fbpx

「小売企業に向け」Odooが良い選択である6つの理由

小売企業にはOdooのプラットフォームに聞きなれないかもしれないが、Eコマースプラットフォームと言えばすぐに分かってきたと思われます。Magento, ShopifyなどのようにOdooは、小売企業に向けるEコマースシステムを構築するのにとどまらず、企業を管理するシステム又はソフトウェアを提供します。本記事では、なぜOdooを選んだ方がいいかを説明いたします。

 

 

1 小売業界の現状: 管理システムは時代の流れで取り残さないで

1.1 2023年の小売業界のトレンド

我々の「2023年の小売業界のトレンド」を踏まえて、目立っている二つのトレンドがあります。

  • コロナの影響でeコマースが急発展する: コロナ禍の影響で、外出とか接触とかが制限されたので、民衆は必要に迫られてオンラインで買い物したり仕事をしたりします。コロナの状況が深刻になった時、Eコマースは、いかにも花が咲いたように急激に発展しました。それで、顧客の新習慣としてオンラインショッピングは、小売企業の注目を引きました。また、コロナ禍が納めている時、オンラインショッピングの成長が向上しているようです。言い換えれば、顧客は、オンラインショッピングといったオンラインの活動に定着してきました。
  • オムニチャネルがトレンドになる: 顧客は、オンラインの活動に慣れてきたが、物理的な店舗での体験を重んじます。オンラインショップか物理的な店舗かどの方が好きかを、年齢別の人に聞いたある調査で、過半数の回答者はリアル実店舗を選択しました。現在の顧客が過去よりマルチチャネルで現れることを明らかにしました。そこで、小売企業は、存在感を高めるために、多くのチャネルでセールおよびマーケティングの活動を促進しなければなりません。しかし、マルチチャネルよりオムニチャネルの方がいいと思われます。オムニチャネルを通じて、複数のチャネルのデータを同期化または一元管理できるからです。

1.2 小売企業の管理システムの課題

小売業界において、一般的な管理システムは、やや陳腐で、先端技術が発展している時代に合わないかもしれません。このシステムには、複数の作業が必要(例えば手入力とかエクセルの公式による計算とか)なので、時間と手間が非常にかかります。また、膨大なデータがあったら、データを一元管理や処理などするのは難しいと思われます。それに、1つまたは二つのチャネルが大丈夫だが、複数のチャネルがあれば、各チャネルの連携を構築しないので、価値のあるデータを失いがちます。

一方、現在の多くの小売企業は、その課題を理解した後、対応策として新しい技術を導入する傾向があります。しかし、新技術を導入するのは少しの業務しかないために、著しい結果が見えないと思われるかもしれません。

 

 

2 Odooが良い選択である6つの理由

Odoo(旧称OpenERP)はオープンソースの業務アプリケーションスイートです。70か国以上で5万社、700万ユーザーを抱えている、名高いツールです。その鍵は、購買・在庫・生産・販売などの管理をはじめ会計や労務、人事給与、さらにはプロジェクト管理まで、広範囲の業務領域を網羅し、拡張性に富むし、使いやすいかもしれません。では、なぜOdooが多くの企業および個人に信頼できるかを以下のように説明いたします。

2.1 企業業務の情報/データを一元管理する

企業には、社員の退出管理などに関する人事部向けのソフトウェア、税金とか給与とかを処理するソフトウェア、カスタマーサービスをサポートする経営部向けのソフトウェア等があります。顧客に関して誰が担当しているか、どの契約書を締結しているか、割引を提供するかどうか、それらの情報にはありふれたシステムを使用したら、関連の部員が十分に把握しないことがあります。また、活用しているシステムごとは、作成してくれたレポートのフォームなどが違いので、企業の月末又は四半期末に1版の報告書しか作成しないとしたら、各レポートを総合する時間と手間がかかります。一方、企業の全業務を網羅しているOdooにより、情報は一元管理できるので、処理、保持、レポートの作成を容易かつ同期的に実施します。

2.2 セールの活動をサポートする

経営者は、カスタマーサービスをサポートするCRMシステムの他に、顧客と相談するのに役立つメールシステムなどを管理しなければなりません。新顧客があれば、CRMシステムで手入力するべきし、メールを通じて顧客にお礼や関連情報を自分自身で送信し、その一連の作業は複数のシステムで実施することは面倒とか疲弊とかを与えて許しかねないミスを犯しやすいかもしれません。しかし、Odooを活用することで、その一連の作業が一つのシステムだけで実施され、反復的な作業なら自動化されます。例えば、新しいセールキャンペーンを展開するとしたら、顧客のメールに割引のプログラムなどが自動的に送られしたり、顧客の返事率が計算されたりします。

2.3 マーケティングの活動をサポートする

Odooは、メールキャンペーンをサポートするメールの自動化のソフトウェアといったマーケティング向けのソフトウェアを提供します。それにより、膨大なデータをリアルタイムで収集してから処理又は分析をサポートします。また、企業の全業務を一元管理するから、経営部から新しい顧客やプロモーションなどがあれば、すぐに把握してきました。ある程度、Odooは、間接的に内部のコミュニケーションをサポートするだろうか。

2.4 商品を追跡又は管理する

Odoo ERPは、在庫を管理することだけではなく、運送を担当する第三者と協力していたので、商品の運送または追跡をサポートします。それで、企業または企業の顧客は商品をトラッキングするデータをリアルタイムで取得できます。また、企業の顧客は同システムで表示されるインボイスや請求書、船荷証券などを検査またはダウンロードすることができます。企業の方は、商品の運送で何か問題があったら、または顧客のクレーがあれば、即刻に対応できます。

2.5 人事部の活動をサポートする

Odooは、人事部または総務部/事務部に管理システムを提供します。それにより、企業は社員の入退室を管理したり、税金や健康保険額を納めたり、支出または収入額を管理したり、山積みの書類をデジタル化して一元管理したりすることができます。また、アクセスの許可がある企業管理者は、他の企業部門の活動を把握できるために、将来のビジョンの構築や企画立案をより容易に実施します。

2.6 Eコマースシステムを提供する

見過ごせないOdooの利点はEコマースシステムを構築するプラットフォームを提供します。オープンソースのシステムであるOdooにより、Eコマースのショップを開店したい小売企業は、簡単な操作で企業に適切なオンラインショップを作れます。Odooのプラットフォームは、決済方法を多様化したり、運送を担当する多数の第三者と連携したり、オンラインショップのデータをリアルタイムで収集して分析または同期化したり、それらのサービスを提供します。それに、Odooは、オンラインショップのアプリを最適化します。例えば、普通のアプリでチェックアウトをする時、3以上のページへナビゲートされることが多いです。しかし、Odooは、複数の操作を削減してより素早く便利なワンステップのチェックアウトを提供します。 また、Odooを駆使する場合、たとえ万千のウェブページがあっても、企業にカスタマイズされるレイアウトや彩色、テーマを数秒内で創作できます。ある調査で、過半数(51%)の小売企業の顧客はeコマースから店舗を知ったという結果が出ました。それに対して、Odooのプラットフォームでオンラインショップを開店してみるのは良くないわけではないだろうか。

 

 

3 Odooの制限

最新版のOdooシステムは、様々なメリットを与えるが、以下のような問題があります。

  • 費用が結構高い: OdooのERPソフトウェアの費用は、中小企業には結構かかります。また、ユーザーが費用を定期的に払わないとシステムへアクセスできないという点にも注意するべきです。
  • Odooに関するIT技術を駆使する人材が不足する: Odooは企業にカスタマイズされるシステムを提供するが、そのカスタマイゼーションを実現したい場合、Odooに関するIT技術を使いこなす人手が必要です。Youtubeなどのガイドを学んで企業のオンラインショップのページを創作することは良いが、素人なら企業の需要に合わせたウェブページを作るのが難しいです。
  • 社員一同の態度と行動: Odooのシステムの効果は、大いに社員一同の態度に依存します。全員がOdooシステムを積極的に取り組んだら、トレーニングおよび導入の時間が短縮されたり、使えなくて許しかねないミスを最低限したり、発生する追加費用を削減したりします。

 

 

4 VTIグループ – Odooのパートナー

VTIは、Odooの公式パートナーとしてOdooのEコマースシステムをはじめとするOdooのサービスを提供いたします。特に、MagentoやOdooなどのEコマースプラットフォームに関する経験が豊富な人材を持つ、小売企業にカスタマイズされるオンライン・ショップを構築するのをサポートします。Odooにご興味があれば、ご遠慮なくご連絡ください。

 

まとめ

将来のトレンドとしてOMOやオムニチャネルなどに対応するために、先端技術をできるだけ早めに導入すればいいと思います。Odooを代表とする先端技術の導入時、何か問題があれば、ご遠慮なく我々にご連絡ください。

また、先端技術の最新情報をアップデートしたい方は、登録のためのメールボックスを書き込めください。