fbpx

Tag Archives: Eコマース

AI・オートメーション 小売
小売のBOPISにおける先端技術の活用

小売業界において、コロナ禍の影響で新たな販売・受け取りモデルを発展させると考えられます。その中で、BOPIS(Buy online pick in storeー注文オンラインと店舗受け取り)が注目されています。しかし、BOPISを運営している又は検討している人は、AIなどのような先端技術を活用することで、BOPISを最適化することはほとんど知りません。本記事では、BOPISにおける先端技術の活用を説明いたします。   1.BOPISとは? BOPISとは何ですか? BOPISとは、Buy online pick in storeの略語で、英語の文字通りにオンラインで注文した商品を実店舗で受け取れる販売・受け取りモデルです。顧客は、オンラインのチェックアウト時に追加の配送オプションを確認することで、小売業者がBOPISを提供しているかどうかを確認できます。BOPISが利用できる場合、顧客はオンラインで商品をカートに入れ、店舗での受け取りを選択し、チェックアウトプロセスを通常通りに完了することができます。店舗が注文品を準備した時に、顧客は通知を受け取り、店舗の営業時間内であればいつでも注文品を受け取ることができます。選択された店舗で商品の状況(在庫有りか在庫切れか)によって受け取り時間が違います。 見過ごせない点は、オンラインストアとリアル実店舗の両方を運営している企業だけはBOPISを行えることです。特に、OMO(Online Merge [...]

7-applications-of-AI-in-ecommerce
AI・オートメーション
EコマースにおけるAIの7つ活用

コロナ禍の影響で、多くの業界はDXを促進していると思われています。製造業界、小売業、ヘルスケアだけではなく、オンラインで活躍しているEコマース業界もAIをはじめとする先端技術を導入しています。本記事は、EコマースにおけるAIの活用を紹介いたします。   1.価格最適化 Eコマース業界で価格戦略は競争企業の分析を含む様々の要素又はインプットに依存します。実際に、価格についての意思決定は膨大なデータを利用するべきからこそ、その作業を担当する最適者はAI(人工知能)のではないだろうか。Amazonなどのような大手企業はAIを活用することで、外部要因(天候とかトレンドとか)を含む多大の要素を分析して、収益を最大にするダイナミックプライシングの戦略を立てます。 より狭い範囲で、AIは一日あたり商品の最適な価格を探してくれます。ローソンのコンビニで、AIにより、一日の混雑時と暇な時の商品価格を最適な価格にします。同様に、ECサイトを運営している企業は商品価格をパーソナライズできます。ECサイトの訪問者の状況(数量がどのくらいか、顧客行動は何か)に応じて価格を変化することは可能です。 2.セキュリティ強化、盗難防止 2021年に、Eコマース業界はデジタル型の窃盗による200億米ドルをなくしました。明らかなことはセキュリティ保護および盗難防止のための対策が重要です。幸いにもAIがこの課題を解決できます。数億の窃盗事件を分析したことで、マシンラーニングを使用するAIは共通点(つまり窃盗事件の特徴)を特定します。そして、もし疑われる取引が発生するとしたら、それが窃盗事件かどうかを直ぐに判定します。 3. メディアを最適化する Eコマース業界にとって、パーソナライゼーション(つまり、顧客の需要を満たす商品を提供する)が大切です。各チャネル(ソーシャルメディアとかブログとか)を連携させしたり、カスタマイズされるコンテンツを創造したり、キャンペーンごとに応じて各チャネルに類似なコンテンツを自動に提供して一貫性を作ったり する力を持って、AIはパーソナライゼーションを最大限にします。AIにより、全てのコンテンツ(画像とかテキストとか動画とか)が自動に創造•編集•同期化されます。現在、新たなAIのツール(Generative Adversarial Networks – GANsとか、Natural [...]

why-EC-site-should-intergrate-AI-in-Magento
AI・オートメーション 小売
MagentoでAIと統合するべき理由

前編「Magentoを見過ごせない8つの理由」を踏まえて、Magento(マジェント)は優れたEコマースプラットフォームと見なされます。実際に、オンラインショップ/ECサイトを成功に導く力の裏に潜めているのはAI(人工知能)と思われています。本記事は、MagentoにおいてなぜAIと統合すればいいかを説明いたします。   1.検索エンジンを最適化 我々は「Magentoを見過ごせない8つの理由」を踏まえて、Magentoの強みとしてSEOツールが優れたと見なされます。Magentoは企業のECサイトを検索上位に立たせるので、サイトに訪れる顧客数を増やします。しかし、顧客がウェブサイトに入るとき、話は思った以外にちょっと違います。ある調査では、ウェブサイト訪問者の30%以上は検索バーを使用して買いたい商品のページへ行きます。一般的に、Magentoウェブサイトは入力されたキーワードを基づいて検索結果を提供します。もしシステムが正解のマッチを探せないとしたら、検索結果が出ません。ところが、AIは、キーワードを基づいた検索を、コンテキストを基づいた検索に変えます。自然言語処理を使用するAIは、キーワードを検索する代わりに、訪問者が入力したコンテキストを分析してインサイト•洞察を見いだし、最適な検索結果を出します。更に、コンテキストだけではなく、画像に基づいて検索結果も出せます。訪問者は検索バーを使わず、カメラのアイコンをクリックするだけで検索し始めます。 2.商品のレコメンデーションを支える 2022年4月にAdobeが開発した、 AIを使用する拡張機能のMagento Product Recommendation (マジェントの商品推奨)が登場しました。膨大なデータを分析することで、顧客の行動を予測して、顧客の需要を満たすコンテンツを提供する技術です。更に、顧客の閲覧履歴や注文履歴など、多大なデータをスキャンして、訪問者の好みを満たす類似品を推奨できます。それにより、得られたデータをある期間で蓄積と分析すれば、将来のトレンドを予測したり、顧客の行動や嗜好などを引き出してマーケティングキャンペーンを立てたり、様々なメリットを受けられます。 3.カスタマーサービスをサポートする AIを使用するバーチャルアシスタントは訪問者の買い物をサポートします。例えば、AIチャットボットは訪問者のお問い合わせと答えたり、多量のデータと会話中のデータの両方を分析して顧客の洞察を見いだした後、顧客の需要に合わせた商品を推奨したり、ウェブサイトをスキャンして顧客の情報を集約したりします。 4.データセキュリティを強化 Magentoがサイバー攻撃を防止するセキュリティインフラストラクチャーを提供するが、ネット詐欺の危機がまだ高いです。幸いにもAIを活用することで、サイバー攻撃を最小限にします。膨大なペイメントパターンを分析した上で、疑われる行動を素早く発見します。AIと統合するウェブサイトは自社の情報および顧客情報を保護することができます。 5.在庫管理を最適化 [...]

the-application-of-AI-in-cloud-kitchen
AI・オートメーション 小売
クラウドキッチンにおけるAIの活用

前編「ゴーストキッチンにおける先端技術の活用」を踏まえて、飲食業に着目されるゴーストキッチンは、コロナ禍が深刻になった時、スムーズな運営により堅調な売上に達しました。一方、ゴーストキッチンとほぼ同じようなクラウドキッチンにはAIの使用率が高いと思われます。本記事は、クラウドキッチンにおいてAIはどのように活用しているかを説明します。   1.クラウドキッチンとは クラウドキッチンは物理的なキッチンではありません。文字通りクラウドにあるキッチンです。クラウドキッチンでは複数のブランドが一緒に活躍しています。食べ物は一人の調理師又は数多くの調理師で作られます。 2.クラウドキッチンの運営の流れ クラウドキッチンはデリバリーのみのビジネスモデルです。これらのレストランは、UberEatsや、Grubhub、DoorDash、Deliverooなど自社のデリバリーアプリおよびウェブサイトを通じて、顧客の手に食べ物を配送します。このビジネスモデルは、二つの最大のコストとして家賃と人件費をカットダウンするとともに、顧客ベースを多様化および拡大するのに役立ちます。顧客の獲得は主にデジタルプラットフォームに依るので、クラウドキッチンを運営する企業は先端技術に注力していると思われます。 3.クラウドキッチンのメリット・デメリット 3.1 メリット 柔軟なメニュー:アプリベース又はウェブベースなので、看板や印刷物を更新することを心配することなく、必要に応じてワンクリックだけで更新できます。もしある材料が高すぎたら、同じ価格又は少しの値上げ幅のある材料を切り替えて、新しいメニューを容易に作れます。 初期費用が低い:ゴーストキッチンのように、クラウドキッチンを開店すれば、家賃や店内のデザインコスト、接待や会計を担当する労働者の費用などを払う必要がありません。 新しいメニューや料理を挑戦する機会:クラウドキッチンを運営する小売業者は、新しいコンセプトを試作すると、顧客が好きかどうかを直ぐに把握できます。 顧客のデータに容易にアクセスできる:クラウドキッチンは主にデジタルプラットフォームを使用するので、顧客のデータ(例えば注文履歴、顧客の年齢や性別など)をたやすく収集することができます。 サードパーティーのアプリによりマーケティングを強化:マーケティングに関する経験が浅い小売業者はサードパーティーのアプリにより迅速に認知度を高めることができます。 3.2 デメリット 追加費用が高い可能性:クラウドキッチンは初期費用と人件費を節約できるが、プラットフォームを開発する企業に維持費用、又はデリバリーを担当するサードパーティーに配送費を払わなければなりません。更に、注文数が多ければ多いほど追加費用が高いかもしれません。 [...]

the-application-of-technology-in-dark-store-EC
AI・オートメーション 小売
「Eコマース」ダークストアにおける先端技術の活用

DXが促進する中で取り残されないように頑張っている多くの小売業者はEC商戦に戦争しようと思って、オンラインショップを開店することにしました。しかし、開業時に聞きなれない概念を見かけるかもしれません。その中で、ダークストアは多くの小売業者を惑わすと思われます。 英国で生まれた、コロナ禍の影響で世界中の国々に広がっているダークストアは2021年以来、日本にも著しく発展と見られます。本記事では、ダークストアの概要、メリットとデメリット、そしてダークストアにおける先端技術の活用をご説明いたします。 1.ダークストアの概要 ダークストア(Dark store)とは、オンラインショッピング(ECサイト)専用の小売店や流通センターなど倉庫のことです(Wikipediaより)。簡単に言えば、オンラインショップを運営する業者は実店舗で来客に商品を販売せず、ECからの注文に対応して、商品をピッキングアップしたり、梱包したり、配送したりします。 基本的にダークストアはECサイトに特化したマイクロフルフィルメント(Micro fulfillment)です。マイクロフルフィルメントとは、人口密度の高い都市部において、消費者に近い場所で小規模の倉庫施設を指します。一般的に、マイクロフルフィルメントはECサイトの倉庫として機能してます。顧客が住んでいる所に近いので、30分以下で配送できるので、顧客の満足度を維持します。ダークストアはその特徴もあります。日本において多くのダークストア(OniGOとかUber Eatsとか)は実店舗から配達範囲を半径2~3キロ程度の近い地域に限定し、最短10分ほどで商品を顧客の手に届けることができます。早さを重視するECコマース業でダークストア又はマイクロフルフィルメントは重要な役割を果たします。更に、Amazon、Walmart、Nordstromなど世界中の大手小売企業はオンライン注文の対応および商品補充のために、ロボットシステムなど先端技術を導入して、マイクロフルフィルメントを自動化します。 上記に話したように、多数のマイクロフルフィルメントはEコマースに特化した倉庫です。しかし、少しのマイクロフルフィルメントはコンビニやスーパーの中にあり、店内の商品補充として機能してます。 スーパーにおいて「スマートマイクロフルフィルメント」を知りたい方は、こちらをクリニックください。 2.ダークストアのメリット 2.1. 在庫管理の最適化 ダークストアの特徴としてECサイトに特化するので、オンライン注文を素早く処理します。更に、顧客の接待が要らないので、ストア内で商品棚を配置するスベースを最大にします。収納スペースの向上は商品管理を高めたり、多くの注文を対応したりします。また、大容量と、商品の検品または配送時、管理システムで「クリック・アンド・コレクト」だけで済みます。 2.2. [...]

the-application-of-technology-in-ghost-kitchen
AI・オートメーション 小売
ゴーストキッチンにおける先端技術の活用

コロナ禍の影響で食品を販売する小売企業ではオンライン注文数が増えるので、対応策としてゴーストキッチンを開くことにしました。特に、最近、AIなどのような先端技術を活用することで、ゴーストキッチンでの業務を最適化するので、顧客が最短10ほどで新鮮かつ温かい食べ物を手に入れられます。本記事では、ゴーストキッチンはどのように先端技術を使用するかをご説明いたします。   1.ゴーストキッチンの概要 ゴーストキッチンはクラウドキッチンなどの概念と混同されます。その中で、ゴーストキッチンに最も近い概念はクラウドキッチンです。 1.1. ゴーストキッチン ゴーストキッチンはデリバリーサービスだけを提供するレストランのキッチンです。キッチン内では顧客に接待するためのテーブルやスペースが見えないので、バーチャル。接待が不要なため、人件費をカットダウンできます。ゴーストキッチンを展開する企業は自社の配送チームを持っている又は、デリバリーサービスを提供するサードパーティーと協力しています。 キーワード:ワンブランドだけ、複数のデリバリーアプリの使用可能 1.2. クラウドキッチン 物理的なキッチンではありません。文字通りクラウドにあるキッチンです。クラウドキッチンでは複数のブランドが一緒に活躍しています。食べ物は一人の調理師又は数多くの調理師で作られます。 キーワード:物理的なキッチンではない、複数のブランド 1.3. デリバリーキッチン キッチンはオンラインのデリバリープラットフォームで開かれます。顧客はキッチンへ足を運ぶことなく、在宅でも食べ物を受け取れます。キッチンは一つ又は複数のブランドに使用されます。 [...]

the-application-of-AI-in-Odoo
AI・オートメーション 小売
OdooにおけるAIの活用

超スマート社会へ進む道で、業務を自動化•効率化するために、AI(人工知能)を使用する企業が多くなります。特にプラットフォームなどのITサービスを提供する企業の80%以上はAIといった先端技術を活用しています。Odooも例外ではありません。本記事は、Odooプラットフォームはどういう風にAIを活用するかを説明いたします。   1. 基本概念 1.1. Odooプラットフォームとは何ですか? Odoo(旧称OpenERP)はオープンソースの業務アプリケーションスイートです。70か国以上で5万社、700万ユーザーを抱えている、名高いツールです。その鍵は、購買・在庫・生産・販売などの管理をはじめ会計や労務、人事給与、さらにはプロジェクト管理まで、広範囲の業務領域を網羅し、拡張性に富むし、使いやすいかもしれません。 Odooを詳しく調べたい方はこちらをクリックください。 1.2. AIとは何ですか? AIとは人工知能(Artificial Intelligenceの略称で、コンピューターの性能が大きく向上したことにより、機械であるコンピューターが「学ぶ」ことができるようになりました。それが現在のAIの中心技術である機械学習(マシンラーニング)です。 現在、多数の大手企業は事業にマシンラーニングを活用しています。例えば、AmazonやWalmartの小売大手企業はAIを使用することで、非接触型の決済方法や需要予測を通じて顧客体験を向上します。又はITサービスを提供するグーグルはAIにより、テストといった作業を自動化します。Odoo プラットフォームへ戻りましょう。ERP システムで知られているOdooプラットフォームでは拡張機能としてマシンラーニング/AIを統合することは可能です。オープンソースプラットフォームとしてOdooはコードを追加又は修正することを許可します。マシンラーニングアルゴリズムを追加することで、Odooが提供するモジュールを最適化します。 [...]

why-should-intergrate-odoo-erp-with-ec-site
AI・オートメーション 小売
「Eコマースに向け」Odoo ERPシステムと統合するべき理由

Eコマースの急発展のために、客足の増加を希望を持っている小売企業は自社ECサイト又はオンラインショップを構築することにします。ある程度に、オンラインショップの運営は管理者の負担を増やすかもしれません。ERPシステムをEコマースサイトに統合することはオムニチャネル又は複数のショップをより素早く容易に管理するのに役立ちます。本記事は、最も多く使われるERPシステムの一つであるOdoo ERPシステムがECサイトと統合する7つの理由を説明いたします。   1.  Odooシステムおよび Odoo ERPシステムの概要 Odooシステム: Odooシステムとは業界を問わず全企業に向けて、企業の運営を包括的に管理するためのモジュールを提供するプラットフォームです。CRMや、セールス、材料調達管理、在庫管理、ERPシステム、EコマースなどのモジュールはOdooシステムの基本的なモジュールです。更に、各モジュールの間に連携があるので、データを一元管理するだけでなく、もし一つのモジュールで保持されるデータが変更されるとしたら、残りのモジュールが相当的にチェンジされます。 Odoo ERPシステム: Odoo ERPシステムとは企業経営の基本となる資源要素(人•物•金•情報)を適切に管理するOdooの重要なシステムです。その最大のメリットは「情報の一元管理」にあります。企業の部門に点在している情報を一箇所に集め、つまり一元管理により、企業の状況を正確かつタイムリーに把握した上で、ビジネス戦略を策定する事は可能です。 2. Odoo [...]

8-reasons-why-should-use-Magento-for-EC-site
インサイト 小売
「Eコマースサイト」  Magentoを見過ごせない8つ理由

コロナ禍の影響でEコマースの急発展している背景に、豊富な機能を持つ、スムーズに稼働可能なEコマースプラットフォームは企業の成功を導きます。実に、ウェブトラフィックやコンバージョンレート、カスタマーエンゲージメントなどの重要なメトリックはプラットフォームのパーフォマンスに大きく依存します。現在、Eコマースプラットフォームの欧米市場を支配しているMagentoは、日本企業のEコマースサイトを発展させると思われます。本記事は、オンラインショップを運営している企業がMagentoを選択すべき理由を説明いたします。   1.Magentoの概要 Magentoとは、2008年に登場、数年後「最高のオープンソースソフトウェア」および「ソースフォージ(sourceforge)コミュニテイチョイスアワード」を受賞したオープンソースプラットフォーム(ソースコードが公開されるので、修正又は新たなソースコードの作成を可能)のことです。2018年Adobeに買収されました。 PHPが組み込まれた豊富な機能、高い柔軟性および拡張性を持っているMagentoは小売企業をはじめとする世界中の企業に愛用されます。特に、北米と欧州において過半数のEコマースサイトはMagentoを使用していると統計されます。 国内の製品を優先する特徴のある日本においては、Magentoを使用している企業はあまり多くないです。しかし、国際市場に向けたEコマースサイト(越境EC)を構築する場合、Magentoを見過ごせません。多くの市場に適切な機能とインターフェースを持っているので、グローバルな企業にとってMagentoが良い選択肢からです。もちろん、中小企業がMagentoを使用できないことは言えません。実にMagentoが様々なバージョンを持っているので、規模を問わず企業は自社の状況と照らし合わせ、最適なバージョンを選ばれます。 2.Magentoのバージョン 基本的にMagentoのプラットフォームにはMagento Open SourceとMagento Commerceがあります。 Magento Open Source: 旧名:Magento [...]

AI・オートメーション
「自社ECサイト向け」先端技術による5つの集客方法

    独自のサーバーとドメインを持っているeコマースサイトを運営する自社ECは近年注目されます。第三者に頼らずオンラインの販売を完全にコントロールするのはメリットだが、ECサイトの広告やメインテナンスなど様々な作業を実行するべきというデメリットがあります。その中で、集客は難しい作業だと見られます。本記事は、収集をサポートする、手頃な価格で効果な先端技術を紹介いたします。   1. 一般的なECサイトの集客方法 Eコマースの一つの特徴は、多くのの作業がオンラインの環境で実施されることです。それで、自社ECサイトを運営する企業にはオンラインでの認知度を上げるのが重要だと見なされます。例えば、SNSでの声(シェアオブボイス)を上げるために、企業のソーシャルチャネルのアカウントで顧客の好評や商品の効用などを登録します。又は、グーグルやヤフーなどの有料の広告を通じて、オンラインで商品を検索している顧客は企業のECサイトを見かける可能性を広げます。現在、一般的なECサイトの集客方法は以下の通りです。 リスティング 広告: (SEM/PPC広告、グーグルショッピング広告など)商品によってクリックの料金が違います。しかし、低価格帯の商品を扱うECサイトはリスティング広告を使うと、赤字になるかもしれません。仮に1クリックあたり50円だったとしても、100つの商品は5000円の広告代がかかります。1000円〜2000円の商品なら利益を得られません。 ディスプレイ広告: それはリーマーケティングに使われます。例えば、企業のECサイトに一度訪れた顧客は、他のサイトを見るときに企業のECサイトのイメージを見かけられます。効率は良いが、費用が非常に高いです。 アフィリエイト広告:この数年、その広告はeコマース業界で注目されます。強い影響力を持っているKOLやKOCなどに企業のECサイトを広告してもらうこと。効率は非常に高いが、費用が桁違いです。 SEO: 優れたSEOの戦略を使用することで、顧客があるキーワードで商品を検索するとき、検索トップに入った企業のECサイトを選択する割合を高めることができます。しかし、この方法は手間と人手が結構かかります。 [...]