fbpx

顧客ロイヤルティアプリケーションによる優良顧客の向上

お客様は、コンビニエンスストアを運営している会社です。当時、紙式のポイントカードを使っていました。ショッピング中、顧客がそれを持ち忘れるし、悪い天気に濡れやすいし、多量の紙が要るので環境に優しくないというデメリットを見抜いて、ポイント蓄積の方法を切り替えることにしました。

 

複数の会社を比較して、我々のロイヤリティアプリケーション開発サービスを選択

当時コンビニエンスストアでアプリを導入したきっかけは、売上が低迷していたので、業況悪化からどう抜いたらいいかを考えた上で、先端技術を選択したとお客様が話しました。売上向上又は顧客育成のための提案策を聞いた複数の会社の中から、我々の製品が最適だという判断に至ったと聞いています。何故かというと、VTIが開発するアプリは、特曲交換・ポイント蓄積機能を持ち、iOSとAndroidの両方で使いやすいし、お客様の外部システムと連携したことで、セール・マーケティング企画をサポートし、環境問題に積極的に取り組むし、それらの様々の利点を持ちますから。

 

同年お客様にカスタマイズされるロイヤリティアプリを開発

本コンビニエンスストアでは、既存顧客の数が多いので、売上向上の策として顧客エンゲージメントを強化、又は忠実な顧客を維持するためのロイヤリティアプリを提案しました。そのアプリにより、ユーザーがポイントを蓄積したり、ギフトを交換したり、疑問やお問い合わせがあれば、いつでもどこでもチャットボットに連絡できたりします。それにとどまらず、お客様の外部システムと連携したことで、スーパーマーケットが既存顧客にイベントやクーポンなどの情報を通知したり、ユーザーポイントを管理したりします。

 

導入後の結果

導入した数月後、好結果をもらいました。それは、アプリの利用者数が16万人以上に達したり、マーケティングコストを低減したり、顧客体験を向上できたりします。また、オートスケールにより、データトラフィックの需要が急増する時点にもシステムが正常に稼働しました。それに、導入前と比較して、40%の紙の数量を節約しました。

 

小さい力でも集まれば地球が守れる

お客様だけではなく、既存顧客が使い慣れないアプリに触れてから、満足度を向上しました。「それを使って、ポイント蓄積できるし、コンビニエンスストアの新着情報を把握し、すごく便利だと思う。それに、紙を使わないから、環境を守るではないだろうと思って、使い方を習うことにした。」という評価をもらいました。本コンビニエンスストアの管理者たちも、今後もデジタル化を促進することを決意しました。

 

将来へ進む道でお客様と同行させて頂き幸いです

VTIは、AIなどうのような先端技術やリテールのノウハウを活用することにより、デジタルトランスフォーメーションと事業成長に向けたソフトウェア開発のワンストップソリューション Retail X をご提供いたします。Retail X を詳しく調べたい方は、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

――――――――――――――――

お問い合わせ:

株式会社VTIジャパン 営業部

メールアドレス: [email protected]

住所:

・東京本社:〒162-0067東京都新宿区富久町8番 21 T&Tビル 4階

・大阪事業所:〒541-0054 大阪市中央区南本町1-3-21 トウマビル 503 号