fbpx

製造企業: AI等によるインフラやコロナ対応、特にスマート工場

現在、コロナ渦の7波を乗り越えていることに力を注いでいる同時、円安によるインフラの危機に向き合う製造企業は、コロナ対応と営業維持を同時に実施することは艱難だと思われます。その課題にある鍵はAIなどのような先端技術のようです。とりわけ、スマート工場は、疫病発散防止および営業成長の対策として専門家に提出されます。

1.現状

NHKによると、新型コロナウィルスの第7波では、感染者数が減少しても、重症による死亡者数は前波に比べて90%を増加したそうです。コロナウイルスに馴染んできたが、コロナ対応の対策は一秒たりとも気が緩んではいけないだろう。また、2022年の秋ごろには円安が続く見込みです。このまま円安が続けば、物価が上がり続けるインフラの状態になりかねません。それは製造企業に直間接的に人手不足や原価上昇などの影響を与えます。しかし、歴史を振り返ると、インフラや疫病などを同時に対応する方法はないかもしれません。幸いに、超スマート社会へ進む道では、ビッグデータ、AI, IoTなどの先端技術はその課題の鍵となり、人手最小で営業成長を与える一石二鳥の方法だと思われます。

2.インフラやコロナ対応に向けての5つ技術

2.1. 非接触指紋認証システム

職場や工場などでクラスター発生を防ぐために、物理的な接触を制限することを多くの製造企業が取り組んでいます。代表的な例はコンピュータビジョンによる画像認識や顔認識システムを使用したそうです。コロナ渦以前、出退勤やにゅう出入駐車をIC カードで管理する代わりに、コンピュータが画像を分析して認識することです。打つ退勤を使うとき、作業員は出退勤のための紙を打つことを忘れることがあります。しかし、顔認識システムを使用するなら、出口を出入することで出退勤を同期してはすごく便利です。

応用事例:

 我々の顔認識システムであるFaceXは、ベトナムでコロナ状況が深刻してきた時点から導入され、社員たちの出退勤および出退室の時間を記録して管理します。指紋又はICカードを使うことない非接触方法で、コロナを対応する同時に、疑われる者が職場を入り込めることを防止することに貢献します。社員たちからすごく便利で時間がかからないという好評を受けました。また、VTIグループは、バイクのナンバープレートを認識するコンピュータビジョンによるのシステムを開発しました。それは、出入駐車を素早く管理し、盗難を防止することができます。

FaceX-vti-japan

VTI のFaceX

2.2. バーチャルアシスタント

バーチャルアシスタント (VA) とは、自然な方法で音声やテキスト入力を理解して処理し、それらから学習し、応答することができる高度なコンピュータプログラムです。 それは、テキスト読み上げと音声読み上げを含みます。広く応用される例としてAI声音読み上げで会議記録書を作成することです。会議の記録書を人手で作成することは目に慣れたイメージだが、システム導入後、 AIが声音を分析してテキストを作ることは時間と労力を節約することにつながります。また、このシステムを組み合わせる方法はNeRFでオンライン企業でも真実的な画像が見えることです。「NeRF」(Neural Radiance Fields)は、さまざまな角度から撮影した複数の写真から、自由視点画像を生成する、つまり2D の写真を3Dの画像となる技術です。それは、長距離ある拠点の人は本社の人と会議を開催したいなら、出張することはなく、オンラインで真実的な会議を体験することができます。また、会議が終わったとき、記録書がすぐにできました。

2.3. AIチャットボット

AIによるチャットボットは、膨大なデータ又は既存した会話を学習し、人間っぽいの会話を話せます。社内およびお客様の問い合わせによく使う技術です。それは、接触する頻度を減らすことだけではなく、時間と労力を節約します。また、お客様は面白い体験ができるかもしれません。AIが会話を通じて途絶えずにお客様の洞察を引き出して突っ込みます。自分のニーズを理解してもらうお客様は機嫌がよいだろう。

2.4. AI ガイド

ある行動をどういう風にガイドすればいいか説明するAIです。実施した人の動作を記録して、正しく実施することを新社員にガイドします。接触する頻度を減らす一つの方法だと思われます。

応用事例: 手洗いガイドのAI

AIは、正しい手洗いを学習させ、社員やスタッフ、来客に正しい手洗いを案内し、又は手洗いを実施したエビデンスも記録して評価を出します。それは、調味場とか食企業とか衛生を管理することだけではなく、衛生検査に使うこともあります。

2.5. AI予測

ミクロな側面から見れば、AI予測はコロナ渦の波をいつどこで発生するかを予測することを支援します。製造企業の立場から見ると、AI予測はヒートで工場のなかでクラスターを発生することを予測できます。また、売上やお客様の嗜好などのデータを基づいて仕入れを予測することに貢献します。安全な環境を確保することだけではなく、コスト削減できて、非常に便利だろう。

3. MES-X によるスマート工場の構築

スマート工場モデルは、AI, IoT, ビッグデータなどの先端技術を導入した上で、非接触や営業成長、コスト削減を目的とするワンストップのスマート管理のことです。近年メディアでよく取り上げているが、導入した製造業はまだ多くないです。しかし、Society 5.0 時代への革命では将来トレンドになるようです。スマート工場を構築するためのアプリケーションが多いですが、本記事はVTIのMES-Xをご紹介いたします。

2022-cut-down-cost-idea

VTI のMES-X

MES(Manufacturing Execution System)は、入力材料から完成品までの生産エリア、制御、ロジスティクス、製品履歴をリアルタイムで監視するコンピュータシステムです。 多くの要素(材料、人、機械、製品品質)を同時に監視し、生産プロセスを最適化する統合システムです。倉庫管理システム、保守点検管理システム、品質管理、製造実行管理トレーサビリティ(起源追跡可能)を含むMES-X は、次の通りの問題を解決できます。

  • 情報が遅れ、処理がタイムリーにならず生産が中断し、予定より遅れている
  • 品質の悪い商品
  • 手作業によるプロセスと事務処理
  • 工場内のシステムが多すぎるため追跡が困難な

もしあなたの企業はそういう問題に直面しているなら、MES-Xについての詳しい情報をこちらで遠慮なくご覧ください。

まとめ

インフラやコロナ渦に直面している製造企業は、それの艱難をチャンスと変え、DX促進のための先端技術で自分の工場および職場を改善しましょう。改善する過程でなにか問題がありましたら、コンサルティングのためご遠慮なく連絡ください。