各種サービス

Our Services

業種別 サービス

業界特有の課題や要求に対応したITサービスを提供しています。

業種 別サービス

業界特有の課題や要求に対応したデジタルソリューションを提供しています。

業種別 サービス

業界特有の課題や要求に対応したITサービスを提供しています。

VTI が選ばれる理由?

01. 私たちの最大の資産は「人財」です。

  • ハイレベルなエンジニア
    ベトナムで750人以上、日本で90人以上の従業員を擁するVTIは、様々なプラットフォームとテクノロジーの資格を持っているIT専門家の集まりです。
  • お客様の言語で対応可能
    我々の従業員は、日本語、韓国語、英語でスムーズにコミュニケーションできます。
  • エコシステム
    グループ会社の株式会社VTI Education、株式会社HRIとの緊密な連携、及びベトナム一流大学との提携により、大規模プロジェクトにも人材を確保できます。

02. お客様の事業向けのワンストップサービス

  • お客様のご要望に応じたフルライフサイクル開発が可能です。
  • AI、ML、データ分析、クラウドコンピューティングなどの先端技術に関するお客様のご要件に対応します。
  • CMMI V2.0成熟度レベル3に準拠した品質管理システム(QMS)を構築しました。

03. 開発事例

  • 日系大手企業向けに高品質な製品・サービスを提供したとの成功事例が数々あります。
  • 金融、建設、小売、運輸、インタネットサービスなどの特化した業種に合わせ、顧客のビジネスの成長、DX実現及び多彩なニーズに応えます
vti_vector_top
vti_vector_right
vti_vector_bottom

VTI が選ばれる理由?

01. 私たちの最大の資産は「人財」です。

  • ハイレベルなエンジニア
    ベトナムで750人以上、日本で90人以上の従業員を擁するVTIは、様々なプラットフォームとテクノロジーの資格を持っているIT専門家の集まりです。
  • お客様の言語で対応可能
    我々の従業員は、日本語、韓国語、英語でスムーズにコミュニケーションできます。
  • エコシステム
    グループ会社の株式会社VTI Education、株式会社HRIとの緊密な連携、及びベトナム一流大学との提携により、大規模プロジェクトにも人材を確保できます。

02. お客様の事業向けのワンストップサービス

  • お客様のご要望に応じたフルライフサイクル開発が可能です。
  • AI、ML、データ分析、クラウドコンピューティングなどの先端技術に関するお客様のご要件に対応します。
  • CMMI V2.0成熟度レベル3に準拠した品質管理システム(QMS)を構築しました。

03. 開発事例

  • 日系大手企業に高品質な製品・サービスを提供したとの成功事例が数々あります。
  • 金融、建設、小売、運輸、インタネットサービスなどの特化した業種に合わせ、顧客のビジネスの成長、DX実現及び多彩なニーズに応えます
vti_vector_top
vti_vector_right
vti_vector_bottom

VTI が選ばれる理由?

01. 私たちの最大の資産は「人財」です。

  • ハイレベルなエンジニアベトナムで750人以上、日本で90人以上の従業員を擁するVTIは、様々なプラットフォームとテクノロジーの資格を持っているIT専門家の集まりです。
  • お客様の言語で対応可能我々の従業員は、日本語、韓国語、英語でスムーズにコミュニケーションできます。
  • エコシステムグループ会社の株式会社VTI Education、株式会社HRIとの緊密な連携、及びベトナム一流大学との提携により、大規模プロジェクトにも人材を確保できます。

02. お客様の事業向けのワンストップサービス

  • お客様のご要望に応じたフルライフサイクル開発が可能です。
  • AI、ML、データ分析、クラウドコンピューティングなどの先端技術に関するお客様のご要件に対応します。
  • CMMI V2.0成熟度レベル3に準拠した品質管理システム(QMS)を構築しました。

03. 開発事例

  • 日系大手企業に高品質な製品・サービスを提供したとの成功事例が数々あります。
  • 金融、建設、小売、運輸、インタネットサービスなどの特化した業種に合わせ、顧客のビジネスの成長、DX実現及び多彩なニーズに応えます

資格・認定

資格・ 認定

資格・認定

事例 紹介

お客様の成功は、私たちの成功です。

+1000

従業員

+300

プロジェクト

6

子会社

2

ミラー型AIサイネージシステム開発

AI(人工知能)を使用し、顧客が必要としている情報、もしくは興味があると予想される情報を判断し、顧客に提示することができます。

カーシェアリングシステム

お客様が大手のバス運行会社で短期間で新サービスを実現したい。ハイテクノロジーを採用して、新しい価値観を作り出す。

害獣捕獲監視システム

お客様の要望: IoT活用で罠に害獣が捕獲されたかを遠隔で監視するシステム。RF監視タグを罠に装着し、加速度や赤外線のセンサーが害獣を検知したとき、その信号を中継器に送信する。

株取引のウェブサイト開発

株価ボードのほか、チャートや企業分析、スクリーニング提案など、銘柄管理や銘柄選択に便利な提案を搭載しており、アプリケーションから直接発注することもできる。

自動運転車

お客様の要望: 顧客は運輸業で活動し、建設車両の自動自律運転を開発したい。

B2Cモバイルアプリケーション

B2Cモバイルアプリケーション。最初のフェーズで40,000人のユーザーにサービスを提供し、後のフェーズで数百万人のユーザーにサービスを提供する。

事例 紹介

お客様の成功は、私たちの成功です。

+1000

従業員

5

子会社

+300

プロジェクト

2

ミラー型AIサイネージシステム開発

AI(人工知能)を使用し、顧客が必要としている情報、もしくは興味があると予想される情報を判断し、顧客に提示することができます。

カーシェアリングシステム

お客様が大手のバス運行会社で短期間で新サービスを実現したい。ハイテクノロジーを採用して、新しい価値観を作り出す。

害獣捕獲監視システム

お客様の要望: IoT活用で罠に害獣が捕獲されたかを遠隔で監視するシステム。RF監視タグを罠に装着し、加速度や赤外線のセンサーが害獣を検知したとき、その信号を中継器に送信する。

株取引のウェブサイト開発

株価ボードのほか、チャートや企業分析、スクリーニング提案など、銘柄管理や銘柄選択に便利な提案を搭載しており、アプリケーションから直接発注することもできる。

自動運転車

お客様の要望: 顧客は運輸業で活動し、建設車両の自動自律運転を開発したい。

B2Cモバイルアプリケーション

B2Cモバイルアプリケーション。最初のフェーズで40,000人のユーザーにサービスを提供し、後のフェーズで数百万人のユーザーにサービスを提供する。

事例 紹介

お客様の成功は、私たちの成功です。

+1000

従業員

+300

プロジェクト

5

子会社

2

ミラー型AIサイネージシステム開発

AI(人工知能)を使用し、顧客が必要としている情報、もしくは興味があると予想される情報を判断し、顧客に提示することができます。

カーシェアリングシステム

お客様が大手のバス運行会社で短期間で新サービスを実現したい。ハイテクノロジーを採用して、新しい価値観を作り出す。

害獣捕獲監視システム

お客様の要望: IoT活用で罠に害獣が捕獲されたかを遠隔で監視するシステム。RF監視タグを罠に装着し、加速度や赤外線のセンサーが害獣を検知したとき、その信号を中継器に送信する。

株取引のウェブサイト開発

株価ボードのほか、チャートや企業分析、スクリーニング提案など、銘柄管理や銘柄選択に便利な提案を搭載しており、アプリケーションから直接発注することもできる。

自動運転車

お客様の要望: 顧客は運輸業で活動し、建設車両の自動自律運転を開発したい。

B2Cモバイルアプリケーション

B2Cモバイルアプリケーション。最初のフェーズで40,000人のユーザーにサービスを提供し、後のフェーズで数百万人のユーザーにサービスを提供する。

Connect with us
お気軽にご連絡ください

ニュース

AI・オートメーション インサイト ブログ
先端技術によるバックオフィスの業務効率化 6つのアイデアをおすすめ

将来のバックオフィスについての研究によると、AIなどでバックオフィス業務を自動化することは、人手に依るだけことを並べると、企業の2割~6割の労働費などを節約することにつながります。それにとどまらず、業務効率化と社員の愛着向上をもたらすようです。企業の中身を変える能力を持つ先端技術はどういう風に導入されればいいかを数多くの企業が悩んでいると思われます。本記事は、先端技術によるバックオフィスの業務を効率化する6つのアイデアを紹介します。 1.バックオフィスとは? バックオフィス(back office)は、直接利益を創造しない業務を実施する部門です。一方、クライエントへの営業又は販売行為を行う営業担当者などを含む、直接利益を生み出す業務を実施する部門を指すことは対義語-フロントオフィスです。 多数の外国では、バックオフィスといえば、アカウンティング、人事、事務を手掛ける人のイメージを思い浮かべます。しかし、日本では、バックオフィスの中身は6~8部分で構成されます。それは、お金の流れを管理する経理部と財産部、労働者に関した労働契約書などを担当する人事又は労働部、内部に発生した問題を処理する総務部と一般事務部、法務問題を処理する法務部、…  2.バックオフィスの業務を低下する課題 2.1.  オフィスの環境/レイアウト Fellowes Workplace Wellness Trend Report (2019)によると、社員は収入・待遇のほか、心身に優しい環境で働きたいという気持ちがいつもくすぶっているようです。たとえば、大多数の回答者(87%)は体育室などを備えるオフィスが欲しいです。特に、テクノロジーカンパニーの場合、93%の社員は体操できるスペースがあったら、オフィスで遅くまでいても大丈夫です。つまり、社員の愛着はある程度オフィスの環境次第だろう。また、素晴らしい空間で活躍してもらえば社員は、仕事のやる気を出し、集中力などを向上し、業務の効率も高くなります。 実際、オフィスの空間に嫌悪感を及ぼす多くの要素があります。それは、以下の通りの要素を含みます。

AI・オートメーション アプリケーション開発 お知らせ
【VTIジャパン_展示会】DX EXPO 東京【秋】出展のお知らせ

VTIジャパンンは、来週の9月28日(水)~9月30日(金)に開催される「第2回DX-デジタルトランスフォーメーションEXPO(秋)」で、バックオフィス・マーケティング・営業のDX促進ためのソリューション及び開発サービスを出展いたします。 「第2回DX-デジタルトランスフォーメーションEXPO(秋)」は、バックオフィス・マーケティング・営業のDXをテーマとして、「ビジネス変革」「業務効率化」「働き方改革」を実現するため、様々なソリューションを紹介する大展示会です。秋末の9月28日(水)~9月30日(金)に開催されるが、DXに関する多数の企業とDXに興味深い人々の注目を集めているようです。展示会詳細について、こちらでご確認下さい。 弊社のブースでは、先端的なテクノロジーを活用し、バックオフィスに向けるワンストップソフトウェア開発サービス・ソリューションをご提供いたします。また、ワークプレイスのデジタル化を実施する向け、様々なソリューションをご紹介いたします。その中で、当展覧会で顔認識AI技術を活用した安全かつ高精度なスマート勤怠管理システムのFACEXをブーズで展覧いたします。出展内容について、当社の専用ページでご確認下さい。 御社と有意義な情報交換ができますよう、ぜひ今回の「第2回DX-デジタルトランスフォーメーションEXPO(秋)」における当社の出展ブースにお立ち寄り下さいませ。 ―――――――――――――――― お問い合わせ: 株式会社VTIジャパン 営業部 メールアドレス:[email protected] 住所: ・東京本社:〒162ー0067東京都新宿区富久町8番21 T&Tビル 4階 ・大阪事業所:〒541-0054 大阪市中央区南本町1-3-21 トウマビル503

ニュース

AI・オートメーション インサイト ブログ
先端技術によるバックオフィスの業務効率化 6つのアイデアをおすすめ

将来のバックオフィスについての研究によると、AIなどでバックオフィス業務を自動化することは、人手に依るだけことを並べると、企業の2割~6割の労働費などを節約することにつながります。それにとどまらず、業務効率化と社員の愛着向上をもたらすようです。企業の中身を変える能力を持つ先端技術はどういう風に導入されればいいかを数多くの企業が悩んでいると思われます。本記事は、先端技術によるバックオフィスの業務を効率化する6つのアイデアを紹介します。 1.バックオフィスとは? バックオフィス(back office)は、直接利益を創造しない業務を実施する部門です。一方、クライエントへの営業又は販売行為を行う営業担当者などを含む、直接利益を生み出す業務を実施する部門を指すことは対義語-フロントオフィスです。 多数の外国では、バックオフィスといえば、アカウンティング、人事、事務を手掛ける人のイメージを思い浮かべます。しかし、日本では、バックオフィスの中身は6~8部分で構成されます。それは、お金の流れを管理する経理部と財産部、労働者に関した労働契約書などを担当する人事又は労働部、内部に発生した問題を処理する総務部と一般事務部、法務問題を処理する法務部、…  2.バックオフィスの業務を低下する課題 2.1.  オフィスの環境/レイアウト Fellowes Workplace Wellness Trend Report (2019)によると、社員は収入・待遇のほか、心身に優しい環境で働きたいという気持ちがいつもくすぶっているようです。たとえば、大多数の回答者(87%)は体育室などを備えるオフィスが欲しいです。特に、テクノロジーカンパニーの場合、93%の社員は体操できるスペースがあったら、オフィスで遅くまでいても大丈夫です。つまり、社員の愛着はある程度オフィスの環境次第だろう。また、素晴らしい空間で活躍してもらえば社員は、仕事のやる気を出し、集中力などを向上し、業務の効率も高くなります。 実際、オフィスの空間に嫌悪感を及ぼす多くの要素があります。それは、以下の通りの要素を含みます。

AI・オートメーション アプリケーション開発 お知らせ
【VTIジャパン_展示会】DX EXPO 東京【秋】出展のお知らせ

VTIジャパンンは、来週の9月28日(水)~9月30日(金)に開催される「第2回DX-デジタルトランスフォーメーションEXPO(秋)」で、バックオフィス・マーケティング・営業のDX促進ためのソリューション及び開発サービスを出展いたします。 「第2回DX-デジタルトランスフォーメーションEXPO(秋)」は、バックオフィス・マーケティング・営業のDXをテーマとして、「ビジネス変革」「業務効率化」「働き方改革」を実現するため、様々なソリューションを紹介する大展示会です。秋末の9月28日(水)~9月30日(金)に開催されるが、DXに関する多数の企業とDXに興味深い人々の注目を集めているようです。展示会詳細について、こちらでご確認下さい。 弊社のブースでは、先端的なテクノロジーを活用し、バックオフィスに向けるワンストップソフトウェア開発サービス・ソリューションをご提供いたします。また、ワークプレイスのデジタル化を実施する向け、様々なソリューションをご紹介いたします。その中で、当展覧会で顔認識AI技術を活用した安全かつ高精度なスマート勤怠管理システムのFACEXをブーズで展覧いたします。出展内容について、当社の専用ページでご確認下さい。 御社と有意義な情報交換ができますよう、ぜひ今回の「第2回DX-デジタルトランスフォーメーションEXPO(秋)」における当社の出展ブースにお立ち寄り下さいませ。 ―――――――――――――――― お問い合わせ: 株式会社VTIジャパン 営業部 メールアドレス:[email protected] 住所: ・東京本社:〒162ー0067東京都新宿区富久町8番21 T&Tビル 4階 ・大阪事業所:〒541-0054 大阪市中央区南本町1-3-21 トウマビル503

ニュース

AI・オートメーション インサイト ブログ
先端技術によるバックオフィスの業務効率化 6つのアイデアをおすすめ

将来のバックオフィスについての研究によると、AIなどでバックオフィス業務を自動化することは、人手に依るだけことを並べると、企業の2割~6割の労働費などを節約することにつながります。それにとどまらず、業務効率化と社員の愛着向上をもたらすようです。企業の中身を変える能力を持つ先端技術はどういう風に導入されればいいかを数多くの企業が悩んでいると思われます。本記事は、先端技術によるバックオフィスの業務を効率化する6つのアイデアを紹介します。 1.バックオフィスとは? バックオフィス(back office)は、直接利益を創造しない業務を実施する部門です。一方、クライエントへの営業又は販売行為を行う営業担当者などを含む、直接利益を生み出す業務を実施する部門を指すことは対義語-フロントオフィスです。 多数の外国では、バックオフィスといえば、アカウンティング、人事、事務を手掛ける人のイメージを思い浮かべます。しかし、日本では、バックオフィスの中身は6~8部分で構成されます。それは、お金の流れを管理する経理部と財産部、労働者に関した労働契約書などを担当する人事又は労働部、内部に発生した問題を処理する総務部と一般事務部、法務問題を処理する法務部、…  2.バックオフィスの業務を低下する課題 2.1.  オフィスの環境/レイアウト Fellowes Workplace Wellness Trend Report (2019)によると、社員は収入・待遇のほか、心身に優しい環境で働きたいという気持ちがいつもくすぶっているようです。たとえば、大多数の回答者(87%)は体育室などを備えるオフィスが欲しいです。特に、テクノロジーカンパニーの場合、93%の社員は体操できるスペースがあったら、オフィスで遅くまでいても大丈夫です。つまり、社員の愛着はある程度オフィスの環境次第だろう。また、素晴らしい空間で活躍してもらえば社員は、仕事のやる気を出し、集中力などを向上し、業務の効率も高くなります。 実際、オフィスの空間に嫌悪感を及ぼす多くの要素があります。それは、以下の通りの要素を含みます。

AI・オートメーション アプリケーション開発 お知らせ
【VTIジャパン_展示会】DX EXPO 東京【秋】出展のお知らせ

VTIジャパンンは、来週の9月28日(水)~9月30日(金)に開催される「第2回DX-デジタルトランスフォーメーションEXPO(秋)」で、バックオフィス・マーケティング・営業のDX促進ためのソリューション及び開発サービスを出展いたします。 「第2回DX-デジタルトランスフォーメーションEXPO(秋)」は、バックオフィス・マーケティング・営業のDXをテーマとして、「ビジネス変革」「業務効率化」「働き方改革」を実現するため、様々なソリューションを紹介する大展示会です。秋末の9月28日(水)~9月30日(金)に開催されるが、DXに関する多数の企業とDXに興味深い人々の注目を集めているようです。展示会詳細について、こちらでご確認下さい。 弊社のブースでは、先端的なテクノロジーを活用し、バックオフィスに向けるワンストップソフトウェア開発サービス・ソリューションをご提供いたします。また、ワークプレイスのデジタル化を実施する向け、様々なソリューションをご紹介いたします。その中で、当展覧会で顔認識AI技術を活用した安全かつ高精度なスマート勤怠管理システムのFACEXをブーズで展覧いたします。出展内容について、当社の専用ページでご確認下さい。 御社と有意義な情報交換ができますよう、ぜひ今回の「第2回DX-デジタルトランスフォーメーションEXPO(秋)」における当社の出展ブースにお立ち寄り下さいませ。 ―――――――――――――――― お問い合わせ: 株式会社VTIジャパン 営業部 メールアドレス:[email protected] 住所: ・東京本社:〒162ー0067東京都新宿区富久町8番21 T&Tビル 4階 ・大阪事業所:〒541-0054 大阪市中央区南本町1-3-21 トウマビル503