2023年オフショア開発の 概要・動向(最新版)
2023年オフショア開発の 概要・動向(最新版)
もっと見る

なぜレガシーCOBOLがクラウドへ移行すればいいかを説明

12月 22, 2023
why-should-migrate-cobol-system-to-cloud

我々のCOBOLの将来性は?古くても未だ健在だと思われる?」を踏まえて、COBOLシステムは非常に構造化されており、かなり保守しやすいため、 大量の取引を効率的かつ迅速に処理可能で、安定しているものが必要な業界(銀行、証券会社、保険、政府機関など)はCOBOLを使っているシステムに多用ていることが分かります。しかし、レガシーなどのメインフーム業界で撤退すると発表した大手企業が多くなる背景には、COBOLシステムをこのまま使用すると、将来に何か起こったら、サポートサビースを提供する企業がなければ困るでしょう。

そういう問題を解決するには二つの方法があるようです。一つ目は古いシステムを書き換えることです。一つ目はCOBOLシステムをモダナイズ化することです。前者は費用が非常に高いほかに、新システムが旧システムほど安定的に稼働しない可能性が高いというデメリットがあります。後者は、容易ではないが、JAVAなどの他のプログラミング言語へ移行することや、クラウドへ移行することなど、COBOLシステムの柔軟性、拡張性を向上させる方法が色々あります。調査結果によると、企業の72%はCOBOLシステムを放棄または書き換えるより、モダナイゼーションを選択したほうがいいと語りました。本日では、COBOLシステムのモダナイゼーション方法の一つであるクラウド移行の魅力を説明します。

 

1.レガシーCOBOLがクラウドへ移行するメリット

1.1.運用コスト削減

レガシーのコストは、増加し続けており、2023 年には8 〜 15% と顕著に増加していると統計されました。レガシーCOBOLシステムを活用することで、これらのコストの上昇に対する対応は有望ではないかもしれません。 ただし、COBOLシステムをクラウドへ移行としたら、夢しか達しないそうなコスト削減の目的を達する可能性が高いです。目の前に見える利益はMSU使用率を削減できることです。これは移行前と移行後のSub-Capacity Planning Tool を比較することで直ぐ確認できますSub-Capacity Planning Tool は、4 時間ごとの移動平均使用量 (MSU 単位) の観点から CPC と LPAR 使用量、ローリング4時間平均(R4HA)使用率を分析する際に役立ちます。R4HAは、R4HA は、メインフレーム環境のコストの大部分を占める IBM ソフトウェアの月額ライセンス料金 (MLC) を計算するために使用されます。R4HA を下げることで、組織は MLC を下げることができます。 MLC が低いほど、アプリケーションまたはプログラムの実行コストが低くなります。

さらに、レガシーCOBOLのクラウド移行には、コンパイルされた Java バイトコードが利用されるため、従来の方法を使用してレガシー アプリケーションを維持できます。 つまり、システムは COBOL のままで、Java にクロスコンパイルされますが、Java では保守されません。 既存のサポートスタッフは、新しい環境でアプリケーションを保守する必要がなく、その結果、現在のチームとスタッフのレベルへの影響は最小限に抑えられます。

1.2.より優れた統合機能

多くの重要な政府および金融サービス アプリケーションは COBOL で記述されていますが、それ以来プログラマーの間で COBOL の人気は徐々に低下しています。 クラウド移行だとしたら、企業は API を使用して、COBOLシステムを現在のワークステーションやモバイル デバイスで使用されている最新のアプリケーションと統合できます。 言い換えれば、従来のセットアップを維持しながら、最新のソリューションの無駄のないアプローチの恩恵を受けることができます。

1.3.ハイブリッド インフラストラクチャの実現

レガシーを維持しても、組織がクラウドベースのプラットフォームを使用できないわけではありません。 また、最新のレガシーは、クラウドに接続して両方のソリューションのメリットを享受できるハイブリッド インフラストラクチャを作成するのがはるかに簡単です。 その際、レガシーの最新化戦略においてサイバーセキュリティが最優先事項であることに注意することが重要です。

 

2.レガシーCOBOLのクラウド移行を妨げる要因は?

レガシーCOBOLのクラウドへの移行のある時代が到来しました。 クラウド環境を採用することで、企業はスケーラビリティ、運用コスト効率、俊敏性の向上という利点を最大限に活用できます。 段階的なモダナイゼーションのアプローチとインテリジェントな変革ツールにより、企業は混乱を最小限に抑え、コストを削減しながら移行のプロセスを進めることができます。

とはいえ、レガシーCOBOLのクラウド移行を企画している企業は、その結果が実る日がすぐに見えませんよ。なぜかというと、COBOLのIT人材不足が深刻化しているからです。多くのベテランが退職し始めており、ニーズに合わせた人材が足りません。 Society for Information Management の 2020 IT Trends レポートによると、回答者は今後 5 年間に IT 従業員の 7% が退職すると予想しています。これは、2019 年に報告された 7.1% および 2018 年の 6.9% と同様です。近年、日本の企業はCOBOL人材補充の方法としてオフショア開発企業に委託する傾向があります。

 

3.COBOLシステムのモダナイゼーションをサポートするVTIグループ

VTIグループは、長期にわたってベトナム・日本・韓国のお客様へソリューション提供してきた経験を持つアウトソーシング会社です。特に、COBOLシステムの維持から、保守、マイグレーションに至って、COBOL開発サービスを提供します。

VTIサビースを選ぶ理由:

  • 50人以上のCOBOL人材:弊社はCOBOLに精通する人材が豊富です。それに、継続的なトレーニングによって、COBOL人材を継続的に提供することを保証します。
  • 複数の業界の基礎業務を理解:積み重ねてきた経験とノウハウにより、多くの業界の業務を理解して、最適なサービスをワンストップで提供できることを信じております。
  • AIやクラウドなどの先端技術に精通する:AI、IoT、クラウドなどの先端技術を活用することで、COBOLシステムをモダナイズ化して、拡張性と柔軟性を向上するのに役立ちます。

 

弊社のCOBOLサービスの資料を受け取りたい方は、ご遠慮なくご連絡ください。

お問い合わせ

 

 

ブログ