fbpx

ご利用前のオフショア開発における注意点!

factors-to-consider-before-using-offshore-service

オフショア開発のメリットを最大限に活用することで、企業は望ましいスピードを確保しながら、低コストでプロジェクトを開発することができます。そうは言っても、オフショア開発に潜在するリスクも少なくありませんから、企業のオーナーや経営者にとってはこのサービスの使用を決める前に留意しておかないといけないことが多数あります。
これらを踏まえて、VTIはこの記事を通して日本におけるオフショア開発サービスについての詳細かつ全面的な見解を読者の皆様にご提供します。

1.オフショア開発をお勧めする対象企業

内部コストの削減、技術的プロセスの自動化の加速、又は複雑な展開モデルの実現などのようなニーズがある企業は、オフショア開発の活用をおすすめします。

日本のオフショア市場が今のように沸き立っている一因としては、発注企業の多様なニーズを応えるための社内専用の特殊のソフトウェア、組み込みソフトウェア、販売用のソフトウェア製品などを中心としたソフトウェア開発、自動的なオペレーティングシステムやデータシステム構築などといった需要が急速に高まっていることです。

オフショア開発はそのために、小売業製造業インターネットサービス運輸業などの分野の企業に最適だと言っても過言ではありません。

how-offshore-works

また、海外市場を探して進出しようとする企業にとっては、オフショア開発も良い選択です。 日本のIT業界には、プログラミング言語や技術開発プラットフォームなどで特殊な点があるため、他の国にその手法を適用することは、多かれ少なかれ一定の障害に直面するでしょう。そして最後に、目指している顧客市場も、自社のシステムを最もスムーズに運用できるように対応するテクノロジーサービスを提供できるオフショア企業の選択基準に非常に重要な要素だとされています。

2.オフショア開発のリスク

否定できないメリットがある一方、オフショア開発には企業が直面しありえる大きなリスクを孕んでいます。技術レベルの相違から言語の壁、文化の違いなど、様々な要因からリスクを招く可能性があります。オフショア開発を活用する際に企業が知っておくべき一般的なリスクとして次のとおり挙げられます。

オフショア開発の大きな課題はコミュニケーション

進捗管理しにくい

・納期が遅れる

・担当開発者の突然の退職が進捗に影響する

・案件に変更・修正が数多く発生する

 開発された製品が求められる要件から外れる

・機能を誤って組み合わせる

・リリースした製品が当初の要件と異なる

品質管理しにくい

・開発された製品は、実際に使用される際に求められる要件・品質に応えないため修正や手戻しが発生する

・不具合が多発する

 製品が完成したが経済的価値がない

・やり取り・修正が多数発生することと共にコストが増加する

3. オフショア企業の選択基準

オフショア開発のメリットは計り知れないが、どんなオフショア企業に委託しても同じ成果をもらえるわけではありません。製品の品質およびコストは、地理的な位置、国、地域の要因など、様々な要素の影響を受けて、そして企業によっても変わるものです。オフショア企業を選択する前に、いくつかの重要な基準を見ておきましょう。

3.1. 低コスト

開発単価は、オフショアサービスを選定するための最も重要な要素の1つです。オフショア開発を委託することで、開発コストを30〜50%まで削減することができます。現在、人月単価については、日本で最も魅力的なオフショア企業は、ベトナム、バングラデシュ、ミャンマーの企業です。

offshore-service-cost-benefit
ベトナムでオフショア開発を利用する場合、平均人月単価は25万円です。この単価は、中国や国内のIT系の人件費と比較すると、はるかに低コストだとわかります。(出典:Hachinet)

3.2. 高技術力

人件費が安いのは、品質の低下を意味するわけではありません。委託企業自身は、案件を委託する前に、受託先の技術力および業務能力を慎重に検討する必要があります。
ITの技術力は、受託先が過去に受託した案件、関連する認定資格、企業の規模、評判・信頼度などを通じて評価できます。

AWSパートナー認定がクラウドサービスを提供する企業にとって重要な認定資格)

また、委託先の業務能力は、蓄積できている各種認定資格と顧客数に基づいて評価することができます。特にクラウド関連のサービスを求めている企業の場合、企業として取得できたAWSやAzureなど資格だけでなく、その会社の開発者が個人的に取得できた資格も考慮する必要があります。

3.3. コミュニケーションスキール:言語と仕事文化、ブリッジSEおよびQAの重要な役割について

言語、文化、作業方法のあらゆる側面で異なる両国間の協力では、ブリッジSE橋とQA担当者がかけ橋として非常に重要な役割を果たしています。

(図)ブリッジSEの重要な役割

強力なブリッジSE&QA体制を持つオフショア企業は、製品品質に対する要件を理解でき、「報・連・相」を徹底して作業の連携性を高め、誤解や問題を最小限に抑えることができます。

オフショア企業のコミュニケーション能力は、以下のような要素に評価されます。

  • 日本語能力:JLPT、BJTなどの言語資格
  • 日本のビジネスマナーや文化への理解
  • コミュニケーション能力、交渉力
  • ある程度の業務知識
  • プロジェクト開発経験、特定の技術スキル

3.4. ISO 9001CMM/CMMIなど信頼性の高い国際規格を取得したか

製品の品質が期待通りでないことはオフショア開発の1つのリスクです。そのリスクを回避するには、オフショア企業の開発プロセスと管理プロセスを考慮することは重要な役割を果たしています。
現在、ある企業の品質を評価するには、ISO 9001CMM/CMMI規格が最も一般的な標準となっています。オフショア企業選びには、ぜひこのポイントに着目しましょう。

能力成熟度モデル統合
CMMIの5つのレベル (出典: wikipedia)

日本企業は品質、情報セキュリティ、開発プロセスについて厳しい要件を求め、その要件を満たすオフショア企業が少ないです。ベトナムは人気のあるオフショア開発先として知られるとはいえ、ベトナムではそういう厳しい要件を満たす企業がそれほど多く存在しません。ISO 9001、それにCMMIレベル3の認証を取得し、日本市場の要求に対応できる数少ないオフショア企業の1つはVTIです。 信頼性の高いソフトウェア開発プロセス認証を擁し、製品の品質を保証できることにより、VTIが日本のパートナーからの信頼をますます獲得しています。

3.5. 柔軟なソフトウェア開発プロセスを導入

労働文化の違いは、開発スピードと品質に影響を与えます。 アジャイル、ウォーターフォール等のさまざまなソフトウェア開発モデルを柔軟に適用することにより、製品品質を向上させることができています。

3.6. 日本支社を持つこと

日本に支社を持つことにより、コミュニケーションが容易になり、これもオフショア開発企業の規模と品質を保証するものになります。
現在、VTIは東京と大阪に事業所を擁しており、従業員数が100人近くに上ります。これにより、お客様とのやり取りに大きな優位性をもたらします。

4. 株式会社VTIのオフショア開発サービスについて!

我々VTIはベトナムにおける大手オフショア開発企業とし、金融、建設、小売、運輸、インタネットサービスなど多岐多様な業種で、全規模企業向けにソフトウェア開発、自動化実装、デジタルトランスフォーメーション、ハイテクサービスをご提供します。
創業から4年を経て、200件以上の実績を持ち、事業の拡大に向けて日々、変革に取り組みつつあります。努力の結果として、AWSアドバンストコンサルティングパートナーに認定され、国際認証CMMIレベル3を取得したことに加えて、日本・韓国・ベトナムの50会社以上にパートナーとしてIT技術のサービスを提供しております。ジタルトランスフォーメーションを経営上の課題解決、運用プロセスの最適化・自動化に適用するなどお客様に役に立てる、かつ最高のオフショア開発サービスをご提供できますよう、業界での知識および経験を生かして我社の約1000名の全社員が一丸となって努力して参ります。

ご質問・ご相談・資料請求等は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 


参考文献

https://www.farorecruitment.com.vn/vietnam-is-a-favorite-supply-of-it-outsourcing-services-to-japan-t_1/2578

https://www.jetro.go.jp/bangladesh/topics/20070218412-topics/Speech.pdfhttps://kaopiz.com/ja-news-what-is-offshore-development/#2

https://www.offshore-kaihatsu.com/faq/

https://boxil.jp/mag/a2789/#2789-1

https://www.digima-japan.com/event-news/lp/offshore_hakusho_2021/

https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

https://www.viet-jo.com/news/social/191212201824.html

Posts Related

オフショア開発でベトナムが選ばれる4つの理由とは

IT需要が今後拡大する一方で、日本は少子高齢化が顕著で、人材確保が難しくなっています。経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(平成28年)によると、IT人材不足は今後ますます深刻化し、2030年には、(中位シナリオの場合で)約59万人程度まで人材の不足規模が拡大するということです。それに対する対策として、海外の開発会社に委託するというオフショア開発が挙げられます。 現在、日本が進出しているオフショア開発先に中国、ベトナム、インドネシア、インド、マレーシア、フィリピンなどがありますが、ベトナムは最も注目を集めていると言われています。それでは、ベトナムオフショア開発が選ばれている理由はなんでしょう。 1.豊富で、優秀なIT人材 ベトナムの総人口に占める生産年齢人口 (15歳~64歳の人口) が増え続け、その中、IT従事者が40万人となっています(2020年)。 国のSTEM(科学、技術、工学、数学)を重視した教育政策への取り組みのおがけで、今後も若く優秀なIT人材が増えることが予想されています。TopDevの「VIETNAM IT MARKET REPORT 2020」によると、IT分野の年間卒業者数が5万人近くです。また、中学校2年生から、アルゴリズムとプログラミング授業もカリキュラムに入っており、IT人材の輩出が国策として掲げられています。 なお、オフショア開発と言えば、失敗する原因だとされているのは「コミュニケーション不足」という問題です。だが、現在のベトナムでの日本語教育の拡大を見ると、懸念不要です。学習者数が急速に増加し、2018年度日本語教育機関調査速報値によると、約17万5千人で世界6位となります。この数年、ベトナムのトップ大学では、情報技術学生向けの日本語教育にも取り組んでいるので、日本語ができる開発者数が増加しています。日本語が得意なベトナム人が、ブリッジSEとして重要な役割を果たしています。 優れた専門知識・日本語能力に加え、ベトナム人のITエンジニアは向上心が強く勤勉だと評価されています。 2.価格競争力 IT業界で、コストの削減を図る企業であれば、ベトナムをオフショア開発先として検討すべきだと考えています。なぜかと言えば、日本人のITエンジニアの平均年収は約600万円で、ベトナムの~4倍となっています。

Vti-what-is-customer-loyalty-program
ロイヤリティプログラムとは?ロイヤリティプログラム導入前に検討すべき点

ロイヤリティプログラムは、企業の収益を増やしながら、顧客ロイヤルティを向上するのに最も効果的な戦術の1つであることが証明されつつあります。プレミアムロイヤルティプログラムの提供・導入支援を行うClarus Commerce社が行った「プレミアムロイヤルティデータ調査2021」によると、ブランドのロイヤリティプログラムに満足しているなら、消費者のほぼ90%は、競合他社がより低い価格を提示するにもかかわらず、そのブランドを選ぶ傾向が高いという結果も出ています。 ロイヤリティプログラムは、特に小売業界や食品・飲料業界にとって、新しい概念ではありません。今までポイントベースのプログラム、階層型ロイヤルティプログラム、非金銭的プログラム、提携ロイヤルティプログラム、有料–VIPロイヤルティプログラム、キャッシュバックやゲーミフィケーションなど様々なタイプがあります。この数年、顧客ロイヤリティの向上に重点を置き、ロイヤリティプログラムを改良するために既存の形式を変えたり、新しい方法を作り出したりすることに取り組む小売業者が増えつつあります。 本記事を通じて、VTIはロイヤリティプログラムの定義及びそのメリット・デメリットについてご紹介します。 ロイヤルティプログラムとは? 世界No.1の顧客管理・営業支援システムを提供するSaleforceの定義によると、ロイヤルティプログラム(Customer loyalty program)とは、企業が一定期間で継続購入またはサービス利用してくれた顧客に対し、実績を認めて報酬を与えるマーケティング施策のことを意味します。これは、企業の販売活動でのプロモーションや特典のプログラム等を通じて顧客からの好感と信頼、つまり顧客ロイヤルティを向上し、顧客を引き付けることを目的としたインセンティブ・報酬付与です。またロイヤルティプログラムは、企業が報酬を提供することを通じて得意客に感謝の気持ちを表する方法とも見なされています。 銀行、エンターテインメント、ホテル、小売、観光などのサービスのマーケティングキャンペーンを見れば、ポイントカード、リワードカード、会員カード、ロイヤル顧客カードなどを発行してロイヤルティプログラムを実施するケースが少なくありません。これらのカードは、クレジットカード・デビットカードと似てる物理的なプラスチックカードの他、カード名義人をロイヤルティプログラム会員として識別するデジタルカードも使われます。 ロイヤルティプログラムの一環として、ロイヤル顧客カード(物理とデジタルの両方)の所有者はカードを提示することだけで、当時の取引に対して即時に割引・ギフトなどを取得したり、カードの利用限度を引上げたり、グレードアップしたりすることができます。また、ポイントを貯めて将来の取引に使ったりする選択肢もあります。 ロイヤルティプログラムの成功事例といえば、直ぐに頭に浮かぶのは、世界で非常に有名なコーヒーチェーン店であるスターバックスにより実施された、同社のスターバックスリワードの会員向けの「Starbucks for Life」というイベントでしょう。このイベントに参加する人は、1か月又は1年間、さらには最大30年間で毎日1つの飲み物または食べ物を無料で獲得することができます。参加者数は、スターバックスの米国市場だけでも、2019年には1700万人に達し、前年比15%増加しました。このイベントでは、スターバックスリワードがレストラン業界で最も注目されるロイヤルティプログラムとなりました。 ロイヤルティプログラムを導入すべき理由 ブランド構築、顧客満足度向上、収益アップを図るには、顧客を引き付けて忠実な顧客に育てるのは重要であることはいうまでもないでしょう。なぜならば、消費者の大分は、慣れ親しんだブランドにお金を使って、大きなコンバージョンをもたらす傾向があります。