fbpx

AIを導入により、小売業の何の課題を解決できるか?

AIによる小売

人工知能(AI)を活用するトレンドは、世界中で盛んでいます。特に小売業界では、企業が事業運営を近代化し、市場での地位を主張するのに役立つAIのアプリケーションがますます増えています。 小売業が事業運営のあらゆる側面でAIをどのように活用できるのでしょうか。本記事を通じて、小売業におけるAI活用がどのように進んでいくのかについてご紹介します。

AI導入は小売業者にどのような利益をもたらす?

AIが将来の小売商取引において中心的な役割を果たすと考える専門家は多いです。

ただし、現在まで顧客にパーソナライズされた体験を提供し、小売業者がコストを削減し、より多くの顧客を引き付けるのに役立つAIベースのテクノロジーソリューションが増加してきました。そのため、買い物行動の予測、在庫管理、職場の計画などのことができるので、企業はサプライチェーン全体を最適化して、それより、小売業者の市場シェアの拡大​​を実現できます。次の統計をご覧ください。

小売業がAIをどのように活用できるのでしょうか
小売業がAIをどのように活用できるのでしょうか
  • Global Market Insightsによれば、小売業における人工知能市場規模は、世界的な投資の増加で、2024年までに80億米ドルを超えるということです。
  • ガートナーリサーチから、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していることがわかります。ガートナーは、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していると考えています。 拡張現実感(AR) とコンピュータビジョン(CV)を活用して、企業は顧客体験を豊かにし、より効率的に運営するためにAIを小売業務に展開中です。
  • PwCの調査によると、AIが2030年までに世界経済にもたらす影響は7兆米ドルになると試算されます。
  • TechEmergenceの調査によると、AIに投資している上位10の業界のうち、5番目は小売業です。
  • 放射線科放射線情報システム(RIS)によれば、小売業者の78%は、AIシステムに対する支出額が今後12か月で少なくとも5%増加する見込み。 それに、米国の小売業者の45%以上が、今後3年間でAIを採用することを計画しています。 小売業者の55%は、主にAIに投資を行う予定です。

さらに、AIが小売業者に役に立つことは次の重要な点です。

  • Statistaによると、コスト削減、生産性の向上、収益の増加は、小売業界にとっての人工知能の上位3つのメリットです。
  • フォーブスによると、は小売業者の84%は、AIに投資することで競争上の優位性が高まると信じています。
  • RISの調査によると、米国の若者の70%は、AIを導入して興味深い製品を新しくもたらす小売業者のほうに印象が強いと答えています。

その点は、小売業者に対する将来のソリューションとしてAI実装を通し、事業運営を改善して、競合他社に対する自己利益を高めたり、顧客を満足させたりすることなどの良い影響を与えます。 将来的には、購入者がAIベースのテクノロジーソリューションを導入している小売業者に選ぶ傾向が予測されます。

AIが小売にもたらすメリットとは
AIが小売にもたらすメリットとは

小売業者はどのような業務にAIを活用できる?

適切なソフトウェアとハ​​ードウェアを通じて、人工知能は小売業者のプロセス実装をより効率的にするものです。 とりわけ、顧客中心主義の企業の場合、行動とニーズに関して収集されたデータを評価することで、顧客体験を向上させ、新しい購入者を引き付けることは人工知能の優秀なところです。 基本的に、次のように小売業者の3つの業務に強い影響が及ぼされます。

運営・事業活動

小売市場のグローバル人工知能は多く活用されている
小売市場のグローバル人工知能は多く活用されている

需要予測

小売業界おいて迅速かつ正確な需要予測は、必要とされ、難しい業務のひとつです。そのため、世界最大の小売業者はAIを導入して膨大なデータを分析し、需要に影響を与える傾向や異常を予測できるようにしています。 フランスの小売業者Intermarchéの調査によると、スーパーマーケットチェーンでAIの需要予測に基づき、従来の分析方法より95%〜15%高い信頼率を達成することができました。

在庫管理

小売企業の場合、適切な商品を適切なタイミングで入手できるようにすることが肝要です。人工知能をはじめ生産活動を最適化するために、倉庫管理で多くの最新のソリューションと機器が採用されます。

人工知能はさまざまなパターンを経験し、ロボット導入などにより、注文状況の確認、在庫レベルの決定、在庫決定などの簡単な業務を実行できます。また、システムによって記録されたデータは、製品の配置を改善し、傾向を特定し、必要な予測を行うことに役に立ちます。

顧客体験の向上

購入コンサルティング

パーソナライズされた購入コンサルティングは、現在、多くの小売業者が採用している新たなトレンドの1つになっています。 この業務で、AIは購入する上で重要な役割を果たすことができます。 インテリジェントテクノロジー通り、収集された要望やニーズに関するデータを基づいて、各顧客に最適な製品を自動的に進めます。 これにより、ショッピングエクスペリエンスが向上するだけでなく、コンサルタントの手作業が減り、顧客との関係が構築されます。

マーケティング

大幅のマーケティング戦略を自動化に展開する階段、人工知能が活用されます。 パーソナライズされた広告をソーシャルネットワーク、EC、WEBサイトなどのさまざまなチャネルを通じて自動的に顧客に届けるように、最初にインターネットで入手可能な情報を分析する必要があります。たとえば、過去の購入、クリック数、関心のある分野、または現在の購入意向などです。 人工知能のおかげ、ユーザーデータからパターンを特定するのに役立つため、広告を適切なタイミングで配置し、カスタマイズされたコンテンツやパーソナライズされた割引を提供できます。

チャットボット

特に時間と手間のかかる業務などをチャットボットに任せると、従業員の負担を軽減したりすることができます。 例えば、手動の返信のかわり、テキスト、電子メール、または通信の応答フォームを設定することなどのAI応用がますます人気があります。

さらに、顧客の要件が分析されると、適切なスタッフに自動的に転送されます。 つまり、頻繁な操作を減らすことができ、多数の着信サービス要求を自動的に処理することができます。

無人店舗

小売店の自動システム

小売業における人工知能導入の新しい形態は、サービスロボットです。さらに、人工知能は購入者とコミュニケーションをとることができるのみならず、一部のAIアプリケーションは顧客の気分や感情を評価することもできます。例としてはユニクロのスマートワードローブであるUMoodはさまざまな衣料品が顧客に表される間、システムは表情と身振りを読み、その顧客に対する魅力的なスタイル、色などを判断し、パーソナライズされたショッピングのおすすめも可能となります。

無人決済システム

AIにより、自動決済システムを備えた店舗が現実のものになりました。2018年に米国で1号店がスタートした「Amazon Go」をはじめストアチェーンに展開されています。 「Just Walk Out」のコンセプトにより、顧客は買いたい物を棚から取ると、仮想ショッピングカートに入れます。その後、欲しい商品の選択が終わったら、店を出ると自動決済されます。現在、複数の小売業者が従うレジなし決済のモデルでさえ、アマゾン・ゴーは本当に素晴らしいアイデアです。

無人店舗とは何?小売業界の未来になれるのか」について詳しく読むのはこちらで

Posts Related

AI音声認識 (Voice ToText) テクノロジーの3つメリット

近年、音声認識(Voice-to-text)は、デジタルテクノロジー市場で企業から最も注目されているAI活用の1つです。特にコールセンターで活用が進んでおり、人手不足の解消や業務効率化といった効果をもたらしています。本記事では音声認識の概要を紹介した上で、AI音声認識の具体的なメリットを三つ紹介していきます。 音声認識とは何か 音声認識技術とは、音声という今まで分析が難しかった非定型のデータをコンピュータやAIが解析をしてテキストに変換する技術です。 意外と身近な音声認識の活用事例と言えば、iPhoneのSiriやAndroidのGoogleアシスタントといった音声アシスタントが挙げられます。また、コールセンターで音声認識技術を扱うことが多いのは「通信販売業」「金融・保険業界」「医療業界」の3つの業界です。 近年性能が進音化しているAI(人工知能)の技術を音声認識システムにも活用することで、その認識精度が飛躍的に向上しており、高いレベルにあるといえます。下記では、AI音声認識の主な三つの利点を述べていきます。 1. 認識精度の高さ、スピードの速さ AIの処理速度は、音声からテキストへの変換技術の最も優れた利点です。要件とカスタマイズに応じて、AIは自動的に音を認識し、どれが音声であるかを判断し、言語を確定して、該当するテキストに変換します。事前に作成された録音データも、音声からテキストへの変換もリアルタイムで行うことができ、タイピングによる入力より素早い作業遂行が可能です。また、リアルタイムで音声をストリーミング処理することもできます。 その上、今日の AI の高度な性質で、2020 年 3 月に公表されたベンチマークによると、 Amazon

自動・自律運転施工システム
AIによって在庫管理業務はどう変わるか

在庫管理とは必要な資材を、必要なときに、必要な量を、必要な場所へ供給できるように、各種品目の在庫を好ましい水準に維持するための諸活動です(JIS Z 8141 生産管理用語)。在庫が見えないことは会社の状態が分からないと同様なので、在庫管理を上手く行わないと商品の価値が低下、お客様からの評価が下がってしまい、利益減少につながります。この重要な企業経営の基幹業務を徹底するためには、AIを活用した在庫管理がオススメ! AI活用在庫管理システムの利点と言えば、下記の3つのメリットが挙げられます。 1. 在庫管理の適正化、柔軟性の向上 AIシステムを導入する以前の在庫管理業務では、人間のスタッフが入力で、膨大な商品・製品の在庫の管理を行っていました。 過去のデータを参照しながら在庫数の確認と発注をしていたが、人間の勘や経験則に限界があるので、予測の失敗や単純な数え間違いなどの人為的ミスは決して避けられないものです。そういうヒューマンエラーは仕入れの過多やそれに伴う値下げなどのロスを起こしたり、1度の発注に数時間かかるという問題に繋がります。 しかし、AIによる在庫管理システムは入出庫時にバーコードなどでシステム入力ができるので、上記の人為的ミスを防ぐことが可能です。 それに加え、入出庫を直ぐにシステム登録するのでリアルタイムで在庫状況を把握できます。それにより、サプライチェーンは即時に対応ができるようになり、サービスにさらなる柔軟性をもたらしています。また、スマートフォンを操作するだけで手軽に在庫管理ができるというAIシステムも開発されました。このシステムの導入で、スマートフォンに搭載されたカメラで商品のバーコードを読み取って、簡単な操作で在庫管理を始めることができるようになります。 2. 需要予測精度の改善 AIによる在庫管理では、過去の売上のみならず、顧客属性・需要変化なども、全てデータとして補完・分析するのです。需要予測が正確になることで、余剰在庫・滞留在庫・在庫不足を防いで販売機会損失を抑えられ、保管コストも削減できます。その結果、顧客満足度が向上し、さらには、ブランド認知度と顧客ロイヤリティも高まります。 その上、AIを活用した在庫管理システムの大きな利点は、需要に対するより深いインサイトの提供で、新しい戦略開発に役立つという点です。特定の商品に対する需要がどこに眠っているのかを見出すことができるため、次の新製品の生産・販売計画が効率化されるでしょう。