fbpx

DX時代における次世代の勤怠管理システムのFaceX

顔認証勤怠管理システム

日本企業はコロナ禍でDX推進を加速

デジタルトランスフォーメーション(DX)は4.0時代において情報技術の爆発的発達とともに生まれてきた概念です。デジタル技術をビジネスのあらゆる面に活用するこのDXは、わずか数年前には単なる各企業のビジョンに過ぎませんでしたが、新型コロナ流行と戦う現在では、生き残るために必死に取り組まなければならないものになっています。多くの企業は、パンデミックの中でも通常の営業を維持でき、迅速に「新しい生活様式」に適応できる1つの理由としては、早期から技術に力を注ぎ、技術改革やデジタル化を推進してきたからです。

企業におけるDXは、バックオフィスなら業務の自動化、オンライン運用・管理、いわゆる「ペーパレスオフィス」の実現、生産なら技術イノベーションを駆使したスマート化生産ライン、またはチャットボットなどIoTを活用した顧客対応やデジタル化安全対策などから始まります。先端技術導入によって、生産性の最適化やコストの低減、品質サービスの向上、リスクの抑制を実現できるように企業の経営・運用に大きな変化が訪れます。

ビジネス規模、既存の技術インフラストラクチャー、人的リソースなどに関連するため、デジタルトランスフォーメーションを推進する際に直面する課題は、企業によって千差万別異なります。大企業の場合、先進技術の導入に多額の予算を持っていますが、人が多い大きな組織の変革を展開するのは時間がかかります。逆に、中小企業の場合、予算が厳しいかもしれませんが、トランスフォーメーションにはそんなに時間がかからないでしょう。それらの課題にも関わらず、コロナのような疫病の大流行に適応できるように、どのような企業でも人事管理をはじめ経営活動のデジタルトランスフォーメーションを実現するために準備をしておくべきでしょう。

次世代の勤怠管理システムFaceXを提供することで、VTIはデジタルトランスフォーメーションの最初の一歩から御社と一緒に歩んでいきたいと思います。

まず、FaceXとは何でしょうか。FaceXは、顔認証を搭載したスマートな勤怠管理システムです。AIが得意なVTIは、各種企業、建物管理業者、学校などをターゲットとして、人間の顔認識データを収集、分析と管理するソリューションとしたFaceXを開発しました。

FaceX

AIの活用によって即時性、機密性および利便性を実現

正確さと緊密性を一層向上させるために、指紋認証(Touch ID)から顔認証(Face ID)に徐々に移行しています。日本企業もこの動きを見過ごすことなく、導入していくでしょう。

FaceXでは、1秒以内に精度99,7%で顔が認識されます。また非接触での認証が可能です。FaceXの主な特徴としては、以下でご紹介いたします。

  • クラウド上の開発・運用
  • リアルタイムな入退室管理システム
  • スマホアプリケーション、自動ドア開閉装置と連携、警告・分析・報告機能の搭載
  • 車両ナンバープレート認識システム(ParkingXpress)を含め、VTIが開発した他のAIプロダクトと統合して、入退管理の包括的なオールインワンソリューションのご提供

コロナ禍でほとんどの人がマスクを常に着用しているため、マスク着用でも認識できるようにしたり、登録されない顔を検知して不正侵入の警告、火災、爆発、破壊などの緊急事態発生時の警告機能を追加したりする充実したFaceXを開発できました。弊社のFaceXを導入することで、御社のセキュリティシステム、情報機密を一層の向上及び、御社の従業員への健康安全保護が実現できるようになります。

管理者の負担を軽減/従業員の勤怠データを自己確認

FaceXは、あらゆる規模、あらゆる形態の企業に向けの勤怠管理ソリューションです。それぞれのお客様の要望に合わせた特注品としても開発できます。さらに、FaceXは入退室の管理を担当する者を雇うより経済的で効率的な手段です。小さな画面だけで、顔データを2万件以上も収集、分析、管理するとともに、ウェブサイトの画面やスマホの画面で次の管理機能が可能です。

  • 勤怠データの一元管理
  • 休暇申請/残業データの管理
  • 部署管理
  • レポート出力

出社する場合でも、在宅勤務の場合でも、全ての勤怠データが同じFaceXで一元で管理できるため、管理者の負担が軽減されます。FaceXは各種書類を手動でまとめる時のミスを減らすことができるスマートな「ペーパーレス」の勤怠管理システムではないかと思います。その上に、顧客のニーズに応じて以下のように他の高度な機能も統合できます。

  • スマートな会議室管理
  • 駐車場での個人車両管理
  • HRM、ERP、SAPなどのサードパーティーソフトウェアや社内システムとの統合

それに加えて、従業員の観点からは、FaceXの統計データで、毎日の実際の労働時間を自己確認や監視をしたり、電子申請を作成したり、或いは週間や月次の生産性を自己管理したりすることができます。

管理者とも従業員とも勤怠データを同じFaceXプラットフォームで確認できるのは、透明な職場環境の整備に貢献しています。

 

FaceXやVTIの他の商品についてはご遠慮なくチャットにてお問合せ、ご相談ください。

Posts Related

AI音声認識 (Voice ToText) テクノロジーの3つメリット

近年、音声認識(Voice-to-text)は、デジタルテクノロジー市場で企業から最も注目されているAI活用の1つです。特にコールセンターで活用が進んでおり、人手不足の解消や業務効率化といった効果をもたらしています。本記事では音声認識の概要を紹介した上で、AI音声認識の具体的なメリットを三つ紹介していきます。 音声認識とは何か 音声認識技術とは、音声という今まで分析が難しかった非定型のデータをコンピュータやAIが解析をしてテキストに変換する技術です。 意外と身近な音声認識の活用事例と言えば、iPhoneのSiriやAndroidのGoogleアシスタントといった音声アシスタントが挙げられます。また、コールセンターで音声認識技術を扱うことが多いのは「通信販売業」「金融・保険業界」「医療業界」の3つの業界です。 近年性能が進音化しているAI(人工知能)の技術を音声認識システムにも活用することで、その認識精度が飛躍的に向上しており、高いレベルにあるといえます。下記では、AI音声認識の主な三つの利点を述べていきます。 1. 認識精度の高さ、スピードの速さ AIの処理速度は、音声からテキストへの変換技術の最も優れた利点です。要件とカスタマイズに応じて、AIは自動的に音を認識し、どれが音声であるかを判断し、言語を確定して、該当するテキストに変換します。事前に作成された録音データも、音声からテキストへの変換もリアルタイムで行うことができ、タイピングによる入力より素早い作業遂行が可能です。また、リアルタイムで音声をストリーミング処理することもできます。 その上、今日の AI の高度な性質で、2020 年 3 月に公表されたベンチマークによると、 Amazon

AIによって在庫管理業務はどう変わるか

在庫管理とは必要な資材を、必要なときに、必要な量を、必要な場所へ供給できるように、各種品目の在庫を好ましい水準に維持するための諸活動です(JIS Z 8141 生産管理用語)。在庫が見えないことは会社の状態が分からないと同様なので、在庫管理を上手く行わないと商品の価値が低下、お客様からの評価が下がってしまい、利益減少につながります。この重要な企業経営の基幹業務を徹底するためには、AIを活用した在庫管理がオススメ! AI活用在庫管理システムの利点と言えば、下記の3つのメリットが挙げられます。 1. 在庫管理の適正化、柔軟性の向上 AIシステムを導入する以前の在庫管理業務では、人間のスタッフが入力で、膨大な商品・製品の在庫の管理を行っていました。 過去のデータを参照しながら在庫数の確認と発注をしていたが、人間の勘や経験則に限界があるので、予測の失敗や単純な数え間違いなどの人為的ミスは決して避けられないものです。そういうヒューマンエラーは仕入れの過多やそれに伴う値下げなどのロスを起こしたり、1度の発注に数時間かかるという問題に繋がります。 しかし、AIによる在庫管理システムは入出庫時にバーコードなどでシステム入力ができるので、上記の人為的ミスを防ぐことが可能です。 それに加え、入出庫を直ぐにシステム登録するのでリアルタイムで在庫状況を把握できます。それにより、サプライチェーンは即時に対応ができるようになり、サービスにさらなる柔軟性をもたらしています。また、スマートフォンを操作するだけで手軽に在庫管理ができるというAIシステムも開発されました。このシステムの導入で、スマートフォンに搭載されたカメラで商品のバーコードを読み取って、簡単な操作で在庫管理を始めることができるようになります。 2. 需要予測精度の改善 AIによる在庫管理では、過去の売上のみならず、顧客属性・需要変化なども、全てデータとして補完・分析するのです。需要予測が正確になることで、余剰在庫・滞留在庫・在庫不足を防いで販売機会損失を抑えられ、保管コストも削減できます。その結果、顧客満足度が向上し、さらには、ブランド認知度と顧客ロイヤリティも高まります。 その上、AIを活用した在庫管理システムの大きな利点は、需要に対するより深いインサイトの提供で、新しい戦略開発に役立つという点です。特定の商品に対する需要がどこに眠っているのかを見出すことができるため、次の新製品の生産・販売計画が効率化されるでしょう。

One thought on “DX時代における次世代の勤怠管理システムのFaceX

  1. Pingback: 生産・ビジネスにおけるコンピュータビジョンの応用 - VTIジャパン・ベトナムオフショア開発会社

Comments are closed.