Application Development

お客様の事業向けのワンストップサービス

当社は、スタートアップ向けのMVP開発でも、各企業の業務における複雑なアプリケーション開発でも、ワンストップソリューションとしてすべての技術的要求に対応します。他に、セキュリティと品質を保証する日本基準に準じたオフショア開発モデルを提供します。幅広い分野における開発や運用サポートの実績から積み重ねてきた経験と知見を活かして、お客様の業種・業態・規模に応じた最適なソリューションを提案します。

以下は当社のアプリケーション開発サービスです。

・モバイルアプリ開発サービス

・UI・UXの設計・開発サービス

・クロスプラットフォームとクラウドアプリケーション開発サービス

言語

C、C ++、Java、C#、VB(Visual Basic)、VB.net、Objective-C、COBOL、JavaScript、Perl、PHP、Python、Ruby、VBScript、VBA

マネジメントツール

GIT | SVN | Redmine

Application Development

お客様の事業向けのワンストップサービス
</h2 >

当社は、スタートアップ向けのMVP開発でも、各企業の業務における複雑なアプリケーション開発でも、ワンストップソリューションとしてすべての技術的要求に対応します。他に、セキュリティと品質を保証する日本基準に準じたオフショア開発モデルを提供します。幅広い分野における開発や運用サポートの実績から積み重ねてきた経験と知見を活かして、お客様の業種・業態・規模に応じた最適なソリューションを提案します。

以下は当社のアプリケーション開発サービスです。

・モバイルアプリ開発サービス

・UI・UXの設計・開発サービス

・クロスプラットフォームとクラウドアプリケーション開発サービス

言語

C、C ++、Java、C#、VB(Visual Basic)、VB.net、Objective-C、COBOL、JavaScript、Perl、PHP、Python、Ruby、VBScript、VBA

マネジメントツール

GIT | SVN | Redmine

Application Development

お客様の事業向けのワンストップサービス
</h2 >

当社は、スタートアップ向けのMVP開発でも、各企業の業務における複雑なアプリケーション開発でも、ワンストップソリューションとしてすべての技術的要求に対応します。他に、セキュリティと品質を保証する日本基準に準じたオフショア開発モデルを提供します。幅広い分野における開発や運用サポートの実績から積み重ねてきた経験と知見を活かして、お客様の業種・業態・規模に応じた最適なソリューションを提案します。

以下は当社のアプリケーション開発サービスです。

・モバイルアプリ開発サービス

・UI・UXの設計・開発サービス

・クロスプラットフォームとクラウドアプリケーション開発サービス

言語

C、C ++、Java、C#、VB(Visual Basic)、VB.net、Objective-C、COBOL、JavaScript、Perl、PHP、Python、Ruby、VBScript、VBA

マネジメントツール

GIT | SVN | Redmine

資格・ 認定

資格・ 認定

資格・ 認定

Connect with us
お気軽にご連絡ください

事例

信頼できるパートナーとして、私たちは深く革新的な企業突破を通じてビジネス環境における視野を拡大していきます。

続きを読む

特集

アプリケーション開発 ブログ
オフショア開発でベトナムが選ばれる4つの理由とは

IT需要が今後拡大する一方で、日本は少子高齢化が顕著で、人材確保が難しくなっています。経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(平成28年)によると、IT人材不足は今後ますます深刻化し、2030年には、(中位シナリオの場合で)約59万人程度まで人材の不足規模が拡大するということです。それに対する対策として、海外の開発会社に委託するというオフショア開発が挙げられます。 現在、日本が進出しているオフショア開発先に中国、ベトナム、インドネシア、インド、マレーシア、フィリピンなどがありますが、ベトナムは最も注目を集めていると言われています。それでは、ベトナムオフショア開発が選ばれている理由はなんでしょう。 1.豊富で、優秀なIT人材 ベトナムの総人口に占める生産年齢人口 (15歳~64歳の人口) が増え続け、その中、IT従事者が40万人となっています(2020年)。 国のSTEM(科学、技術、工学、数学)を重視した教育政策への取り組みのおがけで、今後も若く優秀なIT人材が増えることが予想されています。TopDevの「VIETNAM IT MARKET REPORT 2020」によると、IT分野の年間卒業者数が5万人近くです。また、中学校2年生から、アルゴリズムとプログラミング授業もカリキュラムに入っており、IT人材の輩出が国策として掲げられています。 なお、オフショア開発と言えば、失敗する原因だとされているのは「コミュニケーション不足」という問題です。だが、現在のベトナムでの日本語教育の拡大を見ると、懸念不要です。学習者数が急速に増加し、2018年度日本語教育機関調査速報値によると、約17万5千人で世界6位となります。この数年、ベトナムのトップ大学では、情報技術学生向けの日本語教育にも取り組んでいるので、日本語ができる開発者数が増加しています。日本語が得意なベトナム人が、ブリッジSEとして重要な役割を果たしています。

特集

アプリケーション開発 ブログ
オフショア開発でベトナムが選ばれる4つの理由とは

IT需要が今後拡大する一方で、日本は少子高齢化が顕著で、人材確保が難しくなっています。経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(平成28年)によると、IT人材不足は今後ますます深刻化し、2030年には、(中位シナリオの場合で)約59万人程度まで人材の不足規模が拡大するということです。それに対する対策として、海外の開発会社に委託するというオフショア開発が挙げられます。 現在、日本が進出しているオフショア開発先に中国、ベトナム、インドネシア、インド、マレーシア、フィリピンなどがありますが、ベトナムは最も注目を集めていると言われています。それでは、ベトナムオフショア開発が選ばれている理由はなんでしょう。 1.豊富で、優秀なIT人材 ベトナムの総人口に占める生産年齢人口 (15歳~64歳の人口) が増え続け、その中、IT従事者が40万人となっています(2020年)。 国のSTEM(科学、技術、工学、数学)を重視した教育政策への取り組みのおがけで、今後も若く優秀なIT人材が増えることが予想されています。TopDevの「VIETNAM IT MARKET REPORT 2020」によると、IT分野の年間卒業者数が5万人近くです。また、中学校2年生から、アルゴリズムとプログラミング授業もカリキュラムに入っており、IT人材の輩出が国策として掲げられています。 なお、オフショア開発と言えば、失敗する原因だとされているのは「コミュニケーション不足」という問題です。だが、現在のベトナムでの日本語教育の拡大を見ると、懸念不要です。学習者数が急速に増加し、2018年度日本語教育機関調査速報値によると、約17万5千人で世界6位となります。この数年、ベトナムのトップ大学では、情報技術学生向けの日本語教育にも取り組んでいるので、日本語ができる開発者数が増加しています。日本語が得意なベトナム人が、ブリッジSEとして重要な役割を果たしています。

特集

アプリケーション開発 ブログ
オフショア開発でベトナムが選ばれる4つの理由とは

IT需要が今後拡大する一方で、日本は少子高齢化が顕著で、人材確保が難しくなっています。経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(平成28年)によると、IT人材不足は今後ますます深刻化し、2030年には、(中位シナリオの場合で)約59万人程度まで人材の不足規模が拡大するということです。それに対する対策として、海外の開発会社に委託するというオフショア開発が挙げられます。 現在、日本が進出しているオフショア開発先に中国、ベトナム、インドネシア、インド、マレーシア、フィリピンなどがありますが、ベトナムは最も注目を集めていると言われています。それでは、ベトナムオフショア開発が選ばれている理由はなんでしょう。 1.豊富で、優秀なIT人材 ベトナムの総人口に占める生産年齢人口 (15歳~64歳の人口) が増え続け、その中、IT従事者が40万人となっています(2020年)。 国のSTEM(科学、技術、工学、数学)を重視した教育政策への取り組みのおがけで、今後も若く優秀なIT人材が増えることが予想されています。TopDevの「VIETNAM IT MARKET REPORT 2020」によると、IT分野の年間卒業者数が5万人近くです。また、中学校2年生から、アルゴリズムとプログラミング授業もカリキュラムに入っており、IT人材の輩出が国策として掲げられています。 なお、オフショア開発と言えば、失敗する原因だとされているのは「コミュニケーション不足」という問題です。だが、現在のベトナムでの日本語教育の拡大を見ると、懸念不要です。学習者数が急速に増加し、2018年度日本語教育機関調査速報値によると、約17万5千人で世界6位となります。この数年、ベトナムのトップ大学では、情報技術学生向けの日本語教育にも取り組んでいるので、日本語ができる開発者数が増加しています。日本語が得意なベトナム人が、ブリッジSEとして重要な役割を果たしています。