オフショア開発の 概要・動向(最新版)
オフショア開発の 概要・動向(最新版)
もっと見る

「小売業界向け」AI バーチャルアシスタントを導入する8つの理由

10月 31, 2022
現在の小売業者は、オムニチャネルの急発展のために、複数のチャネルを同時に管理するべきるので、業務を五倍十倍となる傾向があります。人手だけにより、24時間年中無休で膨大な仕事量を完璧に処理することは無理艱難かもしれません。...

「2023年」スーパーにおいて、際立っているスキャンアンドゴー?

10月 30, 2022
ショッピングと言えば、スマート端末を使用するイメージがおなじみだが、コロナウィルスが出現したことは、これを持ったままレジで並ばなず商品を持ち帰る買い物の習慣を流行とするのに役立ちます。スマートな決済方法と併せた新しい買い...

スーパーマーケットにおけるAI予測

10月 23, 2022
現在、顧客の嗜好や行動パターンが変わっていくので、スーパーマーケットを代表とする小売企業が在庫を効果的に管理するために、より正解で信頼性の高い予測を下すのは難しくなると思われています。多くの管理者にとって、オムニチャネル...

小売企業の在庫回転率を適正化する4つのアイデア

10月 23, 2022
在庫管理は小売企業にとって大重要な役割を果たすことを否定できません。在庫管理を運営するとき、必要不可欠な指標を身につけなかったら、望ましい効果を受けるわけにはいかないのではないだろうか。その中で、在庫回転率(Invent...

スーパーマーケットのレジにおける先端技術の活用

10月 23, 2022
フィンテックの急発展とともに、決済方法が多様化またはデジタル化されます。特に、コロナ禍の影響で、非接触の決済方法は、効果的な対策として公衆の注目を集めています。それは、新顧客行動として現金を使わない支払い習慣を形成するの...

スーパーマーケットにおけるAIの活用

10月 19, 2022
コロナ禍の影響でEコマースが急成長を遂げています。Statistaによると、Eコマースは2026年に小売の売上高の中で24%を占めると予測されます。Eコマースの存在感がますます高くなる背景に、物理的なスーパーマーケットは...

小売店舗における屋内測位の活用

10月 17, 2022
顔認識カメラやキャッシュレス決済などを導入する実店舗でも、チャットボットをはじめ、マーケティング・オートメーションのための技術を日用するオンラインショップでも、買い物体験を向上させられる先端技術に投資し始める傾向がありま...

「2023年の小売業界」:顧客行動が変わっている時代を先取るために

10月 16, 2022
不安定する世界情勢で、変わらぬことは、世のすべてのものが刻一刻に移り変わっていくことしかありません。コロナ禍の影響で、顧客の嗜好や行動パターンは以前と比べて、変化していると思われます。それらを先に活用できる者は、時代の潮...

2023年の飲食店のトレンド:先端技術が業況悪化から引き抜いている

10月 12, 2022
2023年の小売業界のトレンドを踏まえて、AIが主導となっている傾向を理解してますね。この傾向も飲食業界で発生しています。約40%の飲食業界の市場を占めた飲食店では、AIなどのような先端技術も重要な役割を担います。コロナ...

飲食店におけるコスト削減の10つアイデア

10月 12, 2022
コロナ禍とインフレの影響で、売上がなかなか好調しないしたり、原材料などの調達が難しかったりする背景では、コスト削減に取り組むに越したことはないだろう。本記事は、将来のトレンドに適する、手頃なコスト削減の10つのアイデアを紹介いたします。
もっと助けが必要ですか?
もっと助けが必要ですか?
まずお気楽にご連絡ください。