オフショア開発の 概要・動向(最新版)
オフショア開発の 概要・動向(最新版)
もっと見る

無人コンビニ決済をサポートする先端技術

12月 18, 2022

DXが促進する中で、多くの小売企業は店舗のレジにOCRなどの先端技術を導入しています。飲食店やスーパーマーケットだけではなく、コンビニも先端技術の導入率が高いようです。その中で、大多数の無人コンビニはAIをはじめとする先端技術を使用ています。本記事は、無人コンビニ決済をサポートする先端技術を紹介いたします。

 

1.先端技術を導入するメリット

盗難防止:監視カメラ等のような先端技術はキャッシュレスをサポートする他に、顧客の一挙一動を監視するために、不正行為をリアルタイムで防止するのに役立ます。

買い物の時間を減らす:先端技術により、顧客はレジ待ちを必要しないため、数秒又は数分以内で買い物を完了できます。

顧客体験を向上する:買いたい商品を直ぐに手に入れることは顧客にとってすごく便利のではないだろうか。

2.無人コンビニ決済に向ける技術

2.1. スマートな決済をサポートする技術

キャッシュレスで、専用アプリを用いて決済を実施する方法について話したいと思います。顧客は自社が開発したアプリで入口 •出口にスキャンしたり、商品のバーコードを読み取ったり、決済を行ったりします。専用アプリはどの無人コンビニでも現れるが、買い物経路の終点で決済を行うための媒介の役割を果たせます。(無人コンビニの仕組みを詳しく調べたい方は、こちらをクリックください)

アプリに受領書を自動に表示するために、コンピュータビジョンやOCR (光学文字認識)等のAI技術が全ての力を発揮するといっても過言ではありません。商品の画像を撮影又はスキャンしてから、商品に書いてある文字を識別して商品の数量と単価を特定した後、受領書を作ってあげます。また、正確性を保つために、多くの管理者は温度センサーや重量センサーなどを活用することで、顧客がどの商品を取るかを直ぐに分かります。管理者の方は、受領書に記載された情報から顧客の行動や好みを判断して、コンビニのレイアウトを最適化します。顧客の方は、デジタル型の受領書を保持しやすいので、もし商品に関する問題があったら、それを証として無人コンビニを運営する企業に訴えられます。

2.2. セルフレジをサポートする技術

セルフレジの機械を使用する多くの無人コンビニは、スマートレジ機械を使用しているようです。例えば、ローソンのロボレジは。専用カゴにある商品のRFIDタグを読み取り、受領書がを自動に作ります。もう一つの例として、顧客がコンピュータビジョンを活用するスマートレジへ商品をかざすと、その機械が自動にバーコードを読み取り、受領書を作成することが挙げられます。

 technologies-in-payment-at-unmanned-convenience-store-image

3. VTIグループ

VTIは、AIなどのような先端技術やリテールのノウハウを活用することにより、デジタルトランスフォーメーションと事業成長に向けたソフトウェア開発のワンストップソリューションをご提供いたします。また、Odooの公式パートナーとしてOdooのEコマースシステムをはじめとするOdooのサービスを提供いたします。特に、MagentoOdooなどのEコマースプラットフォームに関する経験が豊富な人材を持つ、小売企業にカスタマイズされるオンライン・ショップを構築するのをサポートします。

4. 小売企業に向けるEBOOK

小売企業が2023年のビジネス戦略や投資戦略を策定できるように、「2023年日本の小売企業動向」を我々の研究チームが執筆しました。資料の詳細情報はこちらです。ぜひご覧ください。

 

まとめ

上記にお話したように、無人コンビニ決済をサポートする先端技術を紹介いたします。AIなどのような先端技術に関してご質問があれば、ご遠慮なくお問い合わせください。

また、先端技術の情報・知識をアップデートしたい方は、登録のためのメールボックスを書き込めください。

ブログ