fbpx

AI音声認識 (Voice ToText) テクノロジーの3つメリット

近年、音声認識(Voice-to-text)は、デジタルテクノロジー市場で企業から最も注目されているAI活用の1つです。特にコールセンターで活用が進んでおり、人手不足の解消や業務効率化といった効果をもたらしています。本記事では音声認識の概要を紹介した上で、AI音声認識の具体的なメリットを三つ紹介していきます。

音声認識とは何か

Best-Speech-to-Text-APIs

音声認識技術とは、音声という今まで分析が難しかった非定型のデータをコンピュータやAIが解析をしてテキストに変換する技術です。

意外と身近な音声認識の活用事例と言えば、iPhoneのSiriやAndroidのGoogleアシスタントといった音声アシスタントが挙げられます。また、コールセンターで音声認識技術を扱うことが多いのは「通信販売業」「金融・保険業界」「医療業界」の3つの業界です。

近年性能が進音化しているAI(人工知能)の技術を音声認識システムにも活用することで、その認識精度が飛躍的に向上しており、高いレベルにあるといえます。下記では、AI音声認識の主な三つの利点を述べていきます。

1. 認識精度の高さ、スピードの速さ

AIの処理速度は、音声からテキストへの変換技術の最も優れた利点です。要件とカスタマイズに応じて、AIは自動的に音を認識し、どれが音声であるかを判断し、言語を確定して、該当するテキストに変換します。事前に作成された録音データも、音声からテキストへの変換もリアルタイムで行うことができ、タイピングによる入力より素早い作業遂行が可能です。また、リアルタイムで音声をストリーミング処理することもできます。

その上、今日の AI の高度な性質で、2020 年 3 月に公表されたベンチマークによると、 Amazon の精度は73%(つまり27% WER)、Microsoftの精度は78%、Googleの精度は79%向上しているという高い認識率です。

2. 時間・手間コストの節約

音声認識テクノロジーは、ユーザーがデータ抽出時間を短縮するのに役立ちます。これにより、企業にとってサービス料金(字起こし、翻訳など)、レコードの保管コストといった大幅なコストの削減に繋がります。

Voice-to-textとは何(写真出典:aismiley

コールセンターでのお客様対応を例として、電話を使った人と人の対話という業務の性質上、録音データのテキスト化が重要な役割を担います。その際、音声のテキスト化(顧客との会話をリアルタイムでテキスト化し、後日活用できるテキスト型の資料として残す性能)や説明資料の表示(参照したい資料をオペレーターの音声に応じて自動的に表示する性能)やキーワードに基づいたFAQの回答(対話の中で発生したキーワードをもとに適切なFAQのリンクを表示し、顧客の要望にすぐに対応する性能)などのAI音声認識を搭載したソリューションの性能を活用できます。

このように、作業の実績時間と人件費に関するコストが効率的に削減できます

3. 互換性・改善性の高さ

このテクノロジーのもう1つの利点は、ウェブサイトまたは既存のソフトウェアに統合でき、柔軟性が高いと言う点です。それに加え、機械学習のサポートにより、すべてのユーザーのニーズを満たすために、多くの機能が継続的に更新・改善されます。例えば、カスタムの語彙だけでなく、カスタムの発音や自動句読点も含まれるようになりました。また、標準語ではない言葉や、若者が使うスラングや特有の言い方を追加で学習することも可能です。そして、複数の人による会話の聞き取りや企業の業務の中で珍しくない専門用語や業界用語の認識もできるよう改善されるでしょう。

つまり、これはAIを使用した音声認識ソリューションの最も潜在的な利点だと言えます。

まとめ

コールセンターでのお客様対応を始め、医療現場でのカルテ作成や議の議事録作成やテレビの字幕作成など、AIを用いた音声認識技術の活用が幅広いです。だから、現時点のこの技術でできること、またできないことを見極め、適切な場面で投入できるようにしましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参考:https://www.statista.com/statistics/1133833/speech-to-text-transcript-accuracy-rate-among-leading-companies/

 

Posts Related

自動・自律運転施工システム
AIによって在庫管理業務はどう変わるか

在庫管理とは必要な資材を、必要なときに、必要な量を、必要な場所へ供給できるように、各種品目の在庫を好ましい水準に維持するための諸活動です(JIS Z 8141 生産管理用語)。在庫が見えないことは会社の状態が分からないと同様なので、在庫管理を上手く行わないと商品の価値が低下、お客様からの評価が下がってしまい、利益減少につながります。この重要な企業経営の基幹業務を徹底するためには、AIを活用した在庫管理がオススメ! AI活用在庫管理システムの利点と言えば、下記の3つのメリットが挙げられます。 1. 在庫管理の適正化、柔軟性の向上 AIシステムを導入する以前の在庫管理業務では、人間のスタッフが入力で、膨大な商品・製品の在庫の管理を行っていました。 過去のデータを参照しながら在庫数の確認と発注をしていたが、人間の勘や経験則に限界があるので、予測の失敗や単純な数え間違いなどの人為的ミスは決して避けられないものです。そういうヒューマンエラーは仕入れの過多やそれに伴う値下げなどのロスを起こしたり、1度の発注に数時間かかるという問題に繋がります。 しかし、AIによる在庫管理システムは入出庫時にバーコードなどでシステム入力ができるので、上記の人為的ミスを防ぐことが可能です。 それに加え、入出庫を直ぐにシステム登録するのでリアルタイムで在庫状況を把握できます。それにより、サプライチェーンは即時に対応ができるようになり、サービスにさらなる柔軟性をもたらしています。また、スマートフォンを操作するだけで手軽に在庫管理ができるというAIシステムも開発されました。このシステムの導入で、スマートフォンに搭載されたカメラで商品のバーコードを読み取って、簡単な操作で在庫管理を始めることができるようになります。 2. 需要予測精度の改善 AIによる在庫管理では、過去の売上のみならず、顧客属性・需要変化なども、全てデータとして補完・分析するのです。需要予測が正確になることで、余剰在庫・滞留在庫・在庫不足を防いで販売機会損失を抑えられ、保管コストも削減できます。その結果、顧客満足度が向上し、さらには、ブランド認知度と顧客ロイヤリティも高まります。 その上、AIを活用した在庫管理システムの大きな利点は、需要に対するより深いインサイトの提供で、新しい戦略開発に役立つという点です。特定の商品に対する需要がどこに眠っているのかを見出すことができるため、次の新製品の生産・販売計画が効率化されるでしょう。

AIによる小売
AIを導入により、小売業の何の課題を解決できるか?

人工知能(AI)を活用するトレンドは、世界中で盛んでいます。特に小売業界では、企業が事業運営を近代化し、市場での地位を主張するのに役立つAIのアプリケーションがますます増えています。 小売業が事業運営のあらゆる側面でAIをどのように活用できるのでしょうか。本記事を通じて、小売業におけるAI活用がどのように進んでいくのかについてご紹介します。 AI導入は小売業者にどのような利益をもたらす? AIが将来の小売商取引において中心的な役割を果たすと考える専門家は多いです。 ただし、現在まで顧客にパーソナライズされた体験を提供し、小売業者がコストを削減し、より多くの顧客を引き付けるのに役立つAIベースのテクノロジーソリューションが増加してきました。そのため、買い物行動の予測、在庫管理、職場の計画などのことができるので、企業はサプライチェーン全体を最適化して、それより、小売業者の市場シェアの拡大​​を実現できます。次の統計をご覧ください。 Global Market Insightsによれば、小売業における人工知能市場規模は、世界的な投資の増加で、2024年までに80億米ドルを超えるということです。 ガートナーリサーチから、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していることがわかります。ガートナーは、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していると考えています。 拡張現実感(AR) とコンピュータビジョン(CV)を活用して、企業は顧客体験を豊かにし、より効率的に運営するためにAIを小売業務に展開中です。 PwCの調査によると、AIが2030年までに世界経済にもたらす影響は7兆米ドルになると試算されます。 TechEmergenceの調査によると、AIに投資している上位10の業界のうち、5番目は小売業です。 放射線科放射線情報システム(RIS)によれば、小売業者の78%は、AIシステムに対する支出額が今後12か月で少なくとも5%増加する見込み。 それに、米国の小売業者の45%以上が、今後3年間でAIを採用することを計画しています。