fbpx

無人店舗とは何?小売業界の未来になれるのか

新型コロナウイルス2019(COVID-19)の感染症拡大はリテールの業界における技術革命の目印になっている。 2020年を振り返って、色々な企業は実店舗からオンラインベースのトランザクションに大幅に移行した。このような背景では、無人店舗というソリューションはそれの効率性が証明された。

無人店舗とは?

無人店舗とは店内に従業員がいなく、キャッシュレス決済を使用する店舗である。無人店舗は、自動化されたコンビニと異なり、スマートフォン関連の技術とAIを活用することにより、伝統的な店舗が持つ特徴を取り除いたものである。

無人店舗の歴史はまだ浅く、2016年に1号店を開店した中国の「Bingo Box」が始まりといわれている。また、アメリカでも2018年1月にシアトルでアマゾン・ドット・コムが開店した「Amazon Go」の1号店が皮切りとなり、無人店舗は特に中国とアメリカで普及し始めている。日本では無人店舗はまだ多くないが、実証実験はコンビニエンスストア業界をはじめとして、数多く実現されていた。

無人店舗は3つのタイプ

ジャストウォークアウトコンセプト(just-walk-out)

「ジャストウォークアウト」キャッシャーレステクノロジーを備えた無人店舗コンセプトです。最も知られるジャストウォークアウトテクノロジーは、Amazonの「AmazonGo」です。「ジャストウォークアウト」システムは、コンピュータービジョンカメラ、センサー、ディープラーニングなどのテクノロジーを使用し、出し入れする商品やお店での顧客の行動を検出し、仮想カートで選択されたアイテムを追跡します。現在AmazonGoはすでに米国と英国で約30店舗を運営しています。

店舗のハードウェア要件により規模の経済を達成することが困難になるため、ウォークアウトの概念の1つの課題はテクノロジーのコストが高いことです。

自販機コンビニ (Stores with vending machines)

 

自動販売機も新たなトレンド
自動販売機も新たなトレンド

日本で、自動販売機も新たなトレンドです。自販機コンビニとは、飲料品以外にも、食品や日用品などの幅広い商品を販売する自動販売機のことです。 ただ一般的な自動販売機と比べると設置台数はまだ少ないため、使ったことがない方も多いかもしれません

セルフチェックアウトストア

現在、Scan&Goスマートフォンアプリまたはセルフチェックアウト端末を介して、セルフチェックアウトを備えた無人の24時間年中無休の店舗の人気が高まっています。 利点は、ハードウェアとテクノロジーのコストが比較的低いことです。

無人店舗のメリット

省人化して店舗運営ができること。
コンビニエンスストアを例にとると、商品の補充や陳列には人員を要するが、会計を行うレジスタッフは不要となるため、人手不足解消の大きな一助になるといえる。

来店客の行動データを業務改善に活用できる

無人店舗では来店客の行動データをシステムで取得できるので、リアルタイムの購買行動が可視化できます。システムにより、手に取ったけれど商品棚に戻した商品情報の取得も可能です。そのため店舗は来店客が「なぜ購入したか」だけでなく、「なぜ購入しなかったか」までも分析できるようになります。

より効果的な店舗運営を行っていくこと。
対応しているシステムであれば、入店時の認証システムを利用することによって、顧客を特定し、店内でどのような行動をとって、何を購入したかなどのデータを正確に把握できるので、補充する商品発注のタイミングや、来店した顧客に合わせた店内のデジタルサイネージの表示内容の最適化するなど。

例えば、無人店舗となった時間帯には、スマートフォンのアプリや近隣の住民に配られたお得意様入店カードによるQRコード確認か顔撮影での入店管理がなされる。防犯対策のため、店舗入り口にある端末にQRコードなどを読み取らせることによって自動ドアのロックが解除されるという仕組みだ。

商品購入時の決済はスマートフォンのアプリを使った「スマホレジ」か、セルフレジによって行われる。電子マネーやクレジットカードなどのキャッシュレス決済だけでなく、現金での支払いにも対応している。

無人店舗の未来

人材不足解消に有効と考えられる無人店舗ですが、コンピューターを介したシステムであるため、停電や機器の誤作動といったトラブルの可能性は否定できません。また、システムの穴をついた犯罪も起こり得るでしょう。実際、米国では無人店舗で万引きを成功させた動画が投稿され、拡散したケースもあります。

また、無人店舗を開店・運営するためにかかる「コスト」も課題と言えます。アプリや端末の導入、カメラの設置、決済システムの利用料など、無人店舗運営には様々なコストが発生します。この点については、今後参入企業が増えていくことで低価格化していくことが期待されます。

要約すると、ショッピングの未来には、デジタルの革新的なソリューションを幅広く適用される。ソーシャルメディア、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、クラウドテクノロジー、バーチャルリアリティ、ロボット工学の需要と使用の増加に伴い、消費者のショッピング体験は将来大きく関与する。無人店舗の運営者は、いつでもどこでも、摩擦のない日常のニーズに合わせて製品を購入するよう顧客に提供できる。 デジタルテクノロジーにより、さまざまな店舗コンセプトが顧客の需要に最適に対応し、店舗を経済的に運営できるようになるだろう。

VTIの無人店舗のケーススタディ

VTIは、小売業界に関するノウハウおよび経験が豊かな人的資源を誇り、手頃な価格でも優れた小売向けのワンストップソリューションのRetail Xをご提供いたします。その中で、無人店舗も体表的な活用事例となります。我々の無人店舗のケーススタディについて、こちらへアクセスください。

 

 

Comments are closed.