各種サービス

Our Services

業種別 サービス

業界特有の課題や要求に対応したITサービスを提供しています。

業種 別サービス

業界特有の課題や要求に対応したデジタルソリューションを提供しています。

業種別 サービス

業界特有の課題や要求に対応したITサービスを提供しています。

VTI が選ばれる理由?

01. 私たちの最大の資産は「人財」です。

  • ハイレベルなエンジニア
    ベトナムで750人以上、日本で90人以上の従業員を擁するVTIは、様々なプラットフォームとテクノロジーの資格を持っているIT専門家の集まりです。
  • お客様の言語で対応可能
    我々の従業員は、日本語、韓国語、英語でスムーズにコミュニケーションできます。
  • エコシステム
    グループ会社の株式会社VTI Education、株式会社HRIとの緊密な連携、及びベトナム一流大学との提携により、大規模プロジェクトにも人材を確保できます。

02. お客様の事業向けのワンストップサービス

  • お客様のご要望に応じたフルライフサイクル開発が可能です。
  • AI、ML、データ分析、クラウドコンピューティングなどの先端技術に関するお客様のご要件に対応します。
  • CMMI V2.0成熟度レベル3に準拠した品質管理システム(QMS)を構築しました。

03. 開発事例

  • 日系大手企業向けに高品質な製品・サービスを提供したとの成功事例が数々あります。
  • 金融、建設、小売、運輸、インタネットサービスなどの特化した業種に合わせ、顧客のビジネスの成長、DX実現及び多彩なニーズに応えます
vti_vector_top
vti_vector_right
vti_vector_bottom

VTI が選ばれる理由?

01. 私たちの最大の資産は「人財」です。

  • ハイレベルなエンジニア
    ベトナムで750人以上、日本で90人以上の従業員を擁するVTIは、様々なプラットフォームとテクノロジーの資格を持っているIT専門家の集まりです。
  • お客様の言語で対応可能
    我々の従業員は、日本語、韓国語、英語でスムーズにコミュニケーションできます。
  • エコシステム
    グループ会社の株式会社VTI Education、株式会社HRIとの緊密な連携、及びベトナム一流大学との提携により、大規模プロジェクトにも人材を確保できます。

02. お客様の事業向けのワンストップサービス

  • お客様のご要望に応じたフルライフサイクル開発が可能です。
  • AI、ML、データ分析、クラウドコンピューティングなどの先端技術に関するお客様のご要件に対応します。
  • CMMI V2.0成熟度レベル3に準拠した品質管理システム(QMS)を構築しました。

03. 開発事例

  • 日系大手企業に高品質な製品・サービスを提供したとの成功事例が数々あります。
  • 金融、建設、小売、運輸、インタネットサービスなどの特化した業種に合わせ、顧客のビジネスの成長、DX実現及び多彩なニーズに応えます
vti_vector_top
vti_vector_right
vti_vector_bottom

VTI が選ばれる理由?

01. 私たちの最大の資産は「人財」です。

  • ハイレベルなエンジニアベトナムで750人以上、日本で90人以上の従業員を擁するVTIは、様々なプラットフォームとテクノロジーの資格を持っているIT専門家の集まりです。
  • お客様の言語で対応可能我々の従業員は、日本語、韓国語、英語でスムーズにコミュニケーションできます。
  • エコシステムグループ会社の株式会社VTI Education、株式会社HRIとの緊密な連携、及びベトナム一流大学との提携により、大規模プロジェクトにも人材を確保できます。

02. お客様の事業向けのワンストップサービス

  • お客様のご要望に応じたフルライフサイクル開発が可能です。
  • AI、ML、データ分析、クラウドコンピューティングなどの先端技術に関するお客様のご要件に対応します。
  • CMMI V2.0成熟度レベル3に準拠した品質管理システム(QMS)を構築しました。

03. 開発事例

  • 日系大手企業に高品質な製品・サービスを提供したとの成功事例が数々あります。
  • 金融、建設、小売、運輸、インタネットサービスなどの特化した業種に合わせ、顧客のビジネスの成長、DX実現及び多彩なニーズに応えます

資格・認定

資格・ 認定

資格・認定

事例 紹介

お客様の成功は、私たちの成功です。

+750

従業員

+200

プロジェクト

5

子会社

2

ミラー型AIサイネージシステム開発

AI(人工知能)を使用し、顧客が必要としている情報、もしくは興味があると予想される情報を判断し、顧客に提示することができます。

カーシェアリングシステム

お客様が大手のバス運行会社で短期間で新サービスを実現したい。ハイテクノロジーを採用して、新しい価値観を作り出す。

害獣捕獲監視システム

お客様の要望: IoT活用で罠に害獣が捕獲されたかを遠隔で監視するシステム。RF監視タグを罠に装着し、加速度や赤外線のセンサーが害獣を検知したとき、その信号を中継器に送信する。

株取引のウェブサイト開発

株価ボードのほか、チャートや企業分析、スクリーニング提案など、銘柄管理や銘柄選択に便利な提案を搭載しており、アプリケーションから直接発注することもできる。

自動運転車

お客様の要望: 顧客は運輸業で活動し、建設車両の自動自律運転を開発したい。

B2Cモバイルアプリケーション

B2Cモバイルアプリケーション。最初のフェーズで40,000人のユーザーにサービスを提供し、後のフェーズで数百万人のユーザーにサービスを提供する。

事例 紹介

お客様の成功は、私たちの成功です。

+750

従業員

5

子会社

+200

プロジェクト

2

ミラー型AIサイネージシステム開発

AI(人工知能)を使用し、顧客が必要としている情報、もしくは興味があると予想される情報を判断し、顧客に提示することができます。

カーシェアリングシステム

お客様が大手のバス運行会社で短期間で新サービスを実現したい。ハイテクノロジーを採用して、新しい価値観を作り出す。

害獣捕獲監視システム

お客様の要望: IoT活用で罠に害獣が捕獲されたかを遠隔で監視するシステム。RF監視タグを罠に装着し、加速度や赤外線のセンサーが害獣を検知したとき、その信号を中継器に送信する。

株取引のウェブサイト開発

株価ボードのほか、チャートや企業分析、スクリーニング提案など、銘柄管理や銘柄選択に便利な提案を搭載しており、アプリケーションから直接発注することもできる。

自動運転車

お客様の要望: 顧客は運輸業で活動し、建設車両の自動自律運転を開発したい。

B2Cモバイルアプリケーション

B2Cモバイルアプリケーション。最初のフェーズで40,000人のユーザーにサービスを提供し、後のフェーズで数百万人のユーザーにサービスを提供する。

事例 紹介

お客様の成功は、私たちの成功です。

+750

従業員

+200

プロジェクト

5

子会社

2

ミラー型AIサイネージシステム開発

AI(人工知能)を使用し、顧客が必要としている情報、もしくは興味があると予想される情報を判断し、顧客に提示することができます。

カーシェアリングシステム

お客様が大手のバス運行会社で短期間で新サービスを実現したい。ハイテクノロジーを採用して、新しい価値観を作り出す。

害獣捕獲監視システム

お客様の要望: IoT活用で罠に害獣が捕獲されたかを遠隔で監視するシステム。RF監視タグを罠に装着し、加速度や赤外線のセンサーが害獣を検知したとき、その信号を中継器に送信する。

株取引のウェブサイト開発

株価ボードのほか、チャートや企業分析、スクリーニング提案など、銘柄管理や銘柄選択に便利な提案を搭載しており、アプリケーションから直接発注することもできる。

自動運転車

お客様の要望: 顧客は運輸業で活動し、建設車両の自動自律運転を開発したい。

B2Cモバイルアプリケーション

B2Cモバイルアプリケーション。最初のフェーズで40,000人のユーザーにサービスを提供し、後のフェーズで数百万人のユーザーにサービスを提供する。

Connect with us
お気軽にご連絡ください

ニュース

小売
需要予測とは?AIによる需要予測の導入メリット

現在の小売業は競争が激しくなっている中、グローバル化や顧客ニーズの多様化に対応できよう、市場の変化を先取りした戦略を立案し推進することが重要です。AIによる需要予測は最新技術を活用し、それよりさらなる効果をもたらしています。 需要予測とは? 需要予測は販売履歴データと関連情報(消費者の嗜好、市場傾向等)を分析することによって、傾向変動、循環変動、季節変動など顧客の需要変動を短期的または長期的に予測することです。 需要予測を行うには、いくつかの異なる方法があります。使用する予測モデルによって、予測が異なる場合があります。ベストプラクティスは、複数の需要予測を行うことです。 パッシブ需要予測: このモデルでは、過去の販売データを使用して将来を予測します。 アクティブな需要予測:考慮事項には、経済見通し、市場セクターの成長予測、およびサプライチェーン要因による予測コスト削減が含まれます。利用する履歴データが少ないスタートアップは、外部データに基づいて仮定を立てる必要があります。 短期予測:短期的な需要予測では、次の3〜12か月だけを見ています。これは、ジャストインタイムのサプライチェーンを管理するのに役立ちます。短期的な需要を見ると、リアルタイムの販売データに基づいて予測を調整できます。顧客の需要の変化に迅速に対応するのに役立ちます。 長期予測: 長期予測では、1年から4年先の予測が行われます。この予測モデルは、ビジネスの成長軌道を形作ることに焦点を当てています。 外部マクロ予測: 経済全体における外部マクロ統合の傾向。この予測では、これらの傾向が目標にどのように影響するかを調べます。外部のマクロ需要予測も、これらの目標を達成する方法の方向性を示します。 社内事業予測: 内部ビジネス予測タイプは、成長を遅らせる可能性のある制限を明らかにします。また、組織内の未開拓の機会領域を強調することもできます。この予測モデルは、ビジネスファイナンス、手元現金、利益率、サプライチェーンの運用、および人員を考慮に入れています。 需要予測を行うメリット

インサイト
小売業なら導入すべきオムニチャネルとは?意味とメリットをご紹介

IT技術がますます多様化し、人々のニーズも様々になってきている近年では、特に小売業において、消費者が様々な購入チャネルから囲まれている中、小売業者は顧客へのアプローチ方法を常に工夫し、卓越した購入体験を作り出しライバル企業に差をつけることを余儀なくされています。この背景で、あらゆる販売経路が統合したオムニチャネルモデルが出現しました。 野村総合研究所(NRI)が発表したICT(情報通信技術)やメディアに関する市場調査レポート「ITナビゲーター2021年版」によると、オムニチャネルコマース市場規模は80兆9000億円に拡大すると予測しました。SNSの流行やスマホの普及、そしてネット通販の動向とともに、オムニチャネル市場は今後も継続的に成長する見込みです。 しかし、誰でもオムニチャネルとは何か、それとも販売におけるオムニチャネルのメリットをよく理解するわけでもありませんので、この記事では、オムニチャネルの概念を紹介しながら、小売業での意味を詳しく解説します。 I. オムニチャネルとは オムニチャネルは、企業がすべてのチャネル、プラットフォーム、およびデバイスで顧客に商品情報から特典情報、カスタマーサポートまで含まれる購入体験を提供するリードナーチャリング(見込み客の育成)およびユーザーエンゲージメント(顧客の愛着度強化)のアプローチ法です。 オムニチャネル展開というのは、企業は同時に複数のチャネルで顧客をアプローチしながら、それらのチャネル間の情報一元化を確保しなければならないことを意味しています。 すなわち、消費者が欲しい商品を好きな時に、好きなチャネルで購入できるようにする戦略がオムニチャネルです。これによりユーザーの満足度が向上し、リピート率や売り上げ向上を狙うことができます。 II. オムニチャネルとマルチチャネルの違い オムニチャネルと混同しやすいのは「マルチチャネル」がありますが、一体それらの違いは何でしょうか。「マルチチャネル」はオムニチャネルの1歩手前の段階のイメージで、実店舗はもちろん、ECサイトやSNS、メールマガジン、テレビCMなどの複数(=マルチ)のチャネルを駆使し、ユーザーが求める情報や商品を提供します。ただ、それぞれのチャネルは統合・連携せずに、独立に管理していく形です。 独自に運営するからこそ、顧客情報や商品情報、在庫管理が連携されません。例えば、消費者側から見たときに、実店舗には在庫があるのにECサイトでは「売り切れ」となるというようなケースが起こり得ます。これでは消費者が「売り切れ」だと思い、その商品の購入をやめてしまい、企業にとっての売り損じに繋がります。 また、各チャネルの販売効率を売上で評価する仕組みにより各チャネル間で利益の衝突が発生することもマルチチャネルのデメリットです。互いの顧客アプローチ状況を把握しないまま、どちらもお客様を必死に獲得しようとして、SNSで連絡したにもかかわらず、後日店舗からそのお客様にアプローチの電話がまた来てしまうことがよくあるでしょう。つまり、マルチチャネルは、それぞれのチャネルを運営するために個別のリソースが必要ですし、一元化の管理ができない販売モデルです。 マルチチャネルから一歩進むと、「オムニチャネル」になります。 オムニチャネルは、マルチチャネルと同じく、複数のチャネルを使って商品を販売しますが、違う点としてはそれらのチャネルが情報や購買機能を含めて統合されました。この統合により、消費者がどのチャネルからでもスムーズに購入が可能になり、都合の良いチャネルに手軽に切り替えることができます。

ニュース

小売
需要予測とは?AIによる需要予測の導入メリット

現在の小売業は競争が激しくなっている中、グローバル化や顧客ニーズの多様化に対応できよう、市場の変化を先取りした戦略を立案し推進することが重要です。AIによる需要予測は最新技術を活用し、それよりさらなる効果をもたらしています。 需要予測とは? 需要予測は販売履歴データと関連情報(消費者の嗜好、市場傾向等)を分析することによって、傾向変動、循環変動、季節変動など顧客の需要変動を短期的または長期的に予測することです。 需要予測を行うには、いくつかの異なる方法があります。使用する予測モデルによって、予測が異なる場合があります。ベストプラクティスは、複数の需要予測を行うことです。 パッシブ需要予測: このモデルでは、過去の販売データを使用して将来を予測します。 アクティブな需要予測:考慮事項には、経済見通し、市場セクターの成長予測、およびサプライチェーン要因による予測コスト削減が含まれます。利用する履歴データが少ないスタートアップは、外部データに基づいて仮定を立てる必要があります。 短期予測:短期的な需要予測では、次の3〜12か月だけを見ています。これは、ジャストインタイムのサプライチェーンを管理するのに役立ちます。短期的な需要を見ると、リアルタイムの販売データに基づいて予測を調整できます。顧客の需要の変化に迅速に対応するのに役立ちます。 長期予測: 長期予測では、1年から4年先の予測が行われます。この予測モデルは、ビジネスの成長軌道を形作ることに焦点を当てています。 外部マクロ予測: 経済全体における外部マクロ統合の傾向。この予測では、これらの傾向が目標にどのように影響するかを調べます。外部のマクロ需要予測も、これらの目標を達成する方法の方向性を示します。 社内事業予測: 内部ビジネス予測タイプは、成長を遅らせる可能性のある制限を明らかにします。また、組織内の未開拓の機会領域を強調することもできます。この予測モデルは、ビジネスファイナンス、手元現金、利益率、サプライチェーンの運用、および人員を考慮に入れています。 需要予測を行うメリット

インサイト
小売業なら導入すべきオムニチャネルとは?意味とメリットをご紹介

IT技術がますます多様化し、人々のニーズも様々になってきている近年では、特に小売業において、消費者が様々な購入チャネルから囲まれている中、小売業者は顧客へのアプローチ方法を常に工夫し、卓越した購入体験を作り出しライバル企業に差をつけることを余儀なくされています。この背景で、あらゆる販売経路が統合したオムニチャネルモデルが出現しました。 野村総合研究所(NRI)が発表したICT(情報通信技術)やメディアに関する市場調査レポート「ITナビゲーター2021年版」によると、オムニチャネルコマース市場規模は80兆9000億円に拡大すると予測しました。SNSの流行やスマホの普及、そしてネット通販の動向とともに、オムニチャネル市場は今後も継続的に成長する見込みです。 しかし、誰でもオムニチャネルとは何か、それとも販売におけるオムニチャネルのメリットをよく理解するわけでもありませんので、この記事では、オムニチャネルの概念を紹介しながら、小売業での意味を詳しく解説します。 I. オムニチャネルとは オムニチャネルは、企業がすべてのチャネル、プラットフォーム、およびデバイスで顧客に商品情報から特典情報、カスタマーサポートまで含まれる購入体験を提供するリードナーチャリング(見込み客の育成)およびユーザーエンゲージメント(顧客の愛着度強化)のアプローチ法です。 オムニチャネル展開というのは、企業は同時に複数のチャネルで顧客をアプローチしながら、それらのチャネル間の情報一元化を確保しなければならないことを意味しています。 すなわち、消費者が欲しい商品を好きな時に、好きなチャネルで購入できるようにする戦略がオムニチャネルです。これによりユーザーの満足度が向上し、リピート率や売り上げ向上を狙うことができます。 II. オムニチャネルとマルチチャネルの違い オムニチャネルと混同しやすいのは「マルチチャネル」がありますが、一体それらの違いは何でしょうか。「マルチチャネル」はオムニチャネルの1歩手前の段階のイメージで、実店舗はもちろん、ECサイトやSNS、メールマガジン、テレビCMなどの複数(=マルチ)のチャネルを駆使し、ユーザーが求める情報や商品を提供します。ただ、それぞれのチャネルは統合・連携せずに、独立に管理していく形です。 独自に運営するからこそ、顧客情報や商品情報、在庫管理が連携されません。例えば、消費者側から見たときに、実店舗には在庫があるのにECサイトでは「売り切れ」となるというようなケースが起こり得ます。これでは消費者が「売り切れ」だと思い、その商品の購入をやめてしまい、企業にとっての売り損じに繋がります。 また、各チャネルの販売効率を売上で評価する仕組みにより各チャネル間で利益の衝突が発生することもマルチチャネルのデメリットです。互いの顧客アプローチ状況を把握しないまま、どちらもお客様を必死に獲得しようとして、SNSで連絡したにもかかわらず、後日店舗からそのお客様にアプローチの電話がまた来てしまうことがよくあるでしょう。つまり、マルチチャネルは、それぞれのチャネルを運営するために個別のリソースが必要ですし、一元化の管理ができない販売モデルです。 マルチチャネルから一歩進むと、「オムニチャネル」になります。 オムニチャネルは、マルチチャネルと同じく、複数のチャネルを使って商品を販売しますが、違う点としてはそれらのチャネルが情報や購買機能を含めて統合されました。この統合により、消費者がどのチャネルからでもスムーズに購入が可能になり、都合の良いチャネルに手軽に切り替えることができます。

ニュース

小売
需要予測とは?AIによる需要予測の導入メリット

現在の小売業は競争が激しくなっている中、グローバル化や顧客ニーズの多様化に対応できよう、市場の変化を先取りした戦略を立案し推進することが重要です。AIによる需要予測は最新技術を活用し、それよりさらなる効果をもたらしています。 需要予測とは? 需要予測は販売履歴データと関連情報(消費者の嗜好、市場傾向等)を分析することによって、傾向変動、循環変動、季節変動など顧客の需要変動を短期的または長期的に予測することです。 需要予測を行うには、いくつかの異なる方法があります。使用する予測モデルによって、予測が異なる場合があります。ベストプラクティスは、複数の需要予測を行うことです。 パッシブ需要予測: このモデルでは、過去の販売データを使用して将来を予測します。 アクティブな需要予測:考慮事項には、経済見通し、市場セクターの成長予測、およびサプライチェーン要因による予測コスト削減が含まれます。利用する履歴データが少ないスタートアップは、外部データに基づいて仮定を立てる必要があります。 短期予測:短期的な需要予測では、次の3〜12か月だけを見ています。これは、ジャストインタイムのサプライチェーンを管理するのに役立ちます。短期的な需要を見ると、リアルタイムの販売データに基づいて予測を調整できます。顧客の需要の変化に迅速に対応するのに役立ちます。 長期予測: 長期予測では、1年から4年先の予測が行われます。この予測モデルは、ビジネスの成長軌道を形作ることに焦点を当てています。 外部マクロ予測: 経済全体における外部マクロ統合の傾向。この予測では、これらの傾向が目標にどのように影響するかを調べます。外部のマクロ需要予測も、これらの目標を達成する方法の方向性を示します。 社内事業予測: 内部ビジネス予測タイプは、成長を遅らせる可能性のある制限を明らかにします。また、組織内の未開拓の機会領域を強調することもできます。この予測モデルは、ビジネスファイナンス、手元現金、利益率、サプライチェーンの運用、および人員を考慮に入れています。 需要予測を行うメリット

インサイト
小売業なら導入すべきオムニチャネルとは?意味とメリットをご紹介

IT技術がますます多様化し、人々のニーズも様々になってきている近年では、特に小売業において、消費者が様々な購入チャネルから囲まれている中、小売業者は顧客へのアプローチ方法を常に工夫し、卓越した購入体験を作り出しライバル企業に差をつけることを余儀なくされています。この背景で、あらゆる販売経路が統合したオムニチャネルモデルが出現しました。 野村総合研究所(NRI)が発表したICT(情報通信技術)やメディアに関する市場調査レポート「ITナビゲーター2021年版」によると、オムニチャネルコマース市場規模は80兆9000億円に拡大すると予測しました。SNSの流行やスマホの普及、そしてネット通販の動向とともに、オムニチャネル市場は今後も継続的に成長する見込みです。 しかし、誰でもオムニチャネルとは何か、それとも販売におけるオムニチャネルのメリットをよく理解するわけでもありませんので、この記事では、オムニチャネルの概念を紹介しながら、小売業での意味を詳しく解説します。 I. オムニチャネルとは オムニチャネルは、企業がすべてのチャネル、プラットフォーム、およびデバイスで顧客に商品情報から特典情報、カスタマーサポートまで含まれる購入体験を提供するリードナーチャリング(見込み客の育成)およびユーザーエンゲージメント(顧客の愛着度強化)のアプローチ法です。 オムニチャネル展開というのは、企業は同時に複数のチャネルで顧客をアプローチしながら、それらのチャネル間の情報一元化を確保しなければならないことを意味しています。 すなわち、消費者が欲しい商品を好きな時に、好きなチャネルで購入できるようにする戦略がオムニチャネルです。これによりユーザーの満足度が向上し、リピート率や売り上げ向上を狙うことができます。 II. オムニチャネルとマルチチャネルの違い オムニチャネルと混同しやすいのは「マルチチャネル」がありますが、一体それらの違いは何でしょうか。「マルチチャネル」はオムニチャネルの1歩手前の段階のイメージで、実店舗はもちろん、ECサイトやSNS、メールマガジン、テレビCMなどの複数(=マルチ)のチャネルを駆使し、ユーザーが求める情報や商品を提供します。ただ、それぞれのチャネルは統合・連携せずに、独立に管理していく形です。 独自に運営するからこそ、顧客情報や商品情報、在庫管理が連携されません。例えば、消費者側から見たときに、実店舗には在庫があるのにECサイトでは「売り切れ」となるというようなケースが起こり得ます。これでは消費者が「売り切れ」だと思い、その商品の購入をやめてしまい、企業にとっての売り損じに繋がります。 また、各チャネルの販売効率を売上で評価する仕組みにより各チャネル間で利益の衝突が発生することもマルチチャネルのデメリットです。互いの顧客アプローチ状況を把握しないまま、どちらもお客様を必死に獲得しようとして、SNSで連絡したにもかかわらず、後日店舗からそのお客様にアプローチの電話がまた来てしまうことがよくあるでしょう。つまり、マルチチャネルは、それぞれのチャネルを運営するために個別のリソースが必要ですし、一元化の管理ができない販売モデルです。 マルチチャネルから一歩進むと、「オムニチャネル」になります。 オムニチャネルは、マルチチャネルと同じく、複数のチャネルを使って商品を販売しますが、違う点としてはそれらのチャネルが情報や購買機能を含めて統合されました。この統合により、消費者がどのチャネルからでもスムーズに購入が可能になり、都合の良いチャネルに手軽に切り替えることができます。