fbpx

Tag Archives: WMS

WMSとは
WMS(倉庫管理システム)とは?なぜ製造DXの実現に向けてキーと言われる

第4次産業革命の時代において、現代の生産活動の核となる倉庫管理に気配りにしつつあります。コストを削減しながら生産性を向上させるために倉庫管理の最適化といったニーズが高まっている中、多くの企業が倉庫管理システム(WMS)を導入していました。 それでは、WMSとは何でしょうか?なぜ製造DXの実現に向けてキーと言われるのだろうか?本記事で、この次世代の倉庫管理システムについて詳しくご解説します。 倉庫管理システムWMSとは? 倉庫管理システム(Warehouse Management System – WMS)は貨物、資材、商品の入出庫管理や在庫管理などの倉庫内作業のプロセスを自動化し、倉庫に関わる各種作業をサポートすることで、庫内の日々作業を一元的に管理するシステムです。入出庫のデータは、WMSによって暗号化され、途切れることなくリアルタイムで迅速かつ正確に監視および更新されます。 コストを増やすことなく、製品を迅速かつ納期どおりに顧客に届ける目標を目指して、スマート工場化の一環として、生産企業は望ましい正確性と効率を向けてWMSの導入にしました。 WMSはERP、CRMなど他の企業向けシステムや輸配送管理システム(TMS)、そして各種自動化機械、ロボットを含む庫内の他の設備機械と統合して使用することが一般的です。これらの統合により、リアルタイムに在庫情報・作業進捗状況を確認・管理し、倉庫管理プロセスを最適化することができます。 以下で倉庫管理システムの基本的な機能について紹介します。 WMSは、各製品ごとに特徴的な機能を提供していますが、どんな物流現場でも必要とされる基本的なものを以下でまとめました。 現場内のリアルタイムな入出荷管理 受注:WMSは発注を自動的に受信し、作業用の計画、監視、最適化を支援します。 資材購入:WMSは、生産に必要な資材を一覧で収集し、資材の発注・受入を監視します。

Retail-digital-trned
小売業者向け商品の品質を確保しながら、コストの削減が実現できるための5つのコツ

この2年間にわたる新型コロナウイルス感染症の複雑な状況下では、小売業をはじめ、世界中の多くの企業がコストの削減をしなければならない状況にまで追い込まれています。消費者ニーズの変更、タッチポイント、サプライチェーン管理、および運用保証への対応は相変わらず頭を抱える問題なので、各種ランニングコストの考慮、利益とのバランス取りは、小売業者にとって生き残るための要素となっています。本記事を通じて、商品の品質を確保しながら、コストの削減が実現できるための5つのコツをご紹介します。 I. 事前注意点 コストの削減・最適化は、必ず営業状況を評価した上で行うことです。これは欠けてはいけない非常に重要なポイントです。商品特徴、ターゲット顧客、業界の特異性、現在のプロセスまで徹底的に分析し、どこで最もコストがかかるのか、どこでリソースが最もかかるのか、繰り返し頻度の高い工程がどれなのか、商品の購入を決めてもらうポイントはどれなのか等を明確にする必要があります。 上記を明確にした上、次のコストを削減するための5つのコツをご検討ください。 II. 商品の品質を確保しながら、コストの削減が実現できるための5つのコツ 1. 在庫コスト削減 在庫コストには、保管費、保険費、棚卸評価損、および在庫金利が含まれます。これらのコストは、多くの場合、在庫数に比例するため、コストを削減したいならば在庫量を低く抑えなければなりません。 また、提供者への連絡、会計取引の実行、商品の輸送、積み下ろし、検品など、商品の注文と輸送に関わるコストも負担となっており、その中の一部は注文量に関係なく一律金額であるため、一度大量を注文してできるだけコストを削減することができますが、それは一時的な節約にしかならない場合も少なくありません。一方、在庫コストの負担が大きくなり、リスクも高くなります。 小売業界では、大半の費用は在庫コストとなりますので、運用コストを削減するために、まず在庫コストから低減しましょう。在庫コストと収益を計算して比較することで、収益をもたらす品目やもたらさない品目が見取られます。毎月の購入表に載っている役に立たないアイテムがあったら、それらの購入をやめた方が良いかと思います。それによって、不要な在庫が避けられるでしょう。 2. 最適なPOSシステム構築 精算機の装置やPOSシステムの導入により、小売業、卸売業の経営者が商品やキャッシュをしっかりと管理できると共に、お客様がスムーズに会計でき、待ち時間が短縮できるプロの会計業務が実現しています。