fbpx

Category Archives: ブログ

自動・自律運転施工システム
AIによって在庫管理業務はどう変わるか

在庫管理とは必要な資材を、必要なときに、必要な量を、必要な場所へ供給できるように、各種品目の在庫を好ましい水準に維持するための諸活動です(JIS Z 8141 生産管理用語)。在庫が見えないことは会社の状態が分からないと同様なので、在庫管理を上手く行わないと商品の価値が低下、お客様からの評価が下がってしまい、利益減少につながります。この重要な企業経営の基幹業務を徹底するためには、AIを活用した在庫管理がオススメ! AI活用在庫管理システムの利点と言えば、下記の3つのメリットが挙げられます。 1. 在庫管理の適正化、柔軟性の向上 AIシステムを導入する以前の在庫管理業務では、人間のスタッフが入力で、膨大な商品・製品の在庫の管理を行っていました。 過去のデータを参照しながら在庫数の確認と発注をしていたが、人間の勘や経験則に限界があるので、予測の失敗や単純な数え間違いなどの人為的ミスは決して避けられないものです。そういうヒューマンエラーは仕入れの過多やそれに伴う値下げなどのロスを起こしたり、1度の発注に数時間かかるという問題に繋がります。 しかし、AIによる在庫管理システムは入出庫時にバーコードなどでシステム入力ができるので、上記の人為的ミスを防ぐことが可能です。 それに加え、入出庫を直ぐにシステム登録するのでリアルタイムで在庫状況を把握できます。それにより、サプライチェーンは即時に対応ができるようになり、サービスにさらなる柔軟性をもたらしています。また、スマートフォンを操作するだけで手軽に在庫管理ができるというAIシステムも開発されました。このシステムの導入で、スマートフォンに搭載されたカメラで商品のバーコードを読み取って、簡単な操作で在庫管理を始めることができるようになります。 2. 需要予測精度の改善 AIによる在庫管理では、過去の売上のみならず、顧客属性・需要変化なども、全てデータとして補完・分析するのです。需要予測が正確になることで、余剰在庫・滞留在庫・在庫不足を防いで販売機会損失を抑えられ、保管コストも削減できます。その結果、顧客満足度が向上し、さらには、ブランド認知度と顧客ロイヤリティも高まります。 その上、AIを活用した在庫管理システムの大きな利点は、需要に対するより深いインサイトの提供で、新しい戦略開発に役立つという点です。特定の商品に対する需要がどこに眠っているのかを見出すことができるため、次の新製品の生産・販売計画が効率化されるでしょう。

WMSとは
WMS(倉庫管理システム)とは?なぜ製造DXの実現に向けてキーと言われる

第4次産業革命の時代において、現代の生産活動の核となる倉庫管理に気配りにしつつあります。コストを削減しながら生産性を向上させるために倉庫管理の最適化といったニーズが高まっている中、多くの企業が倉庫管理システム(WMS)を導入していました。 それでは、WMSとは何でしょうか?なぜ製造DXの実現に向けてキーと言われるのだろうか?本記事で、この次世代の倉庫管理システムについて詳しくご解説します。 倉庫管理システムWMSとは? 倉庫管理システム(Warehouse Management System – WMS)は貨物、資材、商品の入出庫管理や在庫管理などの倉庫内作業のプロセスを自動化し、倉庫に関わる各種作業をサポートすることで、庫内の日々作業を一元的に管理するシステムです。入出庫のデータは、WMSによって暗号化され、途切れることなくリアルタイムで迅速かつ正確に監視および更新されます。 コストを増やすことなく、製品を迅速かつ納期どおりに顧客に届ける目標を目指して、スマート工場化の一環として、生産企業は望ましい正確性と効率を向けてWMSの導入にしました。 WMSはERP、CRMなど他の企業向けシステムや輸配送管理システム(TMS)、そして各種自動化機械、ロボットを含む庫内の他の設備機械と統合して使用することが一般的です。これらの統合により、リアルタイムに在庫情報・作業進捗状況を確認・管理し、倉庫管理プロセスを最適化することができます。 以下で倉庫管理システムの基本的な機能について紹介します。 WMSは、各製品ごとに特徴的な機能を提供していますが、どんな物流現場でも必要とされる基本的なものを以下でまとめました。 現場内のリアルタイムな入出荷管理 受注:WMSは発注を自動的に受信し、作業用の計画、監視、最適化を支援します。 資材購入:WMSは、生産に必要な資材を一覧で収集し、資材の発注・受入を監視します。

在庫管理システムの共通特徴

在庫管理システムのおもな機能についてさらに解説していきましょう。在庫管理システムには、決められた形式があるわけではありません。業種や取り扱う商品、シチュエーションにより、必要に応じて使いやすい形にアレンジするのが、一般的です。よって、今回は、どの在庫管理システムにも共通する主要な機能を紹介していきます。 1.バーコード・QRコードシステム バーコードは、小売業者が販売する各製品に印刷される一意の識別子です。製造業者と小売業者の両方が在庫を追跡および管理するために使用します。 在庫管理はバーコードリーダーとシームレスに統合されているため、製品の供給を追跡および制御できます。 最高のものはまだ来ていません 2.レポート 企業は在庫管理を使用して、製品に関するほとんどすべてを保存、操作、分析しています。このデータを使用して、他の資産と比較して在庫がどのように機能しているかについての貴重な洞察を提供するレポートを作成できます。 3.予測 製品が店舗に出る前に、製品の需要をリアルタイムで分析できるかどうか想像してみてください。統計モデルを使用すると、在庫管理者は製品の発売をより効果的に計画でき、どのアイテムがいつでも最も需要が高いかを知ることができます。このため、これらのアプリケーションの一部には人工知能機能さえあります。 4.会計 在庫管理は、多くの場合、貸借対照表、損益計算書、収益および費用勘定などの財務記録と統合されます。経費を計算できるようにするには、在庫管理システムに財務ソフトウェアとの統合または組み込みの会計機能が必要です。   予算をうまく立てているのか、請求書の支払いを忘れているのかわからない 5.POS統合 統合POS(point

製造業のMES導入するための6つのステップ

MESは、企業がデジタルトランスフォーメーションの問題に直面したときにますます広く登場するキーワードです。ただし、最適な条件であっても、MESシステムの実装は比較的複雑なプロセスであり、多くの要件を必要とするため、一部の企業は依然として躊躇しています。ただし、製造企業が4.0の時代に競争上の優位性を生み出し、持続的に発展することを望む場合、MESシステムの実装は依然として不可欠であり、ここで行う必要があるのは、その複雑さを軽減するための最良の機会を見つけることです。これらの「機会」は、製造企業がMESシステムを正常に展開するための6つのステップで次のように要約できます。 1.MESシステムを実装する際の目標を理解する 管理者は、MESシステムの実装を開始する前に、目標を達成することを明確に定義する必要があります。これは、計画を開始する際の重要なステップですが、見過ごされがちです。 これらの目標をガイドとして使用すると、実装プロセスを順調に進めるのに役立ちます。展開の目標がビジネスのダイナミクスと一致すると、最適なMESシステムの選択と設計も容易になります。 2.MESの準備状況を評価します。システム実装計画 技術的 MESシステムの導入は、生産のデジタルトランスフォーメーションプロセスの最初のステップの1つであるため、強固なデジタル基盤の確立は避けられません。 多くの企業は、基本的な準備が不足しているため、実装プロセスで多くの技術的なギャップに遭遇し、展開ステップ間のシームレス性に影響を与えています。さらに、企業が技術的な準備状況を誤って判断した場合、テクノロジーや目的のプロセス設定を誤って選択する可能性があります。 企業が自己評価し、デジタルプラットフォームの準備ができていないことに気付いた場合、企業が参照すべき1つの提案は、情報技術ソリューションプロバイダーに専門家の助けを求めることです。 その他の要因について 上記のように、MESシステムの実装は複雑なプロセスであり、プロジェクトをスケジュールどおりに確実に実行し、期待どおりの結果を達成するための適切な人材を備えた、別個のプロジェクトチームの設立が必要になることがよくあります。 また、リソース、予算、適用範囲など、他の基準も考慮する必要があります。 3.MESを選択します。サプライヤー 適切なサプライヤーを選択すると、MESの実装プロセスがよりスムーズかつ効率的になります。この選択は、次のような情報を見つけた後で決定できます。 サプライヤーが行った特定のケーススタディ

小売業界におけるRFIDの5つの利点

この近年、RFIDは製造業や流通業において普及になって、近い将来にバーコードやQRコードに置き換えるテクノロジーと言われています。この記事には、RFIDの定義、またRFIDテクノロジーがサプライチェーンにどのような変化を及ぼしたかをご紹介いたします。 RFID とは この近年、RFIDは製造業や流通業において普及になってい、近い将来にバーコードやQRコードに置き換えるテクノロジーと言われています。この記事には、RFIDの定義、またRFIDテクノロジーがサプライチェーンにどのような変化を及ぼしたかを変えるかをご紹介いたします。 Wikipediaによると、RFID(英: radio frequency identifier)とは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数センチメートル~数メートル)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指します。従来のRFタグは、複数の電子素子が乗った回路基板で構成されていましたが、近年、小さなワンチップのIC (集積回路)で実現できるようになってきました。 これはICタグと呼ばれ、そのサイズからゴマ粒チップと呼ばれることもあります。 一般的にRFIDとはICタグ、その中でも特にパッシブタイプのICタグのみを指して用いられることが多いです。(「RFID」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』) RFIDは世界中に業種にかかわらず広く導入されていて、クレジットカード、列車のチケット、IDカード、商品や食品に、電子情報を登録したRFタグを貼り、専用のリーダーで内容を読み込んで使います。 情報を読み書きできる記録媒体で、接触することなく使えるのが特徴であり、RFIDは商品管理や在庫管理のために広く利用されてます。特に小売業などで大幅に効率化できる方法として注目されています。 RFIDの仕組み 簡単に言えば、RFIDシステムは、RFIDタグまたはスマートラベル、RFIDリーダー、およびアンテナの3つの要素で構成されます。RFIDシステムでは、RFIDリーダーが特定の周波数の電波を継続的に送信します。

AIによる小売
AIを導入により、小売業の何の課題を解決できるか?

人工知能(AI)を活用するトレンドは、世界中で盛んでいます。特に小売業界では、企業が事業運営を近代化し、市場での地位を主張するのに役立つAIのアプリケーションがますます増えています。 小売業が事業運営のあらゆる側面でAIをどのように活用できるのでしょうか。本記事を通じて、小売業におけるAI活用がどのように進んでいくのかについてご紹介します。 AI導入は小売業者にどのような利益をもたらす? AIが将来の小売商取引において中心的な役割を果たすと考える専門家は多いです。 ただし、現在まで顧客にパーソナライズされた体験を提供し、小売業者がコストを削減し、より多くの顧客を引き付けるのに役立つAIベースのテクノロジーソリューションが増加してきました。そのため、買い物行動の予測、在庫管理、職場の計画などのことができるので、企業はサプライチェーン全体を最適化して、それより、小売業者の市場シェアの拡大​​を実現できます。次の統計をご覧ください。 Global Market Insightsによれば、小売業における人工知能市場規模は、世界的な投資の増加で、2024年までに80億米ドルを超えるということです。 ガートナーリサーチから、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していることがわかります。ガートナーは、小売業者の77%が2021年までにAIの使用を計画していると考えています。 拡張現実感(AR) とコンピュータビジョン(CV)を活用して、企業は顧客体験を豊かにし、より効率的に運営するためにAIを小売業務に展開中です。 PwCの調査によると、AIが2030年までに世界経済にもたらす影響は7兆米ドルになると試算されます。 TechEmergenceの調査によると、AIに投資している上位10の業界のうち、5番目は小売業です。 放射線科放射線情報システム(RIS)によれば、小売業者の78%は、AIシステムに対する支出額が今後12か月で少なくとも5%増加する見込み。 それに、米国の小売業者の45%以上が、今後3年間でAIを採用することを計画しています。

オフショア開発の単価
ベトナムオフショア開発の単価相場はいくら?本当に安いですか?

オフショア開発のメリットと言えば、開発のコスト削減は第一です。それをわかっているが、どの国が委託先の良い選択か悩んでいる方が多数いると思っています。現在だと、中国、インド、フィリピン、ベトナム、ミャンマーなどが挙げられますが、一番注目を集めているのはベトナムです。 それでは、ベトナムオフショア開発の単価相場を見に行きましょう。 1. ベトナムオフショア開発の単価相場は? 一般的、開発費用は、エンジニアの人月単価×開発工数で計算されます。 「工数」というのは、作業を行うのに必要とされる「人数 × 時間」のことです。「工数」は「人日」「人月」といった単位で表します。 例えば、1人で作業して3ヶ月かかる作業量と、3人で作業して1ヶ月でこなす作業量はどちらも同じく3人月と表します。) オフショア開発の発注先によって「エンジニアの人月単価(開発要員の人件費)」がずいぶん異なります。 細かく分けると、 エンジニア単価(1ヶ月当たりで技術者に支払われる費用) コミュニケーター単価(諸外国と意思疎通するブリッジやコミュニケーターに支払われる費用) その中で、エンジニア単価が主な要素となるので、具体的に、各国のエンジニア人月単価がどうなっているか比較していきます。 2.

バーコード・QRコード
製造業でバーコードかQRコードかどちらのほうがいい?

製造や小売業界の倉庫管理において、商品の追跡・監視のためにバーコードとQRコードはよく利用されています。それにしても、業界関係者こそ誰でもこの二つの技術の定義やメリットをはっきり分別できません。この記事で、バーコードとQRコードの違いとメリット、またどちらのほうが選択すべきのはご紹介いたします。 I. バーコード・QRコードとは 1. バーコードとは   バーコード(英: barcode)は、縞模様状の線の太さによって数値や文字を表す識別子の一種である。仕組みとしては、数字・文字・記号などの情報を一定の規則に従い、一次元のコードに変換している。これを主に店頭などで使われているレジスターや、流通過程で使用されている各種の管理用情報端末などの機械が、読み取りやすいデジタル情報として入出力できるようにしている。 (WIKIPEDIA) バーコードテクノロジーはスーパーマーケットや工場の倉庫などで製品のパッケージによく見かけて、製品を簡単に管理できるため、数十年を経て各業界で広く普及されていました。在庫管理業務において、バーコードにサプライヤ、製品の寸法、重量、さらには在庫数などの可変データなど、いくつかのデータポイントを数に関連付けることができます。バーコードをリーダーで読み取り、製品の関するデータを取り込むことで在庫データに反映することが可能になります。 2. QRコードとは何? QRコード(2次元コード、クイックレスポンスコード、2Dコード、..)は通常、白い(または色付きの)背景に黒い四角と点で構成されます。 各QRコードの縦と横のパターンは一意であり、専用のスキャナーまたはユニバーサルQRコードスキャナーアプリで読み取ることができます。 QRコードには縦横とも情報が含まれているため、従来のバーコードよりも多くの情報を伝えることができます。 1つのQRコードに1500を超える英数字を保存できます。これは、標準のバーコードの約20倍です。

無人店舗とは何?小売業界の未来になれるのか

新型コロナウイルス2019(COVID-19)の感染症拡大はリテールの業界における技術革命の目印になっている。 2020年を振り返って、色々な企業は実店舗からオンラインベースのトランザクションに大幅に移行した。このような背景では、無人店舗というソリューションはそれの効率性が証明された。 無人店舗とは? 無人店舗とは店内に従業員がいなく、キャッシュレス決済を使用する店舗である。無人店舗は、自動化されたコンビニと異なり、スマートフォン関連の技術とAIを活用することにより、伝統的な店舗が持つ特徴を取り除いたものである。 無人店舗の歴史はまだ浅く、2016年に1号店を開店した中国の「Bingo Box」が始まりといわれている。また、アメリカでも2018年1月にシアトルでアマゾン・ドット・コムが開店した「Amazon Go」の1号店が皮切りとなり、無人店舗は特に中国とアメリカで普及し始めている。日本では無人店舗はまだ多くないが、実証実験はコンビニエンスストア業界をはじめとして、数多く実現されていた。 無人店舗は3つのタイプ ジャストウォークアウトコンセプト(just-walk-out) 「ジャストウォークアウト」キャッシャーレステクノロジーを備えた無人店舗コンセプトです。最も知られるジャストウォークアウトテクノロジーは、Amazonの「AmazonGo」です。「ジャストウォークアウト」システムは、コンピュータービジョンカメラ、センサー、ディープラーニングなどのテクノロジーを使用し、出し入れする商品やお店での顧客の行動を検出し、仮想カートで選択されたアイテムを追跡します。現在AmazonGoはすでに米国と英国で約30店舗を運営しています。 店舗のハードウェア要件により規模の経済を達成することが困難になるため、ウォークアウトの概念の1つの課題はテクノロジーのコストが高いことです。 自販機コンビニ (Stores with vending machines)