fbpx

Tag Archives: 小売

無人店舗とは何?小売業界の未来になれるのか

新型コロナウイルス2019(COVID-19)の感染症拡大はリテールの業界における技術革命の目印になっている。 2020年を振り返って、色々な企業は実店舗からオンラインベースのトランザクションに大幅に移行した。このような背景では、無人店舗というソリューションはそれの効率性が証明された。 無人店舗とは? 無人店舗とは店内に従業員がいなく、キャッシュレス決済を使用する店舗である。無人店舗は、自動化されたコンビニと異なり、スマートフォン関連の技術とAIを活用することにより、伝統的な店舗が持つ特徴を取り除いたものである。 無人店舗の歴史はまだ浅く、2016年に1号店を開店した中国の「Bingo Box」が始まりといわれている。また、アメリカでも2018年1月にシアトルでアマゾン・ドット・コムが開店した「Amazon Go」の1号店が皮切りとなり、無人店舗は特に中国とアメリカで普及し始めている。日本では無人店舗はまだ多くないが、実証実験はコンビニエンスストア業界をはじめとして、数多く実現されていた。 無人店舗は3つのタイプ ジャストウォークアウトコンセプト(just-walk-out) 「ジャストウォークアウト」キャッシャーレステクノロジーを備えた無人店舗コンセプトです。最も知られるジャストウォークアウトテクノロジーは、Amazonの「AmazonGo」です。「ジャストウォークアウト」システムは、コンピュータービジョンカメラ、センサー、ディープラーニングなどのテクノロジーを使用し、出し入れする商品やお店での顧客の行動を検出し、仮想カートで選択されたアイテムを追跡します。現在AmazonGoはすでに米国と英国で約30店舗を運営しています。 店舗のハードウェア要件により規模の経済を達成することが困難になるため、ウォークアウトの概念の1つの課題はテクノロジーのコストが高いことです。 自販機コンビニ (Stores with vending machines)

Retail-digital-trned
小売業者向け商品の品質を確保しながら、コストの削減が実現できるための5つのコツ

この2年間にわたる新型コロナウイルス感染症の複雑な状況下では、小売業をはじめ、世界中の多くの企業がコストの削減をしなければならない状況にまで追い込まれています。消費者ニーズの変更、タッチポイント、サプライチェーン管理、および運用保証への対応は相変わらず頭を抱える問題なので、各種ランニングコストの考慮、利益とのバランス取りは、小売業者にとって生き残るための要素となっています。本記事を通じて、商品の品質を確保しながら、コストの削減が実現できるための5つのコツをご紹介します。 I. 事前注意点 コストの削減・最適化は、必ず営業状況を評価した上で行うことです。これは欠けてはいけない非常に重要なポイントです。商品特徴、ターゲット顧客、業界の特異性、現在のプロセスまで徹底的に分析し、どこで最もコストがかかるのか、どこでリソースが最もかかるのか、繰り返し頻度の高い工程がどれなのか、商品の購入を決めてもらうポイントはどれなのか等を明確にする必要があります。 上記を明確にした上、次のコストを削減するための5つのコツをご検討ください。 II. 商品の品質を確保しながら、コストの削減が実現できるための5つのコツ 1. 在庫コスト削減 在庫コストには、保管費、保険費、棚卸評価損、および在庫金利が含まれます。これらのコストは、多くの場合、在庫数に比例するため、コストを削減したいならば在庫量を低く抑えなければなりません。 また、提供者への連絡、会計取引の実行、商品の輸送、積み下ろし、検品など、商品の注文と輸送に関わるコストも負担となっており、その中の一部は注文量に関係なく一律金額であるため、一度大量を注文してできるだけコストを削減することができますが、それは一時的な節約にしかならない場合も少なくありません。一方、在庫コストの負担が大きくなり、リスクも高くなります。 小売業界では、大半の費用は在庫コストとなりますので、運用コストを削減するために、まず在庫コストから低減しましょう。在庫コストと収益を計算して比較することで、収益をもたらす品目やもたらさない品目が見取られます。毎月の購入表に載っている役に立たないアイテムがあったら、それらの購入をやめた方が良いかと思います。それによって、不要な在庫が避けられるでしょう。 2. 最適なPOSシステム構築 精算機の装置やPOSシステムの導入により、小売業、卸売業の経営者が商品やキャッシュをしっかりと管理できると共に、お客様がスムーズに会計でき、待ち時間が短縮できるプロの会計業務が実現しています。