fbpx

AIを導入により、小売業の何の課題を解決できるか?

AIによる小売

人工知能(AI)を活用するトレンドは、世界中で盛んでいます。特に小売業界では、企業が事業運営を近代化し、市場での地位を主張するのに役立つAIのアプリケーションがますます増えています。 小売業が事業運営のあらゆる側面でAIをどのように活用できるのでしょうか。本記事を通じて、小売業におけるAI活用がどのように進んでいくのかについてご紹介します。

AI導入は小売業者にどのような利益をもたらす?

AIが将来の小売商取引において中心的な役割を果たすと考える専門家は多いです。

ただし、現在まで顧客にパーソナライズされた体験を提供し、小売業者がコストを削減し、より多くの顧客を引き付けるのに役立つAIベースのテクノロジーソリューションが増加してきました。そのため、買い物行動の予測、在庫管理、職場の計画などのことができるので、企業はサプライチェーン全体を最適化して、それより、小売業者の市場シェアの拡大​​を実現できます。次の統計をご覧ください。

小売業がAIをどのように活用できるのでしょうか
小売業がAIをどのように活用できるのでしょうか
  • Global Market Insightsによれば、小売業における人工知能市場規模は、世界的な投資の増加で、2024年までに80億米ドルを超えるということです。
  • ガートナーリサーチから、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していることがわかります。ガートナーは、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していると考えています。 拡張現実感(AR) とコンピュータビジョン(CV)を活用して、企業は顧客体験を豊かにし、より効率的に運営するためにAIを小売業務に展開中です。
  • PwCの調査によると、AIが2030年までに世界経済にもたらす影響は7兆米ドルになると試算されます。
  • TechEmergenceの調査によると、AIに投資している上位10の業界のうち、5番目は小売業です。
  • 放射線科放射線情報システム(RIS)によれば、小売業者の78%は、AIシステムに対する支出額が今後12か月で少なくとも5%増加する見込み。 それに、米国の小売業者の45%以上が、今後3年間でAIを採用することを計画しています。 小売業者の55%は、主にAIに投資を行う予定です。

さらに、AIが小売業者に役に立つことは次の重要な点です。

  • Statistaによると、コスト削減、生産性の向上、収益の増加は、小売業界にとっての人工知能の上位3つのメリットです。
  • フォーブスによると、は小売業者の84%は、AIに投資することで競争上の優位性が高まると信じています。
  • RISの調査によると、米国の若者の70%は、AIを導入して興味深い製品を新しくもたらす小売業者のほうに印象が強いと答えています。

その点は、小売業者に対する将来のソリューションとしてAI実装を通し、事業運営を改善して、競合他社に対する自己利益を高めたり、顧客を満足させたりすることなどの良い影響を与えます。 将来的には、購入者がAIベースのテクノロジーソリューションを導入している小売業者に選ぶ傾向が予測されます。

AIが小売にもたらすメリットとは
AIが小売にもたらすメリットとは

小売業者はどのような業務にAIを活用できる?

適切なソフトウェアとハ​​ードウェアを通じて、人工知能は小売業者のプロセス実装をより効率的にするものです。 とりわけ、顧客中心主義の企業の場合、行動とニーズに関して収集されたデータを評価することで、顧客体験を向上させ、新しい購入者を引き付けることは人工知能の優秀なところです。 基本的に、次のように小売業者の3つの業務に強い影響が及ぼされます。

運営・事業活動

小売市場のグローバル人工知能は多く活用されている
小売市場のグローバル人工知能は多く活用されている

需要予測

小売業界おいて迅速かつ正確な需要予測は、必要とされ、難しい業務のひとつです。そのため、世界最大の小売業者はAIを導入して膨大なデータを分析し、需要に影響を与える傾向や異常を予測できるようにしています。 フランスの小売業者Intermarchéの調査によると、スーパーマーケットチェーンでAIの需要予測に基づき、従来の分析方法より95%〜15%高い信頼率を達成することができました。

在庫管理

小売企業の場合、適切な商品を適切なタイミングで入手できるようにすることが肝要です。人工知能をはじめ生産活動を最適化するために、倉庫管理で多くの最新のソリューションと機器が採用されます。

人工知能はさまざまなパターンを経験し、ロボット導入などにより、注文状況の確認、在庫レベルの決定、在庫決定などの簡単な業務を実行できます。また、システムによって記録されたデータは、製品の配置を改善し、傾向を特定し、必要な予測を行うことに役に立ちます。

顧客体験の向上

購入コンサルティング

パーソナライズされた購入コンサルティングは、現在、多くの小売業者が採用している新たなトレンドの1つになっています。 この業務で、AIは購入する上で重要な役割を果たすことができます。 インテリジェントテクノロジー通り、収集された要望やニーズに関するデータを基づいて、各顧客に最適な製品を自動的に進めます。 これにより、ショッピングエクスペリエンスが向上するだけでなく、コンサルタントの手作業が減り、顧客との関係が構築されます。

マーケティング

大幅のマーケティング戦略を自動化に展開する階段、人工知能が活用されます。 パーソナライズされた広告をソーシャルネットワーク、EC、WEBサイトなどのさまざまなチャネルを通じて自動的に顧客に届けるように、最初にインターネットで入手可能な情報を分析する必要があります。たとえば、過去の購入、クリック数、関心のある分野、または現在の購入意向などです。 人工知能のおかげ、ユーザーデータからパターンを特定するのに役立つため、広告を適切なタイミングで配置し、カスタマイズされたコンテンツやパーソナライズされた割引を提供できます。

チャットボット

特に時間と手間のかかる業務などをチャットボットに任せると、従業員の負担を軽減したりすることができます。 例えば、手動の返信のかわり、テキスト、電子メール、または通信の応答フォームを設定することなどのAI応用がますます人気があります。

さらに、顧客の要件が分析されると、適切なスタッフに自動的に転送されます。 つまり、頻繁な操作を減らすことができ、多数の着信サービス要求を自動的に処理することができます。

無人店舗

小売店の自動システム

小売業における人工知能導入の新しい形態は、サービスロボットです。さらに、人工知能は購入者とコミュニケーションをとることができるのみならず、一部のAIアプリケーションは顧客の気分や感情を評価することもできます。例としてはユニクロのスマートワードローブであるUMoodはさまざまな衣料品が顧客に表される間、システムは表情と身振りを読み、その顧客に対する魅力的なスタイル、色などを判断し、パーソナライズされたショッピングのおすすめも可能となります。

無人決済システム

AIにより、自動決済システムを備えた店舗が現実のものになりました。2018年に米国で1号店がスタートした「Amazon Go」をはじめストアチェーンに展開されています。 「Just Walk Out」のコンセプトにより、顧客は買いたい物を棚から取ると、仮想ショッピングカートに入れます。その後、欲しい商品の選択が終わったら、店を出ると自動決済されます。現在、複数の小売業者が従うレジなし決済のモデルでさえ、アマゾン・ゴーは本当に素晴らしいアイデアです。

無人店舗とは何?小売業界の未来になれるのか」について詳しく読むのはこちらで

Posts Related

AI自動音声認識技術についてとその3つの最大メリット

自動音声認識はデジタル分野において最も人気のあるAIソリューションの1つであり、多くの企業が関心を寄せています。IT業界に留まらず小売業、製造業の企業も作業の簡素化、保管能力の向上、必要に応じた簡単な追跡を目的として音声からテキストへの変換ソリューションを熱心に探しています。本記事で、VTIは自動音声認識ソリューションについてご紹介します。 自動音声認識技術とは 自動音声認識つまり音声からテキストへの変換(本来は音声認識)はそれほど奇妙ではなく、1950年代から長い間現れたものです。但し、現在の自動音声認識は大進歩を遂げ、従来技術よりほぼ完全に近代的になり、特に人工知能(AI)の活用によって多くの分野で広く適用されています。 現在、自動音声認識技術は生活のあらゆる側面に浸透するようになりました。我々は通話の着信やスケジュール登録などを手伝ってくれるSiriやAlexaのようなバーチャルアシスタントに慣れっこになっていますが、AIを搭載した音声認識技術はそれよりもはるかにできています。 営業活動、特に顧客対応やテレセールスでは、毎日の電話から情報を収集することが非常に重要です。以前、情報を抽出し保存するために電話を録音する必要がありましたが、現在では、自動音声認識の最新技術により、すべてが迅速かつ簡単に行われています。従業員がいつものように応答している間、AIシステムは今後の抽出のために、通話内容を自動的にデジタルのテキストファイルに変換し保存します。 AI自動音声認識のメリット 高精度と迅速性 処理速度はAI自動音声認識技術の最も目立つ利点です。AIは要件に応じて、どれが人間の音かどの言語で発言しているか自動的に音の種類を認識して、該当テキストに変換します。これにより、情報抽出・検索に要する時間を削減できます。 政治家の演説、医者のメモ、講義内容、ポッドキャスト内容等の長い資料に対しては、求めらる処理能力及び正確性により、文字起こしにはちょっと時間がかかることもあります。また、Youtubeの自動字幕等のリアルタイムのテキスト変換もありますが、正確性が一定程度しか確保されていません。 しかし、もちろん、AIは人間による改修、及びその自分の学習(機械学習/深層学習)を重ねた上での継続的な改善が必要ですが、基本的には、音声をすばやく正確にテキストに文字起こしできるという利点で、AI自動音声認識が多くの人に選ばれています。 コスト削減 自動音声認識ソリューションはデータ量とデータ抽出時間を減らせるため、企業に対して、文字起こし、翻訳などのサービス料並びにデータ保管料などを削減することができます。 サービス料といえば、30、40年前に、海外取引先と協力する際に企業が通訳者の採用費用を含め電話内容の聴解、録音や通訳に費やした費用はAI自動音声認識の時代の数倍です。サービス料のみならず、応答時間や他の不便も出てきました。 また、懸念すべきもう一つはデータ保管料です。コールセンターであれば、日々にお客様から数多くの問い合わせがきて、テレセールスであれば、毎日の架電が行われます。それらの通話内容を録音する音声ファイルを保管するのに、保管スペースも取り、データ損失・破損のリスクもあり、システムの負荷になります。それに対して、通話内容がテキスト化されるなら、音声ファイルより容量がずっと軽くなり、保管スペースがそんなにかからないので、保管料を大幅に削減できます。結合性と改善力AI自動音声認識のメリットの一つはウェブサイトまたはソフトウェアに結合できることです。これによって、「途切れることなく常に対応できる」サービスができて、従業員と顧客にとって使用効果と便利性が見えます。バーチャルアシスタント、自動検索など、多くの自動音声認識を活用したサービスがこのように動作しています。 その上、AIの特徴は自習と持続改善なので、機械学習により、様々な機能がユーザの要望に応じて継続的に更新・改善できます。これこそがAI自動音声認識ソリューションの最も潜在的なメリットです。