fbpx

「小売業界向け」AI バーチャルアシスタントを導入する8つの理由

現在の小売業者は、オムニチャネルの急発展のために、複数のチャネルを同時に管理するべきるので、業務を五倍十倍となる傾向があります。人手だけにより、24時間年中無休で膨大な仕事量を完璧に処理することは無理艱難かもしれません。しかし、先端技術の力を借りたら、業務を自動化・デジタル化するために、顧客体験および売上を向上することができると思われます。本記事では、多大な仕事量を負担する技術を推奨いたします。それは、AIを使用するバーチャルアシスタント(Intelligent Virtual Assistant) です。

 

 

1.AIを使用するバーチャルアシスタントとは?

AIを使用するバーチャルアシスタントとは何ですか?

AIを使用するバーチャルアシスタントとは、英語でIntelligent Virtual Assistantの略語で、企業のナレッジベースと人間の洞察を活用して、個々の顧客情報、過去の会話、場所に基づいて分析とコグニティブ コンピューティングを組み合わせることで、パーソナライズされた応答を生成する AI 対応のチャット アシスタントです。 AI を利用していない単純なチャットボットより優れています。

チャットボット、AIチャットボットとの区別

普通なチャットボットは、設定されたプログラムにより、顧客のお問い合わせに対応するものです。単純なコンピュータのプログラムを活用することで、機械っぽいの話しか作りません。

AI チャットボットは、テキスト、ウェブサイトのチャット、チャットのアプリケーション、電子メールや SMS、または Alexa や Siri のように音声でやり取りすることにより、エ顧客とのコミュニケーションに優れます。AIアルゴリズムを活用することで、人間っぽい話を維持できるが、まだ多くの制限があります。

AI バーチャルアシスタントは、AI チャットボットよりも優れています。コグニティブ コンピューティング、自然言語処理 (NLP)、自然言語理解 (NLU) の最新の進歩によって強化されているため、より多くのことができます。AI バーチャルアシスタントは、会話型 AI を活用し、複雑で複数のトピック、長くて騒がしい会話を実施することができます。顧客の意図を正確に理解し、パーソナライズされた正確な回答を提供できるが、タスクやマルチドメイン プロセスをトリガーして完了することもできます。

どれを選択すればいいか?

それは、企業の目的または予算に依存します。顧客または社内のお問い合わせの応対を目的とする場合、チャットボットまたはAIチャットボットのほうがいいと思います。また、複雑な複数の業務を人間の代わりに実施する希望を持つ場合、AIバーチャルアシスタントが最適な選択のではないいだろうか。しかし、AIバーチャルアシスタントを導入することは、高額が必要なので、しっかりと検討してください。

 

 

2 AI バーチャルアシスタントを導入する8つの理由

2.1 24時間の年中無休でカスタマーサービスをサポートする

AIバーチャルアシスタントは、社内または顧客のお問い合わせを対応するのに役立ちます。カスタマーサービスを担当する人間と比べて、それは24時間の年中無休で働けるので、企業の費用を削減することに貢献します。また、AIバーチャルアシスタントは、マシンラーニングアルゴリズムを活用することで、人間に近い話を長い時間で維持したり、相手の需要を見出だしたたりします。

2.2 顧客のウェブ検索を高める

マシンラーニングアルゴリズムを使用するAIバーチャルアシスタントは、顧客の検索の意図を引き出したことで、顧客の需要に合わせたコンテンツなどの作成をサポートします。また、どのウェブページがまだ顧客の需要や嗜好にふさわしいかを指摘することにより、ウェブを最適化するのに役立ちます。

2.3 セールキャンペーンをサポートする

AIバーチャルアシスタントは、人間の代わりにセールのキャンペーンの情報(例えば、新商品の登場とか割引とか調査とか)を顧客のメールなどに送信します。そして、顧客の返事または回答からの有利なデータを引き出して顧客の嗜好や行動を分析します。

2.4 リアル実店舗で顧客体験を向上する

顧客は、AIバーチャルアシスタントを使用した店舗のアプリを通じて、店舗の案内を受けます。例えば、顧客が買いたい商品を探したら、どの方向へ行けばいいかを、AIバーチャルアシスタントが案内してくれます。また、商品の成分、アレルギーなどを含む関連情報を提供してくれます。

2.5 店内の自動化をサポートする

AIバーチャルアシスタントは、ありふれた店舗をスマートな店舗に変えられます。人間の代わりに反復的な作業(注文を受けるとか)を実施したり、人間の命令(例えば「電気をつけて」など)を行ったり、月末又は四半期末にレポートを作成したりします。一般的に、その役割にはボイスアシスタントが多く使われます。

2.6 注文をトラッキングする

AIを使用するバーチャルアシスタントは、注文を受けることだけでなく、注文された食料品などのトラッキングをサポートします。注文した商品が運送されるか、又はどこにあるかを悩んでいる顧客は、AIバーチャルアシスタントに聞いたとこで、数秒内で答えを受けられます。また、商品の返品をしたい顧客は、AIバーチャルアシスタントを使用することができます。

2.7 マーケティングをサポートする

マシンラーニングを使用するバーチャルアシスタントは、複数のソースからのデータを収集・分析したことで、顧客の嗜好や行動パターンを見出したり、マーケティングの企画を立案したり、顧客の需要を予測したりします。そして、過去より企業にカスタマイズされるマーケティングキャンペーンをサポートすることに貢献します。

2.8 オムニチャネルをサポートする

オンラインとオフラインの活動をサポートするAIバーチャルアシスタントは、オムニチャネルの体験の向上を促すのではないだろうか。特に、複数のチャネルを持っている小売企業は、AIバーチャルアシスタントを導入すれば、情報をより容易に一元管理できるし、反復的な作業を自動化することでコストを削減できるし、時間と手間がかかる、複雑な業務を最適化して売上を向上できます。

 

 

3 VTIのソリューション推奨

VTIは、AIなどのような先端技術やリテールのノウハウを活用することにより、デジタルトランスフォーメーションと事業成長に向けたソフトウェア開発のワンストップソリューションをご提供いたします。弊社のワンストップソリューション Retail Xは、小売企業や店舗にカスタマイズされた五つのソリューションで構成されます。それは:

  • StoreX: 店内体験向上のために、店舗をデジタル化・最適化するソリューション。例えば、AI顔認識カメラでチェックインを自動化したり、請求書などをデジタル化したことで、決済をより素早く実施したりします。
  • PromoX:売り上げ向上を中心とし、セール・マーケティング促進のためのソリューションです。例えば、販売予測の機能により、セール・マーケティングのキャンペーンを立案します。また、キャンペーンを管理するツールも提供します。
  • MicroStoreX:決済プロセスを自動化・デジタル化するPOSシステムと、入荷・出荷などを管理するマネジメントシステムを提供します。
  • LogiX:スプリントチェーンを管理するシステムを提供します。例えば、WMSにより、在庫を管理します。
  • WFMX:スケジュールを管理したり、レポートを作成したり、入力などのような手作業をデジタル化するソリューションです。

Retail X を詳しく調べたい方は、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

まとめ

このように、AIバーチャルアシスタントは、小売企業に数えできない利益を持っている技術ですよね。ですから、将来の流れに乗れるために、AIバーチャルアシスタントをできるだけ早めに導入すればいいのではないだろうか。先端技術の導入を検討する場合、我々のコンサルティングサービスを推奨いたします。

また、先端技術に関する最新情報を調べたい方は、登録のためのメールボックスを書き込めください。