fbpx

Tag Archives: ベトナムオフショア開発

ITオフショアサービスの活用のメリット

緊急の状況に直面する中、デジタルトランスフォーメーションに向けて、ビジネスを拡大する必要性とともに、企業は新たなトレンドの変化と更新が必要となっている。新しい技術、ビジネスモデルで競争に勝ち抜き、市場での地位を確かなものにする。それで、「ITオフショアサービス」の活用は、企業が直面する「難題」を解決する有効な手段である。「ITオフショアサービス」は、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)ビジネス・プロセスにおける外部サプライヤーへの出荷サービスを含み、製造、小売、金融、運輸、建設などの分野で一般的に適用されている。    運用コストを削減 前述したように、「ITオフショアサービス」の最大のメリットはコスト削減にある。日本より人件費の安い国で「ITオフショアサービス」を利用することで、企業は開発コストを大幅に削減することができる。 理由としては、開発・運用コストの中でソフトウェア技術者にかかるコストが最も大きな割合を占めており、人件費を最小限に抑えることで、企業は低コストで高品質なシステムを開発することができるからだ。大まかな計算によると、高度な技術を持つITチームを保有するためには、企業は採用、集中講座でのトレーニング、設備や機械、インフラ、保守費用などのコストを支払わなければならない。 しかし、情報技術は変更が速く、迅速に更新しない場合、それは企業が市場で競争することが困難になる。 海外からの「ITオフショアサービス」を利用することで、国内の人件費と比較して、30〜50%のコスト削減が可能になる。 製品の品質保証 「ITオフショアサービス」サービスを利用する企業が増えているのは、製品の品質維持とコスト削減が主な理由である。2020年、グローバル化とデジタル化が急速に進む日本では、ITシステムやソフトウェアの開発に多くの人材が必要とされている。新型コロナウイルスの流行の影響を受け、日本のIT市場全体の成長率は2019年同期比4.5%減の28兆2155億円まで落ち込むと予測されています。   「ITオフショアサービス」サービスを利用する場合、企業は中断のない作業を保証され、プロジェクトとソフトウェアは定期的にメンテナンスされている。さらに、ソフトウェアのエラーや障害が発生した場合にも、サポートが受けられ、迅速な修正が可能である。オフショアサービスの特殊性から、企業はリモートでサポートされる。これは、コロナウイルスの流行が続いている状況では、非常に便利なことです。 これは、コロナ禍が流行している現在では非常に便利なことである。これにより、作業の進捗を確実にするだけでなく、ビジネスの作業効率を高めることにもつながる。   人材不足への解決策  「ITオフショアサービス」を利用する際のもう一つの重要な要素は、「人材不足」の問題を解決することである。多くの企業や事業者が人材に「渇望」している現在、「ITオフショアサービス」の活用は安全かつ有効な解決策となっている。「ITオフショアサービス」は、単純なものから複雑なものまで、高度な専門性と技術力を持った新しい人材を確保し、自社のITスタッフの負担を軽減することができる。これにより、企業は社内のリクエストに対応することに集中できる。

オフショア開発でベトナムが選ばれる4つの理由とは

IT需要が今後拡大する一方で、日本は少子高齢化が顕著で、人材確保が難しくなっています。経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(平成28年)によると、IT人材不足は今後ますます深刻化し、2030年には、(中位シナリオの場合で)約59万人程度まで人材の不足規模が拡大するということです。それに対する対策として、海外の開発会社に委託するというオフショア開発が挙げられます。 現在、日本が進出しているオフショア開発先に中国、ベトナム、インドネシア、インド、マレーシア、フィリピンなどがありますが、ベトナムは最も注目を集めていると言われています。それでは、ベトナムオフショア開発が選ばれている理由はなんでしょう。 1.豊富で、優秀なIT人材 ベトナムの総人口に占める生産年齢人口 (15歳~64歳の人口) が増え続け、その中、IT従事者が40万人となっています(2020年)。 国のSTEM(科学、技術、工学、数学)を重視した教育政策への取り組みのおがけで、今後も若く優秀なIT人材が増えることが予想されています。TopDevの「VIETNAM IT MARKET REPORT 2020」によると、IT分野の年間卒業者数が5万人近くです。また、中学校2年生から、アルゴリズムとプログラミング授業もカリキュラムに入っており、IT人材の輩出が国策として掲げられています。 なお、オフショア開発と言えば、失敗する原因だとされているのは「コミュニケーション不足」という問題です。だが、現在のベトナムでの日本語教育の拡大を見ると、懸念不要です。学習者数が急速に増加し、2018年度日本語教育機関調査速報値によると、約17万5千人で世界6位となります。この数年、ベトナムのトップ大学では、情報技術学生向けの日本語教育にも取り組んでいるので、日本語ができる開発者数が増加しています。日本語が得意なベトナム人が、ブリッジSEとして重要な役割を果たしています。 優れた専門知識・日本語能力に加え、ベトナム人のITエンジニアは向上心が強く勤勉だと評価されています。 2.価格競争力 IT業界で、コストの削減を図る企業であれば、ベトナムをオフショア開発先として検討すべきだと考えています。なぜかと言えば、日本人のITエンジニアの平均年収は約600万円で、ベトナムの~4倍となっています。