fbpx

身分証明書認識

お客様の背景:

顧客は銀行業界で活躍しています。 ユーザーの情報処理モジュールを構築したい。

→IDカード、運転免許証、パスポートの写真から自動的に情報を抽出可能。

→IDカードなどの顔画像が本人確認書類での顔画像と一致するか確認可能。

システムの機能:

  1. IDプルーフィング(偽造身分証明書の検出)

可能な限り最高の画質でスマホのカメラやウェブカメラで撮影した本人確認書類が真正かつ有効なものか判断する。

  1. 類似性チェック(本人確認)

顧客が撮った顔画像が本人確認書類での顔画像と一致するか確認する。

  1. ライブネスチェック-本物/偽の人をチェック

顧客が撮った顔画像が本人確認書類での顔画像と一致するか確認する。

顔ベースの生体認証と認定された活性検出により、IDを保持している人がトランザクション中に物理的に存在するかどうかが判断さる。

  1. 身分証明書を情報を抽出する

情報が抽出され、処理システムに入力されます。

システムの内容

  • Optical Character Recognition
  • Deep Learning: Text Detection, CRNN model
  • Tensorflow framework

結果

Posts Related

(2022年)製造業向けのコスト削減アイデア:先端技術を活用する

従来、コストを削減することに悩んでいる製造の企業管理者は多いだと思われます。原価を下げるために材料を減らせることや、人件費をカットダウンするための人事削減などの方法を使えば、目の前の利益はまだ見えないが、品質が低くなるだろう。ありふれた方法は同時に品質向上とコスト削減を実施しかねます。ところが、インダストリー4.0に入ると、無理艱難な課題を解決できるそうです。ここにある秘密の鍵はAIを代表とする先端技術です。本記事は製造業でAIを導入する10つのコスト削減アイデアと、それぞれの活用事例を説明します。 1. 論理上のコスト削減方法 以下の方式は多くの人が慣れるかもしれません。 利益 = 売上 ー コスト  営業を維持したければ、売上はコストより大きいと保たなければなりません。この差が大きければ大きいほど、会社を成長させていきます。利益最適化の目的に到達する企業管理者は、売上を向上するかコストを削減するか迷い込んでいます。しかし、数多くの製品市場が成熟し、質高い品物でも売れないという「ものが売れない時代」では、短期に売上を向上することは難しいです。一方、コスト削減方法を選ばれた、「間接費」又は「直接費」を天秤に置かれないといけないです。 1.1. 直接費 直接費は製品の価格に直接影響をもたらす要素で構成されます。それは、次の通りに三つの部分があります: +)直接材料費:原料費、買入部品費など 基本的に見れば、これはカットしにくい費用です。なぜかというと、取引先との契約書で固定された費用だからです。カットすることは取引先との緊密さ次第です。 +)直接労務費:製品・サービスの提供に直接的に関わる社員の給与 これは、上記のように、カットしにくいです。社員たちとの契約書でフィックスされた費用ですから。カットしたければカットしてもいいけれど、社員たちのモチベーションを減らせるかもしれません。それは、製品の品質を低くすることにつながります。 +)直接経費:外注加工費など これは、製品の質に直接影響を与えるので、カットしにくいです。