AIサービス

依然として、品質管理での検査・判断は手作業に依存していたが、AIとデータを活用して人的資源(労働者数と労働力)を節約すること、及び製造条件を安定化することで品質を高めることに取り組んでいます。
高品質の学習データを作るために最適なAI(人工知能)モデルを利用するワンストップシステムを提供します。

言語

C ++、C#、Python、Java、PHP、NodeJS

プラットフォーム・フレームワーク

Pytorch、Caffe、TensorFlow、OpenCV、Keras、Sci-kit Learn

クラウドサービス

Google Cloud機械学習、Amazon機械学習、Microsoft Azure機械学習

ワンストップAI開発サービス

VTIは変化しているビジネスのニーズに応え、効率かつ生産性を改善するためのワンストップソリューションを提供している。弊社はAIを活用したインテリジェントな自動化により機械学習、コンピュータービジョン、自然言語処理(NLP)から予測およびスマートモニタリングに至るまで業種問わず幅広い分野事業の改善を図っている。

AIサービス

依然として、品質管理での検査・判断は手作業に依存していたが、AIとデータを活用して人的資源(労働者数と労働力)を節約すること、及び製造条件を安定化することで品質を高めることに取り組んでいます。高品質の学習データを作るために最適なAI(人工知能)モデルを利用するワンストップシステムを提供します。

言語

C ++、C#、Python、Java、PHP、NodeJS

プラットフォーム・フレームワーク

Pytorch、Caffe、TensorFlow、OpenCV、Keras、Sci-kit Learn

クラウドサービス

Google Cloud機械学習、Amazon機械学習、Microsoft Azure機械学習

AIサービス

依然として、品質管理での検査・判断は手作業に依存していたが、AIとデータを活用して人的資源(労働者数と労働力)を節約すること、及び製造条件を安定化することで品質を高めることに取り組んでいます。高品質の学習データを作るために最適なAI(人工知能)モデルを利用するワンストップシステムを提供します。

言語

C ++、C#、Python、Java、PHP、NodeJS

プラットフォーム・フレームワーク

Pytorch、Caffe、TensorFlow、OpenCV、Keras、Sci-kit Learn

クラウドサービス

Google Cloud機械学習、Amazon機械学習、Microsoft Azure機械学習

ベトナムオフショア開発サービスの利用をご考慮している方は、
お気軽にご連絡ください

事例紹介

高品質の学習データを作成します。

続きを読む

特集

AI・オートメーション
AI(人工知能):EC決済手段の改善に導入される

      コロナ禍の影響でECが急発展するために、デジタル化される決済方法に定着している消費者の多くと見られます。クレジットカードをはじめとするEC決済手段の急増につながる鍵は、AIなどのような先端技術を抜きに語りません。本記事は、ECサイトの決済における AIの重要性を説明いたします。   1 Eコマースの決済方法 オンラインで商品を販売する特徴があるので、現金を使う決済方法はeコマースでめったに使えません。その代わりに、デジタル化された方法が優先されます。日本において、多く使われる決済方法には: クレジットカード、コンビニ決済、キャリア決済、電子マネー決済などがあります。その中で、クレジットカードと電子マネーが愛用されています。消費者は、スマートな決済方法に慣れてきたが、それらの裏に秘められた一つの技術が、コンピュータビジョンをはじめとするAIということを知りません。 2 ECサイトの決済におけるAI AI技術の一つの任務は、人間の代わりに単調かつ反復的な作業を実施、つまり業務のデジタル化又は自動化をサポートすることです。eコマースの決済の場合、AIは多くの任務を負担します。 [...]

AI・オートメーション
2023年のEコマースのトレンド:先端技術が重要な役割を果たす

コロナ禍の影響でEコマースが急発展していると見られます。Statistaによると、日本のEコマース市場は、2022年に2151億米ドルに達すると予測されるという。パンデミック後、過去より便利さを重視する消費者が増えていることが明確です。これは、企業が競争力を強化、又は忠実な顧客ベースを維持したい場合、Eコマースプラットフォームを開発すると、高まっているプレッシャーを受けられることを意味します。Eコマースプラットフォームを急激に発展させるために、Eコマースの動向を理解するべきだろうか。本記事は、2023年のEコマースのトレンドを説明いたします。 1. 消費者の新しい買い物習慣 1.1. 買い物時のマルチチャネルの使用 コロナ以前、消費者はリアル実店舗で買い物をしていたことは明らかになります。パンデミックの影響で、外出や接触を制限するべきだった消費者は、多数のチャネルを使用してオンラインショッピングしていました。[2023年の小売業界のトレンド」を踏まえて、たとえコロナが収束しても、消費者はオンラインショップよりリアル実店舗のほうが好きだが、オンラインショップを続けると分かります。特に、ソース2によると、購入意思決定の前に、買い手の75%以上はマルチチャネルを通じて最適な商品(最低価格のある商品など)を選出するという。また、Eコマースを使用する消費者の73%は、買い物をしている時、マルチチャネルを使っていると答えました。言い換えれば、カスタマージャーニーの始点と終点は企業又はブランドのウェブサイトだけではありません。忠実な顧客は、企業のソーシャルメディアのチャネルをフォローしたり、リアル実店舗からチラシを受けたり、様々なブランドやプラットフォーム間で価格を比較したりすることができます。 1.2. 持続可能な商品の愛用 IBMの調査(ソース3)では、消費者の二人に一人が、持続可能性のために追加料金を躊躇わなず支払う意思があるとは明確です。一方、2022年の消費者の5人に4人が、ブランドの商品を選択する時、持続可能性のメリットが不可欠であるという。また、ユーロ―パのEコマースレポート(Europe Ecommerce Report 2022、ソース4)によれば、Eコマースの企業の管理者との取材で、「持続可能性を確保するための予定がどうでしょうかと」という質問に対して、「ノウ炭素材料の使用」とか「低炭素物流」とかという答えが出ました。明らかになることは、消費者が持続可能な商品を愛用することは、企業の対応行動を後押しているのではないだろうか。 1.3. デジタル化の決済方法の日用 コロナ禍の影響で現金を使わない非接触の決済方法を日用する人数が増加していると見られます。それは、小売業者をはじめとする企業に決済方法の多様化を迫られています。経済産業によると、2022年に規模を問わず過半数の小売企業がクレジットカードや電子マネーなどのデジタル化の決済方法を受け取ります。Eコマースの場合、消費者は、他の方法よりクレジットカードと電子マネーを好きになると思われます。   [...]