fbpx

Category Archives: インサイト

the-application-of-AI-in-Odoo
インサイト
OdooにおけるAIの活用

超スマート社会へ進む道で、業務を自動化•効率化するために、AI(人工知能)を使用する企業が多くなります。特にプラットフォームなどのITサービスを提供する企業の80%以上はAIといった先端技術を活用しています。Odooも例外ではありません。本記事は、Odooプラットフォームはどういう風にAIを活用するかを説明いたします。   1. 基本概念 1.1. Odooプラットフォームとは何ですか? Odoo(旧称OpenERP)はオープンソースの業務アプリケーションスイートです。70か国以上で5万社、700万ユーザーを抱えている、名高いツールです。その鍵は、購買・在庫・生産・販売などの管理をはじめ会計や労務、人事給与、さらにはプロジェクト管理まで、広範囲の業務領域を網羅し、拡張性に富むし、使いやすいかもしれません。 Odooを詳しく調べたい方はこちらをクリックください。 1.2. AIとは何ですか? AIとは人工知能(Artificial Intelligenceの略称で、コンピューターの性能が大きく向上したことにより、機械であるコンピューターが「学ぶ」ことができるようになりました。それが現在のAIの中心技術である機械学習(マシンラーニング)です。 現在、多数の大手企業は事業にマシンラーニングを活用しています。例えば、AmazonやWalmartの小売大手企業はAIを使用することで、非接触型の決済方法や需要予測を通じて顧客体験を向上します。又はITサービスを提供するグーグルはAIにより、テストといった作業を自動化します。Odoo プラットフォームへ戻りましょう。ERP システムで知られているOdooプラットフォームでは拡張機能としてマシンラーニング/AIを統合することは可能です。オープンソースプラットフォームとしてOdooはコードを追加又は修正することを許可します。マシンラーニングアルゴリズムを追加することで、Odooが提供するモジュールを最適化します。 [...]

why-should-intergrate-odoo-erp-with-ec-site
インサイト
「Eコマースに向け」Odoo ERPシステムと統合するべき理由

Eコマースの急発展のために、客足の増加を希望を持っている小売企業は自社ECサイト又はオンラインショップを構築することにします。ある程度に、オンラインショップの運営は管理者の負担を増やすかもしれません。ERPシステムをEコマースサイトに統合することはオムニチャネル又は複数のショップをより素早く容易に管理するのに役立ちます。本記事は、最も多く使われるERPシステムの一つであるOdoo ERPシステムがECサイトと統合する7つの理由を説明いたします。   1.  Odooシステムおよび Odoo ERPシステムの概要 Odooシステム: Odooシステムとは業界を問わず全企業に向けて、企業の運営を包括的に管理するためのモジュールを提供するプラットフォームです。CRMや、セールス、材料調達管理、在庫管理、ERPシステム、EコマースなどのモジュールはOdooシステムの基本的なモジュールです。更に、各モジュールの間に連携があるので、データを一元管理するだけでなく、もし一つのモジュールで保持されるデータが変更されるとしたら、残りのモジュールが相当的にチェンジされます。 Odoo ERPシステム: Odoo ERPシステムとは企業経営の基本となる資源要素(人•物•金•情報)を適切に管理するOdooの重要なシステムです。その最大のメリットは「情報の一元管理」にあります。企業の部門に点在している情報を一箇所に集め、つまり一元管理により、企業の状況を正確かつタイムリーに把握した上で、ビジネス戦略を策定する事は可能です。 2. Odoo [...]

8-reasons-why-should-use-Magento-for-EC-site
インサイト 小売
「Eコマースサイト」  Magentoを見過ごせない8つ理由

コロナ禍の影響でEコマースの急発展している背景に、豊富な機能を持つ、スムーズに稼働可能なEコマースプラットフォームは企業の成功を導きます。実に、ウェブトラフィックやコンバージョンレート、カスタマーエンゲージメントなどの重要なメトリックはプラットフォームのパーフォマンスに大きく依存します。現在、Eコマースプラットフォームの欧米市場を支配しているMagentoは、日本企業のEコマースサイトを発展させると思われます。本記事は、オンラインショップを運営している企業がMagentoを選択すべき理由を説明いたします。   1.Magentoの概要 Magentoは、2008年に登場、数年後「最高のオープンソースソフトウェア」および「ソースフォージ(sourceforge)コミュニテイチョイスアワード」を受賞したオープンソースプラットフォーム(ソースコードが公開されるので、修正又は新たなソースコードの作成を可能)です。2018年Adobeに買収されました。 PHPが組み込まれた豊富な機能、高い柔軟性および拡張性を持っているMagentoは小売企業をはじめとする世界中の企業に愛用されます。特に、北米と欧州において過半数のEコマースサイトはMagentoを使用していると統計されます。 国内の製品を優先する特徴のある日本においては、Magentoを使用している企業はあまり多くないです。しかし、国際市場に向けたEコマースサイト(越境EC)を構築する場合、Magentoを見過ごせません。多くの市場に適切な機能とインターフェースを持っているので、グローバルな企業にとってMagentoが良い選択肢からです。もちろん、中小企業がMagentoを使用できないことは言えません。実にMagentoが様々なバージョンを持っているので、規模を問わず企業は自社の状況と照らし合わせ、最適なバージョンを選ばれます。 2.Magentoのバージョン 基本的にMagentoのプラットフォームにはMagento Open SourceとMagento Commerceがあります。 Magento Open Source: 旧名:Magento [...]

AI・オートメーション
「自社ECサイト向け」先端技術による5つの集客方法

    独自のサーバーとドメインを持っているeコマースサイトを運営する自社ECは近年注目されます。第三者に頼らずオンラインの販売を完全にコントロールするのはメリットだが、ECサイトの広告やメインテナンスなど様々な作業を実行するべきというデメリットがあります。その中で、集客は難しい作業だと見られます。本記事は、収集をサポートする、手頃な価格で効果な先端技術を紹介いたします。   1. 一般的なECサイトの集客方法 Eコマースの一つの特徴は、多くのの作業がオンラインの環境で実施されることです。それで、自社ECサイトを運営する企業にはオンラインでの認知度を上げるのが重要だと見なされます。例えば、SNSでの声(シェアオブボイス)を上げるために、企業のソーシャルチャネルのアカウントで顧客の好評や商品の効用などを登録します。又は、グーグルやヤフーなどの有料の広告を通じて、オンラインで商品を検索している顧客は企業のECサイトを見かける可能性を広げます。現在、一般的なECサイトの集客方法は以下の通りです。 リスティング 広告: (SEM/PPC広告、グーグルショッピング広告など)商品によってクリックの料金が違います。しかし、低価格帯の商品を扱うECサイトはリスティング広告を使うと、赤字になるかもしれません。仮に1クリックあたり50円だったとしても、100つの商品は5000円の広告代がかかります。1000円〜2000円の商品なら利益を得られません。 ディスプレイ広告: それはリーマーケティングに使われます。例えば、企業のECサイトに一度訪れた顧客は、他のサイトを見るときに企業のECサイトのイメージを見かけられます。効率は良いが、費用が非常に高いです。 アフィリエイト広告:この数年、その広告はeコマース業界で注目されます。強い影響力を持っているKOLやKOCなどに企業のECサイトを広告してもらうこと。効率は非常に高いが、費用が桁違いです。 SEO: 優れたSEOの戦略を使用することで、顧客があるキーワードで商品を検索するとき、検索トップに入った企業のECサイトを選択する割合を高めることができます。しかし、この方法は手間と人手が結構かかります。 [...]

AI・オートメーション 小売
「おすすめ」自社EC課題を解決できる6つの先端技術 

       ECサイトを構築する特に、独自のサーバーとドメインを取得して自分の商品を販売する自社のECサイトを選択する企業の多く見られます。第三者に頼らず、サイトを完全に管理できるし、自社のイメージにピッタリする自由度が高いし、様々な強みを持っているが、潜在的な課題があります。本記事は、自社EC課題を分析した上で、解決できるツール・技術を紹介いたします。   1.自社ECとは何ですか? 「ECプラットフォームの選び方」を踏まえて、自社ECとモーラECを区別しました。自社ECとは、一つの企業が独自のドメインやサーバ―を取得した上で、自分の商品を販売するウェブサイトとのことです。その概念はモーラ型サイト(モーラEC)と多く混同されます。モーラECとは複数の企業・個人のショップが出店、または商品を出品するとのことです。代表例としてAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが挙げられます。 自社ECサイトとモーラECの一つの相違点は、サードパーティーの参加度です。自社ECサイトにはウェブサイトの構築や運営などを自社が自分で実施するべき一方、モーラECには、サードパーティーが支援(複雑な技術を持っている作業の場合、自社の代わり実施する)します。 また、自社ECを構築する場合、以下の方法が多く使われます: フルスクラッチ:ゼロから作るまでのはフルスクラッチと呼びます。大規模な企業が多く使われます。しかし、テンプレートなどを使用できません。 オープンソース:オープンソースとは、誰でもソースコードを検査・変更・拡張できることを意味します。ECオープンソースプラットフォームの例として、WooCommerceやMagento,Odoo などが挙げられます。 クラウドEC:ECサイトを提供するECプラットフォームはクラウドの環境で稼働します。データの変換や保持、分析などをより容易に実施できます。 ASP:それは、(Application Service [...]

インサイト
ECプラットフォームの選び方

小売業界をはじめとする現在の各業界では、オンラインとオフラインの組み合わせを重視する背景に、Eコマースの発展に注力するのは驚かないだろう。しかし、Eコマースサイトを構築する際に、思った以上に様々な作業に着目するべきです。その中で、Eコマースの発展の第一歩として、ECプラットフォームをどうやって選ぶかという問題は、多数の管理者を悩ませるようです。本記事では、ECプラットフォームの選び方を説明いたします。   1.重要概念 Eコマース業界に入った時、以下の重要概念を理解しなければなりません: Eコマース(電子商取引) :日本大百科全書によると、電子商取引とは、英語のElectric Commerceと読び(略:EC)、インターネットを使って商品を販売したり、契約をしたりするとのことです。電子商取引は、大きく三つに分かれます。一つ目は、企業が個人客に直接商品を販売すること(B2C:Business to Consumer)。二つ目は、企業同士での取引や決済を行うこと(B2B:Business to Business)。三つ目は、オークションなどのような個人が個人に直売すること(C2C:Consumer to Consumer)。電子商取引で扱われる商品は様々あります(例えば:物品、コンサート、チケット、保険商品、音楽、小説など)。 *電子商取引に参入したい場合、最新版の「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」をご覧ください。 Eコマースサイト(Ecommerce [...]

インサイト 小売
小売店舗における屋内測位の活用

顔認識カメラやキャッシュレス決済などを導入するリアル実店舗でも、チャットボットをはじめ、マーケティング・オートメーションのための技術を日用するオンラインショップでも、買い物体験を向上させられる先端技術に投資し始める傾向があります。ところが、小売店舗に様々なメリットを与える技術として屋内測位は無視されているようです。本記事は、小売店舗における室内測位をどのように活用するかを紹介いたします。   1 屋内測位とは? 屋内測位システムとは何ですか? 屋内測位システム(IPS)とは、英語でIndoor Positioningと読んで、高層ビル、空港、路地、駐車場、地下の場所など、GPSやその他の衛星技術が精度に欠ける、または完全に機能しない場所で人や物の位置を特定するために使用されるデバイスのネットワークです(Wikipediaにより)。 屋内測位の種類 屋内測位には2つの種類があります。 一つ目は、インフラフリーシステム(Infrastructure – free system)です。インフラフリーシステムの屋内測位は、ユーザーのデバイスを活用して屋内測位を取得するために、費用対効果が高いソリューションです。Wi-fiベースのシステムは、Wi-fiアクセスのポイントからの無線周波数パターンを使用して、デバイスの正確な位置を特定します。ジオフェンシングなどの近接ベースのシステム(Proximity-based system)は、Wi-fiとセルラー信号を利用してデバイスを追跡します。ジオフェンシングは、地理的な領域と境界を決定するのに役立ち、物理的な位置情報に依存してジオフェンストリガーを設定します。デバイスがジオフェンス領域に入ると、警報を出します。 二つ目は、ハードウェアシステム (Hardware [...]

インサイト 小売
「小売企業に向け」Odooが良い選択である6つの理由

小売企業にはOdooのプラットフォームに聞きなれないかもしれないが、Eコマースプラットフォームと言えばすぐに分かってきたと思われます。Magento, ShopifyなどのようにOdooは、小売企業に向けるEコマースシステムを構築するのにとどまらず、企業を管理するシステム又はソフトウェアを提供します。本記事では、なぜOdooを選んだ方がいいかを説明いたします。     1 小売業界の現状: 管理システムは時代の流れで取り残さないで 1.1 2023年の小売業界のトレンド 我々の「2023年の小売業界のトレンド」を踏まえて、目立っている二つのトレンドがあります。 コロナの影響でeコマースが急発展する: コロナ禍の影響で、外出とか接触とかが制限されたので、民衆は必要に迫られてオンラインで買い物したり仕事をしたりします。コロナの状況が深刻になった時、Eコマースは、いかにも花が咲いたように急激に発展しました。それで、顧客の新習慣としてオンラインショッピングは、小売企業の注目を引きました。また、コロナ禍が納めている時、オンラインショッピングの成長が向上しているようです。言い換えれば、顧客は、オンラインショッピングといったオンラインの活動に定着してきました。 オムニチャネルがトレンドになる: 顧客は、オンラインの活動に慣れてきたが、物理的な店舗での体験を重んじます。オンラインショップか物理的な店舗かどの方が好きかを、年齢別の人に聞いたある調査で、過半数の回答者はリアル実店舗を選択しました。現在の顧客が過去よりマルチチャネルで現れることを明らかにしました。そこで、小売企業は、存在感を高めるために、多くのチャネルでセールおよびマーケティングの活動を促進しなければなりません。しかし、マルチチャネルよりオムニチャネルの方がいいと思われます。オムニチャネルを通じて、複数のチャネルのデータを同期化または一元管理できるからです。 1.2 [...]

インサイト 小売
小売企業のOMOにおける先端技術の活用

OMO(Online Merge Offline)という概念を聞いたことがありますか。最近、小売業界でこの概念が注目されています。オンラインとオフラインの境界を破り捨て、顧客の目に存在感を高め、顧客の需要をいつでもどこでも対応することができる戦略です。本記事は、この戦略について、本質的に何ですか、又はOMOを実施する場合、どうやって最多の結果を得られるか、そういう質問を解決しましょう。     1 OMOとは何ですか? OMOとは何ですか? OMOとは、英語のOnline Merge Offlineの略語で、2017年に提唱され、Eコマースとリアル実店舗の境界を破り、顧客体験および売上の向上を目的とするマーケティング手法です。Eコマースと物理的な店の融合を図るOMOでは、実世界のプロモーションなどの他に、ソーシャルメディアやオンラインショップをかけ橋として消費者の接点を増やします。 OMOとO20の区別 OMOは、O20の概念と混同されやすいです。O2Oとは、英語のOnline to Offlineの略語で、オンラインの情報をきっかけに、リアル実店舗への来店を促す販戦略です。例えば、顧客にソーシャルメディア(SNSなど)から割り引きといった情報を配信し、リアル実店舗の来店を促進します。ある程度、O20では、顧客の買い物はリアル実店舗しかない一方、OMOで、買い物はオンラインとオフラインの両方で現れます。 OMO [...]