fbpx

小売業界におけるRFIDの5つの利点

この近年、RFIDは製造業や流通業において普及になって、近い将来にバーコードやQRコードに置き換えるテクノロジーと言われています。この記事には、RFIDの定義、またRFIDテクノロジーがサプライチェーンにどのような変化を及ぼしたかをご紹介いたします。

RFID とは

この近年、RFIDは製造業や流通業において普及になってい、近い将来にバーコードやQRコードに置き換えるテクノロジーと言われています。この記事には、RFIDの定義、またRFIDテクノロジーがサプライチェーンにどのような変化を及ぼしたかを変えるかをご紹介いたします。

Wikipediaによると、RFID(英: radio frequency identifier)とは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数センチメートル~数メートル)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指します。従来のRFタグは、複数の電子素子が乗った回路基板で構成されていましたが、近年、小さなワンチップのIC (集積回路)で実現できるようになってきました。 これはICタグと呼ばれ、そのサイズからゴマ粒チップと呼ばれることもあります。 一般的にRFIDとはICタグ、その中でも特にパッシブタイプのICタグのみを指して用いられることが多いです。(「RFID」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』)

RFIDは世界中に業種にかかわらず広く導入されていて、クレジットカード、列車のチケット、IDカード、商品や食品に、電子情報を登録したRFタグを貼り、専用のリーダーで内容を読み込んで使います。

情報を読み書きできる記録媒体で、接触することなく使えるのが特徴であり、RFIDは商品管理や在庫管理のために広く利用されてます。特に小売業などで大幅に効率化できる方法として注目されています。

RFIDの仕組み

簡単に言えば、RFIDシステムは、RFIDタグまたはスマートラベル、RFIDリーダー、およびアンテナの3つの要素で構成されます。RFIDシステムでは、RFIDリーダーが特定の周波数の電波を継続的に送信します。 RFIDタグが付いている商品がこの電波の範囲内にあれば、RFIDリーダーに信号を送り返します。 そして、このフィードバックに基づいて、RFIDリーダーが製品の情報を識別します。RFIDリーダーは同時に複数のタグを追跡および監視することもできます。

RFIDリーダは複数の種類があります。

  • セパレート型
  • ライドオン型
  • モバイル搭載型
  • デスクトップ型
  • 固定型

RFIDタグは2つの種類があります。

  • アクティブRFID。 アクティブRFIDタグには内部に電池を持ち、無線通信をするものです。長距離の無線通信に適します。
  • パッシブRFID。 パッシブRFIDタグは、電源を内蔵せず、リーダーから発信される信号を電力に変換して機能するRFIDタグのことです。

RFIDの利点

貨物追跡

RFIDといえば管理のさらなる容易化や追跡の一層の効率化が一番言われているメリットです。複数商品情報の一括読み取り及び遠距離の読み取りなどの性能で、RFIDタグを貼った商品の入荷時や、検品、棚卸時の負担が軽減できます。
また、RFIDテクノロジーは、資産保護とセキュリティを強化します。なぜかというと、RFIDタグを貼り付けたスマートカード、キーリング、リストバンドなどを来店客に着用していただくことにより、客のアクティビティを監視できるようになるためです。

在庫更新

RFIDを貼り付けた商品のステータスが変わった時(入出庫や販売など)、製品情報はリアルタイムで担当者に通信されます。そのため、倉庫内に在庫がどれくらい残っているのかの数量を入手できます。スポーツ用品小売市場のリーディングDecathlonは、陳列棚を継続的にスキャンし、在庫を一覧表示する在庫ロボットの導入を検討しているそうです。

トレーサビリティに支援

RFIDを貼り付けた商品のステータスが変わった時(入出庫や販売など)、製品情報はリアルタイムで担当者に通信されます。そのため、倉庫内に在庫がどれくらい残っているのかの数量を入手できます。スポーツ用品小売市場のリーディングDecathlonは、陳列棚を継続的にスキャンし、在庫を一覧表示する在庫ロボットの導入を検討しているそうです。

バーコードと比べて、RFIDタグは64倍データを保存できますので、必要な時にデータ制限などに悩むことなくデータを自由に取り扱うことができます。したがって、基本的な製品特性(モデル、サイズ、色、価格など)に加えて、企業は使用説明書、メンテナンス説明書、インストールマニュアルなどを追加できます。
それだけでなく、大容量のRFIDタグは、原産地、品質、安全性、規制への準拠の観点から製品のトレーサビリティ(Track&Trace)を大いにサポートしています。

チェックアウト時には便利

RFIDシステムは複数の購入アイテムを一度にスキャンすることで、顧客がより迅速にチェックアウトできます。これによって、顧客体験が向上し、従業員の作業量も減ります。·すべてのアイテムをカートに入れるだけで、商品の内訳と合計金額が即時に画面に表示して、即時に確認できます。従来のバーコードでそれぞれ商品製品をスキャンするよりはるかに高速で簡単な作業でしょう。

カスタマーサービスを改善

小売業において、商品のブランド、種類、カテゴリーなどがすごく豊富で、お客様の好みも様々なので、既存顧客および新規顧客のニーズを理解することが不可欠です。

RFIDの使用により、店内のアイテムの動きを追跡できるようになりました。 これらの情報を使って、店舗のトラフィックの多いエンドキャップ、ピンチポイント、および従業員や商品の一日中の変動を監視可能です。

また、バーチャル試着室もRFIDで実現できます。小売業者は、普通の鏡の代用として、「マジックミラー」またはタッチスクリーンモニターをテストしています。 ジオロケーティングRFIDタグを使用することにより、試着室はアイテムを追跡できるというモデルです。試着室で利用可能な色やスタイルが表示され、関係の服が提案され、関連商品の情報が提供されます。

 

Posts Related

在庫管理システムの共通特徴

在庫管理システムのおもな機能についてさらに解説していきましょう。在庫管理システムには、決められた形式があるわけではありません。業種や取り扱う商品、シチュエーションにより、必要に応じて使いやすい形にアレンジするのが、一般的です。よって、今回は、どの在庫管理システムにも共通する主要な機能を紹介していきます。 1.バーコード・QRコードシステム バーコードは、小売業者が販売する各製品に印刷される一意の識別子です。製造業者と小売業者の両方が在庫を追跡および管理するために使用します。 在庫管理はバーコードリーダーとシームレスに統合されているため、製品の供給を追跡および制御できます。 最高のものはまだ来ていません 2.レポート 企業は在庫管理を使用して、製品に関するほとんどすべてを保存、操作、分析しています。このデータを使用して、他の資産と比較して在庫がどのように機能しているかについての貴重な洞察を提供するレポートを作成できます。 3.予測 製品が店舗に出る前に、製品の需要をリアルタイムで分析できるかどうか想像してみてください。統計モデルを使用すると、在庫管理者は製品の発売をより効果的に計画でき、どのアイテムがいつでも最も需要が高いかを知ることができます。このため、これらのアプリケーションの一部には人工知能機能さえあります。 4.会計 在庫管理は、多くの場合、貸借対照表、損益計算書、収益および費用勘定などの財務記録と統合されます。経費を計算できるようにするには、在庫管理システムに財務ソフトウェアとの統合または組み込みの会計機能が必要です。   予算をうまく立てているのか、請求書の支払いを忘れているのかわからない 5.POS統合 統合POS(point

製造業のMES導入するための6つのステップ

MESは、企業がデジタルトランスフォーメーションの問題に直面したときにますます広く登場するキーワードです。ただし、最適な条件であっても、MESシステムの実装は比較的複雑なプロセスであり、多くの要件を必要とするため、一部の企業は依然として躊躇しています。ただし、製造企業が4.0の時代に競争上の優位性を生み出し、持続的に発展することを望む場合、MESシステムの実装は依然として不可欠であり、ここで行う必要があるのは、その複雑さを軽減するための最良の機会を見つけることです。これらの「機会」は、製造企業がMESシステムを正常に展開するための6つのステップで次のように要約できます。 1.MESシステムを実装する際の目標を理解する 管理者は、MESシステムの実装を開始する前に、目標を達成することを明確に定義する必要があります。これは、計画を開始する際の重要なステップですが、見過ごされがちです。 これらの目標をガイドとして使用すると、実装プロセスを順調に進めるのに役立ちます。展開の目標がビジネスのダイナミクスと一致すると、最適なMESシステムの選択と設計も容易になります。 2.MESの準備状況を評価します。システム実装計画 技術的 MESシステムの導入は、生産のデジタルトランスフォーメーションプロセスの最初のステップの1つであるため、強固なデジタル基盤の確立は避けられません。 多くの企業は、基本的な準備が不足しているため、実装プロセスで多くの技術的なギャップに遭遇し、展開ステップ間のシームレス性に影響を与えています。さらに、企業が技術的な準備状況を誤って判断した場合、テクノロジーや目的のプロセス設定を誤って選択する可能性があります。 企業が自己評価し、デジタルプラットフォームの準備ができていないことに気付いた場合、企業が参照すべき1つの提案は、情報技術ソリューションプロバイダーに専門家の助けを求めることです。 その他の要因について 上記のように、MESシステムの実装は複雑なプロセスであり、プロジェクトをスケジュールどおりに確実に実行し、期待どおりの結果を達成するための適切な人材を備えた、別個のプロジェクトチームの設立が必要になることがよくあります。 また、リソース、予算、適用範囲など、他の基準も考慮する必要があります。 3.MESを選択します。サプライヤー 適切なサプライヤーを選択すると、MESの実装プロセスがよりスムーズかつ効率的になります。この選択は、次のような情報を見つけた後で決定できます。 サプライヤーが行った特定のケーススタディ

AIによる小売
AIを導入により、小売業の何の課題を解決できるか?

人工知能(AI)を活用するトレンドは、世界中で盛んでいます。特に小売業界では、企業が事業運営を近代化し、市場での地位を主張するのに役立つAIのアプリケーションがますます増えています。 小売業が事業運営のあらゆる側面でAIをどのように活用できるのでしょうか。本記事を通じて、小売業におけるAI活用がどのように進んでいくのかについてご紹介します。 AI導入は小売業者にどのような利益をもたらす? AIが将来の小売商取引において中心的な役割を果たすと考える専門家は多いです。 ただし、現在まで顧客にパーソナライズされた体験を提供し、小売業者がコストを削減し、より多くの顧客を引き付けるのに役立つAIベースのテクノロジーソリューションが増加してきました。そのため、買い物行動の予測、在庫管理、職場の計画などのことができるので、企業はサプライチェーン全体を最適化して、それより、小売業者の市場シェアの拡大​​を実現できます。次の統計をご覧ください。 Global Market Insightsによれば、小売業における人工知能市場規模は、世界的な投資の増加で、2024年までに80億米ドルを超えるということです。 ガートナーリサーチから、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していることがわかります。ガートナーは、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していると考えています。 拡張現実感(AR) とコンピュータビジョン(CV)を活用して、企業は顧客体験を豊かにし、より効率的に運営するためにAIを小売業務に展開中です。 PwCの調査によると、AIが2030年までに世界経済にもたらす影響は7兆米ドルになると試算されます。 TechEmergenceの調査によると、AIに投資している上位10の業界のうち、5番目は小売業です。 放射線科放射線情報システム(RIS)によれば、小売業者の78%は、AIシステムに対する支出額が今後12か月で少なくとも5%増加する見込み。 それに、米国の小売業者の45%以上が、今後3年間でAIを採用することを計画しています。