次のスマートなものに

AWSome新興企業として、お客様に「クラウド」の力をもたらし、トランストランスフォーメーションに必要な専門知識、リソース、戦略的洞察の提供によりお客様でのイノベーションを形成することを目指しています。

ベトナムでは、VTI CloudはAWSプラクティスに多大な力を注ぎ、AWSソリューション実装に豊富な経験を持つAWSアドバンスドコンサルティングパートナーとして知られています。資格を持っている熟練のテクニカルコンサルタント及びプロジェクト管理の専門家の強いチームを有しており、お客様に収益を更に生み出す健全的なAWSコンサルティング事業を運営しています。

次のスマートなものに

AWSome新興企業として、お客様に「クラウド」の力をもたらし、トランストランスフォーメーションに必要な専門知識、リソース、戦略的洞察の提供によりお客様でのイノベーションを形成することを目指しています。

ベトナムでは、VTI CloudはAWSプラクティスに多大な力を注ぎ、AWSソリューション実装に豊富な経験を持つAWSアドバンスドコンサルティングパートナーとして知られています。資格を持っている熟練のテクニカルコンサルタント及びプロジェクト管理の専門家の強いチームを有しており、お客様に収益を更に生み出す健全的なAWSコンサルティング事業を運営しています。

次のスマートなものに

AWSome新興企業として、お客様に「クラウド」の力をもたらし、トランストランスフォーメーションに必要な専門知識、リソース、戦略的洞察の提供によりお客様でのイノベーションを形成することを目指しています。

ベトナムでは、VTI CloudはAWSプラクティスに多大な力を注ぎ、AWSソリューション実装に豊富な経験を持つAWSアドバンスドコンサルティングパートナーとして知られています。資格を持っている熟練のテクニカルコンサルタント及びプロジェクト管理の専門家の強いチームを有しており、お客様に収益を更に生み出す健全的なAWSコンサルティング事業を運営しています。

強固なサービス環境を作りましょう。

強固なサービス環境を作りましょう。

強固なサービス環境を作りましょう。

AWSパートナー企業として

弊社はベトナムにおけるAWSのアドバンスドコンサルティングパートナーとして認定されており、アソシエイトからプロフェッショナルまでAWS認定資格取得数が50個以上である。

Connect with us
お気軽にご連絡ください

ハイライト

AWSのアドバンスドコンサルティングパートナー認定を取得

当社は2020年5月22日付にAmazon Web Serviceからアドバンスドコンサルティングパートナー認定を受けました。

VTI Cloudは、ベトナムの企業がAWSにすばやく接近できるように支援することを目的として設立しました。それにより、企業や国のデジタル変革プロセスがスピードアップします。VTI Cloudは創業以来1年をわたり、数百のお客様をサポ​​ートしてAWSに切り替え、AWSを効果的に使用する方法をアドバイスし、AWSでシステムを監視するのを支援してきました。現在まで、AWSのお客様は、eコマース、小売、銀行、金融、航空、製造の分野に広がっています。

続きを読む

ハイライト

AWSのアドバンスドコンサルティングパートナー認定を取得

当社は2020年5月22日付にAmazon Web Serviceからアドバンスドコンサルティングパートナー認定を受けました。

VTI Cloudは、ベトナムの企業がAWSにすばやく接近できるように支援することを目的として設立しました。それにより、企業や国のデジタル変革プロセスがスピードアップします。

View more

ハイライト

AWSのアドバンスドコンサルティングパートナー認定を取得

当社は2020年5月22日付にAmazon Web Serviceからアドバンスドコンサルティングパートナー認定を受けました。

VTI Cloudは、ベトナムの企業がAWSにすばやく接近できるように支援することを目的として設立しました。それにより、企業や国のデジタル変革プロセスがスピードアップします。

View more

特集

vti-cloud-computing
クラウドコンピューティング
クラウドコンピューティングとは?クラウドコンピューティングについて知っておくべき基本的な概念

多種多様なメリットをもたらすクラウドコンピューティングは近年、ますます多くの企業や組織で使用され、インターネット上のデジタル革命として見なされています。この記事を通じて、読者にクラウドコンピューティングに関する基本的な概念をご紹介します。 クラウドコンピューティングとは? AWSのウェブサイトでは、クラウドコンピューティングを、クラウドサービスプラットフォームからインターネットを経由してITリソースをオンデマンドで従量課金制で利用できるサービスと定義しています。物理的なデータセンターやサーバーを購入、所有、維持する代わりに、クラウドプロバイダーから必要な時にコンピューティング、データベース、ストレージといったリソースへ簡単にアクセスすることができます。 Amazon Web Services(AWS) クラウドコンピューティングの導入で得られるメリット クラウドコンピューティングは、開発者がデータやソフトウェア、ハードウェアを管理および格納するためのコストとリソースに関連する大課題を解決するのに役立ちます。 そこに留まらず、インフラストラクチャサービス(IaaS)、ソフトウェアサービス(SaaS)、プラットフォームサービス(PaaS)など、デマンドに応じてさまざまなクラウドユーティリティサービスを提供します。要するに、使用した分を支払うだけで済みます。以下でクラウドコンピューティングの主な利点をまとめてご紹介します。 コスト クラウド導入で得られるメリットでいうとまずはコスト削減でしょう。従来は事前にデータセンターなどに多額を投資し、毎年運用や保守の費用を負担しなければなりませんでしたが、クラウドサービスを利用することで、利用料金として実際に使った分のお支払いのみになります。 パフォーマンス

クラウドコンピューティング
サーバーレスの解説とメリット・デメリット

サーバーレスとは、文字通りに「サーバーがなし」との意味があります。現在、サーバーレスは非常に人気のある技術であり、世界中の多くの大企業や会社によって使用されています。この記事では、VTIはサーバーレスの概念、このアーキテクチャの導入件数が増えていく理由、およびその長所と短所についてご紹介します。 サーバーレスとは何か?   実際、サーバーが完全にないわけではないが、第三者(サードパーティ)が開発者に必要に応じて提供する、データベース、メッセージ、認証などの機能、サービスを使用することです。 サーバーレスでは、オペレーティングシステムやファイルシステムの管理、セキュリティパッチ、ロードバランシング、容量管理、スケーリング、ロギング、モニタリングなどの一般的なタスクがすべてクラウドサービスプロバイダーに管理されます。 従来のサーバーモデルでは解決できない問題 クラウドコンピューティングは、コストの問題を解決するとともに、Elastic(伸縮性)、High Availability(高可用性)などの要素を確保するサーバーの構築をより簡素化するために生まれました。ただし、従来のサーバーモデルでは次のような制限があります。 コストの面:サーバーの数を適切に増減することは、サーバーの負荷が低い時にコストを削減できます。ただし、すべてのサーバーをオフにすると、システムが完全にオフになって要求に応答できなくなるため、これは実行不可です。 時間の面:処理量が多い場合、サーバーの数を増やす必要が発生する時点からリクエスト処理の開始ができるまで、一定の時間がかかります。その要する時間はサーバーの設定によって異なります。 リクエストの数が急増減する時、システムがタイムリーに反応できなくなり、過負荷あるいは負荷不足の状態になる可能性があります。 サーバー数量の面:サーバーのスケールアップ・スケールダウンのために、システムのサーバー数の上下限を指定する必要があります。こういうことは、サーバー数の判断が間違っている、つまりサーバーの最小数が大きすぎるか最大数が少なすぎると、システムの負荷不足、又は過負荷になるという問題につながります。

Cloud-computing-points
クラウドコンピューティング
クラウド移行を効果的に行うためのポイント

クラウドコンピューティングは安全で安定的かつ費用対効果の高い環境を求める企業の要請に柔軟に対応できるために誕生されたものです。その出現とともに、ここまで企業によく使われているオンプレミスからクラウドへの移行というニーズが高まってきています。この記事を通じて、VTIは企業の経営面と技術面においてクラウド移行の効果を最大化できるためのポイントを挙げますので、ご参考にしていただければと思います。 クラウド移行のメリット 近年、世界中の企業は既存レガシーシステムやオンプレミスシステムを柔軟性、拡張性及び費用効率が高いクラウド型プラットフォームに置き換える傾向があります。ITコストの削減、改革の加速など様々な理由で、企業がクラウド移行を始めました。その中で、3つの最も目立つ利点を見てみましょう。 1. セキュリティとデータ保護の強化 IT担当者を対象としたデロイト社の調査によると、対象者の58%は、クラウドへの移行を決定する時にデータ安全性を第一と第二の要素として格付けました。 サイバー攻撃がますます巧妙になっている中、データ保護対策を迅速に導入しなければ、企業は非常に大きな損失を被る可能性があります。この問題に対しては、クラウドサービスプロバイダーはオンプレミス環境の固有の弱みをクラウドの強みに変えることを目指し、セキュリティとデータバックアップシステムに重点を置いておきます。 さらに、システムのセキュリティ状況を簡単に管理するためにセキュリティ分析、自動更新、データ可視化など、プロバイダーによって多様なサービスが提供されていますので、企業は自社のニーズに応じて選択できます。サービス利用規約を遵守する限り、クラウドでのデータ保護に心配する必要がありません。 2. データモダナイゼーション クラウド移行、つまり古いデータベースから最新のものへ移行することにより、企業はより安易にデータを開拓し、コスト、消費者需要、将来の購入量など必要な情報を手軽に分析・予測できるようになります。それゆえに、このようなデータモダナイゼーションはクラウド移行の2つ目の魅力となっています。 上記と同じ調査結果では、安全性に次いで、クラウドへの移行を決定する時に重要な要素がデータモダナイゼーションだと回答したのは対象者の55%でした。

事例紹介

お客様の成功は、私たちの成功です。

続きを読む

特集

vti-cloud-computing
クラウドコンピューティング
クラウドコンピューティングとは?クラウドコンピューティングについて知っておくべき基本的な概念

多種多様なメリットをもたらすクラウドコンピューティングは近年、ますます多くの企業や組織で使用され、インターネット上のデジタル革命として見なされています。この記事を通じて、読者にクラウドコンピューティングに関する基本的な概念をご紹介します。 クラウドコンピューティングとは? AWSのウェブサイトでは、クラウドコンピューティングを、クラウドサービスプラットフォームからインターネットを経由してITリソースをオンデマンドで従量課金制で利用できるサービスと定義しています。物理的なデータセンターやサーバーを購入、所有、維持する代わりに、クラウドプロバイダーから必要な時にコンピューティング、データベース、ストレージといったリソースへ簡単にアクセスすることができます。 Amazon Web Services(AWS) クラウドコンピューティングの導入で得られるメリット クラウドコンピューティングは、開発者がデータやソフトウェア、ハードウェアを管理および格納するためのコストとリソースに関連する大課題を解決するのに役立ちます。 そこに留まらず、インフラストラクチャサービス(IaaS)、ソフトウェアサービス(SaaS)、プラットフォームサービス(PaaS)など、デマンドに応じてさまざまなクラウドユーティリティサービスを提供します。要するに、使用した分を支払うだけで済みます。以下でクラウドコンピューティングの主な利点をまとめてご紹介します。 コスト クラウド導入で得られるメリットでいうとまずはコスト削減でしょう。従来は事前にデータセンターなどに多額を投資し、毎年運用や保守の費用を負担しなければなりませんでしたが、クラウドサービスを利用することで、利用料金として実際に使った分のお支払いのみになります。 パフォーマンス

クラウドコンピューティング
サーバーレスの解説とメリット・デメリット

サーバーレスとは、文字通りに「サーバーがなし」との意味があります。現在、サーバーレスは非常に人気のある技術であり、世界中の多くの大企業や会社によって使用されています。この記事では、VTIはサーバーレスの概念、このアーキテクチャの導入件数が増えていく理由、およびその長所と短所についてご紹介します。 サーバーレスとは何か?   実際、サーバーが完全にないわけではないが、第三者(サードパーティ)が開発者に必要に応じて提供する、データベース、メッセージ、認証などの機能、サービスを使用することです。 サーバーレスでは、オペレーティングシステムやファイルシステムの管理、セキュリティパッチ、ロードバランシング、容量管理、スケーリング、ロギング、モニタリングなどの一般的なタスクがすべてクラウドサービスプロバイダーに管理されます。 従来のサーバーモデルでは解決できない問題 クラウドコンピューティングは、コストの問題を解決するとともに、Elastic(伸縮性)、High Availability(高可用性)などの要素を確保するサーバーの構築をより簡素化するために生まれました。ただし、従来のサーバーモデルでは次のような制限があります。 コストの面:サーバーの数を適切に増減することは、サーバーの負荷が低い時にコストを削減できます。ただし、すべてのサーバーをオフにすると、システムが完全にオフになって要求に応答できなくなるため、これは実行不可です。 時間の面:処理量が多い場合、サーバーの数を増やす必要が発生する時点からリクエスト処理の開始ができるまで、一定の時間がかかります。その要する時間はサーバーの設定によって異なります。 リクエストの数が急増減する時、システムがタイムリーに反応できなくなり、過負荷あるいは負荷不足の状態になる可能性があります。 サーバー数量の面:サーバーのスケールアップ・スケールダウンのために、システムのサーバー数の上下限を指定する必要があります。こういうことは、サーバー数の判断が間違っている、つまりサーバーの最小数が大きすぎるか最大数が少なすぎると、システムの負荷不足、又は過負荷になるという問題につながります。

Cloud-computing-points
クラウドコンピューティング
クラウド移行を効果的に行うためのポイント

クラウドコンピューティングは安全で安定的かつ費用対効果の高い環境を求める企業の要請に柔軟に対応できるために誕生されたものです。その出現とともに、ここまで企業によく使われているオンプレミスからクラウドへの移行というニーズが高まってきています。この記事を通じて、VTIは企業の経営面と技術面においてクラウド移行の効果を最大化できるためのポイントを挙げますので、ご参考にしていただければと思います。 クラウド移行のメリット 近年、世界中の企業は既存レガシーシステムやオンプレミスシステムを柔軟性、拡張性及び費用効率が高いクラウド型プラットフォームに置き換える傾向があります。ITコストの削減、改革の加速など様々な理由で、企業がクラウド移行を始めました。その中で、3つの最も目立つ利点を見てみましょう。 1. セキュリティとデータ保護の強化 IT担当者を対象としたデロイト社の調査によると、対象者の58%は、クラウドへの移行を決定する時にデータ安全性を第一と第二の要素として格付けました。 サイバー攻撃がますます巧妙になっている中、データ保護対策を迅速に導入しなければ、企業は非常に大きな損失を被る可能性があります。この問題に対しては、クラウドサービスプロバイダーはオンプレミス環境の固有の弱みをクラウドの強みに変えることを目指し、セキュリティとデータバックアップシステムに重点を置いておきます。 さらに、システムのセキュリティ状況を簡単に管理するためにセキュリティ分析、自動更新、データ可視化など、プロバイダーによって多様なサービスが提供されていますので、企業は自社のニーズに応じて選択できます。サービス利用規約を遵守する限り、クラウドでのデータ保護に心配する必要がありません。 2. データモダナイゼーション クラウド移行、つまり古いデータベースから最新のものへ移行することにより、企業はより安易にデータを開拓し、コスト、消費者需要、将来の購入量など必要な情報を手軽に分析・予測できるようになります。それゆえに、このようなデータモダナイゼーションはクラウド移行の2つ目の魅力となっています。 上記と同じ調査結果では、安全性に次いで、クラウドへの移行を決定する時に重要な要素がデータモダナイゼーションだと回答したのは対象者の55%でした。

特集

vti-cloud-computing
クラウドコンピューティング
クラウドコンピューティングとは?クラウドコンピューティングについて知っておくべき基本的な概念

多種多様なメリットをもたらすクラウドコンピューティングは近年、ますます多くの企業や組織で使用され、インターネット上のデジタル革命として見なされています。この記事を通じて、読者にクラウドコンピューティングに関する基本的な概念をご紹介します。 クラウドコンピューティングとは? AWSのウェブサイトでは、クラウドコンピューティングを、クラウドサービスプラットフォームからインターネットを経由してITリソースをオンデマンドで従量課金制で利用できるサービスと定義しています。物理的なデータセンターやサーバーを購入、所有、維持する代わりに、クラウドプロバイダーから必要な時にコンピューティング、データベース、ストレージといったリソースへ簡単にアクセスすることができます。 Amazon Web Services(AWS) クラウドコンピューティングの導入で得られるメリット クラウドコンピューティングは、開発者がデータやソフトウェア、ハードウェアを管理および格納するためのコストとリソースに関連する大課題を解決するのに役立ちます。 そこに留まらず、インフラストラクチャサービス(IaaS)、ソフトウェアサービス(SaaS)、プラットフォームサービス(PaaS)など、デマンドに応じてさまざまなクラウドユーティリティサービスを提供します。要するに、使用した分を支払うだけで済みます。以下でクラウドコンピューティングの主な利点をまとめてご紹介します。 コスト クラウド導入で得られるメリットでいうとまずはコスト削減でしょう。従来は事前にデータセンターなどに多額を投資し、毎年運用や保守の費用を負担しなければなりませんでしたが、クラウドサービスを利用することで、利用料金として実際に使った分のお支払いのみになります。 パフォーマンス

クラウドコンピューティング
サーバーレスの解説とメリット・デメリット

サーバーレスとは、文字通りに「サーバーがなし」との意味があります。現在、サーバーレスは非常に人気のある技術であり、世界中の多くの大企業や会社によって使用されています。この記事では、VTIはサーバーレスの概念、このアーキテクチャの導入件数が増えていく理由、およびその長所と短所についてご紹介します。 サーバーレスとは何か?   実際、サーバーが完全にないわけではないが、第三者(サードパーティ)が開発者に必要に応じて提供する、データベース、メッセージ、認証などの機能、サービスを使用することです。 サーバーレスでは、オペレーティングシステムやファイルシステムの管理、セキュリティパッチ、ロードバランシング、容量管理、スケーリング、ロギング、モニタリングなどの一般的なタスクがすべてクラウドサービスプロバイダーに管理されます。 従来のサーバーモデルでは解決できない問題 クラウドコンピューティングは、コストの問題を解決するとともに、Elastic(伸縮性)、High Availability(高可用性)などの要素を確保するサーバーの構築をより簡素化するために生まれました。ただし、従来のサーバーモデルでは次のような制限があります。 コストの面:サーバーの数を適切に増減することは、サーバーの負荷が低い時にコストを削減できます。ただし、すべてのサーバーをオフにすると、システムが完全にオフになって要求に応答できなくなるため、これは実行不可です。 時間の面:処理量が多い場合、サーバーの数を増やす必要が発生する時点からリクエスト処理の開始ができるまで、一定の時間がかかります。その要する時間はサーバーの設定によって異なります。 リクエストの数が急増減する時、システムがタイムリーに反応できなくなり、過負荷あるいは負荷不足の状態になる可能性があります。 サーバー数量の面:サーバーのスケールアップ・スケールダウンのために、システムのサーバー数の上下限を指定する必要があります。こういうことは、サーバー数の判断が間違っている、つまりサーバーの最小数が大きすぎるか最大数が少なすぎると、システムの負荷不足、又は過負荷になるという問題につながります。

Cloud-computing-points
クラウドコンピューティング
クラウド移行を効果的に行うためのポイント

クラウドコンピューティングは安全で安定的かつ費用対効果の高い環境を求める企業の要請に柔軟に対応できるために誕生されたものです。その出現とともに、ここまで企業によく使われているオンプレミスからクラウドへの移行というニーズが高まってきています。この記事を通じて、VTIは企業の経営面と技術面においてクラウド移行の効果を最大化できるためのポイントを挙げますので、ご参考にしていただければと思います。 クラウド移行のメリット 近年、世界中の企業は既存レガシーシステムやオンプレミスシステムを柔軟性、拡張性及び費用効率が高いクラウド型プラットフォームに置き換える傾向があります。ITコストの削減、改革の加速など様々な理由で、企業がクラウド移行を始めました。その中で、3つの最も目立つ利点を見てみましょう。 1. セキュリティとデータ保護の強化 IT担当者を対象としたデロイト社の調査によると、対象者の58%は、クラウドへの移行を決定する時にデータ安全性を第一と第二の要素として格付けました。 サイバー攻撃がますます巧妙になっている中、データ保護対策を迅速に導入しなければ、企業は非常に大きな損失を被る可能性があります。この問題に対しては、クラウドサービスプロバイダーはオンプレミス環境の固有の弱みをクラウドの強みに変えることを目指し、セキュリティとデータバックアップシステムに重点を置いておきます。 さらに、システムのセキュリティ状況を簡単に管理するためにセキュリティ分析、自動更新、データ可視化など、プロバイダーによって多様なサービスが提供されていますので、企業は自社のニーズに応じて選択できます。サービス利用規約を遵守する限り、クラウドでのデータ保護に心配する必要がありません。 2. データモダナイゼーション クラウド移行、つまり古いデータベースから最新のものへ移行することにより、企業はより安易にデータを開拓し、コスト、消費者需要、将来の購入量など必要な情報を手軽に分析・予測できるようになります。それゆえに、このようなデータモダナイゼーションはクラウド移行の2つ目の魅力となっています。 上記と同じ調査結果では、安全性に次いで、クラウドへの移行を決定する時に重要な要素がデータモダナイゼーションだと回答したのは対象者の55%でした。