次のスマートなものに

AWSome新興企業として、お客様に「クラウド」の力をもたらし、トランストランスフォーメーションに必要な専門知識、リソース、戦略的洞察の提供によりお客様でのイノベーションを形成することを目指しています。

ベトナムでは、VTI CloudはAWSプラクティスに多大な力を注ぎ、AWSソリューション実装に豊富な経験を持つAWSアドバンスドコンサルティングパートナーとして知られています。資格を持っている熟練のテクニカルコンサルタント及びプロジェクト管理の専門家の強いチームを有しており、お客様に収益を更に生み出す健全的なAWSコンサルティング事業を運営しています。

次のスマートなものに

AWSome新興企業として、お客様に「クラウド」の力をもたらし、トランストランスフォーメーションに必要な専門知識、リソース、戦略的洞察の提供によりお客様でのイノベーションを形成することを目指しています。

ベトナムでは、VTI CloudはAWSプラクティスに多大な力を注ぎ、AWSソリューション実装に豊富な経験を持つAWSアドバンスドコンサルティングパートナーとして知られています。資格を持っている熟練のテクニカルコンサルタント及びプロジェクト管理の専門家の強いチームを有しており、お客様に収益を更に生み出す健全的なAWSコンサルティング事業を運営しています。

次のスマートなものに

AWSome新興企業として、お客様に「クラウド」の力をもたらし、トランストランスフォーメーションに必要な専門知識、リソース、戦略的洞察の提供によりお客様でのイノベーションを形成することを目指しています。

ベトナムでは、VTI CloudはAWSプラクティスに多大な力を注ぎ、AWSソリューション実装に豊富な経験を持つAWSアドバンスドコンサルティングパートナーとして知られています。資格を持っている熟練のテクニカルコンサルタント及びプロジェクト管理の専門家の強いチームを有しており、お客様に収益を更に生み出す健全的なAWSコンサルティング事業を運営しています。

強固なサービス環境を作りましょう。

強固なサービス環境を作りましょう。

強固なサービス環境を作りましょう。

AWSパートナー企業として

弊社はベトナムにおけるAWSのアドバンスドコンサルティングパートナーとして認定されており、アソシエイトからプロフェッショナルまでAWS認定資格取得数が50個以上である。

Connect with us
お気軽にご連絡ください

ハイライト

AWSのアドバンスドコンサルティングパートナー認定を取得

当社は2020年5月22日付にAmazon Web Serviceからアドバンスドコンサルティングパートナー認定を受けました。

VTI Cloudは、ベトナムの企業がAWSにすばやく接近できるように支援することを目的として設立しました。それにより、企業や国のデジタル変革プロセスがスピードアップします。VTI Cloudは創業以来1年をわたり、数百のお客様をサポ​​ートしてAWSに切り替え、AWSを効果的に使用する方法をアドバイスし、AWSでシステムを監視するのを支援してきました。現在まで、AWSのお客様は、eコマース、小売、銀行、金融、航空、製造の分野に広がっています。

続きを読む

ハイライト

AWSのアドバンスドコンサルティングパートナー認定を取得

当社は2020年5月22日付にAmazon Web Serviceからアドバンスドコンサルティングパートナー認定を受けました。

VTI Cloudは、ベトナムの企業がAWSにすばやく接近できるように支援することを目的として設立しました。それにより、企業や国のデジタル変革プロセスがスピードアップします。

View more

ハイライト

AWSのアドバンスドコンサルティングパートナー認定を取得

当社は2020年5月22日付にAmazon Web Serviceからアドバンスドコンサルティングパートナー認定を受けました。

VTI Cloudは、ベトナムの企業がAWSにすばやく接近できるように支援することを目的として設立しました。それにより、企業や国のデジタル変革プロセスがスピードアップします。

View more

特集

call-center-ccaas
クラウドコンピューティング
コンタクトセンター・アズ・ア・サービス(CCaaS)顧客体験向上メリットを3つ紹介!

サービス型コンタクトセンター(CCaaS)により、作業負荷の軽減に加えるだけでなく、カスタマーエクスペリエンスへの投資効果を最大化できるソリューション言われています。特に、CCaaSはコンタクトセンターサービスの運営に改革なインパクトをもたらします。以下にはCCaaSを導入する3つのメリットを得られます。 1.クラウドコンピューティングにより、顧客体験がマルチチャネルで実現可能があります。 今や、企業と顧客はさまざまな手段でつながれます。つまり、ウェブサイト、電話、メール、チャットボットなど企業がよく駆使しているすべての手段でそれぞれ顧客体験を向上する必要があるという意味です。 クラウドコンピューティングの導入により、上の連絡手段を単一のプラットフォームに一本化することができ、1回のログインで1つの画面で顧客にサービスを提供することができます。各手段の複数の画面を切替えて情報を確認する必要がなくなり、効率がよくなります。 その上、企業は顧客関係管理ツール(CRM)をクラウドコンピューティングと連携して企業と顧客との連絡情報を分析することもできます。分析結果により、各顧客に応じた連絡方法を選択し、顧客体験を向上できます。 マルチチャネルコンタクトセンターを開設したい場合、CCaaSソリューション提供者にお問合せください。また、毎月維持費として一定の金額を支払うだけでこのサービスを利用できます。 2.クラウドコンピューティングにより、待ち呼数が減り、コールセンターの品質を測る指標のひとつである「応答率」が向上します。 従来のコンタクトセンターでは、同時に受け付けられるコール数が制限があります。顧客数が多い企業にはいろいろな人が一斉に電話する場合、通信回線の問題が発生するはずです。待ち時間が長いことは不満を招き、顧客体験の低下につながってしまう恐れがあります。 クラウドコンピューティングを活用したマルチチャネルコンタクトセンターの開設により、企業はこの待ち呼という課題を解決できます。このソリューションには通信回線を最適化し、同時に対応できるコール数を増加させる顕著な機能があります。このソリューションは長時間の待ち呼を完全に解消できていないが、この状況を最小限に抑えることで顧客体験を積極的に改善させることに役に立ています。 3.AIチャットボットで顧客との24時間365日やり取り可能 インバウンドコールの大部分では、基本情報または案内が求められていますので、同じ回答を繰り返すより、チャットボットで対応する方が効率でしょう。チャットボットはクラウドベースで、事前にプログラムされた内容に基づき基本情報や案内を顧客に提供し、顧客のニーズを解決するのに役に立ちます。 アクティブ化された際に、ユーザーが回答内容をカスタマイズできるチャットボットもあります。これによって、カスタマーサービススタッフが同じ内容を繰り返す代わりに、他の複雑な作業に集中できます。さらに、オペレーター人数の削減もでき、企業でのリソース節約および最適化に貢献します。

vti-cloud-computing
クラウドコンピューティング
クラウドコンピューティングとは?クラウドコンピューティングについて知っておくべき基本的な概念

多種多様なメリットをもたらすクラウドコンピューティングは近年、ますます多くの企業や組織で使用され、インターネット上のデジタル革命として見なされています。この記事を通じて、読者にクラウドコンピューティングに関する基本的な概念をご紹介します。 クラウドコンピューティングとは? AWSのウェブサイトでは、クラウドコンピューティングを、クラウドサービスプラットフォームからインターネットを経由してITリソースをオンデマンドで従量課金制で利用できるサービスと定義しています。物理的なデータセンターやサーバーを購入、所有、維持する代わりに、クラウドプロバイダーから必要な時にコンピューティング、データベース、ストレージといったリソースへ簡単にアクセスすることができます。 Amazon Web Services(AWS) クラウドコンピューティングの導入で得られるメリット クラウドコンピューティングは、開発者がデータやソフトウェア、ハードウェアを管理および格納するためのコストとリソースに関連する大課題を解決するのに役立ちます。 そこに留まらず、インフラストラクチャサービス(IaaS)、ソフトウェアサービス(SaaS)、プラットフォームサービス(PaaS)など、デマンドに応じてさまざまなクラウドユーティリティサービスを提供します。要するに、使用した分を支払うだけで済みます。以下でクラウドコンピューティングの主な利点をまとめてご紹介します。 コスト クラウド導入で得られるメリットでいうとまずはコスト削減でしょう。従来は事前にデータセンターなどに多額を投資し、毎年運用や保守の費用を負担しなければなりませんでしたが、クラウドサービスを利用することで、利用料金として実際に使った分のお支払いのみになります。 パフォーマンス

クラウドコンピューティング
サーバーレスの解説とメリット・デメリット

サーバーレスとは、文字通りに「サーバーがなし」との意味があります。現在、サーバーレスは非常に人気のある技術であり、世界中の多くの大企業や会社によって使用されています。この記事では、VTIはサーバーレスの概念、このアーキテクチャの導入件数が増えていく理由、およびその長所と短所についてご紹介します。 サーバーレスとは何か?   実際、サーバーが完全にないわけではないが、第三者(サードパーティ)が開発者に必要に応じて提供する、データベース、メッセージ、認証などの機能、サービスを使用することです。 サーバーレスでは、オペレーティングシステムやファイルシステムの管理、セキュリティパッチ、ロードバランシング、容量管理、スケーリング、ロギング、モニタリングなどの一般的なタスクがすべてクラウドサービスプロバイダーに管理されます。 従来のサーバーモデルでは解決できない問題 クラウドコンピューティングは、コストの問題を解決するとともに、Elastic(伸縮性)、High Availability(高可用性)などの要素を確保するサーバーの構築をより簡素化するために生まれました。ただし、従来のサーバーモデルでは次のような制限があります。 コストの面:サーバーの数を適切に増減することは、サーバーの負荷が低い時にコストを削減できます。ただし、すべてのサーバーをオフにすると、システムが完全にオフになって要求に応答できなくなるため、これは実行不可です。 時間の面:処理量が多い場合、サーバーの数を増やす必要が発生する時点からリクエスト処理の開始ができるまで、一定の時間がかかります。その要する時間はサーバーの設定によって異なります。 リクエストの数が急増減する時、システムがタイムリーに反応できなくなり、過負荷あるいは負荷不足の状態になる可能性があります。 サーバー数量の面:サーバーのスケールアップ・スケールダウンのために、システムのサーバー数の上下限を指定する必要があります。こういうことは、サーバー数の判断が間違っている、つまりサーバーの最小数が大きすぎるか最大数が少なすぎると、システムの負荷不足、又は過負荷になるという問題につながります。

事例紹介

お客様の成功は、私たちの成功です。

続きを読む

特集

call-center-ccaas
クラウドコンピューティング
コンタクトセンター・アズ・ア・サービス(CCaaS)顧客体験向上メリットを3つ紹介!

サービス型コンタクトセンター(CCaaS)により、作業負荷の軽減に加えるだけでなく、カスタマーエクスペリエンスへの投資効果を最大化できるソリューション言われています。特に、CCaaSはコンタクトセンターサービスの運営に改革なインパクトをもたらします。以下にはCCaaSを導入する3つのメリットを得られます。 1.クラウドコンピューティングにより、顧客体験がマルチチャネルで実現可能があります。 今や、企業と顧客はさまざまな手段でつながれます。つまり、ウェブサイト、電話、メール、チャットボットなど企業がよく駆使しているすべての手段でそれぞれ顧客体験を向上する必要があるという意味です。 クラウドコンピューティングの導入により、上の連絡手段を単一のプラットフォームに一本化することができ、1回のログインで1つの画面で顧客にサービスを提供することができます。各手段の複数の画面を切替えて情報を確認する必要がなくなり、効率がよくなります。 その上、企業は顧客関係管理ツール(CRM)をクラウドコンピューティングと連携して企業と顧客との連絡情報を分析することもできます。分析結果により、各顧客に応じた連絡方法を選択し、顧客体験を向上できます。 マルチチャネルコンタクトセンターを開設したい場合、CCaaSソリューション提供者にお問合せください。また、毎月維持費として一定の金額を支払うだけでこのサービスを利用できます。 2.クラウドコンピューティングにより、待ち呼数が減り、コールセンターの品質を測る指標のひとつである「応答率」が向上します。 従来のコンタクトセンターでは、同時に受け付けられるコール数が制限があります。顧客数が多い企業にはいろいろな人が一斉に電話する場合、通信回線の問題が発生するはずです。待ち時間が長いことは不満を招き、顧客体験の低下につながってしまう恐れがあります。 クラウドコンピューティングを活用したマルチチャネルコンタクトセンターの開設により、企業はこの待ち呼という課題を解決できます。このソリューションには通信回線を最適化し、同時に対応できるコール数を増加させる顕著な機能があります。このソリューションは長時間の待ち呼を完全に解消できていないが、この状況を最小限に抑えることで顧客体験を積極的に改善させることに役に立ています。 3.AIチャットボットで顧客との24時間365日やり取り可能 インバウンドコールの大部分では、基本情報または案内が求められていますので、同じ回答を繰り返すより、チャットボットで対応する方が効率でしょう。チャットボットはクラウドベースで、事前にプログラムされた内容に基づき基本情報や案内を顧客に提供し、顧客のニーズを解決するのに役に立ちます。 アクティブ化された際に、ユーザーが回答内容をカスタマイズできるチャットボットもあります。これによって、カスタマーサービススタッフが同じ内容を繰り返す代わりに、他の複雑な作業に集中できます。さらに、オペレーター人数の削減もでき、企業でのリソース節約および最適化に貢献します。

vti-cloud-computing
クラウドコンピューティング
クラウドコンピューティングとは?クラウドコンピューティングについて知っておくべき基本的な概念

多種多様なメリットをもたらすクラウドコンピューティングは近年、ますます多くの企業や組織で使用され、インターネット上のデジタル革命として見なされています。この記事を通じて、読者にクラウドコンピューティングに関する基本的な概念をご紹介します。 クラウドコンピューティングとは? AWSのウェブサイトでは、クラウドコンピューティングを、クラウドサービスプラットフォームからインターネットを経由してITリソースをオンデマンドで従量課金制で利用できるサービスと定義しています。物理的なデータセンターやサーバーを購入、所有、維持する代わりに、クラウドプロバイダーから必要な時にコンピューティング、データベース、ストレージといったリソースへ簡単にアクセスすることができます。 Amazon Web Services(AWS) クラウドコンピューティングの導入で得られるメリット クラウドコンピューティングは、開発者がデータやソフトウェア、ハードウェアを管理および格納するためのコストとリソースに関連する大課題を解決するのに役立ちます。 そこに留まらず、インフラストラクチャサービス(IaaS)、ソフトウェアサービス(SaaS)、プラットフォームサービス(PaaS)など、デマンドに応じてさまざまなクラウドユーティリティサービスを提供します。要するに、使用した分を支払うだけで済みます。以下でクラウドコンピューティングの主な利点をまとめてご紹介します。 コスト クラウド導入で得られるメリットでいうとまずはコスト削減でしょう。従来は事前にデータセンターなどに多額を投資し、毎年運用や保守の費用を負担しなければなりませんでしたが、クラウドサービスを利用することで、利用料金として実際に使った分のお支払いのみになります。 パフォーマンス

クラウドコンピューティング
サーバーレスの解説とメリット・デメリット

サーバーレスとは、文字通りに「サーバーがなし」との意味があります。現在、サーバーレスは非常に人気のある技術であり、世界中の多くの大企業や会社によって使用されています。この記事では、VTIはサーバーレスの概念、このアーキテクチャの導入件数が増えていく理由、およびその長所と短所についてご紹介します。 サーバーレスとは何か?   実際、サーバーが完全にないわけではないが、第三者(サードパーティ)が開発者に必要に応じて提供する、データベース、メッセージ、認証などの機能、サービスを使用することです。 サーバーレスでは、オペレーティングシステムやファイルシステムの管理、セキュリティパッチ、ロードバランシング、容量管理、スケーリング、ロギング、モニタリングなどの一般的なタスクがすべてクラウドサービスプロバイダーに管理されます。 従来のサーバーモデルでは解決できない問題 クラウドコンピューティングは、コストの問題を解決するとともに、Elastic(伸縮性)、High Availability(高可用性)などの要素を確保するサーバーの構築をより簡素化するために生まれました。ただし、従来のサーバーモデルでは次のような制限があります。 コストの面:サーバーの数を適切に増減することは、サーバーの負荷が低い時にコストを削減できます。ただし、すべてのサーバーをオフにすると、システムが完全にオフになって要求に応答できなくなるため、これは実行不可です。 時間の面:処理量が多い場合、サーバーの数を増やす必要が発生する時点からリクエスト処理の開始ができるまで、一定の時間がかかります。その要する時間はサーバーの設定によって異なります。 リクエストの数が急増減する時、システムがタイムリーに反応できなくなり、過負荷あるいは負荷不足の状態になる可能性があります。 サーバー数量の面:サーバーのスケールアップ・スケールダウンのために、システムのサーバー数の上下限を指定する必要があります。こういうことは、サーバー数の判断が間違っている、つまりサーバーの最小数が大きすぎるか最大数が少なすぎると、システムの負荷不足、又は過負荷になるという問題につながります。

特集

call-center-ccaas
クラウドコンピューティング
コンタクトセンター・アズ・ア・サービス(CCaaS)顧客体験向上メリットを3つ紹介!

サービス型コンタクトセンター(CCaaS)により、作業負荷の軽減に加えるだけでなく、カスタマーエクスペリエンスへの投資効果を最大化できるソリューション言われています。特に、CCaaSはコンタクトセンターサービスの運営に改革なインパクトをもたらします。以下にはCCaaSを導入する3つのメリットを得られます。 1.クラウドコンピューティングにより、顧客体験がマルチチャネルで実現可能があります。 今や、企業と顧客はさまざまな手段でつながれます。つまり、ウェブサイト、電話、メール、チャットボットなど企業がよく駆使しているすべての手段でそれぞれ顧客体験を向上する必要があるという意味です。 クラウドコンピューティングの導入により、上の連絡手段を単一のプラットフォームに一本化することができ、1回のログインで1つの画面で顧客にサービスを提供することができます。各手段の複数の画面を切替えて情報を確認する必要がなくなり、効率がよくなります。 その上、企業は顧客関係管理ツール(CRM)をクラウドコンピューティングと連携して企業と顧客との連絡情報を分析することもできます。分析結果により、各顧客に応じた連絡方法を選択し、顧客体験を向上できます。 マルチチャネルコンタクトセンターを開設したい場合、CCaaSソリューション提供者にお問合せください。また、毎月維持費として一定の金額を支払うだけでこのサービスを利用できます。 2.クラウドコンピューティングにより、待ち呼数が減り、コールセンターの品質を測る指標のひとつである「応答率」が向上します。 従来のコンタクトセンターでは、同時に受け付けられるコール数が制限があります。顧客数が多い企業にはいろいろな人が一斉に電話する場合、通信回線の問題が発生するはずです。待ち時間が長いことは不満を招き、顧客体験の低下につながってしまう恐れがあります。 クラウドコンピューティングを活用したマルチチャネルコンタクトセンターの開設により、企業はこの待ち呼という課題を解決できます。このソリューションには通信回線を最適化し、同時に対応できるコール数を増加させる顕著な機能があります。このソリューションは長時間の待ち呼を完全に解消できていないが、この状況を最小限に抑えることで顧客体験を積極的に改善させることに役に立ています。 3.AIチャットボットで顧客との24時間365日やり取り可能 インバウンドコールの大部分では、基本情報または案内が求められていますので、同じ回答を繰り返すより、チャットボットで対応する方が効率でしょう。チャットボットはクラウドベースで、事前にプログラムされた内容に基づき基本情報や案内を顧客に提供し、顧客のニーズを解決するのに役に立ちます。 アクティブ化された際に、ユーザーが回答内容をカスタマイズできるチャットボットもあります。これによって、カスタマーサービススタッフが同じ内容を繰り返す代わりに、他の複雑な作業に集中できます。さらに、オペレーター人数の削減もでき、企業でのリソース節約および最適化に貢献します。

vti-cloud-computing
クラウドコンピューティング
クラウドコンピューティングとは?クラウドコンピューティングについて知っておくべき基本的な概念

多種多様なメリットをもたらすクラウドコンピューティングは近年、ますます多くの企業や組織で使用され、インターネット上のデジタル革命として見なされています。この記事を通じて、読者にクラウドコンピューティングに関する基本的な概念をご紹介します。 クラウドコンピューティングとは? AWSのウェブサイトでは、クラウドコンピューティングを、クラウドサービスプラットフォームからインターネットを経由してITリソースをオンデマンドで従量課金制で利用できるサービスと定義しています。物理的なデータセンターやサーバーを購入、所有、維持する代わりに、クラウドプロバイダーから必要な時にコンピューティング、データベース、ストレージといったリソースへ簡単にアクセスすることができます。 Amazon Web Services(AWS) クラウドコンピューティングの導入で得られるメリット クラウドコンピューティングは、開発者がデータやソフトウェア、ハードウェアを管理および格納するためのコストとリソースに関連する大課題を解決するのに役立ちます。 そこに留まらず、インフラストラクチャサービス(IaaS)、ソフトウェアサービス(SaaS)、プラットフォームサービス(PaaS)など、デマンドに応じてさまざまなクラウドユーティリティサービスを提供します。要するに、使用した分を支払うだけで済みます。以下でクラウドコンピューティングの主な利点をまとめてご紹介します。 コスト クラウド導入で得られるメリットでいうとまずはコスト削減でしょう。従来は事前にデータセンターなどに多額を投資し、毎年運用や保守の費用を負担しなければなりませんでしたが、クラウドサービスを利用することで、利用料金として実際に使った分のお支払いのみになります。 パフォーマンス

クラウドコンピューティング
サーバーレスの解説とメリット・デメリット

サーバーレスとは、文字通りに「サーバーがなし」との意味があります。現在、サーバーレスは非常に人気のある技術であり、世界中の多くの大企業や会社によって使用されています。この記事では、VTIはサーバーレスの概念、このアーキテクチャの導入件数が増えていく理由、およびその長所と短所についてご紹介します。 サーバーレスとは何か?   実際、サーバーが完全にないわけではないが、第三者(サードパーティ)が開発者に必要に応じて提供する、データベース、メッセージ、認証などの機能、サービスを使用することです。 サーバーレスでは、オペレーティングシステムやファイルシステムの管理、セキュリティパッチ、ロードバランシング、容量管理、スケーリング、ロギング、モニタリングなどの一般的なタスクがすべてクラウドサービスプロバイダーに管理されます。 従来のサーバーモデルでは解決できない問題 クラウドコンピューティングは、コストの問題を解決するとともに、Elastic(伸縮性)、High Availability(高可用性)などの要素を確保するサーバーの構築をより簡素化するために生まれました。ただし、従来のサーバーモデルでは次のような制限があります。 コストの面:サーバーの数を適切に増減することは、サーバーの負荷が低い時にコストを削減できます。ただし、すべてのサーバーをオフにすると、システムが完全にオフになって要求に応答できなくなるため、これは実行不可です。 時間の面:処理量が多い場合、サーバーの数を増やす必要が発生する時点からリクエスト処理の開始ができるまで、一定の時間がかかります。その要する時間はサーバーの設定によって異なります。 リクエストの数が急増減する時、システムがタイムリーに反応できなくなり、過負荷あるいは負荷不足の状態になる可能性があります。 サーバー数量の面:サーバーのスケールアップ・スケールダウンのために、システムのサーバー数の上下限を指定する必要があります。こういうことは、サーバー数の判断が間違っている、つまりサーバーの最小数が大きすぎるか最大数が少なすぎると、システムの負荷不足、又は過負荷になるという問題につながります。