fbpx

「Eコマースサイト」  Magentoを見過ごせない8つ理由

8-reasons-why-should-use-Magento-for-EC-site

コロナ禍の影響でEコマースの急発展している背景に、豊富な機能を持つ、スムーズに稼働可能なEコマースプラットフォームは企業の成功を導きます。実に、ウェブトラフィックやコンバージョンレート、カスタマーエンゲージメントなどの重要なメトリックはプラットフォームのパーフォマンスに大きく依存します。現在、Eコマースプラットフォームの欧米市場を支配しているMagentoは、日本企業のEコマースサイトを発展させると思われます。本記事は、オンラインショップを運営している企業がMagentoを選択すべき理由を説明いたします。

 

1.Magentoの概要

Magentoとは、2008年に登場、数年後「最高のオープンソースソフトウェア」および「ソースフォージ(sourceforge)コミュニテイチョイスアワード」を受賞したオープンソースプラットフォーム(ソースコードが公開されるので、修正又は新たなソースコードの作成を可能)のことです。2018年Adobeに買収されました。

PHPが組み込まれた豊富な機能、高い柔軟性および拡張性を持っているMagentoは小売企業をはじめとする世界中の企業に愛用されます。特に、北米と欧州において過半数のEコマースサイトはMagentoを使用していると統計されます。

国内の製品を優先する特徴のある日本においては、Magentoを使用している企業はあまり多くないです。しかし、国際市場に向けたEコマースサイト(越境EC)を構築する場合、Magentoを見過ごせません。多くの市場に適切な機能とインターフェースを持っているので、グローバルな企業にとってMagentoが良い選択肢からです。もちろん、中小企業がMagentoを使用できないことは言えません。実にMagentoが様々なバージョンを持っているので、規模を問わず企業は自社の状況と照らし合わせ、最適なバージョンを選ばれます。

8-reasons-why-should-use-Magento-image

2.Magentoのバージョン

基本的にMagentoのプラットフォームにはMagento Open SourceとMagento Commerceがあります。

Magento Open Source:

  • 旧名:Magento Community Edition。2008年6月24日に登場。
  • 文字通りに、オープンソースプラットフォームを提供するので、誰でもは自分のサーバーでそのソースコードを取得、又は編集、修正できます。基本的な機能にプリゲインを追加することで、企業にカスタマイズされるEコマースサイトを構築します。ところが、ソースコードを追加する場合、Magentoの資格を取得したIT人材を確保するべきです。
  • 少額で優れた機能を使用できるので、スタートアップ又は小中企業に適切な選択肢になるかもしれません。ダウンロード後、即刻使用できるため、凄く便利です。
  • 最新のバージョン Magento Open Source 2.4.2 を推奨します。

Magento Commerce:

  • 旧名: Magento Enterprise Edition。2009年4月15日に登場。
  • Magento CommerceにはMagento Commerce On-Premises とMagento Commerce Cloudがあります。両方とも豊富な拡張機能を持っている、有料バージョンです。
  • Magento Commerce On-Premises: 企業は自分でホスティングを管理しないと。自分のサーバーで実施するかか、ホスティングサービスを提供するクラウドにしようか、SaaSを通じるか、ホスティングを管理するための方法があります。この作業を自分で展開したい企業は優秀なIT人材を確保するべきです。もちろん、インハウスチームとして経験が深いIT人材を持っている大手企業はそのバージョンが最適です。更に、Magento Open Sourceと比較して、毎年のライセンス料がかかります。しかし、B2Bに向けた優れた機能を活用できるなら、その料金に値するのではないだろうか。
  • Magento Commerce Cloud Hosted: ホスト型サービスを使用する場合、企業は好きな店舗のテーマやレイアウトをクリックすることなど、簡単な作業だけで実施しても大丈夫です。セキュリティ保護、サーバー、ネットワークなどのテクニックな作業はサードパーティ(この場合はMagento)が実施します。

このように、Magento Commerceは、B2Bを目指す、優秀なIT人材を持っている企業に適切なかもしれません。Magento Open Source は、規模を問わず全ての企業に適切だが、IT人材がない場合、テックニックな作業を処理するアートソーシングと委託できます。

また、世界又は日本で多く使われているEコマースプラットフォームを詳しく調べたい方は、「Eコマースプラットフォームの選び方」というブログポストを推奨します。

3.Magentoを見過ごせない8つの理由

Magento Open Sourceはどの企業でも使用できるので、以下にMagento Open Sourceだけのメリットを説明します。もしMagento Commerceについてのご質問があれば、ご遠慮なくご連絡ください。

3.1. カスタマイゼーション

オープンソースプラットフォームなので(つまり、ユーザーがソースコードを追加又は修正できる)、Magentoを使用することで、企業は自社にカスタマイズされるEコマースサイトを構築することができます。多様化される決済方法からマーケティングツールに至って、様々な機能を提供します。更に、Magento のテーマを好きではない場合、Magentoに関して経験が深いデベロッパと協力することで、自社にカスタマイズされるテーマを得られます。現在、Magentoはサードパーティとしてデベロッパに手厚いサポートを提供します。デベロッパはMagentoの資格を取得することで、Magentoのソースコードを介入できます。それにとどまらず、現在のMagentoツールは、Adobe Analytics とAdobe Targetの両方を活用してデータを収集し、よりパーソナライズするレコメンデーションを提供すると思われます。

3.2. 高い柔軟性

オープンソースプラットフォームだからこそ、高い柔軟性を持っています。どの市場でも活躍している全企業は自社の需要を満たす機能に基づいてオンラインショップを強化します。またユーザーは、Magentoを活用することで、第三者又はERPシステムなどのサードパーティシステムと統合できるので、データを一元管理したり、複数のチャネルとの連携を構築したり、自社のOMOを発展したり、様々なメリットを得られます。

3.3. 高い拡張性

Magentoは昔から高い拡張性で知られています。どのくらい店舗を運営しているとしても、全てのデータは一つのバックエンドオフィスで保持又は管理されます。Magentoは、最強のキャッチングツール(caching tool)の一つであるVarnish(最速な逆プロキシおよびHTTPアクセスレター。それはウェブコンテンツを送信する速度を3倍以上増やします)を使用することで、ECサイトパフォーマンス又はオンラインショップの拡張性を向上するのに貢献します。

3.4. 優れたSEOツール

他のプラットフォームと比して、Magentoは優れたSEOのツールを提供します。ユーザーの体験を調べたある調査では、参加者の80%以上はMagentoがウェブサイトのオーガニックサーチを増やすという意見と同意しました。Magentoは、企業のウェブサイトをグーグルなどで可視化するのにとどまらず、スマートフォンなどのような端末機器にフレンドリーなインタフェイスを提供するので、グーグルなどの検索順位を上げるのに貢献します。 SEOにフレンドリーなURLや、メタデスクリプション 、サイトマップなどのMagentoのSEOの機能は企業の高いランキングを取りやすい、または顧客が企業のウェブサイトを探しやすいことをサポートします。

3.5. ユーザーフレンドリー

Magento のレイアウトは簡単なサイトナビゲーション、ズームインおよび商品の評価を提供します。企業のオンラインショップで提示される商品は容易に変換されるので、顧客体験を向上します。それに、モバイルにフレンドリーなインターフェイスを提供するため、顧客はいつでもどこでも企業のウェブサイトをアクセスできます。

3.6. OMOのサポート

コロナ禍の影響でOMOのマーケティング手法が注目されています。OMOを発展したい企業はリアル実店舗とオンラインショップ、それにソーシャルメーデイアなどのチャネルを運営しなければなりません。Magentoを活用することで、複数のオンラインショップを一つのアドミンパネルだけで管理するため、時間と人力を削減することができます。また、Magentoはセールやマーケティングキャンペーンをサポートするツールを提供します。例えば、顧客にカスタマイズされるコンテンツを作成したり、メールやSNSを通じて自動にセールスの情報を顧客に送信したり、ポイント蓄積のプログラムを支えたりします。

3.7. サードパーティと統合しやすい

企業は、Magentoを使用すると、拡張機能などを提供するサードパーティシステム又はシッピングサービスなどを提供するサードパーティと統合しやすいです。例えば、Magentoは複数の決済方法や多言語をサポートします。または、ERPシステムと統合することで、複数のチャネルのデータを一元管理することができます。もう一つの例としてgoogle analyticsを追加することで、ウェブサイトのパーフォマンスをトラッキングし、市場のインサイトやトレンドを理解できます。

3.8. セキュリティ保護

Magentoを活用する場合、SSLセキュリティと専用IPを導入することは簡単です。それに、企業と顧客の情報保護を強化するために、Magentoは年々セキュリティに関して万千のプロセスや規定、資格などをアップデートします。例えば、ソースコードを追加、編集、修正などする場合、Magentoの資格を取得したエンジニアがなければ実施できません。それはサイバー攻撃を最小限にします。

4. Magentoを検討している際、注意点は?

Magentoを検討している企業は以下の質問に答えてください。

  • 企業の目的、またはビジョンは何ですか: 国際市場に進出する計画があるかどうか、または国内市場だけで手頃なEコマースプラットフォームを使用する希望を持つか、最初からそれを明らかにしなさい。
  • 企業の状況は何ですか:あらかじめ企業の規模、人材、そして予算を確定しておけばほうがいいと思います。それから、自社の状況に照らし合わせてから、自社に適切なバージョン又はパッケージを選択できます。Magentoに関して知識深いIT人材がない場合、オフショア開発企業と委託すればほうがいいと思います。

5. VTIグループ

VTIは、AIなどのような先端技術やリテールのノウハウを活用することにより、デジタルトランスフォーメーションと事業成長に向けたソフトウェア開発のワンストップソリューションをご提供いたします。また、Odooの公式パートナーとしてOdooのEコマースシステムをはじめとするOdooのサービスを提供いたします。特に、MagentoやOdooなどのEコマースプラットフォームに関する経験が豊富な人材を持つ、幅広い業界の企業にカスタマイズされるオンライン・ショップを構築するのをサポートします。

まとめ

上記に話したように、Magentoを選択すべき8つの理由を説明いたします。Magentoに関して何にか問題があれば、ご遠慮なくご連絡ください。また、先端技術の最新情報を調べたい方は、我々のポストを受けるために登録のためのメールボックスを書き込めください。