fbpx

AI音声認識 (Voice ToText) テクノロジーの3つメリット

近年、音声認識(Voice-to-text)は、デジタルテクノロジー市場で企業から最も注目されているAI活用の1つです。特にコールセンターで活用が進んでおり、人手不足の解消や業務効率化といった効果をもたらしています。本記事では音声認識の概要を紹介した上で、AI音声認識の具体的なメリットを三つ紹介していきます。

音声認識とは何か

Best-Speech-to-Text-APIs

音声認識技術とは、音声という今まで分析が難しかった非定型のデータをコンピュータやAIが解析をしてテキストに変換する技術です。

意外と身近な音声認識の活用事例と言えば、iPhoneのSiriやAndroidのGoogleアシスタントといった音声アシスタントが挙げられます。また、コールセンターで音声認識技術を扱うことが多いのは「通信販売業」「金融・保険業界」「医療業界」の3つの業界です。

近年性能が進音化しているAI(人工知能)の技術を音声認識システムにも活用することで、その認識精度が飛躍的に向上しており、高いレベルにあるといえます。下記では、AI音声認識の主な三つの利点を述べていきます。

1. 認識精度の高さ、スピードの速さ

AIの処理速度は、音声からテキストへの変換技術の最も優れた利点です。要件とカスタマイズに応じて、AIは自動的に音を認識し、どれが音声であるかを判断し、言語を確定して、該当するテキストに変換します。事前に作成された録音データも、音声からテキストへの変換もリアルタイムで行うことができ、タイピングによる入力より素早い作業遂行が可能です。また、リアルタイムで音声をストリーミング処理することもできます。

その上、今日の AI の高度な性質で、2020 年 3 月に公表されたベンチマークによると、 Amazon の精度は73%(つまり27% WER)、Microsoftの精度は78%、Googleの精度は79%向上しているという高い認識率です。

2. 時間・手間コストの節約

音声認識テクノロジーは、ユーザーがデータ抽出時間を短縮するのに役立ちます。これにより、企業にとってサービス料金(字起こし、翻訳など)、レコードの保管コストといった大幅なコストの削減に繋がります。

Voice-to-textとは何(写真出典:aismiley

コールセンターでのお客様対応を例として、電話を使った人と人の対話という業務の性質上、録音データのテキスト化が重要な役割を担います。その際、音声のテキスト化(顧客との会話をリアルタイムでテキスト化し、後日活用できるテキスト型の資料として残す性能)や説明資料の表示(参照したい資料をオペレーターの音声に応じて自動的に表示する性能)やキーワードに基づいたFAQの回答(対話の中で発生したキーワードをもとに適切なFAQのリンクを表示し、顧客の要望にすぐに対応する性能)などのAI音声認識を搭載したソリューションの性能を活用できます。

このように、作業の実績時間と人件費に関するコストが効率的に削減できます

3. 互換性・改善性の高さ

このテクノロジーのもう1つの利点は、ウェブサイトまたは既存のソフトウェアに統合でき、柔軟性が高いと言う点です。それに加え、機械学習のサポートにより、すべてのユーザーのニーズを満たすために、多くの機能が継続的に更新・改善されます。例えば、カスタムの語彙だけでなく、カスタムの発音や自動句読点も含まれるようになりました。また、標準語ではない言葉や、若者が使うスラングや特有の言い方を追加で学習することも可能です。そして、複数の人による会話の聞き取りや企業の業務の中で珍しくない専門用語や業界用語の認識もできるよう改善されるでしょう。

つまり、これはAIを使用した音声認識ソリューションの最も潜在的な利点だと言えます。

まとめ

コールセンターでのお客様対応を始め、医療現場でのカルテ作成や議の議事録作成やテレビの字幕作成など、AIを用いた音声認識技術の活用が幅広いです。だから、現時点のこの技術でできること、またできないことを見極め、適切な場面で投入できるようにしましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参考:https://www.statista.com/statistics/1133833/speech-to-text-transcript-accuracy-rate-among-leading-companies/

 

Posts Related

AI自動音声認識技術についてとその3つの最大メリット

自動音声認識はデジタル分野において最も人気のあるAIソリューションの1つであり、多くの企業が関心を寄せています。IT業界に留まらず小売業、製造業の企業も作業の簡素化、保管能力の向上、必要に応じた簡単な追跡を目的として音声からテキストへの変換ソリューションを熱心に探しています。本記事で、VTIは自動音声認識ソリューションについてご紹介します。 自動音声認識技術とは 自動音声認識つまり音声からテキストへの変換(本来は音声認識)はそれほど奇妙ではなく、1950年代から長い間現れたものです。但し、現在の自動音声認識は大進歩を遂げ、従来技術よりほぼ完全に近代的になり、特に人工知能(AI)の活用によって多くの分野で広く適用されています。 現在、自動音声認識技術は生活のあらゆる側面に浸透するようになりました。我々は通話の着信やスケジュール登録などを手伝ってくれるSiriやAlexaのようなバーチャルアシスタントに慣れっこになっていますが、AIを搭載した音声認識技術はそれよりもはるかにできています。 営業活動、特に顧客対応やテレセールスでは、毎日の電話から情報を収集することが非常に重要です。以前、情報を抽出し保存するために電話を録音する必要がありましたが、現在では、自動音声認識の最新技術により、すべてが迅速かつ簡単に行われています。従業員がいつものように応答している間、AIシステムは今後の抽出のために、通話内容を自動的にデジタルのテキストファイルに変換し保存します。 AI自動音声認識のメリット 高精度と迅速性 処理速度はAI自動音声認識技術の最も目立つ利点です。AIは要件に応じて、どれが人間の音かどの言語で発言しているか自動的に音の種類を認識して、該当テキストに変換します。これにより、情報抽出・検索に要する時間を削減できます。 政治家の演説、医者のメモ、講義内容、ポッドキャスト内容等の長い資料に対しては、求めらる処理能力及び正確性により、文字起こしにはちょっと時間がかかることもあります。また、Youtubeの自動字幕等のリアルタイムのテキスト変換もありますが、正確性が一定程度しか確保されていません。 しかし、もちろん、AIは人間による改修、及びその自分の学習(機械学習/深層学習)を重ねた上での継続的な改善が必要ですが、基本的には、音声をすばやく正確にテキストに文字起こしできるという利点で、AI自動音声認識が多くの人に選ばれています。 コスト削減 自動音声認識ソリューションはデータ量とデータ抽出時間を減らせるため、企業に対して、文字起こし、翻訳などのサービス料並びにデータ保管料などを削減することができます。 サービス料といえば、30、40年前に、海外取引先と協力する際に企業が通訳者の採用費用を含め電話内容の聴解、録音や通訳に費やした費用はAI自動音声認識の時代の数倍です。サービス料のみならず、応答時間や他の不便も出てきました。 また、懸念すべきもう一つはデータ保管料です。コールセンターであれば、日々にお客様から数多くの問い合わせがきて、テレセールスであれば、毎日の架電が行われます。それらの通話内容を録音する音声ファイルを保管するのに、保管スペースも取り、データ損失・破損のリスクもあり、システムの負荷になります。それに対して、通話内容がテキスト化されるなら、音声ファイルより容量がずっと軽くなり、保管スペースがそんなにかからないので、保管料を大幅に削減できます。結合性と改善力AI自動音声認識のメリットの一つはウェブサイトまたはソフトウェアに結合できることです。これによって、「途切れることなく常に対応できる」サービスができて、従業員と顧客にとって使用効果と便利性が見えます。バーチャルアシスタント、自動検索など、多くの自動音声認識を活用したサービスがこのように動作しています。 その上、AIの特徴は自習と持続改善なので、機械学習により、様々な機能がユーザの要望に応じて継続的に更新・改善できます。これこそがAI自動音声認識ソリューションの最も潜在的なメリットです。