fbpx

生産・ビジネスにおけるコンピュータビジョンの応用

人工知能(AI)という用語が今日のように普及する前に、コンピュータビジョンは生まれました。しかし、AI技術の適用によりコンピュータビジョンの可能が展開されてきました。

人工知能の下位分野かつ科学技術分野の一種類として知られ、コンピュータビジョンは実世界における対象物の画像データを取得して処理し、それらの画像を分析および認識して情報を生成するプロセスです。 人間のように知覚したりできるデバイスを作ることを目的としています。 現在、コンピュータビジョン技術は次のことを実行可能になります。

  • 物体特定 (Identify)
  • 物体トラッキング (Track) 
  • 測定 (Measure)
  • 物体認識・検出 (Detect)
  • 物体分類 (Classify)

コンピュータビジョンは日常生活で応用されるようになりました。例えば、ほんの数秒のグーグルで簡単に欲しいものを検索ことになりました。 または、近年でよく使用されているスマートフォンの顔認識機能や職場の顔認識時間出席管理などはコンピュータビジョンの大きな進歩でしょう。

VTIに対してコンピュータビジョンは人工知能に関することのみならず、最適なソリューションを提供するために推進する学術分野です。この記事では、コンピュータビジョンが活用されているシーンについて具体的にご紹介いたします。

1-カメラ付き自動受付システム

毎日多数の顧客を受け入れる企業は、受付係の不足、訪問者の数・頻度の制御などの問題を抱えています。したがって、企業が顧客体験を最大化するために、VTIは、コンピュータービジョンによる仮想受付システムのソリューションを生み出しました。

1.1 クラウドプラットフォーム上の自動顔画像認識の受付システムソリューション

企業の顔として代表し、顧客に迅速かつ正確に対応できるスマートな受付システムが実現されることは期待されています。コンピュータービジョンを導入すると、その期待に応えるだけでなく、出入りする人の数を制御し、会社に来た人の履歴を保存し、慣れ親しんだ顧客を区別し、予定通り順序に実行することなどもできます。 現在はコンピュータービジョンのおかげ、仮想受付システムが統計を作成し、頻度、ゲスト数、および関連情報に関する正確なレポートを送信できます。

VTIの仮想受付システムでは、コンピュータービジョンを活用して顔を正確に数秒認識し、侵入に対して即座に警告します。 主観的な要因を排除することで人間を使用するよりも経済的で効率的であり、24時間年中無休で運用できるようになります。仮想受付システムから得られる結果は、企業が計画などを作成するために使用する根拠として見られます。

1.2 顔・音声認識を組み合わせたインタラクティブサイネージのソリューション

現在、多くの企業が顧客体験を最大化するために高度な技術を適用するデジタルサイネージを展開する需要が高いことをわかります。顧客セグメントに向けの情報を配布するために顧客特徴を自動分析し、 ユーザーの行動履歴情報を保存し、頻度・訪問者数などに関する統計を行い、接客ロボットおよび情報データウェアハウスへリンクして、ロボットが顧客にアプローチするようにトレニングすることなどが実現されてきました。

AIを活用して顔認証を行う仕組み
AIを活用して顔認証を行う仕組み

こちらは現在までの接客体験に新たな息吹をもたらすVTIのコンピュータービジョンソリューションです。 顧客の既存の接客ロボットとの統合を可能にするAPIシステムを展開することのみならず、ユーザーの写真データを収集する目的で深度カメラも装備し、AIと組み合わせて、顔認識を処理、分析し、ユーザーの年齢かつ性別に関する情報を把握できます。したがって、企業が採用コストを節約するだけでなく、ターゲットと顧客セグメントの評価するためのデータベース構築に役立ちます。

2- 監視カメラシステム

2.1 – コンビニの業績を向上させるカメラシステムを備えたコンピュータビジョンのソリューション

コンビニの店内に大勢の人がいるという状態は製品管理や顧客などの義務が従業員に対して大きなプレッシャーをかけます。 さらに、所有者は販売品と在庫品の数、よく販売されている商品の統計はもちろん、毎日訪問者の数と顧客の特徴も把握する需要が存在します。 その需要を満たすようにVTIはインテリジェントベンディングシステムのソリューションを開始しました。

製品の検索と管理、支払い時間、カスタマーケアの改善などのコンビニにおける問題に対して解決を生み出しました。VTIのソリューションは、製品管理からカスタマーケアまでコンビニ従業員の負担を軽減しました。コンピュータビジョンと監視カメラシステムを組み合わせて、顧客情報(顔、年齢、性別)を収集し、購入頻度で顧客をグループ化し、実行中の製品を識別する年齢グループ、各オブジェクトに適した製品管理を管理します。 さらに、システムはクラウドプラットフォーム(AWS、GCP …)にデプロイされ、パフォーマンスの向上と運用コストの削減に役立ちます。

2.2 – 顔認識カメラを備えた社員食堂管理ソリューション

300人を超えた各企業の平均従業員数から工業団地の企業に大勢の従業員がおることがわかります。 しかし、ほとんどの企業の場合、切手や従業員カードなどの手間を要する方法を通して食事の準備と配給を提供しています。VTIは、コンピュータービジョンの進歩を活用して、従業員の食事を確保し、効率を向上させ、管理を容易にし、コストを追跡する食堂注文ソリューションを実現します。

社員食堂を管理するスタッフの不足に直面しており、数百人の従業員の昼食のニーズを満たす不可能になります。 したがって、企業はスマートな食堂管理ソリューションを求めており、特にピーク時に昼食の数を制御する需要が増えてきました。

顔認識カメラシステムをクラウド上の管理システムと統合して、ユーザー、食事時間、食物に関する情報を保存するのはVTIの対策です。そのうえ、頻度などについて統計も提供ておきます。したがって、食堂の管理者は情報とコストを簡単に取得できます。

AI、特にコンピュータビジョンは、生産プロセスの改善、コストの最適化、生産性の向上、労力と時間の節約のために、顧客向けの包括的なソリューションの研究開発を推進している分野です。人工知能、コンピュータービジョンを活用するソリューションというとFaceX顔認識出席管理ソリューション、 ParkingXナンバープレート認識などが浮かぶ顧客が多いです。一方、VTIも製品をパーソナライズする必要があり、すべての製造業で高いスケーラビリティを備えている企業に常に付随しています。

Posts Related

先端技術によるバックオフィスの業務効率化 6つのアイデアをおすすめ

将来のバックオフィスについての研究によると、AIなどでバックオフィス業務を自動化することは、人手に依るだけことを並べると、企業の2割~6割の労働費などを節約することにつながります。それにとどまらず、業務効率化と社員の愛着向上をもたらすようです。企業の中身を変える能力を持つ先端技術はどういう風に導入されればいいかを数多くの企業が悩んでいると思われます。本記事は、先端技術によるバックオフィスの業務を効率化する6つのアイデアを紹介します。 1.バックオフィスとは? バックオフィス(back office)は、直接利益を創造しない業務を実施する部門です。一方、クライエントへの営業又は販売行為を行う営業担当者などを含む、直接利益を生み出す業務を実施する部門を指すことは対義語-フロントオフィスです。 多数の外国では、バックオフィスといえば、アカウンティング、人事、事務を手掛ける人のイメージを思い浮かべます。しかし、日本では、バックオフィスの中身は6~8部分で構成されます。それは、お金の流れを管理する経理部と財産部、労働者に関した労働契約書などを担当する人事又は労働部、内部に発生した問題を処理する総務部と一般事務部、法務問題を処理する法務部、…  2.バックオフィスの業務を低下する課題 2.1.  オフィスの環境/レイアウト Fellowes Workplace Wellness Trend Report (2019)によると、社員は収入・待遇のほか、心身に優しい環境で働きたいという気持ちがいつもくすぶっているようです。たとえば、大多数の回答者(87%)は体育室などを備えるオフィスが欲しいです。特に、テクノロジーカンパニーの場合、93%の社員は体操できるスペースがあったら、オフィスで遅くまでいても大丈夫です。つまり、社員の愛着はある程度オフィスの環境次第だろう。また、素晴らしい空間で活躍してもらえば社員は、仕事のやる気を出し、集中力などを向上し、業務の効率も高くなります。 実際、オフィスの空間に嫌悪感を及ぼす多くの要素があります。それは、以下の通りの要素を含みます。

製造企業: AI等によるインフラやコロナ対応、特にスマート工場

現在、コロナ渦の7波を乗り越えていることに力を注いでいる同時、円安によるインフラの危機に向き合う製造企業は、コロナ対応と営業維持を同時に実施することは艱難だと思われます。その課題にある鍵はAIなどのような先端技術のようです。とりわけ、スマート工場は、疫病発散防止および営業成長の対策として専門家に提出されます。 1.現状 NHKによると、新型コロナウィルスの第7波では、感染者数が減少しても、重症による死亡者数は前波に比べて90%を増加したそうです。コロナウイルスに馴染んできたが、コロナ対応の対策は一秒たりとも気が緩んではいけないだろう。また、2022年の秋ごろには円安が続く見込みです。このまま円安が続けば、物価が上がり続けるインフラの状態になりかねません。それは製造企業に直間接的に人手不足や原価上昇などの影響を与えます。しかし、歴史を振り返ると、インフラや疫病などを同時に対応する方法はないかもしれません。幸いに、超スマート社会へ進む道では、ビッグデータ、AI, IoTなどの先端技術はその課題の鍵となり、人手最小で営業成長を与える一石二鳥の方法だと思われます。 2.インフラやコロナ対応に向けての5つ技術 2.1. 非接触指紋認証システム 職場や工場などでクラスター発生を防ぐために、物理的な接触を制限することを多くの製造企業が取り組んでいます。代表的な例はコンピュータビジョンによる画像認識や顔認識システムを使用したそうです。コロナ渦以前、出退勤やにゅう出入駐車をIC カードで管理する代わりに、コンピュータが画像を分析して認識することです。打つ退勤を使うとき、作業員は出退勤のための紙を打つことを忘れることがあります。しかし、顔認識システムを使用するなら、出口を出入することで出退勤を同期してはすごく便利です。 応用事例:  我々の顔認識システムであるFaceXは、ベトナムでコロナ状況が深刻してきた時点から導入され、社員たちの出退勤および出退室の時間を記録して管理します。指紋又はICカードを使うことない非接触方法で、コロナを対応する同時に、疑われる者が職場を入り込めることを防止することに貢献します。社員たちからすごく便利で時間がかからないという好評を受けました。また、VTIグループは、バイクのナンバープレートを認識するコンピュータビジョンによるのシステムを開発しました。それは、出入駐車を素早く管理し、盗難を防止することができます。 VTI のFaceX 2.2. バーチャルアシスタント

One thought on “生産・ビジネスにおけるコンピュータビジョンの応用

  1. Pingback: 医療におけるコンピュータビジョンの応用例 - VTIジャパン・ベトナムオフショア開発会社

Comments are closed.