fbpx

「自社ECサイト向け」先端技術による5つの集客方法

 

 

独自のサーバーとドメインを持っているeコマースサイトを運営する自社ECは近年注目されます。第三者に頼らずオンラインの販売を完全にコントロールするのはメリットだが、ECサイトの広告やメインテナンスなど様々な作業を実行するべきというデメリットがあります。その中で、集客は難しい作業だと見られます。本記事は、収集をサポートする、手頃な価格で効果な先端技術を紹介いたします。

 

1. 一般的なECサイトの集客方法

Eコマースの一つの特徴は、多くのの作業がオンラインの環境で実施されることです。それで、自社ECサイトを運営する企業にはオンラインでの認知度を上げるのが重要だと見なされます。例えば、SNSでの声(シェアオブボイス)を上げるために、企業のソーシャルチャネルのアカウントで顧客の好評や商品の効用などを登録します。又は、グーグルやヤフーなどの有料の広告を通じて、オンラインで商品を検索している顧客は企業のECサイトを見かける可能性を広げます。現在、一般的なECサイトの集客方法は以下の通りです。

  • リスティング 広告: (SEM/PPC広告、グーグルショッピング広告など)商品によってクリックの料金が違います。しかし、低価格帯の商品を扱うECサイトはリスティング広告を使うと、赤字になるかもしれません。仮に1クリックあたり50円だったとしても、100つの商品は5000円の広告代がかかります。1000円〜2000円の商品なら利益を得られません。
  • ディスプレイ広告: それはリーマーケティングに使われます。例えば、企業のECサイトに一度訪れた顧客は、他のサイトを見るときに企業のECサイトのイメージを見かけられます。効率は良いが、費用が非常に高いです。
  • アフィリエイト広告:この数年、その広告はeコマース業界で注目されます。強い影響力を持っているKOLやKOCなどに企業のECサイトを広告してもらうこと。効率は非常に高いが、費用が桁違いです。
  • SEO: 優れたSEOの戦略を使用することで、顧客があるキーワードで商品を検索するとき、検索トップに入った企業のECサイトを選択する割合を高めることができます。しかし、この方法は手間と人手が結構かかります。

ある程度、現在の一般的なECサイトの集客方法を使用すると、負担者はSEOやGoogle ADS、Yahoo!Adsなどの専門知識を備えておかないといけないです。しかしもしSEOやADSの企画立案中で、データを分析するツールがないとしたら、見込み顧客をターゲットしにくいかもしれません。更に、現在のEコマースプラットフォームはSEOやマーケティングツールを提供するが、効率を与えないプラットフォームは多いです。優れたSEOなどのツールを持っているプラットフォーム(MakeShopとか)にはコストが高いです。そこで、対策として、全ての機能を提供するプラットフォームを使う代わりに、一部の作業で先端技術を導入することを推奨いたします。

2. 先端技術の導入前の注意点

上記に話したように、企業が一部の作業で先端技術を導入することができます。全作業で先端技術を使用すればデータを一元管理又は同期化できるが、実にコストが結構高いです。コスト削減と集客を両立するために、以下の点に注意してください。

  • 集客方法の優先順位を確定するべきこと:オンラインでの集客方法は色々ありますが、どれを優先するかをあらかじめ確定しておかないと。
  • 予算を確定するべきこと:顧客の需要を満たす仕入れの数量や商品の種類を予測したら、多くの見込み顧客を惹きつけられるのは当たり前です。しかし今に、データを予測するAIなどのような先端技術は何よりもコストが高いです。それで、はじめから予算がどのくらいあるかを確定してください。

3. 先端技術による集客方法

3.1 バーチャルアシスタント

バーチャルアシスタントの例としてAIチャットボットやボイスアシスタントなどが挙げられます。AIチャットボットは、人間に近い話を維持するのにとどまらず、会話中顧客のインサイト・洞察を引き出すことができます。適切な商品を推奨できることはバーチャルアシスタントの有利な機能です。更に、ボイスアシスタントの場合、顧客は最小限の行動だけで(声でボイスアシスタントを命令する)適切な商品を手に入られます。それに、AIを使用するバーチャルアシスタントは顧客の代わりに注文から決済までを実施できます。それは顧客に独自でカスタマイズされる体験を提供するために、顧客の心を捉えられるのではないだろうか。

バーチャルアシスタントを詳しく調べたい方は、こちらをクリックください。

3.2 AIを使用する検索エンジン

AIを使用する検索エンジンにより、商品を検索している顧客は、一文字で入力するとして適切な商品のレコメンドを受けられます。逆に、AI検索エンジンはウェブサイトをスキャンして、顧客がどの商品に気になるかを分析できます。それで、自社ECサイトを運営する企業は、パーソナライズされる顧客のジャーニーを立てることができます。また、少しのAI検索エンジンは、ECサイトのSEOを高めるのに貢献します。それから、顧客はグーグルやヤフーで検索している時、企業のECサイトを見られます。

3.3 カスタマイズされるコンテンツを作成するAI

SEOを実施する人材が不足している場合、SEOなどの作業を支えるAIを推奨いたします。AI技術は、膨大なコンテンツとトレンドを分析することで、顧客にカスタイズされるコンテンツを作成します。自社ECサイトを運営する企業は、AI技術により、ECサイトのブログと商品のページのコンテンツプランを得られます。

3.4 自動にリーマーケティングするAI

AI技術は、既存顧客をリーマーケティングするために、SNSやメールを通じて割引とかクーポンとかを自動に送信したり、顧客のセグメンテーションごとに適切なメールキャンペーンを実施したり、見込み顧客のインサイトを突くコンテンツを送信したりします。成功事例として、ある企業がメールを通じて登録者にパーソナライズされる画像を送信した結果、開封済みメールのCTRは4倍になったことが挙げられます。ADSキャンペーンで顧客の行動データに基づいて見込み顧客をターゲットするマーケッターの76%は失敗したのに対して、AI技術は高い効果を与えると期待されます。

3.5 AIを使用する需要予測システム

AIを使用する需要予測システムは、普通の予測システムと比べて、予測をより素早く正解に提供することができます。ある調査によると、AI需要予測システムは、近未来の需要を90%以上の精度で予測します。企業はそれを使用することで、顧客の需要に合わせた商品の数量や種類を推定するため、仕入れなどを最低化します。それにとどまらず、顧客に適切な商品を素早く適用することは顧客の心を捉えられるのに貢献します。

4 VTIグループ

VTIは、AIなどのような先端技術やリテールのノウハウを活用することにより、デジタルトランスフォーメーションと事業成長に向けたソフトウェア開発のワンストップソリューションをご提供いたします。また、Odooの公式パートナーとしてOdooのEコマースシステムをはじめとするOdooのサービスを提供いたします。特に、MagentoやOdooなどのEコマースプラットフォームに関する経験が豊富な人材を持って、小売企業にカスタマイズされるオンライン・ショップを構築するのをサポートします。

 

まとめ

上記に話したように、AIを代表とする先端技術による5つの集客方法を紹介します。もしAIの導入にご興味あれば、ご遠慮なくご連絡ください。また、先端技術の最新情報を調べたい方は、我々のポストを受けるために登録のためのメールボックスを書き込めください。