fbpx

ロイヤルティプログラムを導入する際の注意点

ロイヤリティプログラムは単に顧客に割引やクーポンを与えることでなく、ロイヤリティプログラムから取得できる購入履歴や顧客情報をベースにして最適な特典を提供し、顧客体験を改良することも目的としています。

競争が激しくなりつつ中、市場拡大はともかく、良質なロイヤリティプログラムを構築して顧客との緊密な関係を築くことを優先する必要があります。上記を踏まえて、今回はロイヤルティプログラムを作成する際の注意点を読者にお届けします。

長期的なビジョンが必要

既存顧客は新規顧客の獲得チャンスも含む色んな潜在的なメリットをもたらすのに、新規顧客の獲得ばかりに注意を払い、既存顧客への対応を後回しにする企業は少なくありません。しかしながら、新規顧客を獲得するのに既存顧客の維持より数倍の費用や工夫がかかりるという事実があります。顧客のロイヤリティを作るには、目先の利益にとらわれ過ぎない長期的なビジョンを持つ持続的な経営戦略が必須です。

 

企業の潜在力を明確に

ロイヤリティプログラムを効果的に構築するには、まず最初にすべきことは、以下の2つを含む手に入れられるデータを最大限に活用することです。

  • 一次データ:自社の取引履歴、消費者行動の調査結果から取得されるデータ
  • 二次データ:市場調査・マーケティングリサーチ会社又はインターネットを介して取得されるデータ

二次データから、自社の市場における立ち位置や発展可能性や将来の競争状況などの情報が分かるようになります。一方、一次データ、つまり顧客の取引履歴や購買行動を分析して顧客の心理を把握できます。顧客をよく理解した上、それぞれのロイヤリティプログラムの一番潜在的な対象顧客グループを確定し、対象顧客のニーズに合わせた報酬やインセンティブを作成することができ、顧客体験の向上を実現可能です。

ターゲットを特定しよう

顧客ロイヤリティの構築は企業のオーナーが見極めなければならない長期的な過程です。実施するプログラムのターゲットは豊裕層なのか中流層なのか、高齢者なのか若者なのか、ターゲットとする顧客対象を正確に確定することは非常に大切です。ターゲット顧客対象を明確にすることにより、顧客に適切なカスタマープログラムを設計することができます。更に、人口動態変数や顧客の購買行動に基づき特定の顧客への限定プロモーションを実施することもできます。

異なる顧客リストを複数に分けて、顧客セグメントをよく行うと、マーケティング活動も最適化できます。例えば、それぞれの顧客リスト向けにメール内容、ソーシアルメディアコンテンツなどマーケティングコンテンツや広告キャンペーンを用意して、マーケティングオートメーションを展開できます。ターゲットを明確にできない限り、ロイヤリティプログラムが成功に行われることは難しいです。

お客様にもたらす価値をはっきりと

競合他社が増えて、ロイヤルティプログラムが数知れないほど多様多彩になりつつある中、顧客にとってどのような有益な価値をもたらすかをはっきりとさせることも必要です。自社のプログラムは顧客にとって他社のと差別化できる魅力的な独自のものではないと、お客は長く利用してくれないはずです。それで、顧客の囲い込みのポイントはお客が断れられない魅力のロイヤリティプログラムにあります。これまで以上に工夫して、顧客の心を引かれるプログラムを作りましょう。

サービス品質が一番大事

多くの顧客体験の調査では、消費者は誠心誠意を込めて対応してくれることを感じられる優れたサービスを提供する所に寄りがちという結果が示されました。サービスの品質は、顧客を引き付け、ビジネスの成功を生み出すための基盤です。良質なロイヤリティプログラムの設計に留まるのは十分ではありません。印象的なプロモーションはただお客の関心を引き込み、商品を購入してくれるのですが、「見込み顧客」「初回購入者」から「リピート顧客」へと成長させるためには安定的に顧客を安心させるプロフェッショナルなサービスが欠かせません。

技術を駆使してロイヤルティプログラムを構築

今のような技術革新の時代では、技術を駆使してロイヤルティプログラムを構築することも重要なポイントとなります。ポイントカードや電話番号などを使った従来のポイント貯め方はスマホ向けのロイヤルティプログラムアプリに置き換える傾向がますます高まっています。

ロイヤルティプログラムアプリの代表的な例として挙げてみると、ミニストップアプリ、スターバックスリワードがあります。アプリ開発はお客様に便利性をもたらすだけでなく、企業の顧客維持活動に貢献する広告、プロモーション、キャンペーンプログラムの魅力的なアイデアを形にする方法です。

まとめ

ロイヤルティプログラムは、優良顧客の育成に重要な役割を果たします。消費者のおよそ7割は優れたロイヤルティプログラムを提供するブランドであれば、取引を続けるだけに留まらず、周りの人にも勧めてくれますので、ロイヤルティプログラムについて詳しくまで理解して、その知識を身に付けて優れたロイヤルティプログラムを構築するのは大事なことでしょう。

本記事を通じて、ロイヤルティプログラムの重要性、及びそれに関する大事なポイントを紹介しました。ぜひ御社のロイヤルティプログラムの構築にお役に立つことができればと願っております。

Posts Related

在庫管理システムの共通特徴

在庫管理システムのおもな機能についてさらに解説していきましょう。在庫管理システムには、決められた形式があるわけではありません。業種や取り扱う商品、シチュエーションにより、必要に応じて使いやすい形にアレンジするのが、一般的です。よって、今回は、どの在庫管理システムにも共通する主要な機能を紹介していきます。 1.バーコード・QRコードシステム バーコードは、小売業者が販売する各製品に印刷される一意の識別子です。製造業者と小売業者の両方が在庫を追跡および管理するために使用します。 在庫管理はバーコードリーダーとシームレスに統合されているため、製品の供給を追跡および制御できます。 最高のものはまだ来ていません 2.レポート 企業は在庫管理を使用して、製品に関するほとんどすべてを保存、操作、分析しています。このデータを使用して、他の資産と比較して在庫がどのように機能しているかについての貴重な洞察を提供するレポートを作成できます。 3.予測 製品が店舗に出る前に、製品の需要をリアルタイムで分析できるかどうか想像してみてください。統計モデルを使用すると、在庫管理者は製品の発売をより効果的に計画でき、どのアイテムがいつでも最も需要が高いかを知ることができます。このため、これらのアプリケーションの一部には人工知能機能さえあります。 4.会計 在庫管理は、多くの場合、貸借対照表、損益計算書、収益および費用勘定などの財務記録と統合されます。経費を計算できるようにするには、在庫管理システムに財務ソフトウェアとの統合または組み込みの会計機能が必要です。   予算をうまく立てているのか、請求書の支払いを忘れているのかわからない 5.POS統合 統合POS(point

小売業界におけるRFIDの5つの利点

この近年、RFIDは製造業や流通業において普及になって、近い将来にバーコードやQRコードに置き換えるテクノロジーと言われています。この記事には、RFIDの定義、またRFIDテクノロジーがサプライチェーンにどのような変化を及ぼしたかをご紹介いたします。 RFID とは この近年、RFIDは製造業や流通業において普及になってい、近い将来にバーコードやQRコードに置き換えるテクノロジーと言われています。この記事には、RFIDの定義、またRFIDテクノロジーがサプライチェーンにどのような変化を及ぼしたかを変えるかをご紹介いたします。 Wikipediaによると、RFID(英: radio frequency identifier)とは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数センチメートル~数メートル)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指します。従来のRFタグは、複数の電子素子が乗った回路基板で構成されていましたが、近年、小さなワンチップのIC (集積回路)で実現できるようになってきました。 これはICタグと呼ばれ、そのサイズからゴマ粒チップと呼ばれることもあります。 一般的にRFIDとはICタグ、その中でも特にパッシブタイプのICタグのみを指して用いられることが多いです。(「RFID」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』) RFIDは世界中に業種にかかわらず広く導入されていて、クレジットカード、列車のチケット、IDカード、商品や食品に、電子情報を登録したRFタグを貼り、専用のリーダーで内容を読み込んで使います。 情報を読み書きできる記録媒体で、接触することなく使えるのが特徴であり、RFIDは商品管理や在庫管理のために広く利用されてます。特に小売業などで大幅に効率化できる方法として注目されています。 RFIDの仕組み 簡単に言えば、RFIDシステムは、RFIDタグまたはスマートラベル、RFIDリーダー、およびアンテナの3つの要素で構成されます。RFIDシステムでは、RFIDリーダーが特定の周波数の電波を継続的に送信します。

AIによる小売
AIを導入により、小売業の何の課題を解決できるか?

人工知能(AI)を活用するトレンドは、世界中で盛んでいます。特に小売業界では、企業が事業運営を近代化し、市場での地位を主張するのに役立つAIのアプリケーションがますます増えています。 小売業が事業運営のあらゆる側面でAIをどのように活用できるのでしょうか。本記事を通じて、小売業におけるAI活用がどのように進んでいくのかについてご紹介します。 AI導入は小売業者にどのような利益をもたらす? AIが将来の小売商取引において中心的な役割を果たすと考える専門家は多いです。 ただし、現在まで顧客にパーソナライズされた体験を提供し、小売業者がコストを削減し、より多くの顧客を引き付けるのに役立つAIベースのテクノロジーソリューションが増加してきました。そのため、買い物行動の予測、在庫管理、職場の計画などのことができるので、企業はサプライチェーン全体を最適化して、それより、小売業者の市場シェアの拡大​​を実現できます。次の統計をご覧ください。 Global Market Insightsによれば、小売業における人工知能市場規模は、世界的な投資の増加で、2024年までに80億米ドルを超えるということです。 ガートナーリサーチから、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していることがわかります。ガートナーは、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していると考えています。 拡張現実感(AR) とコンピュータビジョン(CV)を活用して、企業は顧客体験を豊かにし、より効率的に運営するためにAIを小売業務に展開中です。 PwCの調査によると、AIが2030年までに世界経済にもたらす影響は7兆米ドルになると試算されます。 TechEmergenceの調査によると、AIに投資している上位10の業界のうち、5番目は小売業です。 放射線科放射線情報システム(RIS)によれば、小売業者の78%は、AIシステムに対する支出額が今後12か月で少なくとも5%増加する見込み。 それに、米国の小売業者の45%以上が、今後3年間でAIを採用することを計画しています。