fbpx

Tag Archives: AI・オートメーション

AI・オートメーション 製造
製造業におけるAI、IoTの活用

ある調査により、2021年に、製造市場におけるグローバル人工知能とIoT(もののインターネット)は、それぞれ14億8250万米ドル、500億米ドルと評価され、年々増加していくと予測されます。DXの促進を目指す多くの製造企業は、AIやIoTなどの先端技術を活用することで、スマート工場などを築いています。本記事では、製造企業はどのようにAI、IoTを活用するかを説明いたします。   1.スマート工場のモデル 2016年に提唱された「超スマート社会」と伴う「スマート工場」の概念は、製造業の注目を集めています。特に、コロナ禍の影響で、多くの製造企業は、AIやIoTなどを導入することで、企業での業務などを自動化・最適化しています。 スマート工場は、相互接続されたマシンのネットワークから、データを保持したクラウド、RFIDタグやビーコンなどのデバイス、ロボットやドローン、スマート監視・管理システムに至って、様々な先端技術を活用して、最低限の従業員で効率や売上を最大にするモデルです。先端技術は、スマート工場の中核でもあり、製造業の運営方を再形成するものでもあります。実に企業の予算によって使われる先端技術の数量と種類が違いが、多く使われているのは以下の通りです: IoTセンサー:壁や棚などに備えておくIoTセンサーは、温度、重量、深度等の差をトラッキングする。 コンピュータビジョンを使用するカメラ:多量の画像を分析して、作業員の行動などを記録・追跡する。 スマート端末機器、スマートウェアラブルデバイス:スマート管理システムからのリアルタイムでのデータ/通報/警報を遠隔でも受け取る。 3Dプリンティング:コストとリスクを削減したり、大数量で生産できたり、廃棄物を少なめくしたり、色々なメリットを与えるために、近年注目されている。 AIを活用する管理システム:AIの力を借りて、多大のデータを分析して価値のあるデータを引き出して、経営などをサポートする。 AR/VR:スマート端末機器を通じて、データを3Dの画像として見える化するメリットを持っているために、近年注目されている。 ロボット:大手企業は、ロボットアームやドローンを使用することで、製品を作ったり、製品棚に製品を検査したり、製品を補給したりする。 では、スマート工場、そして製造企業は、どのようにAI、IoTを活用するかを以下のセクションで説明いたします。     [...]

AI・オートメーション AI・オートメーション インサイト
飲食店におけるコスト削減の10つアイデア

飲食店を営業している中、コスト削減は頭を抱えている問題になります。特に、コロナ禍とインフレの影響で、売上がなかなか好調しないしたり、原材料などの調達が難しかったりする背景では、コスト削減に取り組むに越したことはないだろう。本記事は、将来のトレンドに適する、手頃なコスト削減の10つのアイデアを紹介いたします。また、2023年の飲食店のトレンドを詳しく調べたい方は、こちらをご覧ください。     1. 固定費と変動費 飲食店の費用は、固定費と変動費に分けられます。固定費とは、書面書類の協力上でフィックスされる、又は変えりにくい費用です。例えば、店舗の家賃や、利息、労働費などを含みます。一方、変動費とは、市場の変動によって費用が変わるとのことです。例えば、原材料や水道光熱費などがあります。 普通、コスト削減を実施する場合、変動費をカットダウンすることを目指します。例えば、価格がより安い原材料を提供する企業を探すことや、省エネの設備を切り替えることなどのありふれた方法を活用しています。しかし、それらの方法は、短時間で効果を与えるかどうかを確保できないと思われます。また、展開中、全社員が協力してもらなかったら、逆効果となるかもしれません。     2. コスト削減の注意点 コスト削減を実施する時、注意するべき点は二つあります。一つ目は、コストをカットダウンしても商品の品質を保持しなければなりません。飲食店では、食品の安全又は商品の品質が何より大事なことは否定できません。特に、日本の市場で、飲食品が安全ではない、又は汚れる風評があれば、飲食店へ客足がなくなることを引き起こして、閉店又は倒産に追いこまれるかもしれません。二つ目は、店員のモチベーションを下げないようにコスト削減対策を実施しましょう。現在、コスト削減のために労働費をカットダウンしたり、明るさが足りない仕事環境を提供したりすることは、店員のやる気がないだろう。     3. [...]

基幹システム 小売 移行サービス
DX促進に取り組むコンビニエンスストアがワークスケジュール管理で実践する

お客様は、約200店舗のコンビニエンスストアを運営している企業です。いつも営業の改善を考慮している管理者たちは、頑固に昔ながらの経営方法をこのままにして維持したら、時代残れの企業に成り下がるのではないかと思っており、今こそ手を打たなければならないと決意しました。第一歩として使っていたシステムを、先端技術を使用したワークスケジュール管理に切り替えることにしました。   作業スケジュールを体系的に管理するウェブサイトを開発 お客様の企業では、以前からスケジュールを管理するためのソフトウェア・Excelだけを使用しました。膨大なデータを持つから、Excelを使いこなす人でも時間がけっこうかかります。入力間違えたら、発見しにくいので、顧客の信頼を失うことを引き起こす可能性が高いです。そいう課題を理解して、店舗と全社員の作業スケジュールを体系的に管理するウェブサイトの開発を提案しました。クラウドへ移行したこどで、全店舗のデータが同期されることのみならず、API Gateway、Lambda、RDSなどの先端技術を活用したそのシステムにより、膨大なデータを短時間で処理することができることは、一石二鳥のではないだろうか。   導入後、運用コストが50%を削減 導入後、円滑に稼働しているシステムは、以前対比で運用の費用が50%を削減したことをもたらしました。そればかりでなく、自動化:AWS CloudWatch Eventにより、作業項目のデータが自動的に更新されるから、スケジュールをより素早く正l解に管理することができました。時間と手間がかからないことは、全社員のテンションを上げて、業務効率化を向上させます。   信頼に値する企業になる ワークスケジュール管理システムを利用してから、業績が右肩上がりで増加しており、ご満悦の顔をしたお客様は、これを手始めにデジタルトランスフォーメーションを一生懸命に促進すると決心しました。「企業を途絶えずに改善しているきっかけは、顧客の信頼を勝ち取ることではなく、選択権を顧客に渡し、信頼に値する企業になれることです」とお客様の心底願望を拝聴していただいて感動しました。   最後までやりぬくVTIは [...]

AI・オートメーション IoTアプリケーション アプリケーション開発
【VTIジャパン_展示会】APPS JAPAN (アプリジャパン)2022出展のご案内

株式会社VTIジャパンは、6月15日(水)〜6月17日(金)に開催される「アプリジャパン2022」に出展いたします。 APPS JAPANはスマートフォン、タブレット、パソコン、テレビやデジタルサイネージなど様々なシーンで活躍が期待されているアプリを紹介し、アプリビジネスの拡大を促進していく日本最大級のアプリ展示会です。 弊社のブースでは、製造・小売業における管理ソリューション(MESX・RETAILX・AI&IoTソリューションパッケージ)及び自社のアプリ開発サービスをご紹介いたします。ご関心のある方はぜひ弊社出展ブースにお立ち寄り下さいませ。 「アプリジャパン2022」VTIジャパンブースへのご来場をお待ちしております。 展覧会の情報: ■ 会期:2022年6月15日(水)~6月17日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで) ■ 会場:幕張メッセ(住所:〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1) ■ VTIジャパンのブース番号:6M33 ■ 展示会詳細:こちらでご確認下さい。 ■ 出展内容:当社の専用ページでご確認下さい。 展開製品・ソリューション ソフトウエア開発開発サービス ――――――――――――――――お問い合わせ:株式会社VTIジャパン 営業部メールアドレス:[email protected]住所:・東京本社:〒162ー0067東京都新宿区富久町8番21 T&Tビル [...]