fbpx

小売業におけるDXとは何?

what-is-digital-transformation-in-retail

競争が激しくなっている中、特に、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響で、小売業は様々な課題を直面しています。そこで、DXというのものはそういうかかっている問題を解決するだけでなく、小売業の企業の成長にも繋がっていきます。

小売業におけるDXとは?

1. まず、DXとは何か。

DXはデジタルトランスフォーメーションの略で、IT業界の用語だと思われることが多いが、The Enterprisers Projectによると、デジタルテクノロジーがすべてのビジネス分野に浸透し、運用方法を根本的に変更することを示すということです。最新技術を活用することで、自社の課題を解決する会社変革を目指すものだと言えるでしょう。

2. DXはどのようにコスト削減の課題を解決するのか

現在、小売業では様々な利点で、DX推進に取り組んでいる業者が多くなてきました。その中で、競争上の優位を確立するために、最優先課題となったコストの削減を図るのはこの業界におけるDXの推進理由の一つです。

具体的には、ビジネス運用の経費削減と人経費の削減という二つの視点から見にいきましょう。DX実現は

業務効率の向上させ、ビジネス運用の経費を削減

  • データを安全に保存・管理するクラウドサービスの導入で、物理的なインフラストラクチャの必要性を減らし、企業の財務投資は削減可能です。また、保守・運用に多大な資金と人材を要するレガシーシステム(老朽化した古い既存ITシステム)は刷新すれば、資金等を有効に活用できます。
  • 特に、小売業では、ブランド力を上げることは重要な課題となっています。従来の宣伝広告と比べ、ソーシャルネットワーキングプラットフォームより得られる消費者の購買行動データをAIと言った最新デジタル技術で自動的に分析することはより有効で、低コストになります。
  • 他には、エネルギー管理、在庫管理などもDX推進で、最適化されます。

人件費を削減

システムでタイムカード管理、勤務データの集計などの勤怠管理の効率化は可能となります。実店舗でも、画像認識やバーコードスキャンなどでセルフレジを導入する企業が増加しています。それとともに、単純作業、在庫管理の自動化による省人化はDX推進のメリットです。

小売業において、コストの削減を実現できるデジタル技術はどれ?

  • クラウドストレージ

インターネットに接続できる環境があれば、PC本体とデータを同期させること、バックアップの負担を軽減すること、端末上でデータを失ってもクラウドストレージからデータ復旧することはクラウドストレージの代表的なメリットです。カスタマイズ性に乏しく、セキュリティ対策が必要などというデメリットもありますが、このテクノロジーより得られるメリットは圧倒的です。

  • RPAツール(Robotic Process Automation)

人間が手作業で行っているルーティン業務を自動化するソフトウェア型のロボットのことです。例えば、交通費精算、請求書データの入力、伝票入力、支払対応、顧客データ収集、在庫状況の確認などはRPAツールで自動化されます。

複雑な業務を横断的に管理、作業を自動化することはミスを回避しながら、大規模な組織の大量のデータを素早く処理することに繋がります。

  • 在庫管理システム

小売業では、在庫は、会社の利益を決める指標だと言われています。そのため、在庫管理システムを導入する企業は大幅に増加しています。基幹システムとともに、倉庫管理システム(WMS)を含む実在庫管理システムは入出庫管理、出荷指示から在庫参照、棚卸までの機能があり、在庫を徹底的に管理できます。

まとめ

実際、上記のメリットにとどまらず、DX推進は顧客の満足度を向上させる、新しいビジネスシーンの創出につながるという重要な役割を果たしています。メリットが多いからこそ、DX化を阻む主な課題をきちんと検討しながら、取り組む必要があります。

 

———————————-

参考文献:

The Enterprisers Project「What is digital transformation?」<https://enterprisersproject.com/what-is-digital-transformation>(最終アクセス:2021年9月17日)

Posts Related

在庫管理システムの共通特徴

在庫管理システムのおもな機能についてさらに解説していきましょう。在庫管理システムには、決められた形式があるわけではありません。業種や取り扱う商品、シチュエーションにより、必要に応じて使いやすい形にアレンジするのが、一般的です。よって、今回は、どの在庫管理システムにも共通する主要な機能を紹介していきます。 1.バーコード・QRコードシステム バーコードは、小売業者が販売する各製品に印刷される一意の識別子です。製造業者と小売業者の両方が在庫を追跡および管理するために使用します。 在庫管理はバーコードリーダーとシームレスに統合されているため、製品の供給を追跡および制御できます。 最高のものはまだ来ていません 2.レポート 企業は在庫管理を使用して、製品に関するほとんどすべてを保存、操作、分析しています。このデータを使用して、他の資産と比較して在庫がどのように機能しているかについての貴重な洞察を提供するレポートを作成できます。 3.予測 製品が店舗に出る前に、製品の需要をリアルタイムで分析できるかどうか想像してみてください。統計モデルを使用すると、在庫管理者は製品の発売をより効果的に計画でき、どのアイテムがいつでも最も需要が高いかを知ることができます。このため、これらのアプリケーションの一部には人工知能機能さえあります。 4.会計 在庫管理は、多くの場合、貸借対照表、損益計算書、収益および費用勘定などの財務記録と統合されます。経費を計算できるようにするには、在庫管理システムに財務ソフトウェアとの統合または組み込みの会計機能が必要です。   予算をうまく立てているのか、請求書の支払いを忘れているのかわからない 5.POS統合 統合POS(point

小売業界におけるRFIDの5つの利点

この近年、RFIDは製造業や流通業において普及になって、近い将来にバーコードやQRコードに置き換えるテクノロジーと言われています。この記事には、RFIDの定義、またRFIDテクノロジーがサプライチェーンにどのような変化を及ぼしたかをご紹介いたします。 RFID とは この近年、RFIDは製造業や流通業において普及になってい、近い将来にバーコードやQRコードに置き換えるテクノロジーと言われています。この記事には、RFIDの定義、またRFIDテクノロジーがサプライチェーンにどのような変化を及ぼしたかを変えるかをご紹介いたします。 Wikipediaによると、RFID(英: radio frequency identifier)とは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数センチメートル~数メートル)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指します。従来のRFタグは、複数の電子素子が乗った回路基板で構成されていましたが、近年、小さなワンチップのIC (集積回路)で実現できるようになってきました。 これはICタグと呼ばれ、そのサイズからゴマ粒チップと呼ばれることもあります。 一般的にRFIDとはICタグ、その中でも特にパッシブタイプのICタグのみを指して用いられることが多いです。(「RFID」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』) RFIDは世界中に業種にかかわらず広く導入されていて、クレジットカード、列車のチケット、IDカード、商品や食品に、電子情報を登録したRFタグを貼り、専用のリーダーで内容を読み込んで使います。 情報を読み書きできる記録媒体で、接触することなく使えるのが特徴であり、RFIDは商品管理や在庫管理のために広く利用されてます。特に小売業などで大幅に効率化できる方法として注目されています。 RFIDの仕組み 簡単に言えば、RFIDシステムは、RFIDタグまたはスマートラベル、RFIDリーダー、およびアンテナの3つの要素で構成されます。RFIDシステムでは、RFIDリーダーが特定の周波数の電波を継続的に送信します。

AIによる小売
AIを導入により、小売業の何の課題を解決できるか?

人工知能(AI)を活用するトレンドは、世界中で盛んでいます。特に小売業界では、企業が事業運営を近代化し、市場での地位を主張するのに役立つAIのアプリケーションがますます増えています。 小売業が事業運営のあらゆる側面でAIをどのように活用できるのでしょうか。本記事を通じて、小売業におけるAI活用がどのように進んでいくのかについてご紹介します。 AI導入は小売業者にどのような利益をもたらす? AIが将来の小売商取引において中心的な役割を果たすと考える専門家は多いです。 ただし、現在まで顧客にパーソナライズされた体験を提供し、小売業者がコストを削減し、より多くの顧客を引き付けるのに役立つAIベースのテクノロジーソリューションが増加してきました。そのため、買い物行動の予測、在庫管理、職場の計画などのことができるので、企業はサプライチェーン全体を最適化して、それより、小売業者の市場シェアの拡大​​を実現できます。次の統計をご覧ください。 Global Market Insightsによれば、小売業における人工知能市場規模は、世界的な投資の増加で、2024年までに80億米ドルを超えるということです。 ガートナーリサーチから、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していることがわかります。ガートナーは、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していると考えています。 拡張現実感(AR) とコンピュータビジョン(CV)を活用して、企業は顧客体験を豊かにし、より効率的に運営するためにAIを小売業務に展開中です。 PwCの調査によると、AIが2030年までに世界経済にもたらす影響は7兆米ドルになると試算されます。 TechEmergenceの調査によると、AIに投資している上位10の業界のうち、5番目は小売業です。 放射線科放射線情報システム(RIS)によれば、小売業者の78%は、AIシステムに対する支出額が今後12か月で少なくとも5%増加する見込み。 それに、米国の小売業者の45%以上が、今後3年間でAIを採用することを計画しています。