fbpx

OdooにおけるAIの活用

the-application-of-AI-in-Odoo

超スマート社会へ進む道で、業務を自動化•効率化するために、AI(人工知能)を使用する企業が多くなります。特にプラットフォームなどのITサービスを提供する企業の80%以上はAIといった先端技術を活用しています。Odooも例外ではありません。本記事は、Odooプラットフォームはどういう風にAIを活用するかを説明いたします。

 

1. 基本概念

1.1. Odooプラットフォームとは何ですか?

Odoo(旧称OpenERP)はオープンソースの業務アプリケーションスイートです。70か国以上で5万社、700万ユーザーを抱えている、名高いツールです。その鍵は、購買・在庫・生産・販売などの管理をはじめ会計や労務、人事給与、さらにはプロジェクト管理まで、広範囲の業務領域を網羅し、拡張性に富むし、使いやすいかもしれません。

Odooを詳しく調べたい方はこちらをクリックください。

1.2. AIとは何ですか?

AIとは人工知能(Artificial Intelligenceの略称で、コンピューターの性能が大きく向上したことにより、機械であるコンピューターが「学ぶ」ことができるようになりました。それが現在のAIの中心技術である機械学習(マシンラーニング)です。

現在、多数の大手企業は事業にマシンラーニングを活用しています。例えば、AmazonやWalmartの小売大手企業はAIを使用することで、非接触型の決済方法や需要予測を通じて顧客体験を向上します。又はITサービスを提供するグーグルはAIにより、テストといった作業を自動化します。Odoo プラットフォームへ戻りましょう。ERP システムで知られているOdooプラットフォームでは拡張機能としてマシンラーニング/AIを統合することは可能です。オープンソースプラットフォームとしてOdooはコードを追加又は修正することを許可します。マシンラーニングアルゴリズムを追加することで、Odooが提供するモジュールを最適化します。

2. AIのメリット

2.1. スマート自動化

Odooシステムを使うと、基本的に多くの作業をを自動化できるが、AIと統合する場合、自動化するだけではなく、業務をより効率的かつインサイトドライブに実施できます。管理者が最初から目標に基づいてKPI/メトリックを設定する代わりに、AIは目標と蓄積されたデータに基づいて企画立案を補助します。

2.2. 運用コストの削減

AIが人間の代わりに多くの業務を実施する事は知っていますよね。AIと統合されるOdooシステムを使用することで、多大なデータを分析すしてR&Dの業務を低減したり、サプスクリプションといったマーケティング戦略を作成したり、セールマーケティングキャンペーンの結果を評価したりすることは自動です。それにより、市場調査費用や労働費などの運用コストを削減することができます。

2.3. セキュリティ強化

サイバー攻撃はどの企業でも悪夢ですよね。AIによるセキュリティ強化の方法は色々あります。例えばデータソースのセキュリティを検査したり、システムへのアクセスを制御したり、常にウェブサイトやシステムをスキャンして疑われるものを検知したりします。調査によると、AIはサイバー攻撃の70%以上を低減することができます。

2.4. データ管理•分析•予測を強化

マシンラーニングアルゴリズムを使用するAIはOdooが収集した膨大なデータを分析した上で、パターンなどの価値のあるデータを引き出し(例えば顧客行動および好み)、それに顧客の需要を満たす商品の数量と種類を90%正確に予測できます。更に、在庫管理などの管理業務で発生したデータ、そして結果/効率を表すデータを分析したことで、企業の部署ごとの効率をトラッキングできるし、もし整備が不具合になったら直ちに警告します。

AI-in-Odoo

3. OdooにおけるAIの活用

実際に、AIはOdooの各モジュールと統合することができるが、本記事は代表的な活用だけを紹介します。

3.1.  OCRによる決済プロセスのデジタル化

OCR(光学文字認識)はOdooプラットフォームの決済モジュールと統合できます。OCRにより、企業はペーパーレスを促進することができます。ユーザーはOdooモバイルアプリを使って受領書などをスキャンするだけでデジタル化された受領書を素早く受けられます。ECサイトを運営する企業の場合、デジタルデータ(受領書とか請求書とか)の保持はデータを分析•管理•検索する事を支えます。それに、OCRは販売のウェブサイトと統合すれば、レコメンデーションとして顧客二度と買い物する時、買った商品を推奨、又は自動に入力してくれます。

3.2.Odoo ERPシステムにおけるAI

ERPシステムは、在庫および倉庫管理から人事管理、財産管理に至って企業の人•もの•金すべてのものを管理します。ユーザーはOdoo ERP システムで予測のアルゴリズムやマシンラーニングアルゴリズムを添えられます。AIにおけるこの重要なアルゴリズムはデータの処理を強化、需要の精度を向上します。AIを使用するシステムは膨大なデータを自動に分析することで、顧客行動や好みなど高い価値のデータを引き出します。更に、AIはERPシステムの企画立案を強めます。事前に蓄積されたデータと、外部要因のデータ(例えば政治情勢、傾向、天候)を同時に分析し、現在の企業状況と照らし合わせてから最適な戦略を提案します。Odoo ERP システムにAIコードを追加する方法はわからない場合、Odooに関するIT人材またはOdoo Communityに頼めばいいと思います。

4.VTIグループ

VTIは、AIなどのような先端技術やリテールのノウハウを活用することにより、デジタルトランスフォーメーションと事業成長に向けたソフトウェア開発のワンストップソリューションをご提供いたします。また、Odooの公式パートナーとしてOdooのEコマースシステムをはじめとするOdooのサービスを提供いたします。特に、MagentoやOdooなどのEコマースプラットフォームに関する経験が豊富な人材を持つ、幅広い業界の企業にカスタマイズされるオンライン・ショップを構築するのをサポートします。

まとめ

上記に話したように、OdooにおけるAIの活用を説明いたします。ECプラットフォームに関して何にか問題があれば、ご遠慮なくご連絡ください。

また、先端技術の最新情報を調べたい方は、我々のポストを受けるために登録のためのメールボックスを書き込めください。

▼VTIジャパンのウェビナーに無料で参加▼AIによる小売業の革新