fbpx

クラウドコンピューティングとは?クラウドコンピューティングについて知っておくべき基本的な概念

vti-cloud-computing

多種多様なメリットをもたらすクラウドコンピューティングは近年、ますます多くの企業や組織で使用され、インターネット上のデジタル革命として見なされています。この記事を通じて、読者にクラウドコンピューティングに関する基本的な概念をご紹介します。

クラウドコンピューティングとは?

AWSのウェブサイトでは、クラウドコンピューティングを、クラウドサービスプラットフォームからインターネットを経由してITリソースをオンデマンドで従量課金制で利用できるサービスと定義しています。物理的なデータセンターやサーバーを購入、所有、維持する代わりに、クラウドプロバイダーから必要な時にコンピューティング、データベース、ストレージといったリソースへ簡単にアクセスすることができます。 Amazon Web Services(AWS

cloud-computing-merit
クラウドコンサルティングのメリットとは

クラウドコンピューティングの導入で得られるメリット

クラウドコンピューティングは、開発者がデータやソフトウェア、ハードウェアを管理および格納するためのコストとリソースに関連する大課題を解決するのに役立ちます。 そこに留まらず、インフラストラクチャサービス(IaaS)、ソフトウェアサービス(SaaS)、プラットフォームサービス(PaaS)など、デマンドに応じてさまざまなクラウドユーティリティサービスを提供します。要するに、使用した分を支払うだけで済みます。以下でクラウドコンピューティングの主な利点をまとめてご紹介します。

コスト

クラウド導入で得られるメリットでいうとまずはコスト削減でしょう。従来は事前にデータセンターなどに多額を投資し、毎年運用や保守の費用を負担しなければなりませんでしたが、クラウドサービスを利用することで、利用料金として実際に使った分のお支払いのみになります。

パフォーマンス

クラウドの利点として次に挙げられるのはパフォーマンスです。最大のクラウドサービスは、世界的な安全なデータセンターで動いています。それらはもちろん、性能とセキュリティを向上させるために定期的にアップグレードされるものです。1 企業ぐらいの小規模なデータセンターモデルと比べて、ネットワーク遅延の低減や経済効果の向上など、プラスのメリットをもたらします。

 

情報セキュリティ

セキュリティは3番目の利点です。各クラウドサービスプロバイダーは、セキュリティを強化して、御社のデータ、アプリケーション、インフラストラクチャを潜在的な脅威や頻繁なサイバー攻撃から保護するためのポリシー、テクノロジー、および制御策などの多くのセキュリティ対策を提供しています。セキュリティ上の懸念が軽減され、ご安心に利用いただけます。

スピード

もう1つ言及しなければならないのはスピードです。なぜかというと、クラウドサービスは利用者の要望に応じてオンデマンドで直ぐに提供されています。大量のコンピューティングリソースを一気に拡大された場合でも数回のマウスクリックで数分でプロビジョニングできるのです。これにより、各企業は手に入れているリソースの容量に応じて適切な最大キャパシティを計算したり、事前考慮したり、計画を立案したりするというプレッサーから解放されます。

生産性

上記のほか、クラウドコンピューティングを利用すると、情報技術システムの管理、保守、点検のような業務にコストや労力をカットすることができます。会社のビジネスに専念することができます。

信頼性

この記事の範囲で最後にご紹介するクラウドの利点としてはシステムの信頼性です。クラウド、サーバーなどの大手ベンダー(Viettel IDCなど)は、利用者のデータに対してバックアップなどのデータ保護手段が充実しています。サイバー攻撃からデータを復旧し、システムの継続性を維持するためのディザスタリカバリセンター(DC/DR)が備えていることもあります。このような対策は単一企業で用意しにくいものではないでしょうか。

クラウドコンピューティングの主な種類

what-is-public-cloud
クラウドコンピューティングの主な種類は:パブリッククラウド・ハイブリッドクラウド・プライベートクラウド・マルチクラウド

パブリック クラウド(Public Cloud):

シンプルクラウドとも呼ばれ、サードパーティのクラウドサービスベンダーによって広く一般の利用者向けにインターネット経由で提供されるサービスです。

 ハイブリッドクラウド(Hybrid cloud

パブリック クラウドとプライベートクラウドを組み合わせたものです。ハイブリッドクラウドでは、データやアプリケーションをプライベートクラウドとパブリック クラウドの間で移行できますので、お客様の需要によって重要な機能をプライベートクラウドで、高度なコンピューティングが必要なものをパブリッククラウドで利用するというふうに使い分けることが多いです。

プライベートクラウド(Private Cloud):

単独の企業や組織が専用的に使用するクラウドコンピューティングリソースです。プライベートクラウドは、パブリックでアクセスできずに単独の企業のみ使えるため、企業クラウド、社内クラウドとも呼ばれます。

マルチクラウド(Multi-cloud):

複数のサードパーティーであるクラウドサビースベンダーから複数のクラウドアカウントで複数のプライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせて単一の管理サイト上で利用するモデルです。唯一のベンダーに依存する時のリスクを解消することができます。また、クラウドサービスプロバイダーによって異なる機能を試しに利用することができます。

cloud-computing-service
クラウド コンピューティングは、SaaS、PaaS、IaaS の 3 種類があります

代表的なクラウドコンピューティングのタイプ

Infrastructure as a Service (IaaS)

IaaSは「Infrastructure as a Service」の頭文字を取った略語で、サービスとしてのインフラストラクチャーのことを指します。これは最も基本的なクラウドコンピューティングサービスのカテゴリです。短期または長期の拡大ニーズでもリソースを提供できます。IaaSの利用を通じて企業がこのクラウドテクノロジーをより詳しく理解するようになります。また、多額の投資なしで、レンタルの形で企業の成長と合わせたITリソースやインフラストラクチャーの拡大が可能になります。

IaaSでは、サーバー、ハードウェア、ストレージ、ファイアウォールなどのITインフラストラクチャをクラウドサービスベンダーから従量課金制でレンタルし、ベンダーに管理してもらいます。利用者は自社のOSやミドルウェアなどの用意や管理を行います。また、IaaSの利用者はコンソールまたはセルフサービスAPIを使用してクラウドサーバーにアクセスできます。新しいソフトウェアのプロダクトを開発している企業様は本番展開の前にIaaSのご利用を検討すれば良いでしょう。

Software as a Service (SaaS)

SaaSとは「Software as a Service」の頭文字を取った略語で、ソフトウェアとしてのサービスのことを指します。SaaSは今日最も一般的に使用されているクラウドコンピューティングの1つです。インターネット経由でサービスとして完成した利用可能なソフトウェアアプリケーションを配信します。利用者側で、これらのサービスアプリケーションをダウンロードやインストールしなくてもデータにアクセスできるため、かなり手間を節約できます。ソフトウェアアプリケーションおよびITインフラストラクチャのホスティングと管理、ソフトウェアのアップグレードやセキュリティパッチ適用など、すべての保守作業はクラウドプロバイダーにより行われます。

現在、各サービスとしてのソフトウェアはどれでも特定の機能を実行し、ほとんどは直感的に使用できます。

クラウドコンピューティングが3つのタイプに大別

Platform as a Service (PaaS)

PaaSは「Platform as a Service」の頭文字を取った略語で、サービスとしてのプラットフォームのことを指します。つまり、サーバー、開発環境、ライブラリからアプリケーションの設定済みのエレメントまで含むソフトウェアアプリケーション開発ためのツールを提供するクラウドコンピューティングサービスのことです。PaaSを使用すると、セキュリティ、インフラストラクチャ、ストレージ、アプリケーションのテストなどのバックエンド側の作業り迅速かつ低コストで処理するだけで済みます。PaaSモデルでは、プロバイダーはセキュリティ、インフラストラクチャ、ストレージ、データベースなどの運用管理をサポートします。開発者はインフラ設計や管理に手を取られることなくコードの記述に専念でき、アプリを低コストでより速く検証できます。

例えば、Salesforceのプラットフォームではリソースが最適に標準化されますので、新しいアプリケーションを開発する際には車輪の再発明が不要です。そのため、開発者はそういう作業から手が離れて複数案件の同時開発もできるでしょう。