoo ERPに同期化

ユーザーフレンドリーなインターフェイスにより、一度に使わない企業には使用できます。

4. VTIグループ

VTIは、AIなどのような先端技術やリテールのノウハウを活用することにより、デジタルトランスフォーメーションと事業成長に向けたソフトウェア開発のワンストップソリューションをご提供いたします。また、Odooの公式パートナーとしてOdooのEコマースシステムをはじめとするOdooのサービスを提供いたします。特に、MagentoやOdooなどのEコマースプラットフォームに関する経験が豊富な人材を持つ、幅広い業界の企業にカスタマイズされるオンライン・ショップを構築するのをサポートします。

まとめ

上記に話したように、Odoo ERPシステムがECサイトと統合する7つの理由を説明いたします。Odoo ERPシステムに関して何にか問題があれば、ご遠慮なくご連絡ください。

また、先端技術の最新情報を調べたい方は、我々のポストを受けるために登録のためのメールボックスを書き込めください。

▼VTIジャパンのウェビナーに無料で参加▼AIによる小売業の革新