スマート工場向け包括的な
テクノロジーソリューション

MES-VTI
MES-X
製造実行システム

望ましい最終製品を生産するためのワークフロー・レシピを管理し、各種生産書類記録、生産工程最適化を行います。

  • 生産管理
  • 資材管理
  • 生産性管理
  • 品質管理
  • トラック&トレース
お問い合わせ

WMS-X

倉庫管理システム
  • 企業の機能の合理化
  • 生産スペース最適化&運用費用最低限
  • リアルタイムの在庫レベル
  • 効果的な労働
  • トレーサビリティ(起源追跡可能)
  • 総合レポート
お問い合わせ
wmsx

スマート工場向け包括的な
テクノロジーソリューション

MES-VTI

MES-X

製造実行システム

望ましい最終製品を生産するためのワークフロー・レシピを管理し、各種生産書類記録、生産工程最適化を行います。

  • 生産管理
  • 資材管理
  • 生産性管理
  • 品質管理
  • トラック&トレース
connect now

WMS-X

倉庫管理システム
  • 企業の機能の合理化
  • 生産スペース最適化&運用費用最低限
  • リアルタイムの在庫レベル
  • 効果的な労働
  • トレーサビリティ(起源追跡可能)
  • 総合レポート
connect now
wmsx
ベトナムオフショア開発サービスの利用をご考慮している方は、
お気軽にご連絡ください

事例紹介

信頼できるパートナーとして、私たちは深く革新的な企業突破を通じてビジネス環境における視野を拡大していきます。

続きを読む

特集

boost-productivity-under-labor-shortage-in-manufacturing
AI・オートメーション 製造
製造業の人手不足下で生産管理を効率化するソリューション

多くの業界で、コロナ禍の影響で人手不足を深刻化していくと思われています。特に、きつい・汚い・危険の3Kを持っている製造業はあまり労働者の注目を引きません。その背景に、製造企業は生産を効率的に管理するために、どうすればいいかを考慮した上で、本記事を執筆いたします。   1. 製造業の人手不足の背景 経済産業省「ものづくり人材の確保と育成」では、製造業の就職者数は2002から2020にかけて18年間で約157万人減少しています。特に、コロナ禍の影響で製造業の人手不足が深刻になってきています(統計局により、2021年に建設業の就職者数は前年に比べて減少した) 理由は仕事環境が体に良くないし、外勤時間が多いし、一回の不注意だけで生命を脅かすという評価された製造業が若い労働者の心を惹かれないからです。更に、高齢化社会の影響で多くの製造企業は技能を持つ人材を不足しています。このように、きつい・汚い・危険の3kだと評価される製造業は、他の業界と比べて競争力がより低いです。 人手不足(特に技能を持っている人材の不足)は製造業に悪影響を及ぼしています。明らかなことは、人の力により製品を製造したり販売したりするために、企業の利益が得られます。また、若手社員を雇用しても、社員が業務をこなす時間はけっこうかかるので、この時間のギャップで営業を維持しづらいかもしれません。 では、人手不足の背景に、どうやって新たな価値を創出するかという問題が浮き堀になってきました。技術が発展しなかった昔はこれが課題でしたが、現在は別の話でした。AI(人工知能)やIoT、ビッグデータなどの先端技術が急発展しているために、社員数を最低限にしても、生産を効率化することができます。その中で、AIを搭載する製造実行システム(MES)が多大なメリットを与えると思われます。 2.人手不足の下でMES(製造実行システム)のメリット 2.1 オンボーディングプロセスをスピードアップさせる オンボーディングは企業にとって重要なプロセスです。新社員が素早く仕事環境又は仕事量に慣れてくるかどうかはオンボーディングの質量次第です。オンボーディングをスピードアップするのに役立つMES(製造実行システム)は優れた選択肢です。MESは、直観的なインターフェイスを使用することで、新社員に必要な情報(トレーニング資料や作業指示書等)にアクセスできるようにする権利を付与します。それだけでなく、MESシステムは、スキルまたは統合トレーニング認定を管理できたり、機械および機器を操作する資格のあるスタッフを使用および管理する権利を付与したりします。例えば、作業員は60%以上のOEE(設備総合効率)を確保しなければ、機械を自分で操作することはできません。 2.2 正確なリアルタイムの視覚化 MESの特徴としてはデータをリアルタイムで集約することで、意思決定をより正確に下せます。それは全体的に色々なメリットを提供します。例を挙げれば、商品の状況(在庫有無とか)をリアルタイムで把握することで、倉庫の商品を検査する作業員を省きます。もう一つの例として、工場の生産状況をリモートでリアルタイムに視覚化することで、管理人員を削減できることが挙げられます。 [...]

AI・オートメーション 小売 製造
GPTチャットボットはチャットボットのトレンドとなる?

最近、世界の注目を引いているGPTチャットボットは、ユーザーが入力した、すごく短いのテキスト(商品のレコメンデーションの要求等)から結果を出せると好評します。検索だけではなく、カスタマーサービスやコンテンツ創造などを実行できると評価されるGPTチャットボットは、チャットボットのトレンドになりますか? 本記事では、我々の専門家の意見を参考にして、答えを探してみます。   1.GPTチャットボットとは? GPTチャットボットは、AIを搭載するOpenAIのチャットボットであり、自然言語処理を通じて人間とコミュニケーションするツールです。際立つ機能は、ユーザー質問の回答、間違った問い合わせの拒否、コンテンツの創造です。 基本的には、GPTチャットボットはAIを活用するバーチャルアシスタントの一つです。しかし、AlexaやSiriなどのAIチャットボットを比較すれば、GPTチャットボットが優越感を与えると評価されます。 GPTチャットボットは膨大なデータを学習させられて、文章または会話のパターンを認識して、適切な回答を答えたり、人気のある人の話し方または筆風を模倣したりすることができます。実にどのデータを学ばれるかをOpenAIが公表しないが、Wikipediaや電子ブックなどが使われると思われます。 2.GPTチャットボットのメリットとデメリット メリット: ユーザーとの会話を行える ユーザーがフォローアップ修正を提供できるようにする 不適切な要求を拒否するようにトレーニングされた [...]

特集

boost-productivity-under-labor-shortage-in-manufacturing
AI・オートメーション 製造
製造業の人手不足下で生産管理を効率化するソリューション

多くの業界で、コロナ禍の影響で人手不足を深刻化していくと思われています。特に、きつい・汚い・危険の3Kを持っている製造業はあまり労働者の注目を引きません。その背景に、製造企業は生産を効率的に管理するために、どうすればいいかを考慮した上で、本記事を執筆いたします。   1. 製造業の人手不足の背景 経済産業省「ものづくり人材の確保と育成」では、製造業の就職者数は2002から2020にかけて18年間で約157万人減少しています。特に、コロナ禍の影響で製造業の人手不足が深刻になってきています(統計局により、2021年に建設業の就職者数は前年に比べて減少した) 理由は仕事環境が体に良くないし、外勤時間が多いし、一回の不注意だけで生命を脅かすという評価された製造業が若い労働者の心を惹かれないからです。更に、高齢化社会の影響で多くの製造企業は技能を持つ人材を不足しています。このように、きつい・汚い・危険の3kだと評価される製造業は、他の業界と比べて競争力がより低いです。 人手不足(特に技能を持っている人材の不足)は製造業に悪影響を及ぼしています。明らかなことは、人の力により製品を製造したり販売したりするために、企業の利益が得られます。また、若手社員を雇用しても、社員が業務をこなす時間はけっこうかかるので、この時間のギャップで営業を維持しづらいかもしれません。 では、人手不足の背景に、どうやって新たな価値を創出するかという問題が浮き堀になってきました。技術が発展しなかった昔はこれが課題でしたが、現在は別の話でした。AI(人工知能)やIoT、ビッグデータなどの先端技術が急発展しているために、社員数を最低限にしても、生産を効率化することができます。その中で、AIを搭載する製造実行システム(MES)が多大なメリットを与えると思われます。 2.人手不足の下でMES(製造実行システム)のメリット 2.1 オンボーディングプロセスをスピードアップさせる オンボーディングは企業にとって重要なプロセスです。新社員が素早く仕事環境又は仕事量に慣れてくるかどうかはオンボーディングの質量次第です。オンボーディングをスピードアップするのに役立つMES(製造実行システム)は優れた選択肢です。MESは、直観的なインターフェイスを使用することで、新社員に必要な情報(トレーニング資料や作業指示書等)にアクセスできるようにする権利を付与します。それだけでなく、MESシステムは、スキルまたは統合トレーニング認定を管理できたり、機械および機器を操作する資格のあるスタッフを使用および管理する権利を付与したりします。例えば、作業員は60%以上のOEE(設備総合効率)を確保しなければ、機械を自分で操作することはできません。 2.2 正確なリアルタイムの視覚化 MESの特徴としてはデータをリアルタイムで集約することで、意思決定をより正確に下せます。それは全体的に色々なメリットを提供します。例を挙げれば、商品の状況(在庫有無とか)をリアルタイムで把握することで、倉庫の商品を検査する作業員を省きます。もう一つの例として、工場の生産状況をリモートでリアルタイムに視覚化することで、管理人員を削減できることが挙げられます。 [...]

AI・オートメーション 小売 製造
GPTチャットボットはチャットボットのトレンドとなる?

最近、世界の注目を引いているGPTチャットボットは、ユーザーが入力した、すごく短いのテキスト(商品のレコメンデーションの要求等)から結果を出せると好評します。検索だけではなく、カスタマーサービスやコンテンツ創造などを実行できると評価されるGPTチャットボットは、チャットボットのトレンドになりますか? 本記事では、我々の専門家の意見を参考にして、答えを探してみます。   1.GPTチャットボットとは? GPTチャットボットは、AIを搭載するOpenAIのチャットボットであり、自然言語処理を通じて人間とコミュニケーションするツールです。際立つ機能は、ユーザー質問の回答、間違った問い合わせの拒否、コンテンツの創造です。 基本的には、GPTチャットボットはAIを活用するバーチャルアシスタントの一つです。しかし、AlexaやSiriなどのAIチャットボットを比較すれば、GPTチャットボットが優越感を与えると評価されます。 GPTチャットボットは膨大なデータを学習させられて、文章または会話のパターンを認識して、適切な回答を答えたり、人気のある人の話し方または筆風を模倣したりすることができます。実にどのデータを学ばれるかをOpenAIが公表しないが、Wikipediaや電子ブックなどが使われると思われます。 2.GPTチャットボットのメリットとデメリット メリット: ユーザーとの会話を行える ユーザーがフォローアップ修正を提供できるようにする 不適切な要求を拒否するようにトレーニングされた [...]

特集

Explore

boost-productivity-under-labor-shortage-in-manufacturing
AI・オートメーション 製造
製造業の人手不足下で生産管理を効率化するソリューション

多くの業界で、コロナ禍の影響で人手不足を深刻化していくと思われています。特に、きつい・汚い・危険の3Kを持っている製造業はあまり労働者の注目を引きません。その背景に、製造企業は生産を効率的に管理するために、どうすればいいかを考慮した上で、本記事を執筆いたします。   1. 製造業の人手不足の背景 経済産業省「ものづくり人材の確保と育成」では、製造業の就職者数は2002から2020にかけて18年間で約157万人減少しています。特に、コロナ禍の影響で製造業の人手不足が深刻になってきています(統計局により、2021年に建設業の就職者数は前年に比べて減少した) 理由は仕事環境が体に良くないし、外勤時間が多いし、一回の不注意だけで生命を脅かすという評価された製造業が若い労働者の心を惹かれないからです。更に、高齢化社会の影響で多くの製造企業は技能を持つ人材を不足しています。このように、きつい・汚い・危険の3kだと評価される製造業は、他の業界と比べて競争力がより低いです。 人手不足(特に技能を持っている人材の不足)は製造業に悪影響を及ぼしています。明らかなことは、人の力により製品を製造したり販売したりするために、企業の利益が得られます。また、若手社員を雇用しても、社員が業務をこなす時間はけっこうかかるので、この時間のギャップで営業を維持しづらいかもしれません。 では、人手不足の背景に、どうやって新たな価値を創出するかという問題が浮き堀になってきました。技術が発展しなかった昔はこれが課題でしたが、現在は別の話でした。AI(人工知能)やIoT、ビッグデータなどの先端技術が急発展しているために、社員数を最低限にしても、生産を効率化することができます。その中で、AIを搭載する製造実行システム(MES)が多大なメリットを与えると思われます。 2.人手不足の下でMES(製造実行システム)のメリット 2.1 オンボーディングプロセスをスピードアップさせる オンボーディングは企業にとって重要なプロセスです。新社員が素早く仕事環境又は仕事量に慣れてくるかどうかはオンボーディングの質量次第です。オンボーディングをスピードアップするのに役立つMES(製造実行システム)は優れた選択肢です。MESは、直観的なインターフェイスを使用することで、新社員に必要な情報(トレーニング資料や作業指示書等)にアクセスできるようにする権利を付与します。それだけでなく、MESシステムは、スキルまたは統合トレーニング認定を管理できたり、機械および機器を操作する資格のあるスタッフを使用および管理する権利を付与したりします。例えば、作業員は60%以上のOEE(設備総合効率)を確保しなければ、機械を自分で操作することはできません。 2.2 正確なリアルタイムの視覚化 MESの特徴としてはデータをリアルタイムで集約することで、意思決定をより正確に下せます。それは全体的に色々なメリットを提供します。例を挙げれば、商品の状況(在庫有無とか)をリアルタイムで把握することで、倉庫の商品を検査する作業員を省きます。もう一つの例として、工場の生産状況をリモートでリアルタイムに視覚化することで、管理人員を削減できることが挙げられます。 [...]

AI・オートメーション 小売 製造
GPTチャットボットはチャットボットのトレンドとなる?

最近、世界の注目を引いているGPTチャットボットは、ユーザーが入力した、すごく短いのテキスト(商品のレコメンデーションの要求等)から結果を出せると好評します。検索だけではなく、カスタマーサービスやコンテンツ創造などを実行できると評価されるGPTチャットボットは、チャットボットのトレンドになりますか? 本記事では、我々の専門家の意見を参考にして、答えを探してみます。   1.GPTチャットボットとは? GPTチャットボットは、AIを搭載するOpenAIのチャットボットであり、自然言語処理を通じて人間とコミュニケーションするツールです。際立つ機能は、ユーザー質問の回答、間違った問い合わせの拒否、コンテンツの創造です。 基本的には、GPTチャットボットはAIを活用するバーチャルアシスタントの一つです。しかし、AlexaやSiriなどのAIチャットボットを比較すれば、GPTチャットボットが優越感を与えると評価されます。 GPTチャットボットは膨大なデータを学習させられて、文章または会話のパターンを認識して、適切な回答を答えたり、人気のある人の話し方または筆風を模倣したりすることができます。実にどのデータを学ばれるかをOpenAIが公表しないが、Wikipediaや電子ブックなどが使われると思われます。 2.GPTチャットボットのメリットとデメリット メリット: ユーザーとの会話を行える ユーザーがフォローアップ修正を提供できるようにする 不適切な要求を拒否するようにトレーニングされた [...]