fbpx

CMMiレベル3取得のお知らせ

当社は、2020年1月10日付にて、Quality Assurance International(QAI)より「CMMiレベル3」公式に取得しましたのでお知らせいたします。

CMMi (Capability Maturity Model Integration,能力成熟度モデル統合)は,能力成熟度モデルの一つであり,システム開発を行う組織がプロセス改善を行うためのガイドラインとなるものです。米国国防総省(Department of Defense)が米国カーネギーメロン大学(CMU)に設置した,ソフトウェア工学研究所(SEI)で考案されました。現在ではソフト開発能力を測る世界的な基準として世界各国で採用されております。

2018年の終わりにCMM2.0レベル3の取得を計画し、2019年の初めにゼロから認証プロセスに着手し、当社のCMMiチーム一同が全力で努めて、9ヶ月間で認定されました。これにより、当社が徐々に成長し、引き続きお客様のビジネスに貢献できるように見込みとなっております。

当社では、ソフトウエアのオフショア開発サービスを提供する会社として、ソフト開発能力を測る世界的な基準プロセスを持つことは基本的かつ重要な要素で、当社設立以来、CMMiの標準の極めて重要であると認識し、社内のリソースを整え、具体的な計画を立てて取り組んで参りました。

 

Posts Related

【VTIジャパン_展示会】APPS JAPAN (アプリジャパン)2022出展のご案内

株式会社VTIジャパンは、6月15日(水)〜6月17日(金)に開催される「アプリジャパン2022」に出展いたします。 APPS JAPANはスマートフォン、タブレット、パソコン、テレビやデジタルサイネージなど様々なシーンで活躍が期待されているアプリを紹介し、アプリビジネスの拡大を促進していく日本最大級のアプリ展示会です。 弊社のブースでは、製造・小売業における管理ソリューション(MESX・RETAILX・AI&IoTソリューションパッケージ)及び自社のアプリ開発サービスをご紹介いたします。ご関心のある方はぜひ弊社出展ブースにお立ち寄り下さいませ。 「アプリジャパン2022」VTIジャパンブースへのご来場をお待ちしております。 展覧会の情報: ■ 会期:2022年6月15日(水)~6月17日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで) ■ 会場:幕張メッセ(住所:〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1) ■ VTIジャパンのブース番号:6M33 ■ 展示会詳細:こちらでご確認下さい。 ■ 出展内容:当社の専用ページでご確認下さい。 展開製品・ソリューション ソフトウエア開発開発サービス ――――――――――――――――お問い合わせ:株式会社VTIジャパン 営業部メールアドレス:[email protected]住所:・東京本社:〒162ー0067東京都新宿区富久町8番21 T&Tビル

データアナリティクスにおいて、VTIはMicrosoftゴールドパートナーに認定

VTIは2022年4月15日、データ分析においてマイクロソフトの認定ゴールドパートナーになったことをお知らせいたします。これを達成できましたのは、VTIエンジニアが努力を重ねてマイクロソフトの専門的な認定資格に挑戦しました。結果として、多くのマイクロソフトの認定を取得しました。以下はそのなかの代表的な例です。 データアナリティクスのAzure データ科学者アソシエイト(Azure Data Scientist Associate)をゴールドレベル2枚 データプラットフォームに関しては、Azure データベース管理者認定証明書(Azure Database Administrator Associate)をゴールドレベル5枚 マイクロソフトの他、AWSのアドバンスドコンサルティングパートナー認定も既に取得しております。このようなクラウドコンピューティングにおけるビッグネームのパートナーになったことはVTIのコアコンピテンシーの明確な根拠であると言えるでしょう。 VTIとAzureの背景を見てみると、VTIは日本、韓国、ベトナム、シンガポールの市場にテクノロジーサービスとスマートソリューションを提供するテクノロジー企業です。Azureは、ご存じの通り、クラウドコンピューティングプラットフォームに加えてマイクロソフトのクラウドサービスとリソースにアクセスし管理するオンラインポータルの提供者であるMicrosoft傘下の企業です。 ゴールドパートナーとして、VTIは次の分野に力を入れてマイクロソフトと提携していきたいと考えております。 Kubernetes、Windows/SQLサーバ移行、OSS